単語記事: ミイラ

編集  

ミイラ漢字表記:木乃伊)とは、燥死体である。

概要

生物の死体が腐敗せずに燥し、原をとどめている物。宗教上の理由からわざと作られたものと、自然に偶然できたものがある。

前者はエジプトのものが有名だが、世界各地にあり、日本では中尊寺の奥州藤原氏ミイラや即身がある。

後者のなかには5000年前の人物のものもあり、アルプスでみつかった「アイスマン」が有名。また、現代でも何らかの理由で死体が腐敗しにくい環境で放置された結果、人間のミイラが偶然にできてしまうこともある。

日本では、「河童ミイラ」や「人魚ミイラ」などが伝説とともに寺などに保管されていたり見世物にされたりしている例がいくつか確認されている。ただしこういった「想像上の生物」のミイラは他の生物ミイラをもとにして人工的に作る事が可であり、まあ信憑性はお察しください。

ちなみに、本場エジプトミイラの色はなのだそうだが(過去には色の絵の具の原料として用いられたらしい)、日本など湿気の多いでは色にはならずにミイラが出来上がるそうである。

死体が長期にわたって形状を保つ類似例としては「死蝋」などがある。

語源、マミー

日本語としての「ミイラ」はポルトガル語mirra(ミッラ、ミルラ。「rr」が巻き舌)」がとされている。なお、現在ポルトガルでは「rr」の発音は日本語の「ハ行」を喉ので出すような音に変化しており、「mirra」も現在ポルトガル語話者が発音した場合は「ミイラ」「ミッラ」とは聞こえない可性が高い。

ちなみに「mirra」はポルトガル語で「ミイラ」を意味するというわけではなく、「没」を意味する。後述するようにミイラ品として使用されることがあったため、「ミイラを原料とする剤」をして「mirra」と呼ばれていて、これが「ミイラ自体をす言葉」として伝わったのではないか。

ポルトガル語ミイラを意味する言葉は「múmia」。スペイン語では「momia」、フランス語では「momie」、英語では「mummy」、ドイツ語では「Mumie」である。さらに、ミイラ漢字表記「木乃伊」は中国語なのだが、中国語での発音は「ムナイー」「モッナイイー」という感じなんだ。が同一であるのがわかるだろう?

君たちの中にも、子供の頃にゲーム漫画ミイラが出てきたときなどに「マミー」と呼ばれているのを、「マミー?なんでお母さん?」と不思議に思った人がいるだろう?これは「お母さん」を意味する幼児「mammy」ではなく、上記のミイラを意味する英語「mummy」の方なんだ。

薬品としてのミイラ

ミイラのなかにはにされてしまったものもある。

医学学の分野が未発達だった時代では、洋の東西を問わず「しいもの」「秘的なもの」「人体の一部」が品として扱われることがあった。ミイラはこれらの特徴に合致していたのである。

実際に効があったかどうかは非常に怪しいところではあるが、その希少性から高価な品として扱われた。ミイラ取りがミイラになる」はその重で高価なミイラを盗掘しにいったものが行き倒れてミイラになってしまうことがあったことからきている(ミイラを盗掘するのも危険が伴うことだったため。)。

「蜜人」

非常に有名な十六世紀の中国学書「本」にも、第52巻「人部(人体由来の原料を使う剤)」に「木乃伊」についての項がある。

だがそこに記載されているのは

中東では、七、八十歳くらいの年で、他の人を救けるために自分から身を捨てる人が居るんだ。

その人たちは蜂蜜だけを食べるようにして、それ以外の食べ物や飲み物は口にしなくなる。するとおしっこうんこ蜂蜜になっちゃうんだ。

で、死ぬよね?そうしたら他の人たちが、蜂蜜を満たした石ののなかに死体を入れて、表に年を刻んでおくんだ。

それを年後に開封すると、蜜ができている。折とかしたときにこれ飲むと治っちゃう!

中東でもこれって希少品らしいんだ。「蜜人」って呼ばれることもあるよ。

という内容で、々が良く知る「燥死体としてのミイラ」と言うより、「即身」のような自殺行為によって作成される「死体の蜂蜜漬け」である。「ミイラ作りに蜂蜜を使う」という説があり、そこから誤解が生じたものか?(実際に使われたのはナトロンという鉱物で、後世の人がそれを蜂蜜と混同したのではないか、と言う話もあり、正確なところは不明)

中東の記録にはこういう「死体の蜂蜜漬け」は出てこないようで、やはり誤解ではないかと思われる。ただし「既に記録すら失われたものの実際の習で存在していた」という可性は否定できないが。

蜜人」は「ミーレン」と発音するので、上記の「mirra」ときが似ており何らかの関係があるかもしれない。たとえば中東欧州から来た人から「この、ミーラ(mirra)はな、マミーっていう死体から作られてるんだぜ」と聞いた中国の人が「ミーレ(蜜人)?なるほど、人体と蜂蜜から作ったのか」と勘違いしたのかも・・・。だが、今となっては確認するすべはない。

ちなみに、この部分は陶宗儀という人物が著した「輟耕録」という随筆・説話集からの引用なのだが、「本」の作者はこの記載に対して

陶氏はこう記している。効果の有は不明である

と割と冷静な注釈もつけている。

怪物としてのミイラ

怪奇映画ゲーム漫画などのサブカルチャーにおいて「包帯でぐるぐる巻きにされた死体で、呪いのを持ち、意思をもって動き回り人を襲う」といった怪物として描写されることがある。

ミイラは「死体である」というその点だけからも不気味な印を与えてしまうものであるが、上記のような怪物としての印確立されたのは1932年のユニバーサル・ピクチャーズホラー映画ミイラ再生(原題:The Mummy)」やその続編の影であると言われている。ちなみにこの映画は後年のリメイク作品「ハムナプトラ」も有名。ハムナプトラも原題は同じく「The Mummy」である。

余談だが、「頭が長くて額が出っってボルトが刺さっているフランケンシュタイン」や「オールバック髪型マントを翻す気取った格好のドラキュラ」などもまた、同時期のユニバーサル・ピクチャーズの怪奇映画で初めて確立されたイメージである。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9F%E3%82%A4%E3%83%A9
ページ番号: 5011053 リビジョン番号: 1965029
読み:ミイラ
初版作成日: 12/12/13 17:56 ◆ 最終更新日: 14/01/28 01:18
編集内容についての説明/コメント: ドイツ語の「mumie」を「Mumie」に修正(ドイツ語では名詞の頭文字を必ず大文字とするため)
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミイラについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/02/02(日) 00:55:23 ID: mmkD6MyvJq
なんでまたピンポイントにこんな密度の高い記事がw
蜜人の話は初めて知ったなぁ
似たような話で「」っていうのは知ってたけど、実際に行われてたことなんだろうか
2 : ななしのよっしん :2014/02/26(水) 22:04:35 ID: H+rcnZdmF9
原材料貴族官等が絡んでるせいか
アンデッド系では吸血鬼と同等かそれ以上に血統を強調されてるケースが多い
3 : ななしのよっしん :2014/07/08(火) 21:32:49 ID: H+rcnZdmF9
エジプトミイラ製造の際心臓腸肺等の臓器は魂の宿る場として
丁寧に処理されて保管していたのだが当時のエジプト人はの機が解らず
脳味噌鼻水の塊として破棄しちゃったそうだ…何と勿体無い
4 : ななしのよっしん :2015/03/11(水) 18:22:21 ID: 28DiDDJ4lv
まぁって取り出しにくい上に分多いだろうから、腐敗しやすくて邪魔だったろうしね
とはいえ湿度の高い日本でも何体か残ってはいるわけだけど
もっとも現存する即身は本来なろうとした僧たちのうちごくわずかとは聞くが
5 : ななしのよっしん :2015/04/26(日) 15:18:12 ID: Unslj8CfkL
マミー
の段の語尾が妙にフランクでなんかくすっと来た
6 : ななしのよっしん :2016/05/07(土) 19:19:04 ID: PG0+JC7Jol
ああ……うん……
https://www.youtube.com/watch?v=5ZlOn9V_MmE
7 : ななしのよっしん :2016/05/26(木) 09:48:51 ID: Qar6F+ynmR
ミイラこと歌丸師匠
8 : ななしのよっしん :2016/08/04(木) 17:35:40 ID: 4cXZ1x4MqC
もしかして → ミライ
9 : ななしのよっしん :2017/01/26(木) 20:28:59 ID: GSe4ACMOx8
>>7
おい、闊なこと言うと座布団持ってかれるぞ・・。

古代エジプトミイラは死後の復活を期待したもので言ってしまえば自分の為(自分で自分をミイラには出来ないだろうが)、即身は自らとなって衆生を救うという発願からなのでまぁ他人の為。どちらも信仰生活に密接に関わるものだけど、形は似ていても発想は逆なのが面い。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829