単語記事: メカゴジラ

編集

メカゴジラとは、映画ゴジラシリーズに登場する、対ゴジラ兵器である。

概要

ゴジラを模したロボット兵器としての初登場は、昭和49年1974年)。その後、ある程度期間はあいているものの、デザインや設定が変更されて複数回登場している。

なお、3式機龍に関してはメカゴジラという名称は称の一つであり正式な名称ではない。

メカゴジラ詳細

昭和シリーズ

ブラックホール第三惑星人がゴジラを研究して沖縄秘密基地で建造したロボット兵器。
時にはゴジラの表皮を纏い、秘密を知りすぎたアンギラスを口封じの為にフルボッコにした後にゴジラと対峙した(この時の戦闘以降、アンギラスファイナルウォーズまで長らくゴジラ映画に登場する事はなくなってしまった)。
後にゴジラキングシーサー突するも、首をへし折られた為爆破した。

後に続編「メカゴジラの逆襲」において第三惑星人のムガールが残骸を引き上げて博士の元で2号機を建造。璧性を追求し、作動装置をサイボーグ少女とした。チタノザウルスと共にゴジラと戦い、一度はゴジラを生き埋めにする等、圧倒したが、自殺してしまった事で機が停止。ゴジラに破壊された。

デスファイヤー本編未使用の武装。実際に使用する場面としては、SFCの格闘アクションゲームゴジラ怪獣決戦」にて確認する事が出来る。

VSシリーズ

国連G対策センターガルーダに続いて完成させた2号機。海底から引き上げたメカキングギドラの残骸を研究し、23世紀の技術とスーパーX2メーサー兵器の経験・技術を組み合わせて作られた。
ちなみに、メインコンピューターの名称は「REIKO」。

では鈴鹿で対峙するもショックアンカーエネルギー逆流の為敗戦。その後の良時にショックアンカーはGクラッシャーへ変更された。

幕張出撃時にはファイヤーラドンを撃破。その後ガルーダ合体スーパーメカゴジラとなり、Gクラッシャーによる「第2の」攻撃で一度はゴジラを沈黙させるも、ファイヤーラドンの生命エネルギーを取り込んでパワーアップしたゴジラい熱線により爆発炎上した。

ガルーダ

国連G対策センターが開発した1号機。マッハ3を誇るなど機動性に優れるも武装面での問題から実戦への投入は見送られていた。が、ガルーダに人一倍の情を持った青木脅迫発案により良され、メカゴジラへの合体機構を搭載。幕張戦へ投入された。

合体時にはレーザーは折れ曲がってメカゴジラの進行方向へ発射可であり、メインブースターは大出ブースターによる移動が可となる。これにより、メカゴジラは従来の性を上回る機動火力を持つことが出来るようになった。

3式機龍

対G特殊兵器開発特別法案に基づいて開発された特生自衛隊兵器で、初代ゴジラ格がベースとなっている。特生自衛隊2003年完成させたという設定から、「3式」の名を持つ。形式番号はMFS-3 (Multi-purpose Fighting System - 3)。

操作は機隊がAC-3しらさぎからエネルギー供給も兼ねて遠隔操作する。メンテナンス・ブースからも操作は可だが凄まじい加速度に人体が耐え切れない。エネルギーの連続供給がされない場合の最大行動時間は二時間程度とされる。最終兵器でもあるエターナルフォースブリザードアブリュートゼロ(絶対零度相手は死ぬ)と多数の内蔵武装の他、外装式の武装バックユニット(追加の大ブースターも兼ねる)を装着可な全身これ火器といった情なのだが、これまでの人類側の対ゴジラ兵器の中では随一とも言える格闘戦と機動性も有している。

制御系に初代ゴジラ髄間質細胞ベースにしたDNAコンピュータを使用しており、全なロボット兵器というよりは、初代ゴジラサイボーグ、生体ロボットのような存在で、初の際にはゴジラ哮によりDNAコンピューター暴走エネルギー切れになるまでの間に八景島近辺を破壊しまくったため、基を修復基へ変更している。

×メカゴジラ」では引き分けに終わるも37%を損傷。最終兵器アブリュートゼロの修復が不可能となり3連ハイパーメーサーを装備した。バックユニットは最初の戦いで破損した際にゴジラへ射出、攻撃した事が思いの外有効であった事から、形状を変えつつも弾切れや破損時の攻撃用武装としての性格も付与された。

東京SOS」では孤軍奮闘する成モスラ救援の為に五十嵐隼人総理の判断で緊急出撃。双子の幼モスラとの連携もあってあと一歩のところまで迫るが、直後流れた小美人の歌に導かれれたかのように自覚醒メンテナンス・ブースに取り残されたメカニック・中義人(演:金子昇)に「SAYONARA YOSHITO」と別れを告げて外部へ放出した後に、ゴジラを抱きかかえて日本海溝へと沈んでいった。

関連動画

関連立体

関連商品


関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%83%A9
ページ番号: 4241976 リビジョン番号: 2093232
読み:メカゴジラ
初版作成日: 09/12/26 08:36 ◆ 最終更新日: 14/09/28 21:26
編集内容についての説明/コメント: 関連立体に「「メカゴジラ♪」 / st さんの作品 - ニコニ立体」(td13282)を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


現時点でのホン機龍(高機動型)

現時点でのホン機龍(重武装型)

機龍ぅぅぅぅ

SDスーパーメカゴジラ

特殊金物

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メカゴジラについて語るスレ

223 : ななしのよっしん :2015/08/24(月) 18:22:34 ID: rtYqd17tZD
>>222かったはず。というか「今までより強メーサー」じゃゴジラとの熱線の撃ち合いができない
昭和Gフォースは「熱線と同等、あるいはそれ以上の威を持つすごいビーム」を出していたからできた)
224 : ななしのよっしん :2015/11/07(土) 22:05:55 ID: oQ3f9Pm41Y
初代からマジンガーZもびっくりの全身武器だらけの怪獣
全弾発射の火力は圧巻だけど
反面火力重視なせいか接近戦がイマイチ弱いのも変わらんね
225 : ななしのよっしん :2015/11/13(金) 13:57:45 ID: SGFzQzFuUF
ウルトラマンネクサスイズマエルの全弾発射シーン
暴走時全弾発射と同じような構図になってたな

やっぱり正面カメラで上向いて両腕上げた状態での全弾発射カットは最高だわ
226 : ななしのよっしん :2015/12/07(月) 16:46:52 ID: xApVXjNZWK
vsメカゴジラの動って核エンジンだよな?

映画ラストで盛大に爆発してたけど…あれ下手すりゃバニゴジのメルトダウン並かそれ以上にヤバいんじゃね?
227 : ななしのよっしん :2015/12/13(日) 12:39:03 ID: WHynOEjocs
>>226
VSメカゴジラレーザー核融合炉だから現代の核分裂原子炉のように暴走する危険は少ないけど、爆発で炉心周りの遮蔽物失ったら放射線より中性子がバラ撒かれてヤバイかもな。
228 : ななしのよっしん :2015/12/27(日) 21:18:40 ID: qEzNW2crqN
>>224
初代は割と接近戦もできてたよ。あと機バックパック分離後ならガンガンぶつかっていける
VSのは…戦い方が射撃兵装中心だからやらないのは分かるんだけど、殴ったりするシーンはほんとに一度もなかった気がする
229 : ななしのよっしん :2016/03/21(月) 17:48:05 ID: BMgz1lCv6H
そろそろ今に作られたNEWメカゴジラが見たくなってきた。
スーツでもCGでもいいから。
230 : ななしのよっしん :2016/03/27(日) 13:17:02 ID: 1A/94bLlsM
初代メカゴジラは、先から何から全てが武器だからすげぇよな・・・。
シーサーの口に突っ込んだシーンは、そのまま打ち抜くのかと思ってかなりゾッとしたわ。

・・・ただ、鼻から火炎を出すデスファイヤーは、いい意味で中々凄い発想なんだけど、
最初ポスター見た時爆笑したわ。
不意を突くという意味ではからミサイル、首回転バリアー位の傑作だとは思うけど、
映像化されたら、さすがに滑稽だったかもしれないな。
231 : ななしのよっしん :2016/05/01(日) 13:37:08 ID: oQ3f9Pm41Y
初代メカゴジラフルバースト弾幕攻撃の尋常じゃない爆発シーンは今じゃ
危な過ぎて再現不可能だな
232 : ななしのよっしん :2016/05/17(火) 17:38:24 ID: OYx8CjlE6F
>>229
メカゴジラっていうとトランスフォーマー実写)みたいなデザインかねぇ。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015