編集  

メインヒロイン(笑)単語

メインヒロインワライ

メインヒロイン(笑)とは、「名上はメインヒロインであるはずなのに、メインヒロインと認識してもらえない」不遇なキャラクターのことである。主人公(笑)メインヒロイン版である。

注意(編集の前に熟読すること)

以上の点について充分に注意が必要である。
安易に定義することはその作品やキャラファン不快にさせ、嫌悪感を煽る結果にしかならない。
当該作品や当該キャラファンへの理解なしに編集追記することは厳に慎むべきである。

せめて、当該キャラ及び当記事のスレ編集履歴を熟読し、安易な編集追記は行わないようお願いしたい。

概要

下項の通り、元々メインヒロインという定義自体が曖昧だ」ということを前提においたメタネタとして扱われ出したであるため、の定義や実態はほぼない(あってはギャグとして成立しない)。

主人公に救われる・見出されるというドラマの構造からすれば、作中で扱いが悪いのも一つの必然であるし、近年増えているハーレム系やダブルヒロインの作品において「主人公が余所へ向いている」展開で、出番や物語としての扱いが低下してしまうのも良くある話である。→ダブルヒロイン
また、「メインヒロイン」の項にもあるとおり、どうしても中庸的なキャラとして定義され埋没してしまいがちだったり、物語世界の根幹に関わる故に活躍が狭まったりすることも多く、より自由に設定・活躍できるサブヒロインに出番や人気を奪われてしまう例も多々ある。

こうした事は特に外部から観測する者には立った事例として映りやすく、即「メインヒロイン(笑)」と揶揄されることも多い。
が、「主人公(笑)」にもあるとおり、こうした「一時的な扱いの低下」をさして「メインヒロイン(笑)」と認定するのは計であろう。

また、「ヒロイン」というギャルゲなど恋愛メインに取り扱う作品において強く意識されるためか、メインヒロイン主人公恋愛関係(擬似的な物を含む)を育まない場合に「メインヒロイン(笑)」と称する傾向が一部に見られるが、「設定上恋愛関係が成立し得ないヒロイン」や「主人公ヒロインに別の相手がいるパターン」なども古来よりの王道であり、恋愛関係の有メインヒロインの構成要素としては必須ではない。
(意外に思えるかも知れないが、当のネタ元の「アイドルマスター」も、原作では恋愛要素は重要視されていない。)

どんなに扱いが悪くても、キャラにはそれをするファンがいるものである。
好きなキャラを貶されて気分が良い人はいない。

このの使用には充分に配慮が必要である。

ニコニコ動画での初出

ニコニコ動画における初出はペデューサーPの「アイドルマスター ドタバタ紙芝居 その1」。作中で、星井美希天海春香に対して発言した。

「じゃあ、美希メインヒロインで、春香メインヒロイン(笑)ってことでいいでしょ?」

アイドルマスター』の余りにも個性いの765プロアイドル補生達の中で、年長組の様に大人リーダーシップが取れる訳でもなく、年少組の様に侭を言っても許される訳でもない、「16歳と言う次女的なポジショニング」に位置する天海春香は、較的「他人を振り回さない手間の掛からないいい子であり、常識人かつお人好しでP以外には押しが弱い」と言う性格故に、色々と不遇を託つ事になる。

アーケード版では如月千早と一緒に『Two Top』、L4U!では単独の広報媒体・雑誌記事等での中心に位置するセンターポジションアイドルを任されているのにblogCDドラマラジオドラマ等の公式媒体で影が薄い空気ネタが滑る役回りをさせられる傾向から、二次創作作品等で「メインヒロイン(笑)」と良くネタにされる。

Xbox360版で、一度ニューフェイス星井美希センターポジションを譲った事も有り、星井美希天海春香を「メインヒロイン(笑)ネタで色々絡ませるのもお約束である。

実際のところは、原作ゲームアイドルマスター』の765プロアイドル達は全員PCプレイアブルキャラクター)であり、「プレイヤーにとっては全員メインヒロイン」なので、「メインヒロイン(笑)」のネタアイドルマスターファンに許容され易い他ネタの一つであった。

天海春香原作ゲームPCとしては抜群の扱い易さを持ったバランス入門チュートリアル的なキャラ特性えた、ファンプレイヤーから「春香さん」とさん付けで親しまれる独特の隙のあるポジショニングを獲得するに至っている。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%92%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%B3%28%E7%AC%91%29
ページ番号: 594153 リビジョン番号: 2392475
読み:メインヒロインワライ
初版作成日: 08/09/25 18:44 ◆ 最終更新日: 16/08/09 09:50
編集内容についての説明/コメント: 紫豚を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メインヒロイン(笑)について語るスレ

395 : ななしのよっしん :2017/03/11(土) 03:11:31 ID: DQquRjIJWd
たかまれタカマルの香椎は建前上はメインヒロインで実質脇役だったな
というか近藤るるるも最初から幸地ゆきえの方をメインヒロインにするつもりだったのに編集が反対して連載開始の際急遽作ったキャラだったらしい
396 : ななしのよっしん :2017/07/07(金) 10:18:09 ID: Sjn+xiLx+j
サブばっかりラブコメやっててツライ
397 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 15:56:53 ID: 2HJuznGcF3
エロゲ全般
398 : ななしのよっしん :2017/10/06(金) 01:17:48 ID: pLXPqAR0Ly
>>393
シールダー「アッハイ(笑)
399 : ななしのよっしん :2018/01/25(木) 00:42:56 ID: y7c4zru8pj
コナンはや実北は満場一致だろうな
灰原軽井沢差し置いてメインヒロインとか理がある
400 : ななしのよっしん :2018/02/09(金) 17:02:27 ID: LVGtftmFzO
ふしぎ研究部には心底がっかりした
401 : ななしのよっしん :2018/02/26(月) 14:56:00 ID: LGoqlv+FRi
>>377
律子先生は当てというよりお母さん先生?)じゃなかったっけ?
ぬ~べ~にとって母親のような存在だった美奈子先生と似ているし、美奈子先生が最初から設定されてたかは知らないが、どっちも作者イメージする優しいお母さんキャラだと思ってたんだが。

>>385
初代の設定資料集だとヒロインの並び順は筆頭が世界なんだよな(言葉は2番)w   
402 : ななしのよっしん :2018/02/26(月) 15:26:46 ID: xL9bL5YD4P
あそこの社ゲーム内容見れば言葉が当て世界メインヒロインだと考えるのはむしろ妥当
403 : ななしのよっしん :2018/04/01(日) 19:05:56 ID: yfRtWt26P/
>>399
公式カップルを引き裂いてまで自分の意見を押し通すのは気持ちいいか?
404 : ななしのよっしん :2018/05/07(月) 14:08:14 ID: cen1jRTcN1
>>401
律子先生本編だと負けてるけど結ばれてる世界も多そう。
返しの未来ではゆきめが返ってこなかったし、ぬーべーが半身不随にならない世界でもゆきめが帰ってこない世界もあるだろうしその世界では律子先生勝利だろうなあ・・。

思いだけならメインヒロイン以上に思ってて健気だけど負け戦に挑むサブヒロインは見ててつらい。ヒナタみたいに逆転満塁サヨナラホームランかっ飛ばしたキャラってしいね
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829