単語記事: ムエンゴ病

編集
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

ムエンゴ病とは、野球選手に発症するどんなに好投しても勝てない病気である。

概要

どんなにいい投手、たとえ封しても勝ち投手になれない重篤な病である。 
 
打撃不振やペナント下位のチーム投手でよく見られ、自らがどれだけ好投しようとも『打線の援護がく勝ちが付かない』、『自分が降した後でチームに点が入る』状態をす。

一方で打撃好調なチームでも援護に恵まれる投手と全く恵まれないムエンゴ投手に二分されることが多い。 

ムエンゴカタカナで書く理由は、ドミンゴ・グスマンに由来するからである。2008年手な炎上から「ンゴw」という用を生みだした彼だが、その後先発に回ったドミンゴは見事なムエンゴであった(防御率3.87、2勝7敗、援護率3.00。ただ規定投球回に達していないのでこの年のムエンゴ1位大竹寛)。

近年のムエンゴ病の系譜

2007年

東京ヤクルトスワローズ館山昌平は、登板45回、内15回先発登板したが防御率3.17と好成績であったにも関わらず、3勝12敗と惨なムエンゴっぷり。7月から翌年4月にかけて9連敗を喫してしまった。
契約の場では祖200ページにも及ぶ「07年館山昌平データ」を自作して持ちより、本来の提示額より300万多い1600万円アップとなった。 

ちなみにこの年一番ムエンゴだったのは朝井秀樹である(ムエンゴランキングを参照)。

2009年

千葉ロッテマリーンズ渡辺俊介は、3,4月6月援護率は0.00、シーズン通して2.55で3勝13敗という悲惨な結果になってしまった。渡辺俊介自身の防御率は4.05と、こちらの成績もあまり振るわなかったが、それでもQS数が13(6回以上自責点3点以下で計測される数値)あるにもかかわらず、僅か3勝に留まったというのは驚異的である。(2008年防御率4.17で13勝8敗であった。)

2010年

横浜ベイスターズ加賀繁投手が発症し、防御率3.66 登板数27回 投球回数145回という
上々の成績にもかかわらず、援護率2.44 3勝12敗という結果に終わっている。(この年、防御率の成績が近い
ヤクルトスワローズ由規投手防御率3.60 登板25回 投球回数167.2回で12勝9敗である。)
ちなみに加賀繁2010年ルーキーでありながら『規定投球回到達+防御率10強入り(10位)』と活躍したが、ムエンゴ病を発症したためにプロの洗礼を別の意味で味わうことになった。 

2011年

2011年以前にプロ野球で採用されていた公式球がホームラン量産の原因(極端な打高投低の原因)になっている、2013年WBCが開催される(統一球MLBWBCで使われる球に近い)等の理由から『飛ばない』統一球(低反発球)がセ・パ両方で採用される。

2011年は節電の影で3時間30ルールが作られ、試合時間の短縮がめられていた。
統一球導入後は試合時間や1イニングに費やす時間が短縮され、節電に貢献していることが明らかになる。

「例年ならホームランになっていた軌フライになる」、「芯で捉えないとゴロになる」など、統一球の影が開幕前から言われていた。
実際にシーズンが開幕すると開幕直後から貧打戦(投手戦)が増え、「封試合が異常に増加」、「防御率1点台の投手が続出」など極端な投高打低なシーズンに。

当然、貧打戦が増えることはムエンゴな試合が増えることでもあり、2011年武田勝高崎健太郎牧田和久岩田稔澤村拓一・・・とムエンゴ病の発症者が次々と増えている。トウイツキュウクンサイコウヤ!

なお武田勝は5試合連続封負けという不名誉な日本記録を更新してしまう羽に。

結局多くの投手ムエンゴ病に泣かされた2011年高崎健太郎が近年最悪の援護率叩きだして終わりを告げた。

2011年ムエンゴランキング

順位 名前 所属 援護率 防御率 勝敗 備考
1位 高崎健太郎 横浜 2.20 3.45 5勝15敗 セ・リーグ最多敗
2位 マキシモ・ネルソン 中日 2.29 2.54 9勝14敗
3位 武田勝 日本ハム 2.43 2.46 11勝12敗
4位 岩田稔 阪神 2.51 2.29 9勝13敗
5位 杉内俊哉 ソフトバンク 2.58 1.94 8勝7敗
6位 チェン・ウェイン 中日 2.59 2.68 8勝10敗

2012年

2011年に続いて統一球と3時間30ルールが採用される。

当然、開幕前には前年同様投手戦の増加が予想された。
その一方で野手が統一球に適応し、打撃戦が増えるのでは?という見方も少なからずあった。

、実際に開幕すると2011年以上に投手戦の試合が増加。
封試合が2011年以上のペースで極端に増加、とにかくホームランが出ない、リーグ全体の得点が大幅に減少etc・・・と去年以上に統一球が猛威を奮う事態に。 

投手戦の年を代表するかのように4月6日には広島東洋カープ前田健太ノーヒットノーランを達成。
更に5月30日に読売ジャイアンツの杉内俊哉もノーヒットノーランを達成。
10月8日には西勇輝がノーヒットノーラン引退試合クラッシャーを達成。

一年にノーヒットノーラン達成者が3人も出るしい年となった。
同時に援護率1点台という驚愕快挙の数字まで出る(ムエンゴランキング参照)という、投高打低な年でもあった。 

2012年ムエンゴランキング

順位 名前 所属 援護率 防御率 勝敗 備考
1位 ジェイソン・スタンリッジ 阪神 1.98 2.69 7勝12敗
2位 木佐貫洋 オリックス 2.41 2.60 5勝9敗
3位 野村祐輔 広島 2.47 1.98 9勝11敗 ルーキーイヤー
4位 ブライアン・バリントン 広島 2.48 3.23 7勝14敗 セ・リーグ最多敗
5位 山内壮馬 中日 2.60 2.43 10勝7敗
6位 岩田稔 阪神 2.63 3.52 8勝14敗 セ・リーグ最多敗

2013年

前年まで続いていた3時間30ルールが撤される。
しかし統一球は撤せず、2013年度も採用されることが決定。

またWBCが開催される年でもあるため、統一球の効果が期待された・・・
しかしメジャー使用球と統一球の差がしく「滑って投げにくい」、「ボールの質が各々で違いすぎる」など選手達の間から不安文句が多く出てしまうことに。統一球とは何だったのか。
と思ったらシーズン中に統一球の反発係数が変わっていた、というか去年は違反球だったことが発覚。結果として打撃成績は向上し、バレンティンプロ野球記録を塗り替える60HRを打ったりした。

そんな中巨人澤村拓一は援護に恵まれず援護率2.78で両リーグ最下位、5勝10敗と大きく負け越した。チームは優勝しチーム得点も600近くあるのに。またスタンリッジも去年に引き続きムエンゴ病を発症してしまった。
オリックス金子千尋は、パ最下位の援護だったため防御率2.01(パ2位)なのに8敗している。特に8月防御率1.09でQS100%なのに援護率1.29で2勝2敗と、ムエンゴに泣かされた。
その一方、驚異的な成績を残し沢村賞獲得の田中将大援護率6.22援護率1位セ・リーグ新人王の小川泰弘援護率5.26でセ・リーグ3位の援護率と、極端に援護の良かった選手もいたのもまた事実である。

2013年ムエンゴランキング

順位 名前 所属 援護率 防御率 勝敗 備考
1位 澤村拓一 巨人 2.78 3.13 5勝10敗
2位 ジェイソン・スタンリッジ 阪神 2.84 2.74 8勝12敗
3位 三浦大輔 横浜 2.87 3.94 9勝13敗 セ・リーグ最多敗
4位 金子千尋 オリックス 3.22 2.01 15勝8敗
5位 吉川光夫 日本ハム 3.44 3.31 7勝15敗 パ・リーグ最多敗
6位 八木亮祐 ヤクルト 3.56 4.44 5勝13敗 セ・リーグ最多敗

2014年

前半戦では内海哲也が見るも残、9試合勝ち0という呪われているレベルムエンゴを発症。4月援護率0点台と言うから2009渡辺俊介並の凄惨さっぷり、一時は内海の援護点より大竹寛の打点の方が多いという酷さであった。後半はそこそこ援護され援護率最下位は脱出しているがそれでもワースト3位である。
防御率は去年よりいい3.17なのに、勝ち数はほぼ半分の7勝というのがそれを端的に物語っている。 

ムエンゴ総合一位以前から負け運に定評のある岩田稔であった。リーグシーズン防御率2点台は4人いるが一2桁勝利を逃している。援護率は2.71で規定投球回以上を達成した両リーグ選手一の2点台であった。

反面去年ムエンゴに泣かされた金子千尋は今度はリーグ一位の援護で大幅に勝ち越し、防御率リーグ一の1点台と躍進した。

2014年ムエンゴランキング

順位 名前 所属 援護率 防御率 勝敗 備考
1位 岩田稔 阪神 2.71 2.54 9勝8敗
2位 涌井秀章 ロッテ 3.29 4.21 8勝12敗
3位 内海哲也 巨人 3.42 3.17 7勝9敗
4位 辛島航 楽天 3.57 3.79 8勝13敗 パ・リーグ最多敗
5位 前田健太 広島 3.63 2.60 11勝9敗
6位 菅野智之 巨人 3.67 2.33 12勝5敗 セ・リーグ最優秀防御率

通年ムエンゴランキング(規定投球回以上)

年度 名前 所属 援護率 勝敗 備考
2004 福原忍 阪神 3.56 10勝15敗 最多敗
2005 三浦大輔 横浜 3.15 12勝9敗 最優秀防御率受賞
2006 黒田博樹 広島 2.82 13勝6敗 最優秀防御率受賞
2007 大竹寛  広島 3.32  9勝10敗
2008 大竹寛  広島 3.25 9勝13敗 最多敗
2009 前田健太  広島 3.28 8勝14敗
2010 加賀繁 横浜 2.47 3勝12敗 ルーキーイヤー
2011 高崎健太郎 横浜 2.20 5勝15敗 最多敗
2012 スタンリッジ 阪神 1.98 7勝12敗
2013 澤村拓一 巨人 2.78 5勝10敗
2014 岩田稔 阪神 2.71 9勝8敗

年度 名前 所属 援護率 勝敗 備考
2004 川越英隆 オリックス 3.34 7勝9敗
2005 JP  オリックス  3.41 14勝12敗
2006 久保康友 ロッテ 2.80 7勝13敗
2007 朝井秀樹 楽天 2.60 8勝8敗
2008 リン  日本ハム 2.75 7勝14敗 最多敗
2009 渡辺俊介  ロッテ 2.55 3勝13敗 最多敗
2010 岩隈久志  楽天 3.46 10勝9敗
2011 武田勝 日本ハム 2.43 11勝12敗
2012 木佐貫洋 オリックス 2.41 5勝9敗
2013 金子千尋 オリックス 3.22 15勝8敗 最多奪三振
2014 涌井秀章 ロッテ 3.29 8勝12敗
                                   (2ちゃんねるプロ野球板用語辞典wikiより引用

上の引用を見れば明らかだが、ムエンゴになると勝利数<敗北数になるのがどである。
ムエンゴ王でもタイトルを獲っている投手がいるが、あくまで例外中の例外である。 

ムエンゴとQS

QS(クオリティスタート)とは先発投手が6イニング以上を投げ、3自責点以内に抑えた時に記録される非公式標である。
勝利投手になるには運が必要→でもそれって先発投手自身の実じゃないよね→じゃあ運に依存せず、投手の実依存した標を作ろう→QSの誕生
 
MLB先発投手の評価に使用される標として有名である。
たとえムエンゴ病を発症してもQSを満たした数が多ければ、優秀な投手としてMLBでは評価され、オフシーズン玉選手になることがあるほどである。
2010年サイヤング賞を受賞したフェリックス・ヘルナンデス防御率2.27、投球回249回2/3(両方ともリーグ1位)、奪三振232(リーグ2位)の成績ながら13勝12敗という凄まじいムエンゴぶりを見せつけ、一部で話題になった。

日本でも同様に先発投手の評価の標として一部で使われているが、元々MLB標であるため一概にNPBに適用できないことが問題視されている。

登板した24試合全てで、6回3自責点(QS)を記録し、規定投球回(144回)を投げた投手がいたとする。
この投手防御率は4.50である。
NPBでは防御率4.50は一軍投手防御率としては二軍落ちのレベルである。 

また日本では先発投手に対する評価は勝利数で決まる部分が極めて大きい。
セイバーメトリクスQSという言葉が普及しつつあるとはいえ、『勝利数=選手の実』という潮は今でも強く、沢村賞の選考基準でも『勝利数>>防御率>>>>その他の基準』ぐらいに各基準の間には極端な差がある。

つまりNPBにおけるQSの位置づけはムエンゴ病を発症した投手の評価標である。

勝ち運投手

ムエンゴ病の対極にいるのがこの勝ち運投手である。

有名なのは斉藤和巳で、2004年には防御率6.26ながら10勝7敗を挙げている。
更に通算で7923敗(勝率.775)と驚異的な数字を残しており、ダルビッシュ有でさえもこの数字を上回ることはできなかった(ダルビッシュ93勝38敗、勝率.710)。 

ダルビッシュ自身は勝てる投手の代表格だったが、年を経るごとにムエンゴの度合が酷くなっていった。
最多勝のタイトル一獲得できていないあたりからもそのことが伺える。 

主なムエンゴ選手(OB、海外リーグ含む)

ア行 カ行 サ行
タ行 ナ行 ハ行
マ行 ヤ行 ラ行
ワ行 数字・その他

 

関連動画という名のムエンゴ試合の一例

関連リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B4%E7%97%85
ページ番号: 4488772 リビジョン番号: 2206796
読み:ムエンゴビョウ
初版作成日: 10/10/21 23:58 ◆ 最終更新日: 15/05/17 23:11
編集内容についての説明/コメント: ドミンゴについて追記、ついでに2014の結果が微妙に違っていたので修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ムエンゴ病について語るスレ

120 : dp :2014/05/21(水) 14:12:42 ID: zF7lD5PHmV
内海援護率1.45(26年5/21時点)
大竹援護率6.45 〃

5点も差があったら気のとしか言いようがない。
投球テンポなのかな?相手投手の違いなのかな。
不思議ですよね。
121 : ななしのよっしん :2014/09/05(金) 22:28:39 ID: 6iWcCFmyKt
今年はノウミサンひどい…
藪病まで発症してきてる
122 : ななしのよっしん :2014/10/18(土) 22:25:33 ID: q3Ph4gIhPa
リストムエンゴとなったドミンゴがいないのは何故?
123 : ななしのよっしん :2015/10/17(土) 11:10:15 ID: P51yeNNYNu
2011内、2012野村と見べると、今年の菅野防御率1.91援護率3.11、10勝11敗のすごみが際立つな・・・
124 : ななしのよっしん :2015/10/24(土) 03:24:59 ID: er8UUcnjAu
メッセンジャー
2.97 9勝12敗 援護率 2.25
125 : ななしのよっしん :2016/02/09(火) 18:25:42 ID: 2ZLGVg04Oq
よくわからんがムエンゴが発生したら相手ピッチャー
同様にムエンゴなんじゃないの?
すなわち両者とも好投してるわけで
なんで自分の側だけ被者っぽく嘆いてるのかわからんのだが。
126 : ななしのよっしん :2016/04/14(木) 23:46:17 ID: h6Usht9hKg
>>125
そう思うじゃん?
エラーで点取られて敗北になるんだよ
127 : ななしのよっしん :2016/04/30(土) 14:31:55 ID: +pp/FEKjJ/
ムエンゴと戦う今永
128 : ななしのよっしん :2016/05/27(金) 23:07:02 ID: d2EoR4d9ZN
菅野ジエンゴ抜いたら酷そう。今年無双しているだけにさすがに他球団ファンでも同情しちゃう
129 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 11:11:58 ID: ILwy+oy99f
今年の菅野ムエンゴとかじゃなく菅野VS巨人VS相手チームレベル
まーチーム自体貧打なんで菅野に限った話じゃないんだけどね
この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015