単語記事: マトリックス

編集
曖昧さ回避 マトリックス (Matrix) とは、

マトリックス』 (The Matrix) とは、アメリカ映画シリーズ、および同シリーズの第1作である。

概要

第1作は1999年開。日本開は同年9月11日。撮影に要した期間は25週間118日。

ジョエルシルバー製作ウォシャウスキー兄弟(当時。ラリーアンディ。二人とも後に女性へと性転換したため、現在では姉妹である)監督作品。映画クレジットでは「ラリー&アンディ・ウォシャウスキー」と表記される。バレットタイムマシンガン撮影)や、ワイヤーを多用したダイナミックアクションシーンCGを組み合わせた新な映像表現が話題となった。

監督製作揮であるウォシャウスキー兄弟は、企画段階では代表的サイバーパンクSFである、ウィリアム・ギブスンのニューロマンサー映像化するつもりだったが、スポンサーが付かなかったために企画を変更することにした。それらはタイトルにもなっているMATRIXというサイバースペースや、人体に埋め込んだプラグによる移動、ザイオンの名称など、世界観において影を残している。

また、ウォシャウスキー兄弟日本アニメーション香港映画カンフー映画など)に非常に詳しい事でも有名。日本アニメでは押井守監督製作した『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の影を認めている。特にオープニング文字の羅列や、後頭部のプラグアクションシーンなどの演出に影を見受けられる。攻殻機動隊の終盤、戦車とのアクションシーンスタッフに見せ、当時これを作りたいと告げたが、実写では理だと言われた事をインタビューっている。

※その後、再現度の高いシーン製作に成功している。他に影を受けた作品などに、『不思議の国のアリス』、ジョン・ウー監督作品、ブルース・リー作品などがある。

2作『リローデッド』からは哲学的な要素が増えていき、ストーリーを理解できなかった人も存在したようだ。2ちゃんねるでは参加者全員が登場人物の一人エージェント・スミスコスプレをして東京名古屋中をした「マトリックスオフ」で有名。

スロー映像動画にもマトリックスタグがつけられることがある。

シリーズ作品

  1. マトリックス (The Matrix)
  2. マトリックス・リローデッド (The Matrix Reloaded)
  3. マトリックスレボリューションズ (The Matrix Revolutions)

他にもOVAアニマトリックスやゲーム作品も存在する。

主な登場人物

名前
キャスト
の担当
DVD版)

の担当
TV版,WOWOW吹替補

ネオトーマスアンダーソン キアヌ・リーブス 小山力也 森川智之 
モーフィアス ローレンスフィッシュバーン 玄田哲章 内海賢二
トリニティー キャリーアンモス 日野由利加 戸田恵子
エージェント・スミス ヒューゴ・ウィーヴィング 中田和宏 大塚芳忠
オラクル グロリア・フォスター(初代、リローデッド)
メアリーアリスレボリューションズ)
此島愛子 片岡富枝(初代、リローデッド)
沢田敏子レボリューションズ)
イオ ジェイダ・ピンケット=スミス 本田貴子 深見梨加
ロック令官 ハリー・レニック 石塚運昇 菅生隆之
キッド レイトンワトソン 緑川光 石田彰
セラフ リンチョウ 辻谷耕史 家中宏
メロビンジアン ランバート・ウィルソン 中村秀利 江原正士
パーセフォニー モニカ・ベルッチ 大坂史子 塩田朋子
アーキテクト ヘルムート・バカティ 有本欽隆 中村正

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9
ページ番号: 173087 リビジョン番号: 2335224
読み:マトリックス
初版作成日: 08/05/29 18:18 ◆ 最終更新日: 16/03/10 01:10
編集内容についての説明/コメント: 「概要」と「関連項目」で、「ウォシャウスキー兄弟」について、「現在では姉弟」を「現在では姉妹」に変更するなどしました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


マトリッくず

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マトリックスについて語るスレ

78 : ななしのよっしん :2015/07/15(水) 19:13:48 ID: odpYspYXBH
古今東西ロボットの反乱ネタが大抵「人間より自分達のほうが優れていると判断した為」であるのに対して、マトリックス機械は人間に悪意を持ってないなんだよね
マトリックスと人間電池も、どういう形であれ「人間との共存を望んでたから」という

近年のアニメだとそういうタイプの敵はあまりしくないけど
79 : ななしのよっしん :2015/07/30(木) 10:26:12 ID: C27896Ff+J
その人間「電」池ってのが萎え要素だったな。あの世界を再現できるシミュレータが電気で動いてるってのはないでしょ

80 : ななしのよっしん :2015/08/20(木) 03:55:17 ID: Eg2oITteW7
うん、いいに来た
マトリックス世界20年に一度救世主が現れるっていう設定がたしか
3作にあったよね

それ使うよね
>続編
81 : ななしのよっしん :2015/08/28(金) 08:15:20 ID: M12gVOw8Ei
ファンフィクションだけど……良い! 良いぞこの小説
http://matrix.tomosakuray.org/Matrix_Restart.html
82 : ななしのよっしん :2015/09/23(水) 04:27:54 ID: Rc6axJfo49
>>79
アニマトリックスでのマトリックスの起の話を見直して思ったんだが、人間を電池にするというのはあくまで機械が人間を活かすという形を作るための口実なんじゃないだろうか。
アニマトリックスだと使用人アンドロイド人である人間を殺してしまう事件が起き、人間達が所有物である機械を破壊する権利をして実際に破壊するようになり、それに機械が反発したというのが描かれている。
そこで機械は自分達を人間が不要と判断すればいつでも破棄できる存在じゃなく、人間にとって失ってはならない存在にしようとしたんじゃないかな。
機械で人間が作る製品より性のいい物を作って人間のに輸出したり、機械大使を送って国連への加盟をめたりしたのも、そのためのアプローチのつもりだったんだと思う。
そしてそれが行きついた先が機械の存在によって大多数の人間が穏な日常を過ごすことができる(と思い込む)マトリックスシステムなんじゃないかと。

まあ、1作作った時はそこまで深く考えてなくて軽々しく人間を電池にしているとか言ってたらツ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
83 : ななしのよっしん :2015/09/29(火) 14:01:06 ID: dxK8PHLOYM
エンターマトリックス」の他に、「PATH OF NEO」がある事を知っている人は、どれだけいるんだろう?
84 : ななしのよっしん :2015/12/29(火) 18:13:50 ID: cAiF17CW4Y
凄い騒がれて色々ブームも起きたはずなんだけど
スターウォーズみたいにブランド化されなかったなぁ
あっちはゲーム化がどんどんされてるのに
こっちはPS3に入ってからサッパリだ・・・
85 : ななしのよっしん :2016/01/26(火) 15:12:45 ID: sx2Q9bR96L
話が映画の中でビシっとしまったからかな?
スターウォーズは6で戦いが一段落ついた程度でまだまだ続くよ!
って公式言してたし
86 : ななしのよっしん :2016/03/08(火) 17:00:17 ID: 1iLW8HDkfB
正直、新だったのはアニメチック実写映画の先駆けとなった1作だけで
あとは既存のSFの切りりにしか見えなかったなー。
最後はまさかのナウシカドラゴンボールだし。
87 : ななしのよっしん :2016/05/21(土) 18:58:17 ID: 3wMQAHOfMu
サイバー間うんぬんは古今東西さまざまな媒体でやり尽くされてるジャンルだしな
映像技術と演出は画期的だった
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015