単語記事: モニター艦

編集

モニター艦Monitor)とは、軍艦の一種。単に『モニター』と呼ばれることもある。

船としての様々な要素を切り捨て、大口と重装甲による殴り合いに特化した大変らしい軍艦である。

概要

モニター艦1862年、アメリカ南北戦争の最中、北軍が建造した軍艦モニター」 (USS Monitor)の形式を基本とする軍艦の総称である。

分類上は艦の一種とされるが、日本での運用例がいこともあってか、コルベットフリゲートと同じくこれという日本語訳がく、そのままモニター艦と呼ばれている。

軍艦「モニター」

モニター」の特徴はに5点、大口、旋回、重装甲、スクリュー推進、そして、重量限界ギリギリまでこれらを詰め込んだ事による航洋性の欠如である。旋回などの採用から、後の戦艦の元祖、などと言われることもあるが、その外見は軍艦と言えば帆船であった当時はもちろん、後世の軍艦を知るものからしても異形の艦であった。

舟形に切り抜いたをそっと面に浮かべて、ん中に缶詰を乗せたモノを想像していただきたい。「モニター」とはそんな船である。もちろん面下には船体が隠れているのだが、河川での運用を想定し、底で喫は浅かった。

限られた船体にできうる限りの大口を2門だけ載せ、少ないを最大限活用するために旋回できるようにし、撃の邪魔になる甲上の物は出来るだけ排除し、側舷と限界まで重装甲を施す。そんな論理を突き詰めた艦が「モニター」であった。航洋や居住性はスッパリと切り捨てられており、外洋に出れば波を被って没の危機にさらされ(実際、モニターは回航中に沈没している)。調理設備もかったため、乗員は弁当を持って乗り込んでいたという。

よくもまぁ、こんな艦を建造しようと思ったものであるが、見たに違わず「モニター」は戦時急造された実験艦的な艦だった。排水量1000トン未満と、後継のモニター艦達はもちろん、当時の艦艇の基準からしても小さな物である。

当時北軍は南軍が装甲艦を建造して北軍の上封鎖を突破しようとしているという情報を入手、これに対抗すべく装甲艦の建造を試みていたのである。「モニター」はその中の一隻であった。

見たからは懐疑的に見られていた「モニター」だったが、建造まもなく投入されたハンプトンローズの戦いで4倍の排水量を持つ南軍の装甲艦「ヴァージニア」を相手に4時間に渡る撃戦を行った。双方ともに相手に致命傷を与えることは出来なかったが、前日に北軍の軍艦2隻を一方的に葬っていた「ヴァージニア」を小さな艦がっ向から止めて見せたのは多大な戦果であり、また結果的に南軍は北軍の封鎖を突破する事に失敗した

モニター艦の栄光と終焉

北軍はハンプトンローズの戦果に注、「モニター」を元にした艦艇の大増産に踏み切る。終戦までには数十隻のモニター艦が生まれ、戦場となったミシシッピなどの河川を制した。南軍も装甲艦を建造して対抗しようとはしたのだが、元々工業に劣っていたこともあり、十分な数を建造できなかった。

南北戦争が終わると、過剰になった艦は各に売られ、また他のでもモニター艦が作られた。

モニター艦最強軍艦であった。何しろ、マトモな航洋軍艦の搭載がせいぜい10インチという時代、最初の「モニター」でさえ11インチ、後継のパサイーク級では15インチと、口径だけなら後の戦艦並みのを積んでいた。南北戦争が終わって建造中止になったカラマズ-級に至っては20インチの搭載が計画されており、完成していれば艦載砲世界記録であったという(前装滑腔なので、性的には後代の艦砲べるべくもないが…)。もちろんコレと撃ち合えるくらいの装甲もっているのである。こんな物が守っている所に装甲も普通軍艦ノコノコと出かけていけば、あっさり返り討ちにされてしまうのはに見えていた。

同じモニター艦なら戦えるのだが、航洋のさっぱりなモニター艦を越えて送り込む事も困難だった。帆船モニター様のを搭載したりする試みも行われたものの、多くの問題を抱えていた。

守りは堅く攻めには使いづらい。しばらくの間、そんなモニター艦達が各の港を守る、割と穏な時代が続いたが、それもそう長い事ではかった。建艦技術は急速に進歩していた。木造であった船体は強度の高い鋼になり、機関の性も向上すると、それを土台により大きく、走攻守のバランスの取れた艦艇、戦艦巡洋艦が生まれた。

問題は長射程化した弾が上から落ちてくることである。モニター艦が生まれた頃、に撃たれていた為に側面を徹底的に守れば良かったのだが、上からも弾が落ちてくるとなると広い甲を重装甲化しなければならなかった。

そしてモニター艦にはもう一つ敵が生まれていた。艇である。面下への攻撃を可とする新たな攻撃手段は上から落ちてくる弾以上に防御のしようがなく、足の遅いモニター艦は格好の標的だった。対策としては速射を多数積み込んで接近を阻止するのが有効とされてはいたが、元よりギリギリで作られていたモニター艦にそんな余裕はかった。

新たな脅威に対抗するにはモニター艦をより高速化し、副を増やし、バランス良く装甲を施し、そのために船体を大化し…それはもう戦艦であった。19世紀の終わりにはモニター艦は建造されなくなり、20世紀に入る頃には残っていた艦も次々と解体されていった。モニター艦の時代は終わったのである。

モニター艦の後継者達

海防戦艦

沿防衛を主任務とする、ある意味ではモニター艦の正当後継者が海防戦艦である。

こそ戦艦並みだが船体はそれほどではく、航続性なども控えめになっている。中小国軍でよく用いられた。詳しくは海防戦艦の項を参照。

河用モニター

河用モニターは現代にモニターの名を残す一の艦種である。

軽装甲の小艇に戦車や重迫撃砲などを搭載し、河川域でのや河への火力投射に利用するもので、かつての重武装のモニター艦とは異なる、装甲艇と呼ぶべきものである。

東欧東南アジアなどの大陸河川で運用されている。

対地砲撃モニター

に第一次大戦中、イギリスで建造された対地撃専門の軍艦である。元はドレッドノートショックのせいでイマイチ使いどころのくなっていた旧式戦艦を有効活用しようという試みであった。

軽巡洋艦程度の船体に戦艦を載せたもので、長射程を得るため仰を大きく取れるようになっている。任務上、沿域、特に浅いバルトでの運用を考慮し、喫は浅く作られていた。

理矢理大口を載せたという点では似ているが、対艦戦闘に使うようなものではなく、河用モニターと同じくかつてのモニター艦とは大分毛色の違う艦なのだが、ともあれ英国海軍はこれをモニター艦と名付けた。特に18インチを搭載したロードクライブ級は見たインパクトから英国面を体現する珍兵器の1つとされている。

イギリス大陸への攻勢にこの種の艦を必要としていたようで、第二次大戦でも少数ながら同種の艦を建造している。

同じ戦時急造計画であった元祖「モニター」とは違い、こちらは真似されることはなかったが、巨を積んだ対地撃専門の軍艦、というのが見たも相まってなかなかのインパクトを残したらしく、軍艦が対地撃を主任務とした場合、「モニター艦として使われた」といった言い回しをすることがある。

関連動画

モニター艦に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%BC%E8%89%A6
ページ番号: 5457717 リビジョン番号: 2432658
読み:モニターカン
初版作成日: 16/11/27 22:52 ◆ 最終更新日: 16/11/28 23:23
編集内容についての説明/コメント: 記事作成乙です。記事冒頭で2ヶ所太字化しました。「関連商品」に模型を2つ追加しました。「関連項目」に「軍艦」「海防戦艦」を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

モニター艦について語るスレ

1 : 名無し :2017/02/06(月) 19:05:52 ID: HfAhJ/NSrD
記事立て
モニター艦って試験艦の事だと思ってたが、モニターつー船からなのね。
2 : ななしのよっしん :2017/06/21(水) 22:23:36 ID: /X8SkWjFcC
書き込みないけど。装甲艦モニターが当時新で、艦のタイプになった例ですね。
ド級戦艦じゃなくてドレッドノートそのものが艦種の名前になったようなもの。
ニコニコじゃノヴゴロドが有名だけど、ソースをたどりたくてもロシア語多くてつらい。
3 : ななしのよっしん :2017/09/14(木) 21:53:56 ID: Cf/zDPcVot
日本こそ南方戦線にこういうフネが必要だったんじゃなかろうか
4 : ななしのよっしん :2017/10/01(日) 22:29:00 ID: jxrlntKZAj
こんな沈んでる船どうやって南方へ持ってくの…
5 : ななしのよっしん :2017/10/09(月) 13:39:21 ID: OZjId7Ymop
イギリス式の対地モニターの方ならワンチャン
陸軍が「軍なんぞに任せてはおれん」とか言い出して、対地撃艦作っちゃう仮想戦記とかあったらちょっと楽しそうだが…
でも結局制権・制権ないと使い物にならないんだよなぁ。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829