単語記事: マハトマ・ガンジー

編集

マハトマ・ガンジーとは、インド活動家政治家であり、イギリス統治下にあったインドにおいて「非暴力義」を用いて独立を勝ち取った、「インド」として知られる人物である。

本名はモーハンダースカラムチャンド・ガーンディー。マハトマ(マハートマー)は「偉大なる魂」を意味する尊称である。

正しく表記すれば「ガーンディー」なのだが、日本語では一般的に「ガンジー」と表記される。単に「ガンジー」と言えばこの人物をすことが多いが、ガンジーインド人の苗字としてしくないもののようで、彼以外にもガンジーさんは多数いる。インド首相となったインディラ・ガンジー苗字が同じだけで、血縁関係はない。

生涯と評価

ガンジーは裕福な庭の生まれで、法曹界を志してイギリスへと留学、弁護士となって同じくイギリス領であった南アフリカへと渡っていった。しかし、ここで強な人種差別の当たりにして、権利拡大のために民権運動に参加、後の非暴力思想を形成していった。インドに帰した後、ガンジーイギリスへの不信感からインド独立を志すようになり、政治結社「インド会議」へと参加する。

ガンジーは武を用いず、しかし従しないという姿勢をもってイギリスから独立するという思想「非暴力・不従」を支持者に説いた。当然ながら相手はそんなこと知るかを振るってくるが、それを知った上で耐えなければならない、言うには簡単だが実行するには勇気と根性のいる活動で、提唱者のガンジーも投を経験している。有名な糸を回しているガンジー写真や、にかかる税抗議した「の行進」もこの頃の出来事であった。

第二次世界大戦インドも戦火にされるが、ガンジー終戦まで非暴力を貫き通した。そしてついにイギリスが支配を諦め、1947年にインドイギリスから独立を果たし、現在インド共和国の原初となった。

しかし、インド内にはヒンドゥー教徒とイスラーム教徒の対立が隠れており、イギリスという共通の敵がいなくなったことで対立がより顕在化してしまった。ガンジー独立運動の頃から宥和をしてきたが、結局パキスタンバングラデシュ独立されてしまった。さらにイスラームに譲歩する姿勢を見せていたことから、一部のヒンドゥー教徒にも敵視されるようになり、1948年にヒンドゥー教過激派に暗殺されて生涯を終えた。享年78。

を伴わない独立を果たした功績などから、現代においても平和義者として際的に名高い。ノーベル平和賞にも何度かノミネートされていたが、結局受賞には至らなかったという。

インド」などと称される一方で、インド内での評価はそこまで高くないという。これには、「ガンジーの清貧思想・西洋文明否定のままでいたらインドは近代化に立ち遅れていただろう」という経済政策の側面もあれば、「非現実的なイスラームとの宥和を続けていたら内戦が起きていただろう」という宗教対立に起因する問題もあるという。

Civ

シミュレーションゲームシヴィライゼーションシリーズにおいて、ガンジーインドの文明のリーダーとして1作から登場している。プレイヤーは他の文明と争ったり歩み寄ったりしていくが、COMの他文明リーダーもそれぞれの義によって好戦的・平和的と様々である。その中でガンジーは元の人物通りに平和義者と設定されていた。しかし…

旧作で攻撃性1に設定されていた平和義文明の代名詞とも言えるガンジーだが、民主主義(他文明の攻撃性-2)を取ると攻撃性がアンダーフローして攻撃的になるバグがあった。 その頃に解禁される核をパなして暴れまわったのだ。

そのバグが以降のシリーズで正式採用?され、ガンジー平和と核が大好きというイカれた設定になった。 Civ5の性格設定ではインドの核に関するパラメタは12で、次点のロシアアステカは8と実に2位5割増しの数となっている。

Civ用語集」より引用

こうして、核武装ガンジーという平和義とは、非暴力とは何かを考えさせられる存在が誕生したのであった。

20世紀末インドが、次いでパキスタン核保有国となったのだが、これもガンジーの教えの賜物なのかもしれない。現代にガンジーがいたら世界は大変なことになっていたかもしれない。

関連動画

の知ってるインドの偉い人とちょっと違う

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC
ページ番号: 5424504 リビジョン番号: 2495282
読み:マハトマガンジー
初版作成日: 16/06/05 03:09 ◆ 最終更新日: 17/05/31 23:24
編集内容についての説明/コメント: 脱字修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マハトマ・ガンジーについて語るスレ

10 : ななしのよっしん :2016/11/22(火) 01:42:37 ID: NTsG6RL91B
ネット上にはびこってるガンジーイメージは何度ツッコミが入ってもいまだに「北斗の拳抵抗村の村長」なんだよな
アレ明らかに武論尊が何も分かってないかあえて曲してるかのどっちかなんだが
11 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 10:46:51 ID: C4QYkV0AKp
許されざる絶対悪社会を脅かした時にしもがこう思うことだろう。
「こいつ助走をつけて殴ってやりてえ・・・」と。
だが実行すると自分も悪に堕ちる。そこで助走つき殴り代行業。
ガンジーさんが唐から渡来して殴ってくれるよ。
12 : ななしのよっしん :2016/12/23(金) 20:43:59 ID: J3jh0je+Qu
>>7 >>8
昔の人の言うことが必ずしも正しいとは限りませんよ
親や教師が間違ったことを言うように
13 : ななしのよっしん :2017/01/01(日) 17:18:15 ID: IvmGIYzlKo
当時のイギリスに武で衝突したくなくて(勝てないだろうし
それでも独立したかったから搦め手を使ったんだろ?
問題点も摘されてるけど代案が出てるわけでもなし別に間違った手だとは思わないが
14 : ななしのよっしん :2017/02/21(火) 01:00:19 ID: GRiByhPDpv
ガンジー抵抗義ではなく非暴力義だボケェ!
いざと言う時、それこそ自らの誇りや名誉(所謂人権)を脅かされた時には、屈辱に甘んじるよりも暴力を薦めると言っている。
15 : ななしのよっしん :2017/03/09(木) 13:23:08 ID: CRTu11tzye
行動起こすたびにイギリスの急所突いてんのがほんとすごい
宗教家としては欺瞞に満ちていても、政治家としては間違いなく一級品だよねこの人
16 : ななしのよっしん :2017/04/19(水) 10:15:23 ID: kKcYDdl94A
このCiv話見るたびに毎回「アンダーフローってそういうのじゃないから」ってなる
17 : ななしのよっしん :2017/04/20(木) 00:49:20 ID: V4IqgUsG7F
>>16
これをアンダーフローと呼ぶのは誤用で、正しくは「負のオーバーフロー」なんだっけ
言いたいことはわかるけど、引用元の原文ママなんで許してくれ
18 : ななしのよっしん :2017/05/04(木) 07:10:21 ID: V44lVibuxF
暴力・非従を貫くなんて常人には到底不可能なことなんだから
地元のインドであまり支持されていないのは当然のこと
19 : ななしのよっしん :2017/05/13(土) 19:45:33 ID: 9qRoTIvbzR
ゲームハードにおける任天堂に近いというか、「ウチはケンカしたら弱いんや」の人だよね。戦争になったら確実にイギリスのほうが強いんで、相手の得意な土俵で勝負するのは上手くない。
じゃあどうするかというと、ルールを変えてしまえばいい。君が殴ろうとするのは勝手だがそれに旨味がなくなったらどうするかね?と。ある種の非対称戦争だよなぁ、これ。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015