単語記事: モンスターハンター

編集
曖昧さ回避 この項ではシリーズ全般について記述しています。
MHP2G』のクエストについては、「村最終モンスターハンター」を参照。

モンスターハンター』 (MONSTER HUNTER) とは…

  1. カプコンより発売されているゲームシリーズ、およびその第1作のタイトル略称は「モンハン」「MH」。本項で記述。
  2. RPGメタルマックスシリーズに登場する賞稼ぎ達の総称。実質的には戦車に乗ってモンスターを倒す者(ハンター)をす言葉。

シリーズ概要

2004年3月11日無印発売以降、今現在も続く狩猟アクションゲームシリーズハンティングアクションとも呼ばれる。

プレイヤーは狩猟を生業とする「ハンター」の一人となり、1~4人でアイテムの収集や、モンスターの狩猟、討伐といった依頼(クエスト)をこなしていく。

モンスターはおとなしい小動物から暴な飛竜(いわゆるワイバーン)、そしてハンターの何十倍ものサイズの大怪獣のようなモンスターまで多に富んでいる。
とりわけメインとなるのが中~大モンスターとの戦いであり、武器やを使用してモンスターを狩猟し、手に入れた素材で武器や防具を強にして新たな依頼を受ける…というのが大体のゲームの流れである。

作品において若干の差異はあれど、アクションゲームなのでストーリー要素はそれほど大きくなく、基本的には素材を集める、装備を作る、狩猟するの繰り返しのゲームである。

大きな特徴として、レベル職業といった要素が存在せず、どんなにクエストクリアしても、戦闘に関係するパラメータは全く成長する事が。このため、強くなるには「な装備を製作、装備すること」か「プレイヤー自身の狩猟技術を磨くこと(操作の腕前やモンスターの生態知識の他、入念なアイテムの準備なども含む)」の原則2点しかい(もちろん、ゲームが進めばより有用、重な素材が手に入るようになり、強な装備やアイテムが作れるようになっていく)。

アクションゲームと言う特徴、据え置き機・携帯ゲーム機などで発売されている、一人用ゲームとしても遊べる等の影からか、一般的な「オンラインゲーム」等とべて若年層のプレイヤー率が多いとされ、
MH4以降は特に顕著でありオンラインプレイにおける問題という形でも明らかになっている。
また、MHFの場合はそのオンラインゲームであることに加えて基本料課金が必要であることから、
プレイヤー均年齢は他のシリーズべてかなり高いようだ。

シリーズ作品

外伝・コラボレーション作品等含む。

メインシリーズ

タイトル 略称 機種 発売日 ネットワークサーバー
モンスターハンター MH PS2 2004年3月11日 2011年6月30日停止
モンスターハンターG MHG PS2 2005年1月20日 2011年6月30日停止
Wii 2009年4月23日 2013年9月12日停止
モンスターハンター2(ドス) MH2 PS2 2006年2月16日 2011年6月30日停止
モンスターハンター3(トライ) MH3 Wii 2009年8月1日 2013年9月12日停止
モンスターハンター3G MH3G 3DS 2011年12月10日 -
モンスターハンター3G HD Ver. MH3GHD WiiU 2012年12月8日 稼動中
モンスターハンター4 MH4 3DS 2013年9月14日 稼働中
モンスターハンター4G MH4G 3DS 2014年10月11日 稼働中

ポータブルシリーズ

タイトル 略称 機種 発売日
モンスターハンターポータブル MHP PSP 2005年12月1日
モンスターハンターポータブル 2nd MHP2 PSP 2007年2月22日
モンスターハンターポータブル 2nd G MHP2G PSP 2008年3月27日
モンスターハンターポータブル 3rd MHP3 PSP 2010年12月1日
モンスターハンターポータブル 3rd HD Ver. MHP3HD PS3 2011年8月25日

アイルー村シリーズ

タイトル 略称 機種 発売日
モンハン日記 ぽかぽかアイルー村 - PSP 2010年8月26日
モンハン日記 ぽかぽかアイルー村G - PSP 2011年8月10日
モンハン日記 ぽかぽかアイルー村DX - 3DS 2015年9月10日
アイルーでパズルー - PSP 2012年7月19日

その他

タイトル 略称 機種 発売日
モンスターハンター フロンティア オンライン
モンスターハンターフロンティアG
MHF
MHF-G
Windows 2007年7月5日
2013年4月17日
Xbox360 2010年6月24日
2013年4月17日
PS3 2013年11月20日
WiiU 2013年12月11日
PSVita 2014年8月13日
モンスターハンターXクロス MHX 3DS 2015年11月28日
モンスターハンター ストーリーズ MHST 3DS 2016年10月8日予定

For スマートフォン

タイトル 略称 OS 配信日
モンスターハンターポータブル 2nd G for iOS MHP2Gi iOS 2014年5月8日
モンスターハンターダイナミックハンティング MHDH auスマートパス
Android
iOS
2012年3月1日
2013年1月16日
2011年6月1日
モンスターハンターエクスプロア MHXR iOS
Android
2015年9月29日
2015年9月3日

※配信中のもののみ記載

アーケードゲーム

タイトル ジャンル 稼働開始日
モンスターハンターメダルハンティング メダルゲーム
モンスターハンターメダルハンティングコンパクト メダルゲーム 2014年より順次稼働
モンハン日記 すごろくアイルー村 メダルゲーム
モンハン日記 プリプリ プーギーレース 汗かき体感レースゲーム 2013年より順次稼働
モンスターハンタースピリッツ 01弾 き衣を アミューズメントカードゲーム 2015年6月25日
02弾 無双の狩人 2015年9月18日

アニメ

実はモンスターハンターアニメ化されており、第2期まで放送されていた。
ただし主人公アイルー)である

武器の種類

  • 使用する武器種別によって大きく操作が異なるようになっており、武器を変更すれば全く違う操作、戦闘技術を必要とする。これが職業に相当するものとなっている。
  • どの武器にも長所と短所があり、人によって使いやすかったりそうでなかったりする。
MH MHG
MHP
MH2
MHP2
MHP2G
MH3 MHP3
MH3G
MHXR
MH4
MH4G
MHX MHF
MHF-G
スピリッツ02弾
士(近接武器)
大剣
太刀
片手剣
双剣
ハンマー
狩猟笛
ランス
ガンランス
スラッシュアックス ○※
チャージアックス
操虫棍
穿龍棍
ガンナー(遠距離武器)
ライトボウガン
ヘビィボウガン
ボウガン
ライト・ミドル・ヘビィ)

スラッシュアックスFと名前が変わっており、仕様も大きく異なる部分がある。

登場モンスター

モンスターハンターのモンスター一覧」を参照。

人気の推移

初作からオンラインに対応していたものの、もともとはあまりゲームプレイヤーからは注されておらず、カプコンも大きく押し出す宣伝をすることはかった。
が、上述の要素が口コミで地味に評価され始め、やがて売り上げが20万本を突破。「単なるベスト版ではない、(G級クエスト双剣などの)新要素を足した廉価版」である『MHG』を急遽開発・発売したところ、これも30万本を突破し、その人気を確固たるものとした。
口コミから大人シリーズに飛躍したこの売れ方には、同社の『バイオハザードシリーズに通じる所がある。

この人気に乗り、新要素と新モンスターを大幅に追加した『MH2』と、PSP移植版の『MHP』が発売される。
が、カプコンの予想とは裏に『MH2』は、以前から摘されていたカメラワークの悪さ・古などの新要素のユーザーウケが思いのほか悪かった。
最終的に『MH2』は58万本を売り上げたものの、その一方で、PSPを持ち寄っての協力プレイが可MHP』がPSPユーザー大人気を獲得し、PSP初のミリオンヒットを記録
これを受けてカプコンは、通信協力プレイ的としたPSP向け作品の開発にシフトして行く。

結果、『MH2』の新要素を追加し、移植ではなく全新作として発売された『MHP2』はやはり大ヒット。当時PSP史上最高の170万本を売り上げる大ヒットとなる。
そして、これにG級クエストや新モンスターをさらに追加し、満を持して発売されたMHP2G』が、それをはるかに上回る大ヒットを記録。発売後1年に渡って高い売り上げを記録し、とうとう廉価版を合わせて400万本の売り上げに達し、カプコンの看的人気シリーズとしての地位を確立した。

またこの一方で、PC向けのオンライン専用作品である『MHF』が発売され、ヒット
数ヶ毎に新モンスターや新コンテンツが追加されるネトゲならではの要素があり、
庭用ハード向け作品への逆輸入もあった。後にXbox 360でもサービスが開始される。

2009年には、3年ぶりの据え置き機向け作品である『MH3』が発売。 『新たなMHの原点』を謳い、フィールド等の以前までのシリーズにはなかった新規要素の大量追加や、既存要素の抜本的な刷新を行った本作は、最終的に据え置き機向けMH初のミリオンヒットを記録。これはWii向けサードパーティソフトの中でも最高の販売本数を誇り、『ポータブル』シリーズに留まらない、シリーズの人気振りを見せた。また、本作でシリーズ累計販売本数1000万本を突破した。

2010年12月には、PSP向けに『MHP3』が発売された。1週間で200万本を出荷し、品薄状態が続くなど人気の高さを見せつけた。現在、出荷本数は450万本をえており、日本で最も売れたサードパーティソフトの記録を更新した。

2011年12月には、ニンテンドー3DSで『MH3』のマイナーチェンジバージョンとなる『MH3G』が発売された。メインシリーズ初となる携帯機へ移行し、MH第三世代の集大成を飾った本作は、発売から約1ヶくも販売本数が100万本を突破。これにより、携帯機で発売された本編全てがミリオンセラとなり、同時に本作でシリーズ累計販売本数2000万本の大台へ到達した。最MHシリーズの勢いはとどまる所を知らない。
2012年12月には、次世代据置機WiiUの発売に合わせ、ローンチソフトとして『MH3G』のHD移植作となる『MH3GHD』が発売される。『3G』とのセーブデータ互換機を持つほか、『3G』ではオミットされたオンライン通信によるマルチプレイが再び搭載された。

また、『3G』の発表とほぼ時を同じくして、ニンテンドー3DSシリーズ最新作となる『MH4』を開発中であることも発表された。これまで据え置き機で発売されてきたナンバリングタイトルの続編が携帯機で発売されるという点、また積み重ね続けてきたMHシリーズネームバリューの大きさもあってか、発表当初から大きな注を集めた。

2013年4月17日には『MHF』がG級追加を玉としたメジャーアップデートにより『MHF-G』と名をめることとなった。
しかしながら、そのG級システム面に問題を多数抱え後にG1ショックと呼ばれる大量引退を引き起こした。
システムリファインを重ねて持ち直し現在でも『MH2ベースゲームとしてサービス継続中である。
また、ハンターアクションモンスターの動き自体は『MHF』時代から変わらず安定した評価を得ている作品である。

2013年9月14日に延期を経て万を持して発売された『MH4』は初週(土曜発売であるため4日間の集計)での販売本数がパッケージDLカードeショップDLを合計して実質197万本に達し、『MHP3rd』をえる初動となった。(メディアクリエイト集計記事より)

通信協力プレイ

据え置きゲーム機で発売されたシリーズ作品(2013年9月現在は『MH3G HDver』のみ)と、Windows/Xbox360サービス提供していた『MHF』及び、
そのメジャーアップデート版でありWindows/Xbox360/PS3/WiiU/PSVistaでサービス提供中のMHF-G』では、
インターネット回線を利用した常時協力プレイが可であり、これが基本となっている。
シリーズにおける大人数で楽しむためのシステムも搭載されている。
また、『MH4』は携帯ゲーム機であるニンテンドー3DSでありながら単体でのオンライン協力プレイが可である。

一方、PSPで発売された作品ではアドホック通信を利用したオフラインでの協力プレイが可となる。また、xlink kaiというソフトを使えば非公式ながらオンライン対戦が可である。

2008年11月6日からPS3を使用してXlink kai同様にアドホックモードを使用してのネットワーク対戦などが可になる「アドホック・パーティー for PlayStation Portable(以下アドパ)」というサービスが開始された(当初は10月30日βテストが開始予定だった)。当然ながら、こちらは公式サービスである。運営が違う上にサーバも違うのでkaiとの接続は不可能

…なのだが、両方の環境がある人がアドパのみのプレーヤーkaiのみのプレーヤーの仲介を行えば繋ぐことはできる。
もちろん、使用している環境が違うので、アドパ側とkai側はチャットボイスチャットアドパに搭載されているもの)を使用した会話はできない(スカイプを使うなどすれば可)。
強引な手法なので、あまりお勧めはできない。あくまで「できる」程度で認識しておくべき。

ニンテンドー3DSで発売された『MH3G』ではオフライン協力プレイモードしか搭載されていなかったが、据置機であるWiiUへの移植作となる『MH3GHD』では再びオンラインでの協力プレイ実装された。

ニコニコ動画では

ニコニコ動画ではモンスターハンタープレイ動画が多く上がっているが、アップロードされるとかなりの高確率で「の方が上手い」、(難易度の高いプレイングが行われた場面で)「こんなの普通」といったいわゆる「名人様コメントが付き、それに対する反論も相まって異常なまでに荒れるケースが多い。

プレイ動画ゲームの腕を自慢するためではなく、ゲームの紹介や攻略法の一例を示すためにアップされていることが多いので、できる限り名人様コメントは控えた方がいいだろう(これはどんな動画にも言える事ではあるが)。

また、そういったコメント化すネタとして「の方が上手く死ねる」「の方が上手くBGMにノれる」などと言った、ゲームの趣旨やプレイスキルからは少々離れた部分の上手さを競うコメントが付く場合もある。

オンラインゲームコンシューマーゲームの価値観と環境の違いから、MHFユーザーナンバリング&ポータブルユーザーの間では異常なまでの喧が起こることも日常茶飯事

MHFからはかつて「無知は万死に値する」、「CSクエストに時間かかりすぎ」という効率面でコンシューマーユーザー馬鹿にするコメントが書き込まれ、
効率狩りれて久しい最近では中・狂化・極限状態・狩技といった要素への批判や「CSモンスターは強いじゃなく隙潰しでうざい」というような形になっている。
一方ナンバリング(特にMH2ベースMHFと別れたMH3以降)ユーザーMHFモンスターシステムについて「こいつは○○の使いまわし」「ジョジョブラキの方が強い」「ハメばかりでつまらん」「Fは課金至上」などと、実際にMHF環境を体験してもないのに知ったかぶった知識で悪口を書き込んだり、ゲーム内容をべずナンバリング本家MHFを分と呼びそれだけで上から目線で蔑んだりするというパターンが見られる。

これは数度倒せばいいタイプの調整となっているコンシューマと、
連戦が苦にならないような手強さをめられるオンラインゲームべたために起こってしまう弊である。
MHMHP2G及びMHFMH3以降という違いだけでなく、
このようにゲーム根本的な調整コンセプトが異なるため、両者を同じ土俵でべるのは避けたほうがいいだろう。

武器に関してのコメントでは「○○強い。」、「○○クソ。」(ex太刀神武器。」など)というものが見受けられる。言うまでもなく、どの武器にも長所と短所があり、人によって使いやすかったりそうでなかったりする。
モンスターを高効率で狩る場合に差が出ることは当然あるが、モンハンは効率が全てではない。安易にどの武器が上だ下だと言うのはよそう。

プレイヤースキルが多大に影するアクションゲームであるため、プレイのコツを伝える講座動画や、武器の外見を見せるカタログ動画なども投稿されている。

要は仲良く観ようということである。

第1作

2004年3月発売。Playstation2専用ソフトファンの間での呼称はに『無印』。 
最終売り上げは29万本。  

当時人気を博したセガの『ファンタシースターオンライン』によって火がついた、“家庭用ゲーム機におけるオンラインプレイ”に対応するゲームとして開発された作品。
当初は実験的・試験的な作品としての面が少なからずあり、シリーズ化を見据えて大きく売り出されたわけではなかった。内有数のメーカーの新規シリーズではあったものの、雑誌などにおいてもあまり大きく扱われていなかった。
オンラインサーバーもかなり貧弱なものしか用意していなかったが、先述の通り口コミで人気を博すると、サーバーが負荷に耐え切れなくなって増強を重ねなくてはならなくなるほどになった。 

ポータブルシリーズ(あるいはそのヒット)以降のシリーズ作品とべて難易度はかなり高く、ハンター耐久や攻撃は低く、代わりにモンスターのそれは高く設定されている。オンライン協力プレイを前提としている以上必然的な設定ともいえるが、ポータブルシリーズや『3』から入ったプレイヤーの中にはクック先生に苦戦する者も少なくない。
故に、難しすぎるとして拒否感を示すシリーズファンが多い一方で、硬と評価する者も今尚多い状態である。

なお、2011年6月に『G(PS2版)』『2』と共にオンラインサービスが全て停止されたため、現在ではオフラインでしか遊ぶことが出来ない。

関連動画

関連商品

ナンバリングシリーズ

ポータブルシリーズ

フロンティアシリーズ

アイルー村シリーズ

漫画版

平松伸二作。

関連コミュニティ

関連項目

モンスターハンターシリーズ
メイン MH - MHG - MH2 - MH3 - MH3G - MH4 - MH4G
ポータブル MHP - MHP2 - MHP2G - MHP3
オンライン MHF - MHF-G
スピンオフ MHX - アイルー村 - MHST - MHSP - MHXR
アニメ ぎりぎりアイルー村G
関連項 関連項目一覧 - モンスター一覧 - プレイヤー一覧生主声優

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC
ページ番号: 58005 リビジョン番号: 2366234
読み:モンスターハンター
初版作成日: 08/05/17 15:13 ◆ 最終更新日: 16/05/26 23:47
編集内容についての説明/コメント: MHST発売予定日
記事編集 / 編集履歴を閲覧

モンスターハンターについて語るスレ

2477 : ななしのよっしん :2016/09/18(日) 22:56:34 ID: grQFqe+3Vr
>>2476
やっぱりマグロ食ってるような(ry
なんとなくマグロむしゃむしゃ食ってるジョー想像してみたら笑えてしまった。そういえばMH世界マグロ素材はいっぱいあったな…。
2478 : ななしのよっしん :2016/09/19(月) 21:53:30 ID: 3AmxcfhEwU
オープンワールドにしたら移動が更にかったるくなりそうですね
今でも古や一部の飛竜火山エリア3つ分くらい気で飛ぶからなあ
2479 : ななしのよっしん :2016/09/20(火) 12:30:04 ID: QTFRsw9lsI
オープンワールドになるなら、メタギアみたいにっぽいやつに乗って高速で駆け回るのも面そう。でかい崖はエリア外行きのやつ以外排除して。
2480 : ななしのよっしん :2016/09/20(火) 17:16:27 ID: ZjVe2wSPkc
オープンワールド化したら崖は必要じゃね?
2481 : ななしのよっしん :2016/09/20(火) 22:04:53 ID: ZAulQk0Gow
ずっと思っていたけど、
ラギアクルスリオレウスライバル関係から、
戦国BASARA伊達政宗真田幸村を思い出した。
属性と火属性となっているから、
元ネタにしているのだろうか。
他のメインモンスター戦国BASARAキャラに当てはめるとすれば、
リオレウスライバル繋がりとして、セルレギオスは色的に徳川家康
「地覇者」という異名を持つ事から、ジンオウガ亜種織田信長
とできてきたが、
リオレウスライバル関係の一つでもある、
ライゼクスに当てはめればいいんだろうか?
本多忠勝もどのメインモンスターに当てはめればいいのか思いつかない。
2482 : ななしのよっしん :2016/09/21(水) 01:43:52 ID: D3JpnieuaA
めっちゃ口で言ってそう
2483 : ななしのよっしん :2016/09/21(水) 07:38:01 ID: 3AmxcfhEwU
こっちの方が出たの先だと思うけども
2484 : ななしのよっしん :2016/09/21(水) 18:41:19 ID: vfK35ysHz4
これは4のトトスさんでも釣られないレベル
2485 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 17:03:07 ID: pVVZ4m27bg
そろそろペイントボールみたいに投げて使える爆弾が出てくれたら面い。
2486 : ななしのよっしん :2016/09/27(火) 14:40:27 ID: 3AmxcfhEwU
とっくの昔からフロンティアにあるゾ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015