単語記事: メガトロン

編集

メガトロンとは、「戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー」および、その後のトランスフォーマーシリーズに登場する、シリーズ共通の悪玉「デストロン」のリーダー(破壊大帝)である。

概要

悪の軍団デストロンを率いるリーダーであり、破壊大帝の肩書きを持つ。暴力を好む集団らのリーダーにふさわしく拳銃ワルサーP38)に変形する。デストロンは破壊を好む荒くれ共の集まりであり、メガトロンは他のデストロンを圧倒する暴力、そして知、そして狡猾さを持ち、その荒くれ共を一つにまとめ上げている。また、あらゆる技術に精通し、専門の技術者を持つサイバトロンとは対照的に、大規模な武器製造や建築軍事作戦などの揮権を自ら持ち、権を一手に握っている(彼の下に直接「航空参謀」や「情報参謀」「輸送参謀」などがついているのは、彼が破壊大帝であると同時に、航空情報収集における指揮官を兼ねているからである)。

ならず者いなだけに反乱も絶えず、特に航空参謀スタースクリームは幾度となく「今からニューリーダーだ!」と叫び、揮権を握ろうとする。しかし、メガトロンの方がかに上であり(スタースクリームも他のデストロンべれば知はある)、結局メガトロンが彼を懲らしめて謝罪させたあと、大に見ると言うパターンが多い。そのためファンには「恒例行事」や「また漫才が始まった」等と揶揄されるほどである。

また、サイバトロン相手にはその知を持って卑劣な作戦を仕掛けるが、部下や人間に対しては妙に優しいのも特徴である。メガトロン宇宙から来た侵略者であるにも関わらず、サイバトロン相手に撃ちまくっている融合カノンを人間に対しては一切撃たず、脅す程度にしか使ったことがない。また、人間を撃とうとしたスタースクリームり飛ばし、(作戦のためにではあるが)人命を救ったこともある。これはメガトロンの最終的が「圧制を通じての平和」を創造することにあるため、そしてアメリカの放送局では、子供向けアニメにおいて殺生を描くことが禁じられているためである。また、上述したように自分の立場を脅かした部下に非常に寛大な措置を行うなど、部下に対してはかなり甘い取り扱いをすることが多かった。

しかし2005年メガトロンサイバトロンのシャトルを奪いサイバトロンティ攻略しようとした際、全制圧まであと一歩と言うところでコンボイが出現、「素手でひねり潰してやる」と言いながらエナジーブレイドを使用し、さらにホットロディマス代わりにするという卑怯な戦法でコンボイに致命傷を負わせるも、メガトロンコンボイの一撃で重傷を負う。そして、アストロレインの要で荷物減らしをすることになった際、「サババル」の原則のもと宇宙空間に投げ出され、破壊大帝の座から失脚してしまう。

そこで、コンボイとの戦闘を見ていた巨大TFユニクロンに招き寄せられ、コンボイから「マトリクス」を引き継いだウルトラマグナス殺する替わりにボディを強化され、新破壊大帝ガルバトロンとして復活する。同じくジェットロンの一員とインセクトロンの一員が強化されて誕生した航空参謀サイクロナスと、スカージが率いるスウィープスを引き連れニューリーダースタースクリームのもとへ乱入スタースクリームを一のうちに射殺してしまう。

その後ジャンキオンでウルトラマグナスを破壊し(その後復活)マトリクスを強奪、それを使いユニクロンを脅すも、逆にユニクロンの怒りを買い、セイバートロン星を攻撃され、忠臣レーザーウェーブを失う(描写そのものはない)。そしてユニクロンの体内でホットロディマス、そし新総司令官ロディマスコンボイと闘い、宇宙の彼方へ飛ばされる・・・はずだったが、ユニクロンの策略で東京に落ち、人類とトランスフォーマーが対立する原因を作ってしまう。

しかし、その後は「史実通り」に溶岩温泉に沈み、サイクロナスが助けに来る2010年アメリカでの設定は2006年)まで溶岩温泉浸けになってしまう。サイクロナスに救われてからのガルバトロンは精異常を来し、敵はおろか味方までも攻撃し、また作戦も立てずにただ破壊のみを欲する性格になってしまった(そのため、スタントロンの一部が反乱を起こしそうになっている)。ガルバトロンの精異常の被をもっとも受けたのがサイクロナスであり、前任者と逆の、上にひたすら忠を尽くす性格が災いして殴る蹴るの暴行をたびたび受けていた。そのためガルバトロンサイクロナスの策により、医療惑星「トーキュロン」に入院させられてしまうが、彼の狂気はトーキュロンすら破壊してしまう。

しかし、最終話には、かつてのメガトロンの様な性格が戻り、宇宙ペストから全宇宙を救ったコンボイと握手を交わしている。

さらに1年が経ち、「ザ☆ヘッドマスターズ」の時期において彼は一時期失脚するも復活、デストロンヘッドマスター揮を執っていたが、「グランドガルバトロン計画」が未遂に終わり、ついにその命を落とすこととなる。

その後は恐怖大帝メガザラック、暗大帝ブラックザラック・破壊大使オーバーロードの二頭体制、破壊大帝デスザラス、最強大帝バイオレンジイガーと続くが、メガトロンガルバトロンほどの在位期間は維持できなかった。そして「リターンオブコンボイ」において、スーパーメガトロンとして復活。闘いの最中にウルトラメガトロンとして強化される。「G2」ではシンプル戦車の形となって復活し、サイバトロンと休戦していたが、ある事件をきっかけに再び戦争を起こすことになった。

ビーストウォーズシリーズのメガトロン

ティラノサウルス変身するビースト戦士
尚、上記のメガトロンとは、名前の同じ(似た)別キャラクターである。

詳細は、ビーストメガトロンの項を参照されたし。

 

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3
ページ番号: 476139 リビジョン番号: 2358894
読み:メガトロン
初版作成日: 08/08/19 18:17 ◆ 最終更新日: 16/05/06 22:10
編集内容についての説明/コメント: ビーストメガトロンについてちょっと
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


初代

ワカモトロン

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メガトロンについて語るスレ

91 : ななしのよっしん :2015/06/04(木) 09:23:19 ID: JH9cwiltdt
いまさらレジェンズメガ様手にとってあまりのスゴさにを抜かした。
92 : ななしのよっしん :2015/07/22(水) 00:17:38 ID: 0S3absNi3u
>>90
「圧制を強いた上の平和」が彼の座右の銘であるから、本質的には
平和していたと思われる。俗っぽく言えばメガ様が実重視に
対して、コンボイは人柄重視と言える。

重視と言えど、メガトロンは何やかや言ってもフォローは
忘れないし、誉める時はきっちり誉める。だからこそあらくれ
をまとめ上げる人望?を得たとも言える。ただ、それが強みで
ある半面、弱みにもなったり…。
93 : ななしのよっしん :2015/07/27(月) 21:01:18 ID: Zduk+9+O1Z
めて初代見たけど
部下へのフォローが一々細かくて驚く
94 : ななしのよっしん :2015/07/30(木) 19:39:24 ID: oS3XzytNzk
子供の頃見たっきりだったから、拳銃に変形するということを今さら知った
ずっと戦車だと思ってた
95 : ななしのよっしん :2015/08/20(木) 15:28:07 ID: bSQ5lcIzTJ
実写版は性格が最初からガルバトロンだったから、逆に実写版慈大帝とか見てみたいな
96 : ななしのよっしん :2015/08/27(木) 23:50:45 ID: 0S3absNi3u
>>93
したサンクラに対して、叱りつつもリペアを命じたりする辺り、
として適切なフォローを欠かさない。だからこその慈大帝
いうファンからの二つ名があったり。

スタスクにとことん甘いのは「馬鹿な子ほどかわいい」と言うのが
あるんでないかと思ったりするwいや、自的に行動できるから
バカじゃないんだけど、自分のにおぼれてる所があるからねぇ。
97 : ななしのよっしん :2015/09/03(木) 21:04:36 ID: 7pF1qO1KQQ
G2で(バトルコンボイは「私もお前メガトロン)も平和を望んでいる・・・だが!!平和は破壊では得ることはできない。お前がそれを理解することができるまで私は戦い続ける!!」という台詞を言っているから一応メガトロン平和していることは知っていたんだなぁ・・・。
98 : ななしのよっしん :2015/10/13(火) 19:32:32 ID: oS3XzytNzk
極端な例だが、北朝鮮だって平和平和なんやで
99 : ななしのよっしん :2016/03/18(金) 00:46:44 ID: vN4e2zVgI6
メガトロンモデルって出自はスパルタクス、作中での扱いはチョビだよね
100 : ななしのよっしん :2016/05/26(木) 19:51:53 ID: za37JFvdd/
トロンネタ活用かと思った
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015