単語記事: ミラボレアス

編集

ミラボレアスとは、ゲーム「モンスターハンター」に登場するモンスターである。
漢字表記は「黒龍」。プレイヤーからは「黒龍」「黒ミラ」「ミラ(ボ)」と略して呼ばれることが多い。

名前の由来は「Milla(ギリシャ語で運命の意)」と「boreus(ギリシャ神話の荒ぶる北風の神)」からだろうか。

黒龍伝説

キョダイリュウノ
ゼツメイニヨリ、
デンセツハヨミガエル

数多の飛竜を駆遂せし時
伝説はよみがえらん
数多の肉を裂き 骨を砕き 血を啜った時
彼の者はあらわれん
土を焼く者
鉄【くろがね】を溶かす者
水を煮立たす者
風を起こす者
木を薙ぐ者
炎を生み出す者
その者の名は ミラボレアス
その者の名は 宿命の戦い
その者の名は 避けられぬ死
喉あらば叫べ
耳あらば聞け
心あらば祈れ
ミラボレアス
天と地とを覆い尽くす
彼の者の名を
天と地とを覆い尽くす
彼の者の名を
彼の者の名を

概要

古龍種
ミラボレアス
別名
シュレイド城 黒龍
決戦場
祖龍
登場作品
・モンスターハンター
・モンスターハンターG
・モンスターハンターポータブル
・モンスターハンター2
・モンスターハンターポータブル2nd
・モンスターハンターフロンティア
・モンスターハンターポータブル2ndG
・モンスターハンター4
・モンスターハンター4G
モンスターハンターのモンスターテンプレート

初代モンスターハンターからラオシャンロンと共に登場する古龍種(初代MH及びMHGには古龍種という区分がないので、正式に古龍種とされたのはMH2からである。)で、同作ではラスボス的な扱いである。

他のモンスターとは一線を画す絶大な攻撃力を誇り、龍耐性をかなり意識した装備でないと基本的に一撃で死ぬ。なぁに150までしか食らわん
その為、遠くから安全に攻撃できるガンナー、特にボウガンで拡散弾や毒弾を現地で調合しながら撃ち続ける戦法が好まれている。遠方からの拡散弾で、なす術も無くただひたすらに爆撃されている黒龍の姿は哀愁が漂う。

弱点属性は龍。次点で火。部位破壊可能部位は、頭、胸、翼。
頭の部位破壊は三段階で、一段階目は左の角の一本目が折れ、二段階目は左の角の二本目が折れる。三段階目は左目が傷つく。全ての段階で報酬がもらえる。

ミラボレアスは、カプコン側からは『隠しボス』扱いされており初代から、公式攻略本やハンター大全でも装備以外その情報は書かれていない。
情報規制対象はイベントクエスト、関係者のブログ、ゲーム雑誌の攻略記事までに渡る。

ちなみにテーマ曲の舞い降りる伝説は、ギリシャ語で黒龍伝説を歌ったものである。よく聴いていると歌詞の中に「ミラボレアス」というフレーズが入っている。どうやらギリシャ語でも日本語でもミラボレアスだけは共通のようだ。

公式設定の中ではラオシャンロンはミラボレアスから逃げているという説が有名。
MHP攻略本の「一説によると、ラオシャンロンはとある何かの復活を感じ、それから逃げているのだと言われているが……。 」という文と、黒龍伝説の冒頭「キョダイリュウノゼツメイニヨリ、デンセツハヨミガエル」という文を合わせてみるとこの説に見事に一致するのが分かる。
実際にこの説を肯定するかのように、MHPではラオシャンロンを討伐した後ミラボレアスのクエストが出現する。

ハンター大全2には過去に栄華を誇ったシュレイド王国を滅ぼしたのもこのミラボレアスと書かれている。
黒龍との戦争でシュレイド王国は東西に分裂し、古城はミラボレアスの住処となった。
クエスト「黒き伝説を打ち払え!」の依頼文では、ミラボレアスが「黒龍伝説の通りに世界に災いをもたらす」とのこと。
 一般モンスターとして絶滅から保護するギルドでも、この古龍は討伐すべき人類の敵と認めているほど、危険性が高いということが分かる。

なお後に同じような人類の敵と称されるような古龍として「アルバトリオン」「グラン・ミラオス」が登場した。アルバトリオンに関しては「種の存続をかけた戦い」とまで言われるほどの緊急事態であり、その危険性はミラボレアスと同じくらいといえる。

ちなみにMHPまでに存在していた素材「黒龍の胸殻」の説明文によると、ミラボレアスの甲殻はねぐらに持ち帰ったハンターの武具が体温で溶けたものらしい。

MH4にて再登場。
MH3以前のモンスターが多数復活している今作だが、その中でも特に大幅に手が加えられている。
過去のミラボレアスは頭以外の肉質がガチガチで、その頭もほとんど下ろさないため剣士ではまともな立ち回りがほぼ不可能な状態だった。
しかしMH4では身体の肉質が軟化し、少なくとも青ゲージの武器ならば弾かれない程度にはなっている。
頭を狙えるチャンスも増え、しっかり乗り攻撃も仕掛けられる。
また攻撃パターンも別物と言っていい程変化し、戦闘エリアのほぼ全てが射程に入る程の超射程ブレス、足元をなぎ払う粉塵爆発等の派手な攻撃が加わった。
「まともに立ち回って戦えるようになった」その改良ぶりは古参ハンターには感涙もの。

亜種(紅、祖)

亜種として、MHGからミラバルカン(龍)が、MH2からはミラルーツ(祖龍)が登場した。
この二種はメテオ火山弾攻撃やらサンダガ落雷攻撃をしてくるので、たとえガンナーであっても原種に比べると攻撃が当たる可能性が高くなりがちである。
それでも高火力で怯ませ続ければ大きな的には変りなく、拡散弾や火炎弾で蹂躙される伝説の龍の姿には悲壮感さえ漂う。
MHFのソロ専用である公式試験では火属性値2100の片手剣「炎妃剣【渇愛】」とダメージを軽減させる「元気のみなもと」を使って討伐される場合が多い。

それぞれの別称であるバルカンとルーツは防具の名前を取ったものであり、公式名称ではない(漢字表記は公式)。
他にも「(または赤)ミラ」「白ミラ」と、体色を冠して呼ばれることもある。

ミラボレアス(紅龍)

MHGから登場したミラボレアスの亜種。その名前は運命を解き放つ者を表す。
その素材から作成できる防具の名前を捩り、プレイヤーの間では「ミラバルカン」との通称で通っているが、ゲーム中の表記は「ミラボレアス」で統一されている。亜種とは書かれないが、龍と書かれる事はある。

原種とは異なり、火山地帯の決戦場で戦うことになるためクーラードリンクは必須。不利な地形でもあり、それをさしおいてもミラ系最強と言われたりもする。
片方の角がナバルデウスのように異常に発達していて、左右非対称になっている。
MHPまではムービーの最後の滑空モーションに当たり判定があるため、棒立ちして見ていると滑空に当たり力尽きるという事故があった。MHP2では修正されている。
ミラボレアスとは違い這いずりはしてこないが、空から火山弾(通称メテオ)を落とし攻撃する。

実はMH4においてもかねてよりKYな改造厨の所為でその存在が仄めかされており、そして2014年2月21日より遂にイベントクエストとしてこのミラバルカンが出現するクエストが追加配信される事となった。 舞台はやはり火山地帯であるアカムやテオも住んでる溶岩島。
主な攻撃はMH4版ミラボレアスに準じたものを基本としつつ、お約束のメテオ落としの他に、後方に飛び上がった直後の滑空突進攻撃、怒り時のテオがやるような前脚からの爆破粉塵と言った新戦法も駆使してくる。

その反面、防御に関しては原種と同じような修正がかけられており、特に過去作で剣士系ハンターを悩ませていた怒り時の肉質強化は行わず逆に軟化するようになったため、全体的にこちらの攻撃がかなり通り易くなっている。

・・・が、しかし、本作ではMHPまでにあった登場ムービー直後の先制滑空攻撃が復活。
ムービーが終わったらすぐに回避行動を取らないと死にはしないとしても思わぬダメージを食らう事になる。

続くMH4Gではさらなる強化形態となって帰ってきた。
炎を吐き出す龍であるため同様にミラバルカンと呼ぶ人も多い(攻略サイトなどでもバルカンと表記されている事が多い)が、この個体の素材から作られる防具は従来の「ミラバルカンシリーズ」ではなく「ラースシリーズ」である事から、特に区別して“ミララース”と呼ぶ人もいる。
こっちのものはさらに体色に赤みが増しており、加えて腹や翼が太陽の如く黄色に輝き、四肢からも炎を滾らせているなど今まで以上に灼熱的なイメージを醸し出している。

戦闘においては従来の火炎ブレス攻撃やメテオ攻撃に加えて常にフィールド上にプロミネンスのようなうねる炎を発生させてくる他また地雷か、しかも翼をはためかせて強力な熱波を飛ばしてこちらの体力をごっそりと削ってきたり、さらにブレス直後に飛翔し、こちらに滑空突撃をかましてくるなど新戦法も行使してくる。

なお、素材から作られる防具が「ミラバルカンシリーズ」である事が通称の由来である事は先に述べたが、MH4Gにおけるミラバルカンは上位から、と言うかクエにも出てくるほどに多数登場するにも関わらず、防具の名前が統一されておらず、「ミラバルカン」の名を冠した防具は無い。
上位素材で作れる防具は「ミラバルシリーズ」、G級個体の素材から作ると「ラースシリーズ」、イベントクエストの龍チケットを用いて生産するGX装備は「GXミラバルZシリーズ」である。
G級個体の防具がラースシリーズであったためにミララースの俗称が新たに誕生した事も先に述べているが、さらにその後に同じG級強化個体のイベクエでGXミラバルZシリーズが生産できるようになり、結局はミラバルカンと呼ぶ人とミララースと呼ぶ人がごちゃ混ぜになっている状態である。

ミラボレアス(祖龍)

MH2から登場したミラボレアスの亜種。その名前は運命の始まりを表す。
こちらも防具の名前から「ミラルーツ」という通称がある。ゲーム中ではミラボレアスの名で統一されているのはミラバルカンと同じ。武器の名前からミラアンセスと呼ぶ人も稀によくいる。

塔の頂上で戦闘することとなる。なおミラボレアス、ミラバルカンとは違い「祖なる龍」という専用BGMがある。この歌の歌詞もギリシャ語である。
怒り状態になると胸のあたりに雷をまとうだけでなく、顔面が血色に染まり通常時とは一変して凶悪な姿になる。
ミラボレアスとは違い這いずりはしてこないが、空から雷を落とし攻撃する。さらにHPが少なくなってくると空高くにある塔の柱まで飛んでいき、そこから雷を多数落とすという厄介な荒業も行う。
MHP2ではダウンロードクエストのみに出現するモンスターとして登場。MH2ではHR51以上で「祖龍の書」を持つハンターだけが戦うことが出来た。祖龍の書は「古龍の書」+「伝説の書」+「終焉の書」の三種調合で作ることができる。

そしてMH4Gでは2014年12月26日配信のDLCの一種である“エピソードクエスト”にて堂々の復活を果たす。
本作では戦闘の舞台は塔の上ではなく通常種と同じくシュレイド城になっており、各所に備え付けられている大砲やバリスタ、撃龍槍などでもダメージが与えられる。
攻撃力もかなり高いが前作のように一発で死亡なんて事はなく、相応の防具ならば連続で攻撃を喰らわない限り体勢の立て直しは容易となり、モーションも通常ミラボレアスとほぼ共通なのでこちらもかなり戦いやすくなっている。
戦法も従来の雷球ブレスや雷の雨とさほど変わらず、せいぜい厄介なのと言えば天高く飛んだ後に降らせてくる無差別連続雷攻撃くらいであり、問題だった肉質の方も通常時は普通で怒り時は四肢こそ硬くなるが、胴体はむしろ軟化するためこの状態だと真正面からの攻撃が有効となる。

極限征伐戦

MHFでも登場している。HR50の試験とHR700開放試験にて相対する事となるが、素材の需要がないため募集はほとんどない不人気モンスターとして扱われている。武器防具だけでなくモンスター自体も時代に見捨てられており、この三種はどれも凄腕級と特異個体がいない。今のMHFクオリティを味わったユーザーが納得できるモーションの改変を行えないからだろうか。確かにミラ系のような単調すぎる動きのモンスターをアグレッシブで戦いやすい動きに改変するのはかなり難しいので、このような扱いも仕方ないといえる。

しかし、このように不遇な立場で留まっていた彼にも救いの光がやってきたのか、MHF‐Gの極限征伐戦にてようやく彼が強化されて帰って来た。運営曰く、「見た目も無茶苦茶カッコ良くしてある」とされており、その姿はというと翼や足に青いラインが走り、頭部の角がちょっとだけ増え、胸部には青白く光る発光器のようなものが覗いている。

一見すると基本動作にドラギュロスと同じく龍属性の雷を発生させる能力が付加されている程度だが、ある程度ダメージを与えると四肢から青白い炎を立ち上らせ、両腕からその炎をビーム状にして放射したり、空から多数の大小様々なエネルギー光球(ミラバルカンのメテオとは違う)を出現させてそれを落として来たりといった攻撃を行使するようになる他、それら以外にも魔法じみた超絶的な性質の攻撃を多数使うようになるなど、もう今までのミラボレアスとは何だったのかと言いたくなるほどその攻撃バリエーションが変化している。
しかも極限征伐戦という事で戦うごとにレベルが上がっていき、LV500~から1000以上でより強力な黒焔属性(火と龍の複属性)のビームブレスを吐いてきたり、絶命状態に陥っても蘇生してからの巨大なエネルギー衝撃波を使った最後の足掻きをするなどさらに凶悪な攻撃が追加されるようにもなる。

防具には黒ノ命脈という力尽きたとしても一定時間だけ超絶パワーアップして蘇るスキルがつく。スキルの効果を見るとどうやら極限征伐戦のミラボレアスは死んだふりではなく本当に蘇っているようだ。ただしこのスキルをつけると、MHFで必須といわれているスキルがほとんどつかなくなるため、実戦投入できるかというと夢のまた夢となっている。

さらにミラバルカンも極限征伐戦に対応化。
角が3つに増えており、覚醒すると全身が赤熱化し、腕から溶岩を滴らせるようになる。
舞台は火山火口内であり、この過酷な環境もハンターにとっては最大の敵となる。

こっちはメテオが追尾性の高い溶岩弾という事になっており、自身の攻撃も口からの火炎熱線をはじめ比較的シンプルなものが多いが、何より恐ろしいのは攻撃で付加される地形ダメージであり、これを食らうとただの火属性やられ以上の勢いで体力を削られ、最悪の場合致命傷を負ってもギリギリで踏み止まれる“根性”のスキルを持ってしてもこちらの体力を全て奪われて倒されてしまう事もある。ものによっては事前に飲んだクーラードリンクの効果を打ち消してくる攻撃まで存在しており、高レベルになるとさらにその効果が苛烈化し、常時フィールド全体をスリップダメージが発生する灼熱地獄に変えてしまう。

なお、戦闘フィールドは溶岩に浮かぶ小島の上だが、なんと縁にいわゆる見えない壁はなく、足を踏み外すとそのまま溶岩の海に落下してほぼ即死となる。

は?レイアは?

リオレイアを狩猟するはずが、どうしたことか黒龍が現れめっちゃらっきーーーー

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

  • モンスターハンター
  • なぁに150までしか食らわん
  • モンスターハンターフロンティア
  • モンスターハンターのモンスター一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%82%B9
ページ番号: 3514560 リビジョン番号: 2231590
読み:ミラボレアス
初版作成日: 09/06/05 20:56 ◆ 最終更新日: 15/07/13 12:50
編集内容についての説明/コメント: ミラバルカン・ミラルーツの見出し部分をゲームに従ってミラボレアスで統一、ミラルーツのMH4Gネタバレ隠し部分を解除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ミラボレアス

みらぼれあす

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミラボレアスについて語るスレ

712 : ななしのよっしん :2015/08/11(火) 02:03:55 ID: g+AeBh1NZu
>>711
出たよこういう意見にできないものと決めつける人、他の古龍ズも含めて35分で狩らせる意味はなんだって話だよ。
713 : ななしのよっしん :2015/08/11(火) 10:38:46 ID: hKzX+eNObf
意味? 意味…
撃退決定の時間がクエスト時間になっただけだけども
昔より伸びてるしいいでしょ
714 : ななしのよっしん :2015/08/11(火) 19:08:16 ID: g+AeBh1NZu
>>713
以前はその後も規定まで削れるまではやれただろう。そもそも撃退したところで追跡追討もできなきゃ意味ないだろう、他の古龍はまだしもミラだけはキッチリ追討しなきゃまずいだろ。
715 : ななしのよっしん :2015/08/13(木) 13:45:04 ID: FizcDiljkj
チャージブレスや滑空突進はもっと精確に早く狙ってきても良い気がする。横に居ればほとんど当たることがない。ミラオスみたいに胸の甲殻を破壊すれば硬化が無くなるとか。

基本に忠実に戦っていれば理不尽さを感じることはまずないのだが。コンボなんてくらったことは一度も無い。昔は複数回撃退することが前提の体力だったから異常に時間がかかったが、今は35分以内に倒せるようになっている。面倒くささが解消されて良かったと思う。
716 : ななしのよっしん :2015/08/14(金) 09:06:37 ID: KnyaS48+C2
逃げ方が下手なんだろう
焦って起き上がってただ走ると追撃喰らうのはよくあること
むしろ冷静に歩いて攻撃をしっかり転がってよける方がいい
717 : ななしのよっしん :2015/08/14(金) 09:15:48 ID: hKzX+eNObf
規定まで削れるまではやれたかとかきっちり倒さなきゃまずいだろとかもう分かんねえは
718 : ななしのよっしん :2015/08/21(金) 02:24:16 ID: 5bT1Mttq4z
>>714
撃退後の体力引き継ぎが無くなったのはメタいこと言うと、2や2Gの頃の古龍連中が撃退前提でやたらタフだったのに対して、4Gの奴らはソロでも1回で殺れるくらいに調整されたってのが理由だろうね。
撃退ってシステム自体、時間がかかるから気軽に行けない、素材の集まりが悪くなる等の否定的な意見が2の頃から多かったから、4Gでは「撃退は時間内に倒せなかった時の保険」みたいな方針にしたんじゃない?
ミラはそれが一番顕著に見られる例だと思う。
719 : ななしのよっしん :2015/08/23(日) 10:52:21 ID: RlD7RF8X4Z
撃退使ってのリセマラ対策もあるんだろうけどね
ミラと言うよりはドス古龍のほうになるんだけど
720 : ななしのよっしん :2015/08/29(土) 05:14:36 ID: g+AeBh1NZu
>>718 719
それくらいの察しはつくさ、恩恵が多いのも含めて。
でも面倒なりに古龍の脅威と生態 その脅威の排除への徹底 ギルドの役割といったゲーム世界観的要素があった。
単純明快になるのはありがたいけど、それなりの設定もあったのだからそれに対するすりあわせも怠らないでほしいってだけ設定は状況を不利にする言い訳の為だけに作るわけじゃないのだから。

数値上はさほど変わらないが2の時代から武器技術の向上で1クエ討伐を可能にしたとか 近年古龍も定住地に固執する傾向が見られるとか 弱らせた○○はギルドでおいしくいただきましたとか (どう見ても)後付でも劇中ではこう違うから今の仕様になったと示してほしい。
721 : ななしのよっしん :2015/08/30(日) 20:59:11 ID: ZvSnrfl+Da
つーかなんで三種まとめて同じ記事なのよ
分離しないの?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015