単語記事: ミサイル

編集

ミサイル(missile)とは、兵器の一種である。

概要

ミサイル

広義には飛び道具全般をであるが、現代ではおおむね誘導装置と推進装置を持つ飛翔体をいう。誘導装置、推進装置、任務/用途によって大まかに区分される。日本語(防衛用)では「誘導弾」という。

誘導装置を持たないロケット弾、推進装置を持たない誘導爆弾ミサイルには含まれない…はずなのだが、運用元によっては推進装置をもたない滑空爆弾をミサイルに区分していたり(AGM-114JSOW)、GPS誘導のロケット弾をロケット弾と呼んでいたり(GMLRS)なので、余りこだわる必要はい。ドイツ語ロシア語ではそもそもロケットミサイルを区別しない。

発射された後は誘導装置が定された標に対して進路を制御、推進装置により飛翔して対に命中(もしくは近接信管による起爆でダメージを与えられるまで接近)する。通常は弾頭部の炸爆発することでダメージを与えるが、一部のキネティック弾頭と呼ばれるものは弾頭部が直撃した際の運動エネルギー自体で対を破壊するよう設計されている。

推進装置

ロケットエンジンもしくはターボジェットエンジンに用いられる。

ロケットエンジンは保管が容易で扱いが簡単な固体燃料ロケットが広く用いられる。液体燃料ロケットは燃料の保管や注入の手間がかかるなどデメリットが多いため、現在では一部の弾道ミサイルに使用されているのみである。

燃焼に際し化剤を積む必要がないターボジェットエンジンは、長距離飛翔する巡航ミサイルや対艦/対地ミサイルに使用される。ただし現状では最大速度ロケットに劣る、化剤(空気)がい高では飛翔できない、コストが高いなどのデメリットがある。

現在も高速度と高燃費をしたラムジェットやダクテッドロケットなどの技術が研究されている。

誘導装置の形式

ミサイルの誘導形式は多岐にわたるが、ここではざっと解説する。

まずは外部からの令による誘導とミサイル自体が標を追尾する形式に分かれる。ミサイルが外部から誘導される場合としては線/有線による直接誘導、慣性航法や地形照合、GPSなどによる事前飛翔経路/標設定が挙げられる。また、ミサイルから送信された情報(画像、レーダー情報)を元に操作員が操作を行うこともある。

ミサイル自体が標を追尾(ホーミング)する方式はおおむね三種類に区分される。

ミサイル自体が標まで勝手に飛んでいってくれるアクティブホーミングやパッシブホーミングは「撃ちっぱなし(fire and forget)」が可になるため、発射する側の生存性向上に有利である。近年の電子装置の小高性化に伴い、そのような撃ちっぱなしを持つミサイルも増えている。
最近ではさらに発射前ロックオン=LOBL(Lock On Before Launch)から、発射後ロックオンLOAL(Lock On After Launch)へと進化しているミサイルも登場している。LOBLの場合、ミサイルが自身のマーカー(あるいは機のレーダー等)で標を捕らえたのちに機から射出されるが、LOALでは発射後、独自、あるいは機からのデータリンク標を追尾することで命中が向上しているものがある。

飛翔形態による区分

弾道ミサイルBM
大気圏外もしくは大気上層を弾道飛行するミサイル。非常に高価なため、コストパフォーマンスの面から弾頭に大量破壊兵器を搭載していることがほとんどである。長射程で、射程により短距離弾道弾(SRBM)、中距離弾道弾(IRBM)、大陸弾道弾(ICBM)と区分される。潜水艦発射のものは潜水艦発射弾道弾(SLBM)と呼ぶ。
巡航ミサイルCM
を長距離飛行するミサイル。単に長射程の対地/対艦ミサイルとも言えるが、長距離を飛行するため揚を生むとターボジェットエンジンを備えていることが多く構造上はジェット機に近い。亜音速でちんたら飛んでいるといい的になるため、最近ではステルス化や音速化が進められている。

任務(目標)による区分

対地ミサイル
地上標を破壊するためのミサイル。大都市を一撃で燼に帰すICBMや、肩撃ち式の対戦車ミサイルも広義の対地ミサイルである。
対空ミサイル
中の標(航空機、敵のミサイル)を破壊するためのミサイル。対衛星ミサイルのような特殊なものもある。
対艦ミサイル
艦船を破壊するためのミサイル。洋上で大の艦船を破壊する関係上大で長射程のものが多い。
対潜ミサイル
潜水艦を攻撃するためのミサイル中を飛翔することはできないので、弾頭部に短魚雷を搭載している。

ミサイルの区分でよく見られる「SAM」「AAM」と言う略語は発射プラットフォームと標を組み合わせたものである。「SAM」は(surface/ship to air)で地上/艦上発射対空ミサイルを、「AAM」はair to airミサイルをさす。地(艦)対地(艦)ミサイルSSM、対地(艦)ミサイルASMとなる(潜水艦は「underwater」で「U」を用いる)。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

大百科に記事のあるミサイル兵器/装備


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB
ページ番号: 4368933 リビジョン番号: 2339583
読み:ミサイル
初版作成日: 10/05/27 00:40 ◆ 最終更新日: 16/03/21 07:02
編集内容についての説明/コメント: トールとADATS追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ミサイル

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミサイルについて語るスレ

80 : ななしのよっしん :2015/10/29(木) 13:07:10 ID: miukNuMf6S
良くミサイルコストが嵩むと言われるので、気になって通常爆弾のお値段を調べたら、Mk.84 2000ポン爆弾40万円、Mk.82 500ポン爆弾に至っては3万円……ミサイルが高い高いと言われるはずだわ。
81 : ななしのよっしん :2015/11/15(日) 02:52:28 ID: KLBTrxe8hn
ベトナム戦争中のタンホアなんか極端な例だけど、誘導兵器を何発も落として駄にした後で数発の誘導兵器で片が付いたって例もあるしのう。
単なるユニットの値段だけじゃなくって作戦全体のコストを見ないと判断できないから面倒くさい。
82 : ななしのよっしん :2016/01/17(日) 18:26:56 ID: 2sdCJ9iLoM
アニメの被総額系の動画だったと思うが、「一軒投げつけてるようなもんだな」ってコメがあって吹いた。
83 : ななしのよっしん :2016/01/28(木) 01:54:48 ID: mV9rt3tH7N
>>77
核弾頭を撃ち込まない限り、高度に防御された飛行場・ミサイルサイロを化することはできない。
音速以下で飛行する巡航ミサイルは容易に撃墜され得る。
そうとうスジが悪いと思うよ
84 : ななしのよっしん :2016/02/06(土) 22:16:16 ID: pN4UvmS0iN
北朝鮮ミサイル明日にも発射するかもしれないと聞いて

恐いんだけど
85 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 20:42:32 ID: MkxzCSQlbr
人工衛星らしいです(白目
86 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 03:05:21 ID: Ahg6Lo+kKS
ミサイルランチャーミサイルポッドの違いって何だろう・・・
それはともかくロボットアニメとかだと発射装置が上や横向いてること多いよね
87 : ななしのよっしん :2016/05/09(月) 13:29:55 ID: zx1QTpO9Ih
戦争をより単純に、限定的かつ高リスクで高価なものとしたという点で史上最大の平和義の功労者だな。
88 : ななしのよっしん :2016/05/10(火) 01:13:19 ID: OlYY4l+rmh
ランチャーは発射機だからほとんどのミサイルランチャーから発射される
まぁ戦闘機空対空ミサイルなんかのパイロンランチャーとは普通呼ばないけどな
ポッドというのはその中でもミサイルロケットが小で多連装のものをイメージ
ロケットランチャーのうちポッドと呼ばれるのはアパッチが搭載してるとかだし
ミサイルで言えば近SAMなんかはそうじゃないかな
ミサイルであれば
89 : ななしのよっしん :2016/05/13(金) 01:35:56 ID: IvcRITyLWp
>>87
間違いないね。
高度な兵器は秩序を作り、兵員を減らす。
下等な兵器馬鹿を増長させ、兵員を増やす。
もしもWW2の時点で兵器の発展が止まっていたら、それはもう凄惨な歴史が続いていただろう。

人間の行動は全てが政治的意義を持つ。人間であるかぎり政治性を抑止し得ない。
ガソリンで火は消せないとよくわかる。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015