単語記事: ミュウツー

編集

ミュウツーとは、ポケットモンスターに登場するNo.150ポケモンである。初登場は赤・緑

基礎データ
名前 ミュウツー タイプ エスパー(通常 / Y)
エスパー かくとう(X)
英語 Mewtwo 高さ 2.0m(通常)
2.3m(X)
1.5m(Y)
分類 いでんし 重さ 122.0kg(通常)
127.0g(X)
33.0kg(Y)
図鑑 #150 特性 プレッシャー
ジョウト #249
ホウエン #305 夢特性 きんちょうかん
シンオウ # メガ特性 ふくつのこころ(X)
ふみん(Y)
イッシュ # グループ タマゴみはっけん
# 孵化歩数
カロス #151マウンテン 性別 不明
世代 第一世代 努力値 特攻+3
進化 進化しない
カイリュー | ミュウ
No.150 ミュウツー
いでんしポケモン
たかさ  2.0m
おもさ  122.0kg

エスパータイプ
けんきゅうの ために いでんしを 
どんどん くみかえていった けっか
きょうぼうな ポケモンに なった。
種族値(通常時) 合計680
H
P





106 110 90 154 90 130
種族値メガX) 合計780
H
P





106 190 100 154 100 130
種族値メガY) 合計780
H
P





106 150 70 194 120 140

図鑑説明

ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターリーフグリーン
けんきゅうの ために いでんしを どんどん くみかえていった けっか きょうぼうな ポケモンに なった。
ポケットモンスター青ポケットモンスターファイアレッド
ひとりの かがくしゃが なんねんも おそろしい いでんし けんきゅうを つづけた けっか たんじょうした。
ポケットモンスターピカチュウ
ミュウの いでんしと ほとんど おなじ。だが おおきさも せいかくも おそろしいほど ちがっている。
ポケットモンスター金ハートゴールド
きょくげんまで せんとうのうりょくを たかめられたため めのまえの てきを たおすことしか かんがえなくなった
ポケットモンスター銀ソウルシルバー
たたかいで ちからを さいだいげんに だせるように ふだんは すこしも うごかず エネルギーをためている。
ポケットモンスタークリスタル
たたかいの ためだけに うみだされ いまは どこかの どうくつふかくで ねむっていると いわれる。
ポケットモンスタールビー・サファイアポケットモンスターエメラルド
いでんしそうさに よって つくられた ポケモン。にんげんの かがくりょくで からだは つくれても やさしい こころを つくることは できなかった。
ポケットモンスターダイヤモンド・パールポケットモンスタープラチナ
ミュウの いでんしを くみかえて うみだされた。ポケモンで いちばん きょうぼうな こころを もつという。

概要

初代『赤・緑』から登場しており、今尚「最強」のイメージが根強い初めての禁止級伝説ポケモン。図鑑ナンバー150で、当時は配布やバグでしか入手手段のかったミュウを除けばカントー図鑑の一番最後に位置する。名前だけでなく高さや重さの数字でもやたら2立つが多分偶然だろう。

ステータスとしてはエスパータイプらしく特攻と素さが非常に高い。禁止伝説級なので論それ以外も高準。火力に物を言わせるだけでなく、ミュウクローンなだけあって覚える技や戦法も非常に豊富。禁止級のポケモンであるが、設定上はミュウの遺伝子を組み替えて作られた人工ポケモンである為、正確には「伝説」ではない。とはいえ幻のポケモンから生み出された重な個体なので、伝説や幻ではないが彼らに負けず劣らずのレアポケと言って差し支えないであろう。

ゲーム中では、殿堂入り後に進入出来るダンジョンハナダのどうくつの最深部で登場。レベルは野性ポケモンの中では最高の70。『赤・緑』ではプログラムミスなのか故意なのか敵ポケモンPP消費をカウントしておらず、特殊種族値154[1]から放たれる実質PP限のサイコキネシスによる大ダメージとこれまた実質PP限の自己再生による限回復。そして伝説ポケモン恒例の捕まえにくさ[2]に手間取ったトレーナーも多いだろう。マスターボール使用補筆頭である。その見たには似つかわしくない「ミュー」という可愛い鳴きにも定評がある

金・銀』では容量の都合により、カントーマップダンジョンが一部削られている為、野生の個体は登場しなかったが、リメイクの『HGSS』ではしっかりハナダの洞窟でレベル70のミュウツーが登場。ところがレベルアップ技のテーブルが原因で攻撃技がサイコカッターしかない。おかげであくタイプポケモンを使えば簡単に捕獲体勢に入れる。初代で最強と言われたエスパータイプの抑制の為に生まれた悪タイプが本領を発揮する場面の一端とも言えるだろう。

ちなみに初代ポケモン青ピカチュウ版)では技マシン、第3世代ではXDを通して「じばく」を覚えることも可。高い特攻にがいきがちだが攻撃種族値も素で110ある(ラグラージと同値でドダイトスゴウカザルより高い)ので割と落にならん威

第5世代ではついに念願の専用技である「サイコブレイク」を習得。特殊技だが受ける側は防御のステータスダメージ計算されるという変わった技である。これにより、特殊受けを突破することも可となった。

X・Y』では殿堂入り後に入れるようになるななしのどうくつに出現。戦闘BGMは三と同じく固有の物で、初代の「戦闘!野生ポケモン」のアレンジ鳴きは何故か「みゅう!」になっている。

ミュウツー出生の秘密と謎

本編中では、グレンタウンポケモン屋敷に残された先住者の日記に出生と脱走の経緯が記述されている。以下がその記述である。

にっき 7がつ5か
ここは みなみアメリカの ギア
ジャングルの おくちで
しんしゅの ポケモンを はっけん

にっき 7がつ10か
しんはっけんの ポケモン
わたしは ミュウと なづけた

にっき 2がつ6か
ミュウが こどもを うむ
うまれた ばかりの ジュニア
ミュウツーと よぶことに・・・・・・

にっき 9がつ1にち
ポケモン ミュウツーは つよすぎる
ダメだ・・・・・・
わたしの てには おえない!

日記に年が書かれていない為、具体的な時期に関しては知る術がいが、この日記の記述に沿うならば、どこかの年の7月ミュウが発見され、その後約半年間ポケモン屋敷においてミュウの遺伝子を使った研究と実験が行われ、2月初頭にミュウツー誕生に至ったという事になる。やがて暴走したミュウツーは研究者達でも抑えられない程の暴性と戦闘ポケモン屋敷を半壊させ、外界に脱走。とも相容れる事なく、ハナダの洞窟へ姿を消した。

ちなみに上記の日記を書いた、ミュウツーを生み出す研究をしていた人物はフジという名前の博士だとされているが、実はこれはシオンタウン主人公が出会ったフジ老人と同一人物である。初代リメイクである『FRLG』ではシオンの住人から、フジ老人は元々シオン出身の人間ではないという情報を聞く事ができ、それに加えて研究場所となったポケモン屋敷があるグレンジムではカツラフジ老人に何らかの親交があった事をわせる写真を見る事ができる(そもそもグレンジム自体が何故かポケモン屋敷に落ちている「ひみつのカギ」を使わないと入る事が出来ない)。さらに、2013年に放映された後述の特別編アニメポケットモンスター THE ORIGIN』にて遂に同一人物である事が確定した。

ただこれらのミュウツーカツラとの関係を匂わせる描写は初代の時点では全く存在していなかった為、リメイク後の後付設定である可性も高い。

初代での悪魔のような強さについて

とくしゅは2位20近い差をつけてのブッチギリ1位154。そのステータスから繰り出される威1.5倍のサイコキネシスは持ち物が存在しない当時は並のポケモンでは1発耐えることすら難しい。さらに壊れ技として有名なふぶきや優秀なでんきタイプ技10まんボルトも覚える事ができ、幅広いポケモンに対応可。その上ただでさえ高いステータスをドわすれで一気に2段階上げることができるなど一匹だけ明らかに別次元の強さを持っていた。
すばやさも全ポケモン2位。同条件だとミュウツーより速く動けるポケモンは当時はマルマインしかいない。そして、じこさいせいでHP回復もできるという隙のさ。

何より当時のエスパー技を半減出来るのはエスパーのみ。効化するタイプはなし。ミュウツー自身の弱点もむしとゴーストだけ。しかも虫タイプの攻撃技は威20のきゅうけつ、威25×2のダブルニードル、威14×2~5のミサイルばりと貧相な物ばかりで実質いに等しく、ゴーストに至ってはバグで「こうかがない」という有様(そもそも当時のゴーストタイプの最終進化系はゲンガー1匹のみ。ゲンガーどくタイプを併せ持つ故に元々エスパーが弱点でミュウツーより遅い時点で絶好のカモにしかならなかった)。要するに弱点など存在しないも同然でミュウツー暴走は止まらないのであった。一匹ならまだしも2,3匹手持ちに入っていようものならリアルファイトに発展する危険があった。

今でこそ種族値の合計は720アルセウスに劣ってしまってはいるが、初代のミュウツー特防も154[1]なので現在の種族値に換算すると素の状態で合計が744となりアルセウスをもえる極悪ステータスになる。これでエスパーを半減できたのがエスパーだけで他の同クラス伝説ポケモンも居なかったのだから存在そのものがチートと言うより他にない。

ちなみにポケモンスタジアム(2以降。初代では戦うことができない)では「サイコキネシス」を発動するとき怒りマークなどの血管が額に浮かんでいるが、腕で隠れた口部分は「10まんボルト」を使用すると横のカットでは恐ろしいまさに悪魔のような笑みを浮かばせていた。

現在のミュウツー

金銀以降はエスパー(とふぶきとドわすれ)の弱体化に伴いミュウツーもあわせて弱体化していった。現在では拘りスカーフや不意打ちなどの存在がかなりの痛手であり、第一世代ほどのバランスブレイカーっぷりは望めない。

しかし、それでも「禁止伝説で一歩抜け出した位置にいる素130族」「未だ全ポケモン中3位を誇る特攻154」「強かつ広範囲をカバーするサブウェポンと多な補助技」「それでいて特殊受けも突破できる専用技サイコブレイクの存在」といった数々の強みを持ち、第6世代時点でも未だ最強クラスポケモンとして君臨している。
某所では「ミュウツーの全ての全に止められるポケモンは存在しない」(言い換えると対策がものすごーーくしづらい)とまで言われているほど。タイマンの実カイオーガと並んで最強とされ、器用さならカイオーガをも上回る。

またダブルバトルにおいても、GSルールではユキノオーと共に猛威をふるう要注意ポケモンの一
2012年末に行われたクリスマスカップでも大暴れし、使用率はアルセウスカイオーガといった数々の強を抑えて1位と、その強さが健在であることをめて知らしめた。 

メガシンカ

4月7日ポケモンスマッシュ!にて、ポケットモンスターX・Yで登場する新しい伝説のポケモンが紹介された。長い間「ミュウツーに似たポケモン」としか説明されていなかったが、8月になってその正体が「メガシンカ」を遂げたミュウツーであると明かされた。9月には、ミュウツーメガシンカした姿はもう1つあるという事実が判明し、新たに開されたものはメガミュウツーX、既存のメガシンカ形はメガミュウツーYと区別されるようになった。

メガミュウツーYは元々高い特攻、素さがさらに上昇する。メガミュウツーXは攻撃が上がってかくとうタイプが追加され、物理に特化した形となっている。
どちらにメガシンカするのかは持たせるメガストーンの種類で変わり、メガミュウツーXになるための 「ミュウツナイトX」はXバージョンで、メガミュウツーYになるための「ミュウツナイトY」はYバージョンで手に入る。

アニメでのミュウツー

劇場版第一作ミュウツーの逆襲』で初登場。人間の遺伝子工学で生み出されたという点は原作と同一だが、出生に関わる細部の設定は作品によって異なる。『ミュウツーの誕生』『ミュウツー!ココニ在リ』『速のゲノセクト ミュウツー覚醒』でもそれぞれ役をっている。また、テレビアニメ本編ではトキジム回にて拘束具をつけたミュウツーらしきポケモンが確認できる。本来ならばトキジムの回から劇場版へと繋げる形で放映される予定だったのだが、ポケモンショックの余波を受けて順序が逆になってしまった。

『逆襲』のミュウツー原作とは毛色が異なっており、重い過去を背負い自分が生まれた理由と存在意義について悩み、自身を生み出した人間に憎しみを抱くという非常に哲学的なキャラとなっている。ここではをも操る程の非常に強い念動、大量のクローンポケモンを生産する施設を作る程の知性と応用、そして人間との会話を可にする高度なテレパシーなど、他のポケモンべると桁違いのの数々を見せつける。最強ポケモンとして作られたという設定なだけあって、ミュウの攻撃以外でダメージを受ける描写は一切存在しなかった。

特別編の『戦慄のミラージュポケモン』ではピカチュウがこれまで戦った伝説のポケモンの記憶をデータ化され、更にオーキド博士の全ポケモンネットワークホウエンまで)により『ココに在リ』に登場したミュウツーを筆頭補に挙げられ全ての技を使える最強の「ミラージュポケモンミュウツー」が登場する。(もちろんは違うし出会ったのとは別もの)最後は動きを封じられ、ピカチュウのまだ公式データにはなかった技「ボルテカー」に敗れている。

速のゲノセクト ミュウツー覚醒』では、役としては実に13年ぶりの登場を果たすことになった。ちなみにこちらのミュウツーは『波動の勇者ルカリオ』のミュウ同様、別個体なので声優が異なっている。論、敬語口調で人間と接する点や他のポケモンに見せる素直な優しさなど、『逆襲』のミュウツーとは大分異なる印を受ける。自分と同じ「作られたポケモン」であるゲノセクト覚醒した姿(後のメガミュウツーY)で立ち向かい、文字通り「速」のバトルを繰り広げる。残念ながら「メガミュウツーX」は登場しない。世界で一匹しかいないポケモン」じゃないの?とか、今となっては「メガストーンメガリングしでどうやってメガシンカするんだよ」とかの突っ込みはしてはいけない。

ポケットモンスター THE ORIGIN』では、原作の設定に準拠したミュウツーが登場。なので当然、雄叫びを発するだけで特に人は喋らない。殿堂入りを果たしたレッドハナダの洞窟の深くで相対し、原作さながらの戦闘レッドフリーザーゲンガーを圧倒した。最後は土壇場でメガシンカを果たしたリザードンとの闘の末、「メガトンパンチ」の前に敗れ、捕獲された。

担当声優は『逆襲』『ココニ在リ』では市村正親、『速のゲノセクト ミュウツー覚醒』では高島礼子、
幼少期はドラマCDミュウツーの誕生』では瀧本富士子、『ミュウツーの逆襲完全版』では森久保祥太郎がそれぞれ演じている。

スマブラでのミュウツー

不動の人気を誇るポケモンなだけあって、『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』にもミュウツーは登場する。

『DX』では隠しキャラとして登場。ふわりとした拳動、常に宙に浮いているが故に吹っ飛ばされやすい、などクセが強いキャラクターであった。ピチューよりも弱いとも言わr(ry反面、投げ技が強く相手の復帰を妨しやすかったり、回避が高いなど、タイマンではそれなりの強さを発揮していた。イメージは『逆襲』がベースであり、台詞もそれに合わせた仕様となっている。担当声優も『逆襲』と同様に市村正親

『X』ではフィギュアとして登場。プレイヤーキャラクターとしてはリストラされてしまった。

が、『for Nintendo 3DS / Wii U』ではダウンロードコンテンツファイター第1弾」として復活参戦。「Nintendo Direct 2015.4.2」にてトレーラー開され、急遽追加制作が決定したと発表された。『DX』からのミュウツーファンの熱い要望、希望に答えた形になり(特に海外の)ファンを歓喜させた。今作での声優藤原啓治。ただ、喋る台詞質やエフェクトなども含めてイメージは『逆襲』そのままである。技やモーションは『DX』に近いが、当時とべるとかなり強化されている。最後の切りふだでは「メガミュウツーY」にメガシンカし「サイコブレイク」を放つ。

ポケモンスナップでのミュウツー

ミュウツー本体は登場せず、ポケモンしるしの「しるし」として登場した。「どうくつ」のとある場所を撮影して写真現像すると・・・

ポケモンレンジャーでのミュウツー

ポケモンレンジャー光の軌跡に登場。ラストの方で敵として出てくるが主人公キャプチャー大人しくなる。でもまた、別の敵に操られて敵や味方を消したり、今度はハイパーで闘うことになる。古代の遺跡で眠っていたようだが、が作ったのかは不明。そして一度クリアーした後で光の軌跡のOPに出てくるレンジャーサインサインモードで入するとミュウツーが喚び出せるようになる。

ポッ拳でのミュウツー

ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』でもバトルポケモンとして参戦している。通常は特殊攻撃を得意とするミュウツーだが、今作では対戦格闘ゲームとしての性質上、三色パンチやけたぐりなど手足を使った物理格闘技も多く使用する。遠距離からの奇襲や牽制用に放つ高威はかいこうせん、攻撃判定の広い近接技のサイコカッターを始め、バリアーからのカウンターテレポートを使った不意打ちなど高性な技を多く持つ万タイプだが、共鳴ゲージが溜まるのが遅いのが欠点。

さらに今作ではダークミュウツーと呼ばれる本作オリジナルの特殊な個体も登場する。フェルム地方の共鳴エネルギーを吸収する「共鳴石」とミュウツー融合を果たした姿で、使う技はミュウツーとはど異なる物になっている。他のポケモンより格段に高い攻撃を持つが、引き換えに体が非常に低いという典的な攻撃一本特化なポケモンである。

関連動画

お絵カキコ

廃人だ!ミュウツー

関連商品

関連項目

脚注

  1. ^1 ^2 初代は特殊のステータスが攻防一体で、攻撃にも防御にも同じステータスを参照してダメージ計算を行っていた。特攻と特防に分離されたのは第二世代から。
  2. ^ 初代では伝説など一部のレアポケモンは体が多いとボールを投げても全く当たらないため、開幕ボール連打で運ゲーに持ち込みやられる前に捕まえるような真似も出来ない。まともにやり合って捕まえるなら初手にふぶき冷凍ビームを使って凍るのを祈るのが常套手段か(じこさいせいで削りもままならないのである)

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%83%84%E3%83%BC
ページ番号: 734319 リビジョン番号: 2343724
読み:ミュウツー
初版作成日: 08/11/22 20:32 ◆ 最終更新日: 16/03/30 14:55
編集内容についての説明/コメント: 全体的に大きく加筆修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


あかのやま「NHK ETVからお出ました江戸っ子だぜい!」

今年が寂しいね

ミュウツー

ミュウツー

廃人だ!

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミュウツーについて語るスレ

3357 : ななしのよっしん :2016/05/14(土) 06:57:01 ID: onXGgzok7n
アニメポッ拳みたいな外伝作品にツッコミ入れたくはないが
ミュウツーに関する資料や知識が普及しているようだし、ミュウツー世界観的には一匹しか存在しないって設定は最形骸化してるんだろうか
3358 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 07:07:49 ID: 2cnKPW2fBZ
専用格闘技設けて最古ブレイクでY,専用格闘技でXにメガシンカでき持ち物は自由にもてるようにすれば解決だと思うんだけどね
3359 : ななしのよっしん :2016/05/18(水) 20:43:44 ID: HY5+cBXhKH
ポッ拳ダークミュウツーの手からエネルギーを出す攻撃がソウルエッジとソウルキャリバーみえたのは自分だけじゃないと思いたい
3360 : ななしのよっしん :2016/05/20(金) 01:29:09 ID: ihBeqheZBS
forで最初から参戦出来なかったのは過去に消えたキャラより個性のある新キャラをって事で優先順位が格段に低かったからなんだろうな。ドクマリ素材使い回しで余った時間で作られたキャラだけどミュウツーはそれが出来ない。
3361 : ななしのよっしん :2016/06/08(水) 21:40:07 ID: uNxY6UxYGs
久しぶりに初代をゲームボーイでやって捕まえたばかりのミュウツーだけでポケモンリーグいったら一匹だけで制覇できてしまった…強すぎる
3362 : ななしのよっしん :2016/06/08(水) 21:49:02 ID: cWOMueODSG
バフに攻撃技に回復技を一通りそろえているからなあ
3363 : ななしのよっしん :2016/06/09(木) 12:45:24 ID: 1Yyzc6XJrz
自爆ハートの鱗で思い出せるようにしてほしい。

DSFRLGミュウツーを捕まえて
GCのXDで自爆を習得させ
DPt、HGSSのパルパーク転送
BWB2W2シフトで送り
ムーバーXYORASに移動

これだけのことをしてカロスマークがついていないんだから
もう基礎技でお願いしたい
3364 : ななしのよっしん :2016/06/16(木) 18:44:42 ID: mry30A+o3C
何故かエレキッドと交換で貰った
性格:さみしがりだけどこの際贅沢は言わん
リアー貼れば少しは持ちこたえるかな?
3365 : ななしのよっしん :2016/06/16(木) 18:49:08 ID: jKoSm88HmY
人気投票ベストテンからは漏れてしまったが
とりあえず宿敵ルカリオよりは上なので良しとしておくか
3366 : ななしのよっしん :2016/07/01(金) 02:38:46 ID: daJ5/ZphXf
2種類のメガ進化があるとはいえ特性が… 伝説も埋まるし…

Y特性「覚醒 かくせい」
ねむらなくなる
エスパー技の威が1.5倍(自分のみ)
X特性「強 きょうじん」
ひるまなくなる
かくとう技の威が1.5倍(自分のみ)

これくらいにしてもいいと思うんだけどな。
修正してくれないかな?過去に特性が修正された事例はあるし…
(例、シャンデラ 第5世代では未解禁だったとはいえ、隠れ特性かげふみ」が、第6世代で「すりぬけ」に変更された。)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015