編集  

マールボロ単語

マールボロ

 

マールボロMarlboro)とは、フィリップモリス社が製造販売を行っているタバコブランドである。日本では「マルボロ」とも呼ばれている。

赤白のパッケージが目印

日本では日本たばこ協会が輸入販売を行っている(かつてはライセンス生産も行っていたが、現在は終了している)。

曖昧さ回避

マルボロ(生放送主) - 同名の生主が複数存在。該当記事にて曖昧さ回避を行う。

概要

カウボーイイメージ戦略に取り入れた、いかにもアメリカ製らしいタバコカウボーイに扮した「マールボロマン」ことウェイン・マクラレンによって、男らしさを徴する製品として認知され、世界一売れている銘柄となった。日本においても、外タバコでは首位の販売実績がある。(日本全体で7位)

しかし、現在日本で吸えるものはヨーロッパから輸入しているというなんとなくしっくりできないものとなっている。かつては日本たばこ産業(JT)がライセンス製造・販売を行っていたが、2005年4月末をもってライセンス契約を終了した。現在は輸入販売のみであり、ヨーロッパ製の品が流通されている。

フィリップモリス社はF1WRCなどモータースポーツなどにスポンサーとして参加することが多く、マールボロカラーマシン立つこともあった。

赤色徴的だが、もあり、マルやマル(マル)やマルとも呼ばれる事もたまにある。なおメンソール入りのものはマルメンとも呼ばれ、ライトだとマルメラと略される。

実は当初、女性向けタバコとしてMild As May」のキャッチフレーズ販売していた。吸い口がく着色されており、徴的な赤色は口が着いても立たないようにという理由であった。この頃はど売れず、後の男らしさ・マールボロマンによるイメージ戦略が成功するまで、鳴かず飛ばず。一時期は市場から消えた事もあった。

なおに跨って動物を相手にするカウボーイにとっては、火を使わない噛みタバコの方が人気である。

また都市伝説には不思議と差別に関わるものが多い。逆さまにすると人迫差別徴する図柄になる、横にすればKでありパッケージの表裏底に3つのKがあるためKKKクークラックスクラン)を徴するMarlboro」の文字を逆さまにすると、ojoqljew」となり、"jew"と"Ojoql"に分解し、Jew→Jewesh =「ユダヤ人/ユダヤ教徒」、ojoqlは造で排斥や追放するという意味があり人ではなくユダヤ人を意味している、Marlboro」は「Man Always Remember Love Because Of Romance Only」の略であり、そのセンテンスの頭文字を取っています。意訳すると「男はいつも本当のを見つけるためにをする」である、といったものがある。諸説が生まれた背景はあるにしても、いずれもそれ自体に強い根拠はい。

マールボロマン

マールボロマンとはフィリップモリス社の看広告モデルウェイン・マクラレンWayne McLaren)氏。タバコは「マールボロ」を「男らしさ」「ワイルドさ」を演出することで(特に未成年者に)「タバコはかっこいいものだ」と植えつけるカウボーイ姿で、氏の精悍なカウボーイ姿に魅了された顧客は、吸うタバコの銘柄としてマールボロを選択した。

マールボロ世界一売れるタバコに押し上げたのは、ウェインことマールボロマンのイメージが大きかったと言える。

だがマールボロマンを演じていた氏は、1日に30本の量を30年間吸い続けたことで、49歳で肺ガンに患。51歳でこの世を去っている。タバコの吸いすぎは肺がんの危険性があります。肺ガンの発覚後はタバコ広告になった事を後悔し、反タバコ運動にも参加。以下のようなコメントも残した。

私はタバコの虜になってしまい、大幅に生命を縮めることになってしまった。自分がタバコ広告に出たことを申し訳ないと感じているよ。最初、私はタバコを吸えばどうなるか分かっていなかった。今でこそ知っているが、既に遅かった。私が宣伝した製品によって、どれだけ沢山の人を殺したかと思うと耐えられない気持ちだ。

ただ、一つ私にわかっていることは、タバコ会社は「自分たちの作っている製品が人々を殺している」という事実を全面的に否定していることだ。過去30年間に表されたあらゆる医学的・科学的知見を前にして、どうしてそんなことが出来るのか、私にはわからない。がん患者として経験しなければならない悲惨さ、痛み、苦悩とべれば、タバコを吸う価値などいことを人々に気づかせるために、使える時間をすべて使いたいと思っている

それでも「マールボロマン」というキャラクターは、故人の遺志とは関係に、2006年10月16日米国で発売された「実在しない最も影のある101人」の本のなかで、“世界を動かす最重要人物”に選出されている。

 商品展開

2013年6月1日現在展開されている銘柄を以下に挙げる。文字はメンソール

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%AD
ページ番号: 4392567 リビジョン番号: 2615420
読み:マールボロ
初版作成日: 10/06/20 10:43 ◆ 最終更新日: 18/08/12 19:36
編集内容についての説明/コメント: 記事名変更([単]マルボロ -> [単]マールボロ)
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マールボロについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2011/04/25(月) 13:33:35 ID: 5599hi9Vho
でも正しい表記はマールボロなんだよな
2 : ななしのよっしん :2012/02/26(日) 12:51:07 ID: MdO3OD7tk7
曖昧さ回避のところに丸ぼうろを入れるか、丸ぼうろの記事みたいに「お菓子丸ぼうろではない」(向こうでは文字で「タバコマルボロではない」)と注意書きしておいたほうがいいと思う。
3 : ななしのよっしん :2014/12/22(月) 18:47:51 ID: DRkeXiw+IA
ですます調と、だである調が混在してるね
普通こういった記事はだである調で書かれると思うので修正してはいかがだろうか
4 : ななしのよっしん :2015/08/01(土) 16:44:02 ID: 4H261JJRDF
プルーン着香だからラッキーストライクべるとタバコの苦味が程よくマイルドになってる。ラッキーストライクを強めのエスプレッソと例えるならマールボロブレンコーヒーアメリカコーヒー。苦味のバランスがよく、飽きなく吸えるお味。
後名前はイングランド南部マールバラから来ているってのが大きいらしい。開発元はロンドン支社らしいし…後ステルス文字マールボロよりは前の黒文字マールボロの方が好き。
5 : ななしのよっしん :2016/03/05(土) 13:59:11 ID: 2VNWNqddoR
アメリカ代表みたいな顔してイギリス由来なのかこい
6 : ななしのよっしん :2016/10/13(木) 19:04:51 ID: pENGF3sEmn
たしかマルボロって都市伝説かったっけ?逆さにすると首った人を人2人が見上げてるみたいな
7 : ななしのよっしん :2018/08/12(日) 19:44:47 ID: 8QRaVb29ny
トムマールヴォロ・リドル
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829