単語記事: モルガ

編集  

モルガとは、『ZOIDSシリーズの登場する昆虫突撃歩兵ゾイドである。
なお、2003年に開催された「大ゾイド博」では実物大のモルガオブジェが作られている。

機体解説

モルガ
MOLGA
基本情報
EMZ-003(15)
EZ-006
所属 ゼネバス帝国
ガイロス帝国
モチーフ 昆虫(イモムシ
スペック
全長 11.8m
全高 2.95m
全幅 3.0m
重量 19.7t
最高速 200km/h
武装(旧)
武装(新)
ゾイドテンプレート

モルガ

ゼネバス帝国が量産していた突撃戦用昆虫ゾイド
かつてゼネバスの祖であった地底族が古来より飼育してきた昆虫ゾイドベースにしている。

サイズこそ最小クラスで、戦闘そのものはそれほど高くはないが、頭部は帝国共通コクピットにそれを覆うように厚い装甲が被せられているため、頭部の防御は同時期に登場した他機体の倍以上となっている。

その分厚い前面装甲を用いた突撃戦を得意とし、同クラスゾイド相手なら頭突き攻撃でも十分に対抗が可で、さらに砂地などの柔らかい土壌ならば地中へと潜行して隠れたり、そのままり進んで奇襲をかける事も出来る。

突出したがない代わりに汎用性と操縦性も上々で、生存性も極めて高かった事から前線の兵士達からの信頼も非常に大きかった。

なにより量産性が非常に優れており、ヘリック共和国で劣るゼネバス帝国軍が短期間でえられ、帝国軍の戦増強に大きく貢献、後に惑星Ziで最も多く生産されたゾイドはこのモルガであると言われている。

開戦初期より突撃兵としての戦闘だけでなく、時には物資や兵員を輸送するなど数多の任務をこなして活躍し、ガイロス帝国軍に本機が接収された後も、ガイロス仕様改造が施されつつ前線で働き続けた。

後の第二次大陸戦争においても再量産が続けられ、突撃隊や特殊部隊に配属される事になった。
(旧ゼネバス帝国の第1世代ゾイドの中でガイロス帝国によって2099年以降も運用されたのはEZ-4レッドホーンとEZ-22ゲーター、そしてこのモルガのみである。)

なお、一説には巨大な羽を持つモルガ体も存在しているとされるが、偽の程は不明。

劇中での活躍

バトルストーリー

ZAC2031年ロールアウト。当時は具体的な活躍シーンはなく、に小冊子に掲載されていたスチー写真などに散発的に登場する程度であった。

それでも開戦初期から中期には戦場には必ずといっていいほどその姿が見られ、ガイロス帝国軍に接収された後も暗仕様として量産が続けられた。

二次大陸戦争においても大量生産されて第二次大会戦などでは共和軍を数で圧倒し、レブラプターが登場するまで帝国歩兵ゾイドとして在り続けた。

アニメ

ゾイド -ZOIDS-』及び『ゾイドジェネシス』に登場。

ゾイド -ZOIDS-』ではこちらもガイロス帝国一般歩兵ゾイドとして登場。
やはり具体的な活躍シーンはないが、モブキャラクターとして戦列シーンや軍隊攻撃シーンなどによく出てきていた。

他にもラジコン程度の大きさで、口から粘着性の糸を吐いて人間を拘束する対人任務用のリルガと呼ばれる小化機種が登場している。


ジェネシス』では120mmグライドキャノン標準装備する撃用ゾイドとして登場。

この世界でも割りとポピュラーな存在なようで都市防衛用の他、ディガルド討伐軍の後方支援要員として活躍した。
後にリーオ製の貫通弾を弾頭に使用する事でバイオゾイドにも対応できるようになっている。

主な機体バリエーション

関連動画

千葉工業大学がやってくれました。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A2%E3%83%AB%E3%82%AC
ページ番号: 4811619 リビジョン番号: 2257984
読み:モルガ
初版作成日: 12/01/27 20:49 ◆ 最終更新日: 15/09/07 00:36
編集内容についての説明/コメント: テンプレのhtml軽量化など
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

モルガについて語るスレ

8 : ななしのよっしん :2012/11/27(火) 02:09:44 ID: 34LZWcPDDo
縁の下の持ち。
汎用性とある程度の機動性、多少の物資輸送も可で兵站維持にかなり貢献したのではと予想。
9 : ななしのよっしん :2014/01/03(金) 06:17:35 ID: HDcN6i2gYw
これの成バージョン)の存在が
当時ファンの間で「モルガガラモス」とか言う名前で噂されてて
みんなでデザインを考えようと言う「モルガガラモスプロジェクト」みたいなサイトがあったと記憶してる。
そのネタを受けて、妄想戦記に一コマだけモルガ背中に羽が生えたゾイドが登場してた
10 : ななしのよっしん :2014/03/11(火) 10:48:26 ID: 7mFs1C/XE6
速い固い安い、補給や輸送にはぴったりのゾイドね、ゼネバスガイロス両帝国の戦線を支え続けたことは想像に難くない

キャノリーと弾を運ぶキャリアセットで高速自走砲部隊なんて運用を妄想する日々…
11 : ななしのよっしん :2014/03/11(火) 11:17:01 ID: jU6zTH1Tjn
何枚かに分けられた外殻部をリンクで動かして、まるで伸縮して移動してるかのような動きをさせるのよな
ゼンマイ駆動ゾイドの初期の傑作モデルだと思う
12 : ななしのよっしん :2014/03/29(土) 23:53:58 ID: IaX9dD/kcK
ブキヤのバリエはよかったと思うよ。
13 : ななしのよっしん :2014/06/14(土) 14:00:35 ID: W17ExnAOB2
>>9
気になって探してみたらまだあったぜ。
モルガガラモスへのってタイトル
http://www.fureai.or.jp/~souiti/mo/mg/index.html

妄想戦記の成モルガパイロットがロクロウだったのもあってロクロウ機の進化形かとか考えたなぁ…
14 : ななしのよっしん :2014/10/14(火) 01:47:45 ID: 76zHoB/2BH
ゾイド作品のザクみたいなもんか

安全性が高くて大量生産が容易、地中移動の形で隠密性も高い
これは強い、一体一体の強さは低くてもこれを量産できる体制がある事自体が強い
な戦闘では勝てなくても、兵站の面でこれ以上の最強機体はないだろ・・・
15 : ななしのよっしん :2014/12/06(土) 09:41:04 ID: tYb7VJVj6S
シーパンツァーとどっちが装甲厚いんだろ?
16 : ななしのよっしん :2015/02/16(月) 00:31:46 ID: UgfaHX1chx
いっぱい作って王みたいに突進したら凄そう(小並感)
17 : ななしのよっしん :2016/07/29(金) 18:31:56 ID: EJqpLW6xVG
>>4
モスラの羽付けてた友人がいたの思い出したよw

帝国の友人はみんなモルガ好きだったな
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829