単語記事: マレー語

編集

マレー語とは、東南アジアマレー半島を中心に話されるオーストロネシア語族マレー・ポリネシアの言である。

概要

読んで字のままマレーシアシンガポール国語。しかし東南アジアの中では割と広く話されており、インドネシアインドネシア語も元をたどればマレー語である。

の特徴としては幹に接頭辞接尾辞を加えていくのが基本となっており、基本文+述の順番で記述される。

なぜかこの言にも最近日本語との同祖論が出てきたが、実際のところ…

文字体系

フィリピノ語同様元はジャウィ文字を使っていたが、現在は基本的なラテン文字26字ですべてを表している。

音韻体系

前舌 中舌 後舌
i u
中間 e ə o
a

子音

唇音 歯茎 硬口蓋音 軟口蓋音 門音
鼻音 m n ɲ ŋ
破裂/破擦音 p t t͡ʃ k (ʔ)
b d d͡ʒ ɡ
摩擦音 (f) (θ) s (ʃ) (x) h
(v) (ð) (z)
接近音 中線 j w
側面 l
ふるえ音 r

文法

マレー語の原則は上にも書いた通り+述である(文語では英語のbe動詞にあたるialah/adalahが使われる)。
修飾と被修飾の関係は日本とは逆で、被修飾+修飾である。

動詞文も時制の変化などは特になく、時間を表す単や助動詞で表現する。
そのため動詞文は「副詞++(否定)+助動詞+動詞++副詞」という順番になる。

とまあこの原則を覚えていれば、あとは接頭辞接尾辞を覚えていくのが学習の基本になる。
マレー語接辞を使えば単を発展させていけるので、外来語も自国語の表現に置き換えやすいのだ。

いくつか例を挙げてみよう。

接辞 意味
-an 動詞を名詞にする/数詞を「数~」にする/名詞を種類にする
me- を他動詞にする
ber- を自動詞にする
me- -kan 使役の他動詞にする
ber- -kan 名詞を他動詞にする
me- -i が何らかの行為をする動詞にする
pe- 動詞を名詞にする

ここで挙げたのはあくまでも一部の接辞の一例であり、一つの接辞に複数の意味を持つものも少なくはない

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E8%AA%9E
ページ番号: 5469826 リビジョン番号: 2456133
読み:マレーゴ
初版作成日: 17/02/05 17:54 ◆ 最終更新日: 17/02/05 17:54
編集内容についての説明/コメント: 接辞が途中やりなのでそのうち追加予定
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マレー語について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • マレー語についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829