単語記事: ムルタ・アズラエル

編集  

ムルタ・アズラエルとは、機動戦士ガンダムSEEDの登場人物である。通称「盟主王」。

概要

声優檜山修之氏は勇者シリーズ作品『勇者特急マイトガイン』で主人公、旋寺舞人役を演じていたが、その後、同じく勇者シリーズの最終作、『勇者王ガオガイガー』の主人公獅子王凱を熱演。作品そのものの知名度の高さと、インパクトの強さからか、檜山氏がをあてたキャラクターは、ガオガイガー以後、キャラクターの特徴+王を付けて「○○王」と呼ばれるようになった。

ムルタ・アズラエルについてはブルーコスモスの盟ということで「盟主王」と呼ばれる。

ブルーコスモスとは、人間への遺伝子操作に反対し、遺伝子操作によって生まれたコーディネイターと呼ばれる人々を過な手段を用いて迫するイデオロギー、及びその信奉者たちの事である。アズラエルは、その盟リーダー格として、主人公たちの前に立ちはだかる悪役として登場した。

しかし、その一方で檜山氏が演じるキャラだけあって、アズラエルの言動は非常にエキセントリックなものであった。
また、彼の台詞の中には、主人公達よりも正論っているものや、熱血発言などもあり、単なる悪役として切り捨てられないような魅がある事も事実である。

また、自ら戦艦に乗り込んで揮を執ったり、地球に迫る危機阻止しようと努するなど、その活躍には獅子王凱を思わせるようなものもあった・・・かもしれない。少なくとも、ザフトから逃げ回ってばかりいた後任のロード・ジブリールよりは、よほど堂々としており、悪役としての貫は十分である。

彼は少年期に、数人掛かりでコーディネイターに喧を挑んだが一方的に返り討ちに遭うという苦い経験を持っていた。おそらくその経験がコーディネイター排撃思想の芽になったと思われる。
その一方で、ザフト軍のラウ・ル・クルーゼとは繋がりを持っており互いに極秘情報をリークしていた。クルーゼアラスカ基地自爆の機密情報と基地の構造データを横流ししたのもアズラエルである。そんなアズラエルが戦死した時、クルーゼは死を悼むどころか「案外不甲斐ない」とバッサリ切り捨てていた。

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZERにも僅かながら登場。強化人間の選別に来ていたのか訓練中のスウェンをモニターで見ていたが、途中で興味が失せて踵を返している。しかしこの時スウェンに対し侮辱的な言葉を放ったらしく、スウェンの教官に掴み掛かられている。

なお、勇者王関連のMADムービーの中に、さりげなくアズラエル台詞が混入している頻度は非常に高い。

盟主王の名台詞一覧

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A0%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%BA%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB
ページ番号: 4549941 リビジョン番号: 2541796
読み:メイシュオウ
初版作成日: 11/01/22 07:15 ◆ 最終更新日: 17/11/20 19:24
編集内容についての説明/コメント: +関連動画
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ムルタ・アズラエルについて語るスレ

300 : ななしのよっしん :2018/05/30(水) 13:06:32 ID: Nnlg82NNzl
この人に関してはもっとシンプルに考えるべきだろw
例のフロッピーの中身見たときの異常な喜び様が全てでしょ。

あのシーンひとつでアズラエルがまともな人間じゃないのは説明できちゃうし、ブルーコスモスに関してもアラスカで味方を大虐殺してる前例もある訳だし。
人種浄化のために手段を選ばないってまでに高まってるナショナリズムの中心にいる人なんだから、現実的に(戦争ということを踏まえた)倫理観や正義を論ずる上で言えば彼の言動が妥当だとは到底思えない
301 : ななしのよっしん :2018/05/30(水) 13:11:27 ID: Nnlg82NNzl
それこそ彼は理屈だけの頭でっかちで、戦場という現場に赴かずにエゴのもとに野暮ったい権限を行使するだけで人の痛みが分かる人間ではない。
現実アズラエルみたいな人が正しいと認識されている歴史があれば別だけど、ユダヤ人人も現代では迫されることは(表向きには)いわけで、そういう過去が愚かだと歴史上評価されてる訳だし。
創作における狂言者としては評価するけど、現実の理屈や倫理に結びつけたら、どうこじつけても問題だらけ

あと正直、SEEDアンチにとってはキラとかアスランを否定する格好の材料になるから「アズラエル正義論」みたいなものが盛り上がる側面もあると思うな。ファンでもアンチでもないからどうでもいいけど。
それにしたって苦しい擁護だなとは思うけども。
302 : ななしのよっしん :2018/05/30(水) 13:27:13 ID: fdMIiVxbKl
まあSEEDについては(元来の脚本や後付の影もあって)
要人物が全体的に変な思考(異常だったり変遷が急に見えたり)だから
アズラエルが相対的にまともに見えるのもある程度仕方ない

発言が較的正論で発言も行動も割と一貫してるキャラSEEDでは重だからね
続編だとその傾向が更に悪化するし
303 : ななしのよっしん :2018/05/30(水) 14:37:47 ID: lF8CIOLdyJ
「「勝てる戦争しかしない」には否定的」+「Nジャマー技術を持つザフトへ核攻撃」を前提として
「自身が掲げる「自軍の損失は最小限」は一体どこへ行ってしまったのか。」って書いてたのに対して
その前提と「自軍の損失は最小限」は矛盾しないし、作中の行動は「自軍の損失を最小限にする動き」から大きく外れてる訳ではない、と返してるだけで
アズラエルの人格や倫理には特別触れてないんだけどなぁ
304 : ななしのよっしん :2018/05/30(水) 14:53:02 ID: mqJqthkkqX
これだけコーディにやられてまともでいろってか?
理やろぉ
作中じゃその辺あんまり描写されてないから異常者扱いされてるけど
アズラエルみたいながいるのはむしろ普通だわ
305 : ななしのよっしん :2018/05/30(水) 16:54:20 ID: nyLokhGyvl
最期のセリフからもわかるけど別にアズラエルの思想はコーディネーターが悪だから排除しなきゃいけないとかじゃないよ
単純に過去に自分を負かしたから、そして今現在自分たちに立ち向かってくるから、子供っぽいけどただそれだけ
ザラ議長があんなんだけど最後までコーディネーターの未来とその障であるナチュラルの排除をはた迷惑ながら訴えてたのと対する形でもある
戦闘用コーディネーターなんかを認めてたのもアズラエルにとって重要なのが上下や勝ち負けであってあの世界で流な生存競争理論じゃない一つの現れ
306 : ななしのよっしん :2018/05/30(水) 18:10:33 ID: cByMy4gO65
自分もアズラエル好きだけど、まともって言うカイジ利根川台詞とかに受けそうな危うさを感じる
307 : ななしのよっしん :2018/06/04(月) 21:56:47 ID: BBfmmV//mb
異常なCE世界では較的常識人
現実世界にそのままやってきたらただの異常者(現実世界にいたらある程度順応するかもしれないけれど)

CEの世界が壊れすぎてるのが諸悪の根源
308 : ななしのよっしん :2018/06/04(月) 22:29:03 ID: lF8CIOLdyJ
憎悪を向ける対のコーディネイターが居ない
ぶっぱも何も可にするコネも、ぶっ放す理由も
現実世界でもトップすのか、はたまたCEへの帰還をすのかとかで色々変わるだろうけど
アズラエル異常性が出る機会はそこまで多くもないんじゃないかと
(過去(っぽい)世界、と気付く辺りまでに異常性が出るかもしれないけど)
309 : ななしのよっしん :2018/06/06(水) 11:28:44 ID: bkvb4TdZpW
当時は単なる嫌なや狂人にしか見えなかったけど、めて見ると深いキャラだね
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829