単語記事: モロク

編集  

モロクMoroch)とは、一般的にユダヤキリスト教で忌避される悪魔のうち、代表的なもののひとつである。の頭部を持ち、子供の生贄を要する残悪魔として知られる。

概要

モロクメレク(Merek)モレク(Morech)ともいわれ、西アジア地方で影の大きかった古代と考えられている※1。その名前はヘブライ語の「王」に由来するという。当時の王には農耕の収穫を保し、利益を擁護する特別なが必要とされていた。モロクはそういった加護と引き換えに生贄を要したが、彼が欲した血は敵部族や囚人ではなく、王の初子であった。

ユダヤ教が生まれる前のエルサレムのヒンノムの丘には、ゲヘナ(gehenna)※2と呼ばれる火の祭壇があり、儀式の際にさまざまな楽器をやかましく演奏するなか、親が生贄とするが子を火の中へ投げ込んだ。これは聞くにたえない子供の悲鳴をかき消す狙いがあったようだ。ユダヤ教が浸透してもしばらくこの儀式は続き、幾人かの王が息子を生贄にげたが、やがて儀式止されるとこの祭壇は荒し、ゴミや罪人の焼却場と化した。その悪臭と煙から、のち唯一神教において「死後の懲罰の場所」の名称に採用された。

こういった歴史から旧約聖書には、いたるところモロクへの非難が書かれており※3、代表的なところではモーセが「モレクへ向けての種(子供)を火の中に通らせることがあってはいけない」とっている。しかし当時の歴史を知る重要な資料であるラス・シャムラ石版は、子供の犠牲について言及しておらず、「モロク」はではなく単に儀式の名称だったのではないか、という見方がある。

ちなみにこういった宗教的な「初子の犠牲」の究極は「キリストの磔刑」であり、そういった意味ではキリスト教モロク加護を受けて大発展した、と言うこともできる。

※1 聖書ではアンモン人(ヨルダン東部に住んでいたセム系人。エジプトアンモンの子孫を自称した)のにされているが、実際はパレスチナからアフリカのフェニキアまで広く信仰されていた。
※2 「ge」「hinnom」という二つのヘブライ語の組み合わせが発祥で、意味としてはそのまま「ヒンノムの丘」になる。
※3 そういう割にはヤハウェアブラハムに「息子モリアの山の上で生贄にげよ」と命じたことがある。ただしアブラハム息子の代わりに雄を生贄にしており、これはモロク儀式の決別と読みとくこともできる。 

現在のモロク

現在知られるモロクの姿は、牛頭人身のブロンズ製(あるいは鍮製)の炉である。絵師によってその細かい形状は違うが、「牛頭人身の炉」という部分は変わらない。牛頭になった由来は判然としないが、後年のラビらは「モロク像の内部には七つの戸棚があり、小麦粉キジバト山羊、人間の子供が入れられた」とっており、この七つの戸棚から、ペルシャのミスラ(七つの秘の部屋を持っていた)と混同されたのかもしれない。ミスラ信仰には雄を生贄にする儀式があった。

悪魔資料としては定番なコラン・ド・プランシーの「地の辞典」では、モロクは涙のの君で地会議メンバーである。王冠をかぶった子の頭と腕の長い人の体を持ち、ほかの々しい挿絵の悪魔たちにべれば、気な子の顔は若干かわいらしく見える。

ちなみにエルサレムの南、ゲヘナの近くにはトペテというがあり、生贄にされた子供埋葬されたと言われる。同名の場所がチュニジアにもあり、どういうわけかここもモロクの生贄にされた死体が埋葬されたことになっていて、オカルト神話好きな観光者向けの名所になっている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

モロクに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A2%E3%83%AD%E3%82%AF
ページ番号: 4842089 リビジョン番号: 1465553
読み:モロク
初版作成日: 12/03/10 13:44 ◆ 最終更新日: 12/03/10 18:28
編集内容についての説明/コメント: 書きかけだった内容を一応完成させました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

モロクについて語るスレ

10 : ななしのよっしん :2015/07/06(月) 06:20:52 ID: Sqa9mmWlyD
>>ちなみにこういった宗教的な「初子の犠牲」の究極は「キリストの磔刑」であり、そういった意味ではキリスト教モロク加護を受けて大発展した

そりゃいくらなんでもキリスト教に失礼だろ。
リストはただの生贄じゃなくて自らの信念を持って犠牲になった、だから偉人だ救世主だという考え方だろう。
少なくとも生贄強制はなくなったわけだから、文化を進歩させたんだよ
11 : ななしのよっしん :2015/07/17(金) 12:53:14 ID: u//fU1Kc3A
>>10
この記述は消した方が良いな
冒涜にも程がある
同じようなことイスラム教徒に行ったら殺されるレベル
12 : ななしのよっしん :2015/08/29(土) 20:23:26 ID: r7TBdoyuw9
モレクの儀式で見つかった子供が生前か死後のか判らないから、
子どもを生贄にして豊を祈ったのか、それとも、幼くして死んだ子供
バアルハモンなどのにに送る儀式なのか今でもわからないらしいね
13 : ななしのよっしん :2015/10/05(月) 08:56:43 ID: Sqa9mmWlyD
>>(カルタゴ跡で)子供をつかんでいる祭を描いたレリーフが発見された

画像は見つかんなかったけど、たぶん片手で子供の足首でも掴んでる図じゃないかな?
だとしたら死者の葬送とはとても考えにくい

ウシュビッツと同じで簡単に否定できるもんじゃあないよ。殺戮者をうことになりかねないし、殺された子供が浮かばれない
14 : ななしのよっしん :2015/10/06(火) 09:25:48 ID: repSz1j0Cu
※13
へえ、その理論だと死体を折り曲げる屈葬や屍を野ざらしにする葬とかも葬儀として失格になるな
の知ってる葬送の方法ってのは葬送にあたらないのか、勉強になったよ
15 : ななしのよっしん :2015/10/07(水) 07:07:05 ID: Sqa9mmWlyD
葬やらは人形と一緒に葬るとあったが
このモロクには副葬品の類がまったくないんだろう?

葬式だとしたらレリーフがあるくらいだ、少なくとも奴隷の子ではないだろう。副葬品の一個ぐらいあってよさそうだが

「新生児~6歳の合同墓地」なんて例も聞いたことないし……
新生児より↑の年齢も多数とあったから、間引いた赤ん坊の供養とも違う。
いったいモロクのどの辺に葬儀の可性があるのか?
16 : ななしのよっしん :2015/10/07(水) 09:15:03 ID: Sqa9mmWlyD
wikiの「カルタゴ」と「モレク」をまとめるとこうなるのか

まず、カルタゴ跡で20,000体の焼かれた遺が出土(トペテ)
に収められ墓石もあるが、名前などは一切なし
年齢はに新生児、2歳程度や胎児もおり上限は6歳。
同じような遺跡は、フェニキア人の植民地があったサルディニアマルタ、シチリアでも発見。

葬式だとすると、地域をえて習俗を統一してまで幼児の死(疫病かなんか)を悼んでることになるわけだが……
にしては2歳や6歳に墓碑銘がないのはおかしいな

17 : ななしのよっしん :2015/10/07(水) 09:35:56 ID: Sqa9mmWlyD
墓碑銘じゃなかった。これはカッコいい辞世の句とかのことか

>>2歳や6歳に墓碑銘がない
「墓石にもにもどこにも子供の名前が書いてない」って意味だった
18 : ななしのよっしん :2015/12/20(日) 11:00:54 ID: 9UZx/eLZqn
>>7-8
海外版だと投げ攻撃のダメージが1に弱体化してるらしいね
あまりにも強すぎるって意見が多かったのかな
19 : ななしのよっしん :2016/08/12(金) 21:45:07 ID: Q6uQuKuLjB
子供を生贄にするあたりからUndertaleasgore王を思い出すな…
六つのソウルの手に入れるために地上から落ちた子供達を殺する所がすごく共通点がある。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829