単語記事: マダンテ

編集

マダンテとは、ドラゴンクエストシリーズに登場する伝説の大呪文である。

概要

初登場はドラゴンクエストVIで、伝説の大呪文として登場する。その後のナンバリングや、これ以降に出たリメイクドラゴンクエストIV、その他ドラゴンクエストモンスターズ漫画作品など色々なシリーズに登場している。

ドラゴンクエストVIでは、か昔大魔女バーバレラが編み出したが、あまりの威に自ら封印したと言われている。 こうして封印されたマダンテは、来るべき時に備えて魔法都市カルベローナの長老が代々伝えて来たが、大魔女バーバレラの子孫・バーバラに伝えられるに際してついに封印が解かれる。
そのため、ストーリー上でマダンテを扱えるようになるのはバーバラのみであるが、クリア後にしかなれない職業(いわゆる隠し職業)でマダンテを覚える事が可であるため、最終的には仲間全員マダンテを使う事が出来る。
これ以降の作品ではストーリーや設定には係わらない普通呪文として登場する。が、その性異常さから存在感を放っている。また、ラスボスである魔王がよく使用してくる。

その効果は「魔法を解き放って暴走させ、そのまま敵にぶつける」というもので、残っているMPを全て消費し、消費したMPに応じたダメージを敵全体に与える。

与えるダメージは原則として残りMP定数倍で、VIVIIXIは3倍、VIIIリメイクVIは2倍。IXは1倍~1.5倍。
通常では1発のダメージ300行けばいい方であるドラゴンクエストシリーズにおいて、最大出ならばゆうに2000ダメージを越えるその威をもって、4人(場合によっては交代してそれ以上の人数)で連射されるマダンテは、しばしばボス最速撃破のお供として使われる。

MPを強制的に全て消費してしまうため1発限りの最後の手段であるが、消耗してMPが減った後に使うと威が下がってしまい意味がいので、大抵は戦闘開始直後に満タンのMPを全て注ぎ込んで最大威でぶっ放される。
なお、その仕様MP1でも使用できるが、その場合ド手なエフェクト全に見掛け倒しになってしまう。

その恐ろしい効果故に敵のほうも使うものが限られておりラスボスがよく使用してくる。
使用後はMPが枯渇するため、多くの場合その後に「祈り」によってMPを回復するという行動とセットになっている。

ゲーム内での効果

 大「呪文」との触れ込みであるがとにかく桁外れに強大であるため通常の呪文とは異なる点がいろいろある。
以前はシステム的な分類上は呪文ではなく特技となっており、その結果「やまびこ帽子の対外」「呪文が使えない状況でも使える」「マホカンタで跳ね返せない」などの性質を持っている。「VIII」以降はシステム上も呪文であるが、IXでは呪文を封じられていても発動できる。
また、暴発したらたまったものではないためDQMを除き原則として味方AIが使用することはない。

IX及びDQMJ以前のDQM以外では炎ブレス系の攻撃として位置付けられており、耐性を持つモンスターにはダメージを軽減または効化される。その一方でVI以降のボスなど、敵が使う場合は属性なしで確実に一定量のダメージを与えてくる仕様になっている。

VIIIダメージ攻撃になる関係でテンションアップの対となる。ただしダメージ上限5008が設定されていたり、前述の通り、係数が減らされているなどの弱体化をされている。仮にリミッター設定と定数が「×3」のままなら、MP999でスーパーハイテンション状態で耐性なしの敵に放った場合、ダメージが2万をえてしまう(ちなみにVIIIで最大HPを持っているのは暴走竜神王9000弱なので、メタル系以外で堪えられる敵はいない)。

賢者職業でのみ取得できるIXではさらに調整が加えられ、ボス相手には頼りない呪文とされている。相手の弱点属性フォースをまとい、テンションを上げて使用する事でマダンテらしさが出る。それでもダメージの最高値も4017と「VIII」よりもさらに減少している。
 「IX」では属性攻撃となっているものの、呪文自体が効かないモンスターメタル系など)にはやはり効。
逆に、味方には属性攻撃を軽減または効にする防具がなく、方法としても「スキル」の「大ぼうぎょ」や、パラディン必殺技等のごく一部に限られているため、ダメージを回避するのは極めて困難である。

XIで再び登場、ベロニカがLv70で最後に習得する。MP60以上ければ発動できず、またミラクルゾーンなどでMPを踏み倒すことができないという制限もある。
係数も3倍に戻り最大出なら2000える火力を出せるようになったものの、ゆるやかながら全体的に数値がインフレしており、ベロニカの放つ最上呪文なら普通600以上のダメージが出ることから相対的には弱体化していると言える。
魔物を規定ターン数以内に倒す「連武討魔行」の手数短縮で重要な一手となる。また、 「エルフののみぐすり」と共存しているためその気になれば乱射することも可
また、セーニャと連携技として「クロスマダンテ」もあり、この場合はセーニャMP放出してマダンテを発動する。

ドラゴンクエストモンスターズ及びドラゴンクエストモンスターズ2ではゲームの特性上、あらゆるモンスターが覚えることができた。また、どのモンスターMP999にできたので、マダンテを打てば相手パーティは壊滅状態になり、いかにマダンテを通すか、いかに大防御などでマダンテを受けるかというのが対人対戦の重要な駆け引きになった。
1ではラスボスの使用するにじくじゃくが開幕で使用してド肝を抜いてくるほか、すごく鍛えればスライム自然習得できるという変わった性質がある。

「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」

ロトの紋章」にもマダンテは登場するが、大きく設定が変更されている。

この作品は二つの呪文を同時に使用して合成呪文を使うシーンがしばしば登場するが、その技術の集大成としてマダンテが存在する。メラゾーママヒャドバギクロスベギラゴンイオナズンの5系統の最上呪文を同時に使用し合成する事で放つ最強の合成呪文である。

この設定を反映したのかどうかは判らないが、ドラゴンクエストモンスターズでは上記五つの呪文を覚え、レベル等の条件を満たすと、マダンテを習得する事が出来る。

その他のマダンテ

ドラゴンクエストシリーズ以外でも、「残るを全て使って大きな攻撃を行う」事をしばしばマダンテと呼ぶ事がある。

例:格闘ゲームで満タンのゲージを全て放出してコンボを決める。 

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%86
ページ番号: 1952871 リビジョン番号: 2525884
読み:マダンテ
初版作成日: 09/03/14 10:44 ◆ 最終更新日: 17/09/22 21:36
編集内容についての説明/コメント: 11を追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マダンテについて語るスレ

61 : ななしのよっしん :2015/05/01(金) 00:02:09 ID: JF1vUAi367
ふと思ったんだがギガンテスというモンスターがいるなら「メガンテス」「マダンテス」がいてもいい気がしてきた。
62 : ななしのよっしん :2015/05/14(木) 16:56:33 ID: whx69GIscj
テランデスも居て良い
63 : :2015/06/25(木) 20:32:08 ID: ThxTcqL1PR
ロンテスも追加で
64 : ななしのよっしん :2015/08/17(月) 00:16:34 ID: GKiB0DvMVz
ギガンテスはむしろ接頭語ギガで、メガやテラとは逆に関係だよ
65 : ななしのよっしん :2015/09/08(火) 02:27:45 ID: XdXD9cdaxZ
6のバーバレラが編み出して封印したってあるのになんでデスタムーアが覚えてたり
垣根を越えてオルゴデミーララプソーン竜神王が覚えてるんです?
主人公サイドもいろんな時代のいろんな人が覚えるし
66 : ななしのよっしん :2015/10/30(金) 02:58:27 ID: gLnyCtabnZ
魔法を極めた先にある真理的なものならバーバレラ以外がその地に達してても何の不思議もない。

ちなみにDQXだと魔法戦士が使う。ちょっと意外。MPが徐々に回復するというアフターケア付きなので歴代でもっとも日常的に活用しやすい作りになってるのがとてもネトゲ的。
9と違ってちゃんと9999まで狙えるのがうれしい。
67 : ななしのよっしん :2016/04/12(火) 02:46:38 ID: L8h5j88odq
もしかして:爆裂魔法
68 : ななしのよっしん :2016/08/20(土) 21:24:20 ID: Mh/dN0m/7u
クワガタおじさんマダンテなあ
当時二刀流じゃなくて両手下だったから下に詠唱に被るともう避けられないっていう
あっちのMPが有限じゃなかったらトラウマレベルだったわ
69 : ななしのよっしん :2016/08/28(日) 02:33:53 ID: vYOxB5P+GW
ヒーローズではテンションなるものを利用すればMPを使うことなく従来のものにも劣らない威で発射できる
テンションとはなんだろう
70 : ななしのよっしん :2017/04/20(木) 16:41:21 ID: 74ZB6NX5TU
>>65
6の時点で仲間はぐれメタルが自習得しますし
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829