単語記事: ミスター・ブシドー

編集

 ブシドー

 

 

   「修羅だ!」

ミスター・ブシドーとは、機動戦士ガンダム00セカンドシーズン)に登場するキャラクターである(中村悠一

ガンダムシリーズ恒例の仮面を被ったライバルである。その中で最も仮面をする意義がわからないキャラ

Q;ロロノア・ゾロの別名では?

ONE PIECEワンピース)において、ネフェルタリ・ビビミス・ウェンズデー)がゾロの事を「Mr.ブシドー」と呼んでいる。
その由来は不明。

ブシドーってどんな人だった?

地球連邦平和維持軍内で設立された、独立治安維持部隊アロウズに所属するMSパイロット
顔を覆う仮面を付け、軍服の上には羽織の様な物を着ているのが特徴。

誕生日星座乙女座であり、自販機の間で挟まって人の会話を聴く変(ry

搭乗機はアロウズが使用する擬似GNドライヴ搭載モビルスーツ、アヘッド
近接戦闘(形式番号GNX-704T/AC)と命名されているこの機体は、通称サキガケと言い、
量産型との違いは、頭部のと一部の装甲の強化と日本刀の様なビームサーベルを装備している。

当初は「仮面の男」とクレジットされていたが、第4話では「ミスター・ブシドー」となる。(ちなみに放送1話を字幕付きでみると彼の名前がミスター・ブシドーになっている)

第5話にて、アロウズ令部より「独自行動をできる免許」を与えられていると本人が発言している。
※この免許は彼のみ所有と思われていたが、
 イノベイターでありつつアロウズに参加したリヴァイヴ・リバイバル他も所有。

現実にカタロンの施設に差別的な攻撃時を仕掛けた時「が乗らん!」と言葉を発し、戦線を離脱した。
ちなみに、この名称は上記のゾロ同様周りから呼ばれたあだ名であり、本人はこの「ミスター・ブシドー」の呼び名を気に入っていないらしい…(;゚ロ゚)

アロウズMS開発主任ビリー・カタギリに依頼した新MS完成、その名はマスラオ
エイフマン教授が残した資料を基に作り上げた「トランザムシステム」を装備。
さらに良を加え、マスラオスサノオと名付け、ダブルオーライザーと対峙する・・・ 

彼の正体についてあえて考察

フィクション この考察ネタなので本気にしないでください。
  1. パトリック・コーラサワー
    コーラサワーファーストシーズンエピローグ連邦軍に加入していたはずなのにセカンドシーズンには未だ登場していない。
    ファーストシーズンでは第1話から登場していたメインキャラクターの彼が、セカンドシーズンの第8話でやっと登場、性格はあいかわらずだな・・・
    よって、コーラサワー説がここで消滅した。
  2. グラハム・エーカー
    ハムファーストシーズン最終回エクシアと相打ちになるが、生死不明のまま・・・
  3. イオリア・シュヘンベルグ説
    イオリア『私がガンダムだ』
    いや、ふつうにグラハムだろ。
  4. 実は新キャラ
    以前、ガンダム刹那)によって生き恥をしてしまったらしいので「全な」新キャラではないと思われる。
    また、外伝などからキャラクターを持ってくるにしても、物語が後半に入った今になってそのようなことをするとは思えない。
  5. 岡崎朋也
    ガンダムに対し異常なまでの執着を見せる姿がMADなどで度々撃されている。
    原作ゲームでは、まるでカタギリブシドーを呼ぶ時のように、パン屋の女性から「グラ…岡崎さん」と呼ばれてしまう一幕も。
  6. 早乙女アルト
    フラッグに対し着があることから、可変戦闘機VF-25パイロットである彼も有補か。
    歌舞伎を始めとする日本文化にも通じており、当然武士道の何たるかも理解していると思われる。

よって、正体は結局誰だかわからない。

ビリー・カタギリグラ…って言ったのはみんな聞かなかった事にしよう! 

・・・と思ったら21話でブシドー自ら刹那グラハム・エーカーと名乗ってしまった、
やっぱり彼の正体はグラハムだった・・・

名言

「その捌き…間違いない、あの時の少年だ…なんという僥倖! 生き恥をさらし甲斐が、あったというもの!!」

「断固辞退する」

「私は令部より独自行動の免許を与えられている。つまりはワンマンアーミー、たった一人の軍隊なのだよ。」

「免許があると言った」

「射撃もうまくなった…それでこそだ少年!」

ごたえがない…手を抜くか、それとも私を侮辱するか!」

ガンダム、引導を渡す!」

「そうだ、これとやりたかった!」

「なんと、機体が万全ではないとは…ならばる価値もなし!」

「試作段階のあの機体を、私色に染め上げて欲しい」

「最高のスピードと、最強を所望する」

「心眼は鍛えている」

「邪険にあしらわれるとは…ならば君の視線を釘付けにする。とくと見るがいい、盟友が作りしマスラオ義を!」

「切り捨てぇ、ごめえええぇぇぇぇぇん!」

「私は純に戦いを望む!ガンダムとの戦いを!そしてガンダムえる!それが私の、生きるしだ!」

「ええぃ!入りか…粒子残量も少ない。あえて言うぞ少年!覚えておくがいい!」

「とんだ茶番だ、あのようなぬるい戦い…私の好敵手であることを拒むか」

「私がめるのは、戦う者のみが到達する極み」

「戦え、少年…!私を切り裂き、その手に勝利を掴んで見せろ!」

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%82%B7%E3%83%89%E3%83%BC
ページ番号: 666732 リビジョン番号: 1230266
読み:ミスターブシドー
初版作成日: 08/10/27 11:47 ◆ 最終更新日: 11/07/17 17:42
編集内容についての説明/コメント: テラブシドー」
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミスター・ブシドーについて語るスレ

386 : ななしのよっしん :2014/09/07(日) 22:45:52 ID: SgVZIKPawm
むしろ最後のエクシア戦での通信が固執する原因だろ
387 : ななしのよっしん :2014/09/14(日) 02:04:40 ID: yZVsAOVDVG
ワードダリル敵は…って言ってたしもう固執する理由なんてないだろ
あれでソレスタ表舞台から消えたんだし
それでなぜ武士道なんてもんをやるか理解不だわ
388 : ななしのよっしん :2014/10/30(木) 12:13:14 ID: 7JPrIm/eYq
クワトロといいムウといいこいつといい
ガンダム作品の仮面キャラは正体隠そうとしないのが笑えるよな
いや、それがいいんだけども
389 : ななしのよっしん :2014/12/25(木) 22:20:20 ID: FEsnfSlbdm
>>387
ドラマCDでのグラハムの過去や、VSダブルオーライザー戦を見れば分かると思うが、グラハムは「を飛ぶ事」が生きがいだった。しかし、ガンダムの登場で、師を死なせてまで勝ち取った(フラッグ)も、恩師や自らを慕う部下をも失くし、グラハムは生きる意味を失った。彼に残ったのは、「ガンダムと戦う」という的だけ。
ブシドー時代のグラハムは、ガンダムとの戦いの果てに「高尚な死」を見出し、それをんだ武士道観に重ねていた。これが、「生きるための戦い」をする刹那との違いであり、だからこそ刹那は「高尚な死」を望むグラハムに、その「」を示したんだよ。
390 : ななしのよっしん :2015/10/09(金) 23:34:05 ID: 1CmSMBH5Bj
しかし劇場版の最期を見ると、本人は「生きるために戦った」んだろうが
高尚な死を迎えてしまったとも取れる、なんとも皮な結果に
391 : ななしのよっしん :2015/11/02(月) 22:09:00 ID: +ak5lXT4pq
>>390
命を賭して何かを成すという「武士道とは死ぬことと見つけたり」という言葉の本質
上っ面の武士道捨ててグラハムに戻った劇場版で体現したのは皮だよなぁ
392 : ななしのよっしん :2015/12/24(木) 02:41:56 ID: fDt3JeLmLe
MHXで男ハンター×双剣×ブシドースタイル×装備にしてブシドーごっこするの楽しい
393 : ななしのよっしん :2015/12/25(金) 02:17:32 ID: T4/45cxgss
制作スタッフからライセンスを与えられた結果がこれだよ
394 : ななしのよっしん :2016/01/18(月) 18:23:15 ID: 3bhQCGlP67
マスラオスサノオも悪くないけどこの人の乗る専用アヘッドがめちゃくちゃ好きだった。
395 : ななしのよっしん :2016/03/13(日) 18:38:20 ID: 5Qj+Gzgm3W
マキブでバルバトスと組むとバルバトスを奇襲させやすくするけど相対すると逆に奇襲される人。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015