単語記事: モンスターハンター:ワールド

編集  

新たな生命の地。

狩れ、本のままに!

モンスターハンター:ワールドとは、2018年1月26日に発売予定のプレイステーション4/Xbox One/PCゲームソフトである(日本ではプレイステーション4版のみ発売予定)

略称は「MHW」もしくは「MH:W」。正式名称ではモンスターハンターワールドの間に「:」が付くのに注意したい

概要

Electronic Entertainment Expo 2017. 6.13(日本時間)で発表されたモンスターハンター最新作。PlayStation系列ではモンスターハンターフロンティアを除けばモンスターハンターポータブル3rd以来のシリーズ作品。
据え置き機専用作品としてはモンスターハンター3以来の作品であり、グラフィック面の変化も非常に大きい。PS4版では特別なコンテンツが収録される。

また、今作ではエリア間の移動や各種アクションシーレスで可になり、自由度の高いハンティングを可にする「サババルツール」が実装されたり、クエストの途中参加機など、数々の新要素を組み込んだ作品となる。

ストーリー

達がおよそ10年ごと大海原を越えた先の“新大陸”に向かう『古渡り』と呼ばれる現の解明のためギルドは『新大陸調団』を結成。
“新大陸”と呼ばれる地に数度にわたって調団を派遣プレイヤーは5回となる今回の第5期調団の一員として今回渡りを行う古『ゾラ・マグダラオス』の追跡を行いつつ新大陸の調へと向かうことになる。
なお、今回の“新大陸”は3の“新大陸”とは別の大陸である。

拠点・フィールド

拠点

今回の拠点は従来シリーズのような「村と」、「村と集会所」のような『オフライン拠点とオンライン拠点』の概念はなく、調団の拠点である『アステラ』が双方の役割を果たすこととなる。

  • アステラ
    今作の拠点で前述のとおりオフライン拠点であると同時にオンラインの拠点でもある。初代調団が“新大陸”にやってきてから拠点として設営をはじめ、後続の調団が来るたびにそれぞれが的に合わせた増築・拡を行ってきている。
    物資が限られているためか素材として使えるものは何でも使う方針らしく、船をそのまま陸揚げしたうえひっくり返して使っていたりする。

フィールド

今回のフィールドエリアの概念がなくシーレスでの移動が可になったほか、翼竜種のモンスターを使った移動・スキップトラベルなどが使えるようになっている。また、フィールド上の見える生き物ほぼ採取可となっており従来よりもいっそう自然を感じられるようになっている。

導蟲(しるべむし)

本作の変更点であるエリア間のシーレス化と、フィールド広大になったことから、プレイヤーが迷わないようにという意図で実装されたもの。

利用できるアイテムモンスター跡を教えてくれるガイドで、跡を集めていくと対モンスターへ案内してもらうことができる。タグを打つことでその場所に連れて行ってくれる。方向だけでなくも教えてくれる。

また、近くにアイテムがある場合その存在を教えてくれる。

この要素があるためペイントボールは今作では撤となる。

特殊装具

今作で新しく追加される装備品。

特殊なスキルを使うことが出来、身を隠したりする隠れ身の装衣やその逆の引き寄せたりする装備などがあり、受けるダメージを減少させてダメージリアクションを小さくする不動の装衣などが存在する。

アイテム欄から使用することが出来、一度使うと効果時間やクールダウンの時間がある。

防具やスキルシステムの変更

今作では、防具は士とガンナーで同じものを使用するように変更される。(ただし、武器種ボーナスがあり、士の武器を装備すると「物理ダメージ軽減」、ガンナーの武器を装備すると「属性ダメージ軽減」が発動するため、防御面に関しては士ガンナー共にほぼ今まで通りになる。)また、護石は生産・強化での入手となる。

また、今作では防具や護石に付随しているスキルの仕組みが一新される。

今までの仕組みをスキルポイントによって一定ポイントスキルが発動していたものが、今作ではスキルレベル制になっている。
装備には必ずスキルが付属しており、スキルを重ねていくごとにスキルレベルが上昇し、効果もより強いものになっていく仕組みに変更される。また、護石にも強化レベルが追加される。

そして装備の性に関係なく見たのみを変更する『重ね着装備』が導入された。
MHXXの防具合成と似たシステムだが、こちらは重ね着専用の特別な装備として用意されている。
そのため防具合成と違い、組み合わせを変える度に合成し直しと言うことはないが、
反面重ね着装備として用意されているデザインにしか変更できないとの事。
その口調から残念ながら全ての通常防具を重ね着装備化する予定はない模様。

探索

クエスト外でもフィールドに赴き、狩り採集を行える。MH3シリーズの「モガの森」に近いシステム
今作ではさらに、「異なるフィールド間の直接移動」「受付嬢からクエスト受注」なども探索中にできるようになっており、モガの森をさらに拡、遊びやすくしたシステムと言える。

防具やスキルシステムの変更

使用可能武器

今作では武器種が減るということはなく、過去作にあった武器種は使用可

武器種の詳細は各武器記事を参照。

ガンナー

登場モンスター

表は2017/10/19現在までに種族と名前が判明しているモンスター、もしくは名前のみ判明しているモンスター(分類不明欄)なので注意。

本作のメインモンスターは「ネルギガン」となる。

食種 獣人
飛竜
  • クルルヤック NEW!
  • ツィツィヤック NEW!
  • プケプケ NEW!
海竜
  • 未確認
  • ドスジャグラス NEW!
    • ジャグラス NEW!
  • トビガチ NEW!
牙獣種 甲殻種 両生種
  • 未確認
  • 未確認
  • 未確認
古龍種
  • 未確認
  • 未確認
分類不明 翼竜
  • メルノス NEW!
  • イオス NEW!
  • ラフィノス NEW!

関連動画

PV

デモプレイ

関連商品

関連項目

モンスターハンターシリーズ
メイン MH - MHG - MH2 - MH3 - MH3G - MH4 - MH4G - MHW
ポータブル MHP - MHP2 - MHP2G - MHP3
オンライン MHF - MHF-G - MHF-Z
スピンオフ MHX - MHXX - アイルー村 - パズルー - MHST - MHSP - MHXR
アニメ ぎりぎりアイルー村G) - MHST RO
関連項 関連項目一覧 - モンスター一覧 - 楽曲一覧 - プレイヤー一覧生主声優

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%3A%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89
ページ番号: 5490008 リビジョン番号: 2537441
読み:モンスターハンターワールド
初版作成日: 17/06/13 22:48 ◆ 最終更新日: 17/11/02 17:10
編集内容についての説明/コメント: 新フィールドと新モンスター、関連項目にコラボ先を追加。その他追加、修正があればお願いします。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

モンスターハンター:ワールドについて語るスレ

2559 : ななしのよっしん :2017/12/13(水) 18:10:58 ID: qrq8nxkpbN
古代での曲って緩急のつけ方とかやっぱりリスペクトなんだろうか
2560 : ななしのよっしん :2017/12/13(水) 23:55:14 ID: gTXw7oILHM
βプレイ動画、だらだら見てたらβでも環境生物捕まえられたのか‥‥
ないだろうって思いこんでBOXにあるアイテム説明文とかよく読まずにいたのがダメだったか―
2561 : ななしのよっしん :2017/12/14(木) 01:09:03 ID: PB7dtUzIvy
>>2544
アンジャナフの頭なら側面から抜切りで当てやすい
判定が縦に広いから、距離を詰めればまず当たる
攻撃後の隙に切ってかかり、基本1〜3発切ったら離脱して納、また隙を伺うの繰り返し
尻尾は高くて当たらない場所も多いけど、一応付け根付近まで尻尾の判定あるから当てられないことはない
あとは乗りフィニッシュやダウン時に積極的に尻尾を狙ってけばまず切れる

とは言いつつタックル実装されたから今作もヒットアンドアウェイかって言われると微妙なんだよなぁ
2562 : ななしのよっしん :2017/12/15(金) 00:03:05 ID: 9cIxEL/UVG
作品が出るたびに調整しているとはいえ武器格差が出てしまうのがこの手のゲームのつね。今回は何が強武器になるのだろうか。
個人的な感覚でいえば、
距離3種、ハンマー双剣太刀、裂
較的強くなったと感じた。
特に太刀カウンターと気突きのおかげで練気のコントロールしやすさがかなり上がった。ただその分小難しい武器になった感じ。
2563 : ななしのよっしん :2017/12/15(金) 00:12:52 ID: wlc907/zcd
アンジャナフの戦闘動画見てると口内に炎溜めたりそこを怯ませるとダウンしたりディノバルドと行動がちょっと似てる所があるね
案外ラドバルキンウラガンキンみたいに近縁種の関係だったりして
2564 : ななしのよっしん :2017/12/15(金) 02:26:43 ID: JRgxd5GMf8
>>2562
どうせヘビィボウガンじゃないの
レア度が上がればパーツ3つ装着できるから、反動や射撃強化が武器で補えるし
シールドパーツ1つで哮対策もできる
そんでボックスから弾が補給可で、デフォで回避距離UPも付いてるから
や業物で圧迫されない分、近接よりかにアドバンテージがある

まぁ格差があろうが野良4人で10分程度で終わるのがモンハンだし
誤差も数分程度だから、そんなに気にする必要もないけど
2565 : ななしのよっしん :2017/12/15(金) 03:12:35 ID: 8o1DRjLsFk
>>2564
防具が共用ってことは士のスキルは消えて最初から発動した状態なんじゃない?
今までほぼなかった武器にゲージあったからは常態化したのかも
ただガンス双剣を使ってみた限りでは、業物が発動した状態でこれだと辛いなぁ
あと砥石高速化もリストラってことになるし、
れ味の消耗がしい武器は使いにくくなるかも
2566 : ななしのよっしん :2017/12/15(金) 05:49:38 ID: qrq8nxkpbN
双剣ってまた3rd並の大革で火力的にはどうなるのかわからん気がする
人強化でのステップ回避も中回転乱舞もくかなり火力人化偏重な懐かしみの感じになって
そのぶん人化は乱舞のモーション変更にラッシュにジャンプの背りといろいろ楽しいことになってたね

そんなことより最重要ポイントは「人化で逆手持ち」という最高かっこいい変更だけど
グローブ扇子団子ビールネタ豊富な他の双剣ではどうなるのかとかいろいろ楽しみ
2567 : ななしのよっしん :2017/12/15(金) 10:09:34 ID: gTXw7oILHM
>>2565
体験版の武器のステータスは製品版と違うこと多いから今回のもあてにならんよ
単に今回はその見たが選ばれて、切れ味はゲージを基本にしたってだけだろうし
ていうか、とあるスキル削除されてるならそのスキルが常時発動状態にあるって発想に笑ったわw
2568 : ななしのよっしん :2017/12/15(金) 11:39:45 ID: apW0CmX2Ip
ヘビィ→反動、弾強化、回避距離が最初からついてるから装備は火力盛り
近接→、業物は装備で発動してね。砥石高速はネコ飯でも食っとけw

防具共用でこれなら発売前からバランス崩壊確定なんだよなぁ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829