単語記事: モンスターハンター2

編集

モンスターハンター2とは、2006年2月16日カプコンから発売されたPS2対応の狩猟アクションゲームである。
正式名称はモンスターハンター2(Dos)カッコ内はドスと読むが読み方はそれぞれで通称は色々ある。

現在はカプコンの看商品にまで登りつめた、モンスターハンターシリーズ庭用据え置き機の第3作
2009年Wiiリメイク作のGが発売されるまで、2年半とシリーズとしては較的長い間、庭用最新作だった。

ニコニコでは「モンスターハンター2」、「dos」、「MH2」でタグ検索すると関連動画が出てくる。
ゲームの詳しいシステムモンスターハンターを参照。

概要

モンスターハンター2
(ドス)
基本情報
略称 MH2
対応機種 プレイステーション2
発売日 2006年2月16日
発売元 カプコン
ジャンル ハンティングアクション
価格 通常版:7,329円
BEST版:3,140
対応年齢 CERO:C(15歳以上対
その他
ゲームソフトテンプレート

庭用据え置き機の前作、モンスターハンターGから約1年後に発売された。

初代に新要素を加えた増しの意味合いが強いMHGとは違い様々な点が大幅に変更され、その多くは後のシリーズにも反映された。特にMHFオンラインシステムの基にもなっている。
そういった点で、現在のモンスターハンターシステムの一つの完成形を築いた功績は大きい。

それと同時に、様々な問題点が摘され、シリーズでも随一、批判の絶えない作品として有名。

以下にその新しく追加された新要素とその問題点を詳しく記す。

新要素

本作の売りは「大自然の中を生きて、リアルハンター生活を楽しむ」というものだった。
それに沿っていくつかの本作にしかない特徴がある。これらは賛否両論だが中には評価の高いものもある。

新モーション武器の追加

新しく、「太刀」、「狩猟笛」、「ガンランス」、「」が追加された。詳しくは各項参照。
他にも、大剣に溜めモーションが追加されたり、ハンマーで頭を攻撃すると敵が一定時間気絶するようになった。
これにより、全ての武器に満遍なくアドバンテージが付いたことで各武器の人気に変化が見られた。

Gでは最強といわれたランスが会心率の導入や、モーション値等の弱体化の影で軒並み沈み、新たに片手剣
最強の座に着いた。特に、MH2では属性値のバランス調整がまだ全ではなく、一部片手剣双剣が猛威を奮い
絶一門シリーズが古討伐の必需品となった。

新モンスターの追加

新作が出る度に2,3体の新しいモンスターが登場するのが恒例のモンスターハンターだが、本作では
非常に多くのモンスターが追加された。ちなみに据え置き機全新作の次回作である3まで携帯機や
フロンティアで新作や度重なるアップデートが出たが、その間に新しい雑モンスターは出ていなかった。

追加されたモンスターは牙獣種、甲殻種、古龍種の3種である。飛竜種以外のモンスターを出すことによって
よりモンスターハンター世界観を広げる狙いがあったと思われるが評価は様々である。

昼夜、季節の概念の追加

モンスターハンター2と後継のMHFにのみに見られる独自システムとして、ゲームの中での変化や
季節の変化が存在することがあげられる。PSPシリーズではフィールドでのみの変化だけが採用されている。

季節は繁殖期、温暖期、寒冷期の3つに分けられており、繁殖期はモンスターを守るために獰猛になり、
温暖期は活動が活発になったモンスターが大量に出現し、寒冷期はモンスターがエサをめて暴になる。
他にも、採取できるや、木、アイテムに大きな変化があるので非常に重要な要素となっている。

食事を自宅でも自由に取ることができ、季節により旬の食材があるのでそれを選ぶ必要性も出た。
現在のシリーズとは違い、食事に使う食材もフィールドや店から自分で調達する必要があった。

スキルの発生条件のポイント制への変化

前作までのシリーズではスキルの発生条件が「防具を特定の組み合わせにする」だった。本作ではそれが
大幅に見直され、それぞれの装備に各スキルが発生するために必要なポイント特定数付き、組み合わせによって
それが、一定の数値に達するとスキルが発動するというものに変わった。これにより、装備の自由度が格段に上がり
見た重視の装備など、新しい楽しみ方も生まれた。それに伴い装飾品というものが登場し、これを防具に装着
することで、スキル発動に必要なポイントの不足分を補うことができるようになった。

新しいフィールドの追加

前作までのフィールドが一部を除き、ほとんど新しいものに換えられた。特に、木々が生い茂っていて視界が
悪い密林や、広大すぎて移動が面倒な砂漠などの問題が多かったフィールドがより、モンスターと戦いやすい
構造に変わっている。そして、新しく「山」と「」が新フィールドとして登場した。

クエストの内容変更

前作までは「討伐」と「捕獲」がクエストクリア条件で明確化されていたが。本作からは古などの捕獲不可能
モンスター以外、全て捕獲でも討伐でもいい「狩猟」というクリア条件になった。

他にも、「サブクエストクリア」というものが存在するクエストが登場した。大半は「ザコモンスター特定数倒す」や
アイテム定数納品する」や「モンスター特定の部位を破壊する」というものである。達成すると、それぞれの
報酬が発生する他、サブクエストを達成しただけでクエストクリアした扱いになりそのままアイテムが持って帰れる。
尻尾を切ってサブクエストクリアを繰り返す「マラソン」という作業に重宝された。携帯機の作品でもこの
サブクエストを作って欲しいというは多かった。最近の作品で言うところの「素材ツアー」に該当する。 

問題点

前述のように、新しい要素が多く追加されたモンスターハンター2だがそれと同時に、シリーズでも一番の問題作と
評価されることも多い作品である。特に多くあげられる問題点をここに列挙する。

敵モンスターのバランスがおかしい(能力面)

まず一番にあげられるのがこれである。具体的にいうと、討伐にかかる時間が携帯機のそれとはべ物にならない
程長い。一般的な飛竜でもソロで上位なら10分やそこらでは沈まないぐらいタフである。古はそれをかにぐ(武器や防具がそろって腕も上がれば、10分以内に倒すこともできるようにはなるが・・・)
原因をMHP2Gで例えると「G級並の耐久を持つ敵を上位、しかも上位に入ったばかりぐらいの攻撃の武器で相手にしなくてはいけない」からである。
今作は武器の攻撃が前作のGよりも低いものしかなく(大剣ハンマーなら1000前後、ランスなら500未満、片手、双剣なら300を越える武器はほとんど存在しない)、一言で言うとバランスが整っていない。データを見て直感的に感じる原因は体や攻撃を単純にオフ、下位、上位と上がるたびにステータスを1.5倍、1.5倍としていくような、単純なの設定方法にしたからだと想像される。

敵も例外ではなく、よく「ボスよりも周りのザコのほうが強い」と評されるぐらい耐久と、攻撃が高い。
ヤオザミの地面からの強襲攻撃などは恐らくP2Gのそれよりも3倍近い威があった。
スーパーアーマー持ちでかつ攻撃の高いヤオザミは特に最初期のハンターとなり、初期武器のハンターナイフで挑んで一匹倒すのに五分かかった、むしろ返り討ちにあったというハンターが複数いたのはのようなホントの話である。

敵モンスターのバランスがおかしい(システム面)

季節の概念が存在するせいで、その季節には生息しない設定のモンスターが出せないということが原因で、寒冷期のフィールドが強敵のファンゴやコンガだらけになったりする。そして、季節によってモンスターに最大で倍、多くのモンスターには1.5倍近くの体補正が掛けられ、それが戦いをより困難にさせている。
そして、ガブラス大雷光虫ランゴスタなどの飛ぶザコ敵は高確率で複数匹配置&無限沸きという素敵仕様である。

この点についてはさほど問題にあがらないが、前作からのプレイヤーが一同に挙げる最大の問題点はこれらのザコモンスターがそれまでの作品とは較にならないぐらい的確にプレイヤーを攻撃してくるという点である。

前作までは大モンスターとの戦いがメインで小モンスターはそれらを演出するオプションに過ぎなかった。
しかし、今作からは小の敵はプレイヤーを邪魔する敵という位置づけで全に固定されてしまったせいで攻撃の精度が異常に上がり、タメモーションを持つの武器や、防御の低いガンナーの最大の敵と化してしまった。
モンスターが大モンスターとともに執拗にハンターを攻撃してくるさまは、まさにハンターを殺すだけの機械である。

新しく追加された武器が完全な調整不足

各武器それぞれに問題点はあるが、共通するのは「種類が少ない」と「攻撃が低い」という点である。
その他の各問題点は以下の通り。

太刀 武器の威補正は大剣と同じなのに一回の攻撃で与えられるダメージ大剣の半分程度、片手剣並で
属性値を当てにするのなら片手剣のほうが優秀というどっちつかずの半端な武器になってしまった。
一応長いリーチ片手剣との差別点とはなったものの、そのリーチネットワークモードの禍の元に・・・
使用するプレイヤーが低年齢層で固まったため、長いリーチが災いして妨に会う人が続出。
狩猟笛 補正の関係で攻撃がどうしようもなく低くなる上、気絶的ならハンマーのほうが優秀な技が多い。
を強化するという特性もアイテムで代用できるものが多いため、重要性がそんなに高くない。
特に、MH2には強走グレートを容易に作り出す方法が存在するのもこれらに拍をかけた。
ガンランス 狩猟笛ほどではないが、攻撃効率が悪い。撃の威も飾り程度にしかなっておらず、
発売当初ガンランス撃に期待していた人たちをガッカリさせた。
どの攻撃も仲間を妨する効果が高いものが多く、
特に撃はに追い詰めればハメが出来るせいで、しばしばオンラインで問題が起こった。
連射、拡散、貫通の3種類だが、このうち、拡散の威が段違いに低い。
しかも、攻撃の高い武器に限って拡散であったり、
戦えるモンスターが限定してしまう貫通であることが多く、攻撃性が一番優秀な連射がタメ3になっているものが少ない。
そのため最終的に使えるのはほんの2、3種類のみ。
もう一つ付け加えると、PS2版のの操作の仕方はコントローラー仕様のせいでとても難しい。

後の作品では、武器のバリエーションを増やしたり、ダメージ値が上げられるなどして、修正が掛けられたことで
問題は解消されたが、当時はこれらの武器を持ってくるだけでオンラインでは地雷扱いされることもあった。

そもそも、新システムのほとんどが理不尽

前述のモンスター、各武器の問題点の他にも新しく追加されたシステムには批判が多い。
簡単に説明すると

季節の導入 わざわざ季節を変えないと戦えないモンスターが存在。しかもオンラインでは変更できない。
季節によって入れないフィールドが存在することもこれらのシステムに不満が増える原因となった。
ちなみに、オンラインで季節が変わるのに必要な時間は20時間以上(恐らく23時間程度)である。
の導入 フィールドははで大小の違いはあるが地形に変化が出る。しかし、火山のように
ふさがったり、密林のように視界が悪くなるといった一方的プレイヤーが不利になる変化がほとんどで
だからモンスターが眠るなどの有利な変化は一切ない。
食事システムの食材の是非 上記にも触れたが、食事をする際に食材を自分で調達しないといけない。
季節によって効果が違うのは説明の通りだが、実は各季節ごとに1つレシピを覚えておけばいいので必要な食材は実際のところ、全体の半分もない。
MH2アイテムックスをポーチに入れられる数ごとに区切っているため
(現在のように99個ごとでなく、回復なら10個ごと、トラップツールなら2個ごとのように区切る)、常にボックスはギリギリで運用しないといけない。
その中で使わない食材がボックス内を圧迫する最大の原因となることが多い。
場合によっては必要な食材だけ持っていてもギリギリになることがある。
スキルポイント ポイントが非常にシビアで実際のところスキルは優秀なものが2つ以上付けれることは稀。
装飾品も付けられる数が少なく、強い防具ほどよりつけられる数が少なくなるため機しない。
テンプレ装備以外は有用な組み合わせがないほどの自由度でオンライン上では現在のフロンティアなど以上に武器も含めた装備差別や装備定といった行為が横行した。
そして、装飾品は着脱可ではなく、外したら壊れるため、容易に作ることが出来ない。
この反動かは不明だがMHFスキルゲーといわれるほど、この部分が緩くなってしまった。
モンスターの追加 すぎる攻撃を持つモンスターが多く、特に古龍種は本作の玉でありながら、
一方的プレイヤーを不利にするの数々から大不評だった。
既存のモンスターにも変更を加えた 特にリオレウスは頻繁にエリア移動、もしくは中を飛び回り、多くのプレイヤーからヘタレウスなどと呼ばれるまでになってしまった。他のモンスターも動きはく、鋭くなり、
生き物としての特徴をしたハンターを殺すための「殺人マシーン」と表現されることも。
素材を使って防具が強化できる な防具の強化に必要な素材がかなり偏っている。玉や古素材
ほとんどを占めており、毎日数時間程度プレイする程度の人には絶対に集められない。
特に、テオ・テスカトルの「炎粉」がその入手難易度に見合わない高需要を誇り、しばしばこれらを
入手することが的の作業クエストオンラインでは必要とされた。

総じて「ストレスがたまる仕様」と称されることが多い。雑誌のインタビューでこういったバランスの問題を
された際に開発スタッフ「まぁ、自然はきびしいってことで(笑)と開き直って認めたことが事態を悪化させた。

当時の評判とその後の流れ

その高難易度と理不尽な仕様、前作からの大幅な変化によりクソゲーの烙印を押されることも多かったがあくまでも「前作とべて」なので、新規に入ってすんなり溶け込めた人との間で評価は大きく分かれた。
しかし、そもそも据え置き機用のシリーズ作品は難易度が高く(というよりポータブルシリーズ難易度設定が低い)、前作や初代からプレイしていた人間もが皆拒否感を示すようなものではなかった。
実際に、今作の売り上げは約69万本と、前作『G』の倍以上の売り上げを記録している。

しかし、敷居が低く、友達とハードを持ち寄っての協力プレイという魅を持った『ポータブル』の方が評価が高かった。
ポータブルシリーズが、初作からミリオンセラーを達成し、後に『2ndG』で約410万本、『3rd』で約470万本を売り上げる怪物シリーズへと成長したのはもはやもが知るところである。
結果として、「据え置き機ではモンスターハンターは売れない」というジンクスを作ることになってしまった。

その後、評判があまりに悪かったのが原因か、プロデューサーカプコンを退社してしまった。
このT氏への親しみを込めて「tnksn」という言葉が誕生する始末だったことも考えると仕方ないといえばそうだが、以前にT氏が手がけたデビルメイクライ2も似たような酷評ぶりだったので、今作ばかりが原因ではないという人間もいる。

ポータブルシリーズはこの後、「季節の概念の止」、「防具の強化に素材は使わない」、「アイテムの収集を農場で済ます」「度を越えた魔法のような技を使うモンスターを出さない」等、MH2で不評だったシステムをバッサリと切り捨て、それらはいずれも好評を得た。
このようなこともあって、現在に至ってもMH2の評価は低いままである。

しかし、Wii向けに発売されたMH3ミリオンヒットを記録したことで、「据え置き機では売れない」という先述のジンクスは、ある程度は否定されたといえる。 

MMBBサービスの終了

KDDI提供するオンラインゲームネットワークサービスマルチマッチングBB(以下MMBB)」が2011年6月30日に終了することが、KDDIカプコンからのお知らせで明らかとなった。MH2はこのMMBBに対応しているゲームソフトであり、MH2オンラインサービス6月30日を以って終了することとなっている。因みに当たり前のことだが、MMBBサービス終了後も引き続きオフラインモードプレイすることができるので御安心を。

その他MMBBに対応しているソフトモンスターハンターG、バイオハザード アウトブレイク等々。

ちなみにこれに伴いドンドルマのリアルタイムで行ける機会が全になくなってしまった

関連動画

いくつかプレイ動画が上げられている。詳しくはこちらを参照。

関連商品

関連項目

モンスターハンターシリーズ
メイン MH - MHG - MH2 - MH3 - MH3G - MH4 - MH4G
ポータブル MHP - MHP2 - MHP2G - MHP3
オンライン MHF - MHFG

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC2
ページ番号: 2981667 リビジョン番号: 1984142
読み:モンスターハンタードス
初版作成日: 09/04/30 02:44 ◆ 最終更新日: 14/03/03 19:41
編集内容についての説明/コメント: 無関係だったリンク修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

モンスターハンター2について語るスレ

195 : ななしのよっしん :2014/07/20(日) 23:55:24 ID: lbe6JGai50
リメイク来ないかな。携帯ゲーム機で、手軽にもう一度ドスのストーリーをやり直してみたいな。
結局据え置きは下手くそなは中盤~終盤まで行ってクリア出来なくてリタイアしちゃったし。
後、個人的にジャンボ村が一番好きだった
BGMも良かったし。
196 : ななしのよっしん :2014/08/17(日) 21:47:49 ID: OIXG3aI8R1
肝心の狩りの面はアレだけど、
BGMとか世界観、ムービー系はすごくよく出来てると思う。
その意味では4Gドンドルマがでてくるのが楽しみで仕方ない。
197 : ななしのよっしん :2014/08/18(月) 08:12:15 ID: 9alk5JFgZo
クソゲー呼ばわりは否定出来ないけど本当のクソゲーならこんなに援護する人もいないはず
褒める点も多いし最近やり直してみたらなんだかんだいって面かった

ここからフロンティアP2Gが生まれた事を考えるに、ダイヤの原石の様なゲームだとは思う
ドスがクソゲー過ぎて(良い点も悪い点も強過ぎて)カプコン覚醒した結果今のモンハンになった
ドスがかったらこのシリーズはこんな長寿かつビッグタイトルにならなかったとすら思う

そしてここまでtnksnと酷評されたドスを捨てずに磨き、画点睛を決めたカプコンの先見性は凄まじいと言わざるを得ない
198 : ななしのよっしん :2014/08/21(木) 13:28:16 ID: yuHhL+fnrq
×援護
○擁護
199 : ななしのよっしん :2014/08/23(土) 16:02:51 ID: 9alk5JFgZo
あっ…(赤面)
読み方知らなかった訳じゃないんス!信じてくださいオナシャス
200 : ななしのよっしん :2014/09/18(木) 19:23:48 ID: QJlkAEaiPm
ドスのオンラインはすごく面かったな、親切な人も多かった
だから4Gドンドルマが復活して本当に嬉しい
201 : ななしのよっしん :2014/09/30(火) 00:02:53 ID: 6cq/52qUVW
ゲームシステムが悪くても
少なくともBGMに関してだけは良作だと思う。
202 : ななしのよっしん :2014/10/17(金) 17:43:51 ID: s4CTIfdOpV
山と密林BGM
203 : ななしのよっしん :2014/10/19(日) 19:45:12 ID: mr3Zv0550q
>実際に、今作の売り上げは約69万本と、
>前作『G』の倍以上の売り上げを記録している。

これ何の意味もないよな
シリーズものの作品の売り上げは「今作が良作か」じゃなくて「前作が良作か」でほぼ決まるからな
例えば同じカプコン逆転裁判シリーズで一番売れたのも4
204 : ななしのよっしん :2014/10/24(金) 17:29:34 ID: 5IV3ozPhJs
>>186
ボロかすに言っておきながら、なんだかんだ今にモンハンに定着してるというね。
ていうか、縛ろうと思えばいくらでもしばれるんだが、なぜそれをしないの?

>>160
だが、お前のその態度もなんだよっていう。
萌え系はともかく、さすがにラノベめすぎ。
そうやって、最近のシリーズを貶めないと持ち上げられないあたり、アレだな。
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015