単語記事: ミステリー

編集

ミステリーmystery)とは、「」「不可思議」「秘的」「推理作品」などの意味を持つ単である。

概要

ミステリーとは本来は「」の意味である。しかし、そこから転じて推理物全般に使われている。

ニコニコ動画では、推理ドラマ推理小説、推理ゲームはもちろんのこと、それらを基にしたMADなどにもタグがつけられることがある。

また、たとえ動画に推理要素がなくてもその原義から、「心霊現」「未確認飛行物体」などの一般に「秘的な」「理解できない」と思われる要素があれば、つけられるタグでもある。

ミステリー、推理物とは

定義

なかなか万人が納得できる定義をあげるのは難しい。

狭義に考えるなら、「殺人などの事件を探偵が捜し、犯人摘する」ような筋書きを、おそらく推理物と聞いて多くの人間が連想するであろう。あるいは広義には「解き」や「事件」の存在によって、ミステリーだと判断する場合もある。この辺りの生したサブジャンルは下記のジャンル分けも参照にしてほしい。

起源

ミステリー歴史がどこから始まったのかということについては、論者によって意見が分かれるが、大雑把にふたつあげられる。

ひとつはアメリカ作家エドガーアラン・ポーの短編「モルグ殺人」が最初のミステリーだとする説。

「モルグ殺人」は「とある宅でが惨殺されるが、警察はまったく犯人をあげられない。そこに探偵役となる没落貴族オーギュスト・デュパンが登場し、明確な論理をもとに犯人摘する」という筋書きであり、ここにいまのミステリースタイルを容易に見出せるであろう。これは前述した定義のうち、狭義のものの起といえる。

ちなみにこのあとポーはデュパンものを2つ(つまり「モルグ殺人」を含めて計3つ)、また他にもミステリーの走りとされる短編をいくつか書いており、以上の作中で「実在の事件を推理する」「人間心理の盲点」「暗号」「探偵役=犯人」といった、後世で何度も扱われたテーマをすでに先取りしている。これをして、ポーは始祖でありながら同時にミステリーを網羅してしまった、と賞賛する論者もいる。

のふたつは逆に広義、即ち「解き」や「事件」があればミステリーなのだ、とする説。

この論に立つなら起はるか神話の時代にまで遡れる。例えばイギリスミステリー作家ドロシイ・L・セイヤーズ(代表作はピーター・ウィムジィ卿シリーズ。特に「不自然な死」は名作)が編纂した、ミステリーパターンを網羅せんとすアンソロジーには、ミステリー濫觴の時期の作品として、聖書ギリシャ神話から寄せられたものがある。

ただしこちらには、そのように過去物語からミステリーを「発見」する行為に意味などない、という批判も存在する。

以上は、どちらが正解かという問題ではない。むしろ個々人、あるいはどういう文脈で、ミステリーという言葉が用いられたかによって変化するものであろう。

本邦におけるミステリー

戦前から海外の作品が広く翻訳され読まれた他、日本人の手によるミステリーも多く書かれた。特に江戸川乱歩の影は戦後含めて大きく、実作家のみならず評論家としても没後までを残すことなった(これは良くも悪くも、である。後年、乱歩の影下から抜けだした評価を作品に与えたいと努した評論家もいる)。

ちなみに、戦中は俗悪だとして出版そのものが制限されることがあった。

戦後も海外内問わず多くのミステリーが書かれたが、1950~辺りから「社会」と呼ばれるムーヴメント(社会という言葉自体は古くからあったようだが)が起き、松本文学賞を取るなど大衆文芸として受け入れられる。これは今までのミステリーにどうしてもついて回った遊戯的な側面――例えばわざわざ人を殺すのに大げさなトリックを用いるなど――をそぎ落とし、社会的な問題意識なども取り込んだ「リアリズム」のミステリーだといえるだろう。なおこムーヴメントは、海外においてダシール・ハメットレイモンドチャンドラーなどがそれまでのミステリー批判し、新たにリアリティを大きく取り込んだ作品を書くようになった「ハードボイルドスタイルと、時代のズレはあるが呼応している。

そこにゆり戻しのように起きたのが、1980年代以後の若手たちによる、古典遊戯性を大胆に再現した次のムーヴメント、すなわち「新本格」である。彼らは古典的なミステリースタイル不可能犯罪、名探偵の推理、複雑なトリックetc…)をいわばルネッサンス的に現代にらせたのだ。このムーヴメントは日本エンターテイメントに大きな影を与え、以後ライトノベルなどにも影下にある作家が出現した。

現代日本では、ミステリー小説のみならず多くのエンターテイメントフィクションにその姿を見ることができる。狭義のミステリーも連日出版され、海外の未翻訳作品も次々と翻訳されつつある。「盛」と呼んでいい状況ではないだろうか。

有名な作家

◎本格・・・江戸川乱歩横溝正史高木など。1920年代~50年代に流行した推理物が中心。
 ↓
社会・・・松本水上勉など。1950年代後半~60年代序盤にかけて前の盛。
 ↓
新本格・・・島田荘司綾辻行人赤川次郎(初期)など。80年代以降、推理小説というジャンルを再
 ↓
多様化
 > (新?)社会・・・宮部みゆき東野圭吾横山秀夫など。ミステリを軸としながらも背景社会と人間を描くことを重視し、最近専ら大衆文学メインストリームで評価される。
 > ハードボイルド・・・大沢在昌桐野夏生など。都市を舞台に行動探偵らの活躍を描くものが多い。
 > トラルミテリー・・・西村京太郎内田康夫など。ライトミステリファンおばさまおじさまに売れまくったジャンルで、火曜サスペンス劇場土曜ワイド劇場でのドラマ化の鉄板
 > 映画ドラマ漫画など多ジャンルでのミステリ・推理物の盛 

ミステリーにおけるジャンル分け

ミステリーという分野はその内容によってさまざまな分け方ができる。その分け方は人それぞれであるが、ここにその一例をあげておく。

また、解きを中心にしたミステリーは、眼をどこに置いているかで、おおよそ以下のように分類することができる。ひとつの作品が複数の解きジャンルを含む場合も多い。

ミステリーとミステリ

ニコニコでは「ミステリー」と併用して「ミステリ」というタグも使われている。その区別は動画投稿視聴者観に任せたものであり、明確な基準があるものではない。

強いて傾向を述べるとすれば、「ミステリータグはいわゆる「オカルト」の領域の動画も含んでしまい、推理物の動画を探すのには不便なため、推理色の強い動画は「ミステリタグを用いているようだ。

余談だが、「ミステリィ」というタグは使われていない。

ミステリー作家

ニコニコ大百科内に記事のあるミステリー作家漫画家ゲームクリエイターなどの「小説家」以外の人物や、「ミステリー作品を書いたこともある」程度の人物なども含んでいる。

海外の人物などで姓が名より後に来る場合でも、姓の五十音順で掲載しています。

ミステリー作品

ニコニコ大百科内に記事のあるミステリー作品。単純に「ミステリー作品」とは言い難い作品も含む。

ミステリー関連の動画投稿者

ニコニコ大百科に記事のある、ミステリーを扱った動画投稿している動画投稿者。ただし代表作がミステリー関連とは限らない。

関連項目

外部リンク

推理小説を書くのに、こんなに「ルール」があるって知ってた?


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC
ページ番号: 4263360 リビジョン番号: 2396754
読み:ミステリー
初版作成日: 10/01/19 20:31 ◆ 最終更新日: 16/08/21 00:58
編集内容についての説明/コメント: 記事冒頭の「ミステリー」と「mystery」を太字化しました。「ミステリー作品」の節に、「忘却探偵シリーズ」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミステリーについて語るスレ

61 : ななしのよっしん :2014/10/30(木) 11:28:37 ID: Lx8edX4het
ミステリ作家も生き残りをかけて必死なんだよ、ラノベ的な仮面をかぶっても
本質が面ければいいんだ
開かずの研究会は良く読んだし「名探偵はもういない」には驚かされたし
新本格もどきには笑ったけど、
舎学園はなんだかなじまなかったなあ。

東野さんが名探偵の掟やったら、ラノベ調の学園ミステリをパロったりするんだろうか。
62 : ななしのよっしん :2015/02/25(水) 10:30:25 ID: E/Dk8wOuq9
>>58
ホームからしてそうだしな
63 : ななしのよっしん :2015/03/30(月) 00:06:54 ID: eSzJFQsB5i
ミステリーって、結構、変人探偵と愉快な仲間達の様式美物ってイメージがある
というか、そう言う感じが好き
64 : ななしのよっしん :2015/06/14(日) 01:29:52 ID: 36/L5KxKOr
ミステリーサスペンス、両方の記事読んだけど結局厳密な定義がよくわからない

例えばハリーポッター浦沢直樹作品はそれぞれどういう分類になるんだろう
65 : ななしのよっしん :2015/07/21(火) 13:13:07 ID: ygutTh0v72
>>64
「分類」なんてなことしないで
ミステリ要素とかサスペンス要素とか呼んで
ハリポタにはどっちの要素もあるんじゃね」でFAにしたらいいんじゃね
66 : ななしのよっしん :2015/08/30(日) 22:58:46 ID: 36/L5KxKOr
>>65
わかりやすい考えで納得
ありがとう
67 : ななしのよっしん :2015/12/11(金) 07:59:49 ID: U8B+yRyaSX
>>lv244247502

>>ch2615335
68 : ななしのよっしん :2016/04/22(金) 16:04:55 ID: Qsy7sOcjAG
>>64
どこのツタヤもそうかは知らんがハリポタSFの棚にあったよ
69 : ななしのよっしん :2016/07/17(日) 22:30:50 ID: Y94MViLY6c
々とした雰囲気の館で、血みどり色の殺人が行われる
奇抜なトリック、奇怪な住人
そして、精異常者のような探偵が推理を披露する。

時代錯誤なのは分かっているが、やはりそういうものがミステリだ。
70 : ななしのよっしん :2016/08/04(木) 10:29:18 ID: 77KpwLuHx8
ミステリー関連の動画投稿者の欄に『NOH』さんの追加をお願いします。
超幻想郷級のダンガンロンパ』という、「ダンガンロンパ」を題材に作られた東方二次創作の創作論破動画作品を上げてる人です。
ニコスクリプトを利用した、ゲーム性の高さが特徴で、読者への挑戦も行ってます。現在第一章の解き終了(全正答率2%弱?)、第二章進行中につき今からでも挑戦可

「創作論破」の創作者は、他にも『鉛筆』さんも第一章終了まで作ってますけど(なんとボイス入りで!)、百科事典が作られてるのは作品名の『ダンガンロンパTheAfter(通称DRTA)』だけですから、名前は載せられないのかな?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015