単語記事: マッコウクジラ

編集

マッコウクジラ

マッコウクジラ)とは、マッコウクジラ科に属するクジラの一種である。

概要

最大体長は18m。ただし雌雄間での違いが顕著に見られ、オスは均15~18mの大きさなのに対して、メスは11~12mの大きさしかない。非常に大きくばった頭部が特徴的で、頭部だけで体長の3分の1をも占める。外洋に広く分布している。

深海に最も適応したクジラとして有名。生涯の3分の2を深海で過ごすと言われており、呼吸によって酸素を補給した後、尾びれとそれに続く体の一部を高くあげて垂直に潜することで、最大で1時間近く、3000m程度まで潜れるという。また、深海に住むダイオウイカにとっての敵でもあり、マッコウクジラの中からダイオウイカの死骸がしばしば見つかっている。

龍涎香

に打ち上げられていたり、あるいはを漂う奇妙な色の石を発見したなら、それはもしかしたらからの贈り物、香(りゅうぜんこう)かもしれない。

香はジャコウに似た芳しくも強な香りを放つ蝋状の塊で、その芳香からおもに香料として、また医薬品の原料として古代より重されており、すでに7世紀ごろにはアラビアの商人が商品として取り扱った旨が記録に残されているほか、マルコ・ポーロの東方見聞録にも香の記述がある。日本にはアラビアから中国大陸を経由して室町時代にもたらされたようだ。

かのマリリン・モンロー用していた香水シャネルの5番」にも香が調合されている。

古代中国インドでは、香水としてだけでなく、媚、性病の治療男性の増進、はたまた虚弱体質や癲癇の善などを的として破格の高値で取引されていた。

アラビアをはじめとした中東はもともと香料への関心が非常に高いこともあり、香炉で香や没とともに焚いて衣服に香りを含ませたり、料理の香り付けにも用いられたという。

琉球王国香の採集を奨励していたようで、見つけ次第蔵元(役所)に届け出るよう義務付けられていた。1704年に石垣村の住民が162130(約100kg)のりゅうふん。琉球では香をと称した)を発見し蔵元に届けた際には40石(約7200ℓ。参考だが、の場合1人の成人男性が1年に消費する量がだいたい1石である)が褒賞として与えられた。香の色と重さに応じた買取価格表もあり、当時の王府がを挙げて採集していたことが伺える。

香自身が極上の香料であるが、ほかの香料の香りを長期間持続させる保香材としても有用で、一説によれば、香を使って本に香りを染み込ませたところ、40年経ってもページにその芳香が残されていたというほどである

色は灰色褐色琥珀色などさまざまあるが、なかでも最高級品とされたのは琥珀色をしたもので、時代によっては、その価値は等量のえることもしばしばだった。

他の自然物とは一線を画す奇なマーブル模様の色彩とその特徴的な香りから、中国では海底で眠るが固まってできたものではないかと解釈され、香と命名されるにいたった。

香がいかにして産み出されるか永年のあいだ不明であったが、時代が下って捕鯨が盛んに行われるようになり、とあるマッコウクジラを解体したところ、腸内から香が発見され、ようやく由来と正体が判明することとなる。

マッコウクジラの好物であるダイオウイカのくちばし、いわゆるカラストンビはキチン質であるため消化できず、腸内に刺さるなどして消化器官中に残ってしまう。すると、さながらアコ珠を作るように、腸から分泌された特殊な体液がカラストンビを包み込んで塊となり、数年を経て肛門から排される。これが香の作られるメカニズムであると考えられている。つまり香はマッコウクジラの結石であるといえよう。

排出されて日が浅い香は柔らかく、色がっぽく、また不快な臭気を持つとされる。成分が脂肪であるためにに浮く香は面を漂流し、長い時間をかけて波に揉まれ、日光され化することで、徐々に変色し、悪臭が取り除かれ芳香を放つようになる。大で十数年という霜を経た香は琥珀色となり、前述のとおり高値がつくが、採取方法はに漂っているものを見つけるか辺に漂着したものを拾うという偶然に頼るほかなく、その入手は困難を極める。

マッコウクジラの体内から採れることが判明すると積極的に捕鯨が実施され、最盛期には日本ソ連香の生産として双璧をなした。しかしマッコウクジラの体内から直接採取した香は自然に手に入るものと違い、波や外線の陶を受けていないため、品質面で劣る場合が多かったようだ。

1986年には商業捕鯨世界的に禁止されたため、香の入手は以前と同様に運よく発見できる奇跡を待つ以外に方法はない。

重であり香料として二の価値があることから現在でも高価。グラムあたり2300円~2600円で取引されており、たまたま見つけて一攫千の幸運に恵まれた事例がたびたび世界を騒がせている。2013年1月イギリス西部モアカムのと散歩していたケンウィルマン氏が見つけた変わった匂いの石が香である可性が高いと英国放送協会(BBC)が報じた。詳しくはこちら(外部リンク)。AFP通信によるとフランスディーラーから5万ユーロ(約620万円)の買取価格が提示されているという。

高額な香だが、商業捕鯨されていた時代でも捕獲したマッコウクジラのうち香を有していたのはわずか0・1にも満たなかったとされる。的の密漁や乱獲は心配しなくてよいだろう。

ちなみに、マッコウクジラの和名は、マッコウクジラから採れる香の香りが香に似ていることが由来。

なお、なぜマッコウクジラ香を作るのか、なぜマッコウクジラだけが香を生成できるのか、それらはいまだに包まれたままである。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9
ページ番号: 4692656 リビジョン番号: 2352423
読み:マッコウクジラ
初版作成日: 11/08/06 13:44 ◆ 最終更新日: 16/04/21 13:34
編集内容についての説明/コメント: 表現を微修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


まっこうしょうぶ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マッコウクジラについて語るスレ

30 : ななしのよっしん :2015/04/20(月) 20:35:34 ID: 8Wp8YhmaKs
マッコウクジラのオスは
体長15mで体重が50トン近くある。

シャチは体長が7m、大きくても10m
体重も3~5トン、大きくて10トンだからなぁ。

文字通り大人と子供くらいの差があるから
タイマンじゃマッコウクジラのほうが強いわな。
31 : ななしのよっしん :2015/05/13(水) 10:23:23 ID: WWyoY9zEFT
関連項にぜひ入れてほしい
>>sm905220
32 : ななしのよっしん :2015/07/29(水) 22:02:49 ID: lQvz1rYtJR
シャチのオスにはマッコウクジラのオスでも勝てないよ..確かに体格差はあるけどスピードと牙の威が違いすぎる
33 : ななしのよっしん :2015/11/12(木) 09:40:11 ID: axZoQi81lV
義経シャチオス
弁慶→マッコウオス
34 : ななしのよっしん :2016/01/13(水) 20:38:37 ID: tREjwebZ6s
シャチマッコウクジラを引き合いに出してシャチマッコウクジラを襲うから最強!と騒いでるけど
実際はマッコウクジラの子供に対して集団で狩りしてるだけだから
単体最強大人マッコウクジラで揺るがない
35 : ななしのよっしん :2016/01/15(金) 02:40:16 ID: /UIPsFvcPJ
牙の威とかバカじゃねえのwwそもそもマッコウクジラシャチに噛み付いたりはしねーよwww
攻撃する時は尾や胸鰭で振るうんだよ
直撃すれば普通シャチでも死ぬし生み出される流にあたるだけでも震盪起こすレベルだからな
あとシャチはオスであっても単独で行動はしないし普通に群れで行動する
「オスだけの群れ」はありえないし「シャチのオスならマッコウクジラよりも強い」とかいうのは意味不明な戯言だ
36 : ななしのよっしん :2016/01/19(火) 01:49:53 ID: P9C3fjQu5Q
○○の方が強い」という観点で動物っている人を見ると、いつもモヤモヤさせられる
自然の中で生きている生物バトルもの漫画キャラじゃないぞ
もっと他に色々興味深くる点があるだろうに
37 : ななしのよっしん :2016/01/30(土) 18:58:28 ID: g6PY1HwA4Y
動物絡みは最強議論ばっかりでうんざり
何がそんなに彼らを駆り立てるのか
38 : ななしのよっしん :2016/04/20(水) 16:43:28 ID: hon43VbdeB
一応生態に関する話ではあるんだからそんな過敏に反応せんでもいいやろ
シチュエーションじゃなくて現実でも実際に起きうる争いなわけなんだし
そういう感じのどっちが強いんだろう?っていうガキ臭い考えから興味持つってのも悪くないと思うよ
39 : ななしのよっしん :2017/05/29(月) 02:26:57 ID: ddvOjDQTv2
人間は何を食べてきたかのクジラは凄く美味しそうだったな
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829