単語記事: モンスターファーム2

編集

モンスターファーム2タイトル画像

モンスターファーム2とは、1999年2月25日にテクモから発売されたプレイステーション用のゲームソフトであり、「モンスターファーム」の続編。略称はMF2、もしくはモンファ2。

 

 

ゲーム概要

前作「モンスターファーム」と同じく、CDごとに異なる300種類以上のモンスターを生み出し、それを調教、トレーニングして大会を勝ち進んでいく育成ゲームである。前作との連動要素として、前作で育てたモンスターを2にコンバートする「石版再生」がある(石版とは前作データの入ったメモリーカードのこと)

個性的なモンスターや対戦システムの面白さにより、いわゆる、「ポケモンライクゲーム」としては前作ともども成功した部類であり、アニメや公式大会なども人気を博した。発売から10年近く経った現在でも色あせぬ名作、という人も多い。

ストーリー

モンスターブリーダーと呼ばれる人々によって、多種多様なモンスターが育成、調教され、それらを戦わせるモンスターバトルが人気を博する時代。ブリーダーたちは自らのファームを構え、ランク制の大会に勝ち抜くことによって最高の称号である「名人」となることを目指し、日々努力していた。

そして、今日もモンスターバトル協会(IMa)の認定試験に合格し、ブリーダーとしての一歩を踏み出そうとする若者がいた。育成助手の少女コルティア(コルト)そして、コルトの仲良しペットのジョイとともに、新人ブリーダーの悪戦苦闘の育成人生が幕を開けた!

モンスターの入手

モンスターは基本的に、モンスター市場、円盤石&石版再生、合体の3種類の方法で手に入れることができる

モンスター市場

モンスターを提供してくれる施設。CDや前作データなしでもモンスターを手に入れられるのはありがたい。ただし入手できるモンスターは、「モッチー」「ロードランナー」そして四季ごとに変わる季節限定モンスターの全6種に限られる。またここでは要らなくなったモンスターを買い取ってくれるが、非常に低い値段しかつかないため基本的には処分と大差ない。

円盤石再生(神殿)

神殿の円盤石再生装置によってCDからモンスターを生み出す。円盤石とは、古代のDNAディスクであり、我々の世界におけるCDである。CDのコードが違う=DNA配列が違うということであり、CDごとに異なる種類のモンスターが出現する。モンスターファームのメイン要素であり、プレイステーションというハードの特性を生かしたシステム。

「ピクシー種」のモンスター、ジル(mainピクシー×subチャッキー)

ゲーム序盤はIMaによってブリーダーの育成できる種族に規制がかけられており、CDを読み込んでもモンスターを再生させられなかったりしてやきもきさせられる。人によっては持ってるCDの大半が「再生できません」などと、悲しい思いをすることも・・・

CDであれば種類は問わず、ゲームCD、サウンドトラックCD、CD-Rなどなんでもモンスターを再生できる。前作同様、特定のCDからは特殊なグラフィックのモンスター(レアモン)が登場する。代表的なところでは鈴木あみの本作のCMタイアップソングCD「Nothing Without You」から登場するピクシー種ミーアなど。

右の画像はピクシー種のジル。sub種族がチャッキーのため、チャッキー種の再生規制がかかってるとこのモンスターも再生できないorz

石版再生(神殿)

石版すなわちメモリーカードのデータからモンスターを生み出す。前作「モンスターファーム」のモンスターデータをコンバートして使用する、いわゆる連動要素である。ただし、前作で育てたモンスターをそのままの強さ(ステータス)で引き継げるわけではなく、前作での強さに応じたいくらかのパラメータボーナスが入った上で、あくまで前作のモンスターを次回作でも改めて育て直せるというシステムである。ゲル種ゲル

モンスターによっては、前作と大きく姿が変わってしまっているものや種族自体が消滅しているものも存在するが、多くは石版再生しても問題ないような仕様となっている。(たとえば「マジン」種のモンスターは全て「バジャール」種のレアモン、マジンバジャールへとコンバートされて再生されるなど)

画像はゲル種のゲル。前作から引き続き登場するモンスターであり、自由自在の軟体のボディを生かした変形技にさらに磨きがかかる。とくに新技、ゲルコプターは一見の価値あり。

 

プロトメサイアー・・・(´;ω;`) ブワッ(後述のゲームのバグ・仕様を参照)

モンスター合体(工房)

モンスター工房によって、2種のモンスターを合体させることで新たな1種類のモンスデュラハン種デュラハン(mainデュラハン×subデュラハン)ターを誕生させることができる。

このゲームにおけるモンスターの種族はメイン種(main)とサブ種(sub)の組み合わせによって決定しており、例えば「モッチー種」のヨロイモッチーはmain:モッチー種かつsub:デュラハン種である。合体によってこの組み合わせを変動させて、別の種類、種族のモンスターを生み出すことも可能である。なお合体によって覚えた技の継承や初期パラメータの底上げなどを図ることもできる。

また、ゲーム内のイベントにて入手する特殊な合体用アイテムを使用することで、上記の合体法則を無視して特殊なモンスターを誕生させることができる。

合体によって特殊なモンスターを誕生させることで、そのモンスターの円盤石再生の規制が解除されることも多く、画像のデュラハンもその一種。

モンスターの育成

誕生させたモンスターは自分のファームに連れて行き育成する。主人公であるブリーダーは育成助手のコルトと協力して、モンスターをトレーニングや修行によって鍛え、定期開催される大会にて勝利し賞を獲得することで、ファームを経営していく。

モンスターのステータスは主に、ライフ、ちから、かしこさ、命中、丈夫さ、回避の6項目が主体で、サブステータスとして体型、人気がある。トレーニングはステータスを大きく伸ばし、修行はステータス向上は控えめだが技を習得することがある。体型はトレーニングや修行といった育成コマンド、エサやアイテムで増減する。体型がデブに近づくと丈夫さに+補正、ガリだと逆に回避に+補正がかかる。人気は大会の勝利や一部のアイテムによって上がり、攻撃クリティカル率の上昇に関係する。

助手コルトとオウムのジョイ

また、ファームではモンスターの動くしぐさが見られるので、たまにはのんびりとモンスターの動きを眺めてみるのも良いかもしれない。ワーム種のキモイ全開節足脚が見れるのはファームだけ!

育成助手のコルト(画像左)とペットのジョイ(画像右)。コルトはモンスターの健康状態や大会情報を教えてくれる。少々おっちょこちょいなところがあるが、真面目で熱心にブリーダーをサポートしてくれる。(ただ、初回のモンスターしか、成長のピーク時期を教えてくれないのはちょっと困る)

ジョイはただのペット・・・と思いきや、モンスターのエサの配給係やトレーニングの監督(?)を務め、トレーニング「猛勉強」では教師役、「丸太うけ」では高速スライドする丸太の上で微動だにしないなど、只者ではない。

 

モンスターのストレスと寿命

ドラゴン(ドラゴン×ドラゴン)育成中、トレーニングや修行、モンスターを叱ったりするとモンスターに隠しパラメータのストレスが溜まる。ストレスはステータス画面で表示されないうえ、コルトの進言でしか把握できないため軽視しがちであるが、実はストレスの数値が溜まった状態で育成すると、モンスターの寿命が大幅に減る。すごく減る。

モンスター「俺の寿命がストレスでマッハなんだが・・・」

と、冗談でないくらい寿命が減るため、たとえ長寿種でもストレス対策をしないと大体3歳~4歳でお亡くなりになるケースが多い。右図の、寿命が250週しかない純正のドラゴンドラゴンなどにいたっては修行での寿命減も併せて2年もたない可能性もある。ストレスは休養コマンドや大会出場でも減らせるのだが、対策として一番手っ取り早いのはアイテム「夏美草」を定期的に使用することである。これと、疲労を減らす「オイリーオイル」の併用により、休養させずにトレーニングをしても、寿命をほとんど縮めないでパラメータを伸ばす育成が可能である。(これを一部では油草育成と呼ぶ)

また、ソンナバナナというアイテムの効果には寿命を一週間伸ばすことがあり、これを毎週使用すれば理論上はモンスターの寿命はどこまでも延ばせ、すべてのステータスをMAXの999にすることも出来る。全ステータスMAXのモンスターをフルパラ、フルモンと呼ぶ向きをある。ただしソンナバナナは必ず寿命が延びるわけではなく、そのためにセーブ&ロードを繰り返す必要があるため、このバナナ育成は育成というより作業感が強い。なおフルモン育成はバナナに頼らずとも、合体による能力の底上げや成長適正次第では可能である。この場合、計画性のある育成が求められる。

冒険に行こう!

育てているモンスターのランクとライフのステータスが一定以上になると、ファームに冒険家たちがやってくる。彼らは辺境の古代遺跡を調査するため、優れたモンスターとブリーダーに協力を依頼してくる。依頼を受諾すると1ヶ月間ファームを離れ、遺跡探索を行うことになる。

冒険先ではモンスターのライフを行動限界として、エリアに点在する遺跡をめぐりアイテムを手に入れることが出来る。モンスターのちからが高ければ障害物を除去でき、かしこさが高ければショートカットの発見や遺跡内のアイテムを入手する確率があがる。

ここでしか手に入れられないアイテムも多く、寿命を50週も延ばす黄モモや、換アイテムの塊銀塊、そして新モンスターの入手条件を満たすためのキーアイテムなど、貴重なアイテムを見つけることが出来るため、積極的に冒険に行こう。疲労こそたまるものの、冒険中の1ヶ月は寿命が縮まらないのもありがたい(ステータスは伸びないためプラスマイナスはゼロではあるが・・・)

大会とランク

育てたモンスターは、定期的に開催されるモンスター大会に出場し、他のモンスターたちと戦わせることができる。前作と違い、賃のもらえる仕事でなくトレーニングが基本育成のため、上記の冒険や、大会に出て賞を稼がない限り、やがてファームは干上がってしまう。

対戦方式は総当り戦が最も多く、トーナメントやチーム戦、1VS1のインビライガーテーショナルマッチなどは特殊な大会でのみ。

対戦において、モンスターは相手との距離に応じた技を使用でき、技を使用するには時間経過で溜まるガッツを使用するため、ガッツ管理と距離の駆け引きが重要となる。これらの操作をモンスターに任せるオートモードもある。ただしオートでのCPUはガッツ40以下で技を使わず(ただし相手が意味不明になった時はガッツが低くても技を使う事がある)、ステータスや命中率をまったく考慮せずに技を使うアホの子なので過信は禁物である。

大会に優勝すると、優勝賞や優勝品がもらえるほか、3ヶ月ごとに開催される公式大会優勝であれば上のランクに格上げとなる。ランクは最下位のEから最上のSまでの6段階あり、Sランクの公式大会で優勝することで、超上級のモンスターがひしめく4大大会への出場権が与えられ、この全てに勝利したブリーダーこそが、「名人」の称号をもって称えられるのである。

画像はライガー種のライガー。角から発する雷撃で攻撃!相手に命中するかは運次第。99パーセントでも外れる時は外れるのがモンファクオリティ。

対戦モード

育成し終わったモンスターを冬眠(最大10体)させると、スタートメニューの対戦モードでフリー対戦が可能になる。メモリーカードを2つ使用することで、友人同士でモンスターを持ち寄って対戦することもできる。このモードを使用した全国大会「モンスター甲子園」が開催されており、ほとんどがフルパラメータまで極められたモンスターが熱い戦いを繰り広げた。

非公式な上にかなりグレーゾーンではあるが、エミュレータ上でこのゲームを起動させ、ポート開放によるネット対戦ツールを使用することでオンライン対戦を行うブリーダーもいる。これを利用して、総合ステータス制限戦や3歳以下限定大会なども過去に行われている。

関連動画

実況プレイ動画

育成動画

下記のマイリストはアミノ氏による育成動画シリーズ。最初は「漫然とプレイ」だったはずが、思わぬ反響とうp主の決意により、「死ぬ気で全種族殿堂チャレンジ」シリーズと称して、文字通り2に登場する全種族での殿堂入り(レジェンド杯クリア)に挑戦、見事達成した。モンスターファームの育成の基本的なコツや雰囲気などを丁寧に見せたプレイのため、懐かしい気分に浸りたい人、新しくモンスターファームを始めてみようかな、と思う人におすすめ。

HEY氏によるやりこみ&制限プレイ動画。特に最速で名人&殿堂入りシリーズは「これはひどい…」的な意味で必見。

対戦動画

プレイヤーは、対戦モードによって育てたモンスター同士を自由に戦わせることができる。オフライン対戦が基本であるものの、現在は、非公式ではあるもののネット対戦が可能であり、それらの対戦もニコニコ動画にいくつかUPされており、対人戦やオリジナルルールの大会などを観戦することができる。

  
  

プレイ以外の動画

 

ゲーム内のバグや特殊な仕様など

  • 丈夫さ上昇大・ライフ上昇小のトレーニング「プール」では、なぜか「ライフ」と「丈夫さ」を参照する成長適正が入れ替わった状態でパラメータが上昇する(通称プールバグ。これにより、ライフ適正の高いプラントなどのモンスターはプールによって丈夫さを上昇させやすく、逆に丈夫さ適正の高いはずのモノリスはライフの成長適正が低いためプールで丈夫さを伸ばしにくいという奇妙な状態になっている。
  • プロトメサイアー(ヘンガー×ガリ)前作に登場したヘンガー種プロトメサイアー(右図)を石版再生しようとするとゲームがフリーズする。これは今作でプロトメサイアーのデータを実装し忘れたため。ベスト版でフリーズは修正されているが、プロトメサイアーの石版再生自体ができなくなっている。それならいっそ実装してくれよ・・・
  • バジャール種のモンスターはプログラムミスにより攻略本などには記載されている技の多くが使用(習得)不可能。データそのものは実装されているため、チートコードや改造によって技のモーションを見ることは可能だが切ない。
  • 攻略本などの表記と違い、ゴーレム種アメンホテプとゴーレム種プレッシャーの成長適正が入れ替わっている。またロードランナー種サラマンドラはロードランナー種ピクスロードに、プラント種ブルーフラワーはプラント種ウロコグサにそれぞれ成長適正が上書きされてしまっているため適正が同一。どちらのモンスターも本来の適正ならば一気に使い勝手が良くなっていたのだが・・・。
  • ハム種ヴァージアハピは対戦時のガッツ回復速度が尋常ではないほど早い。これはヴァージアハピのガッツ回復値(数値が小さいほど早い)がプログラム上のミスで「1」に設定されてしまっている事が原因(ハム種は本来15前後)。0から99に達するまで3秒しかからない完全な壊れ性能だったため、公式大会モンスター甲子園ではヴァージアハピ使用不可という措置がなされた。
  • ヒノトリ種にはワル状態(ヨイワル値-20以下)で覚えられる火炎連砲という技があるが、ヒノトリ種は初期ヨイワル+90、かつヨイワル値変動範囲は±100のため、どう頑張っても習得させることができない。対戦相手としてのみ登場するカウレア火山のレアモン『フェニックス』が習得しているため、技モーションだけならば見る事が出来る。ちなみにVジャンプの攻略本のヒノトリ項には『ワルに育てて「火炎連砲」を覚えさせ、敵のガッツを奪おう』と書いてある。そんな無茶な。
  • アイテム「ふたごのみずさし」は毎月の初めにストレス軽減効果(-3%)があるが、小数点以下切捨ての処理のため、ストレス値34未満ではいくつ持っていても効果なし。そしてストレス値が34では寿命が縮むため、単なる忠誠値上げのアイテムと割り切ろう。

関連商品

購入者数1500人突破Σ(゜Д゜)

関連項目

  • モンスターファーム
  • テクモ
  • カーマイン先生
  • ガリ(モンスターファーム)
  • プレイステーション
  • オクレイマン

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%A02
ページ番号: 513429 リビジョン番号: 2334334
読み:モンスターファームツー
初版作成日: 08/09/01 00:03 ◆ 最終更新日: 16/03/07 21:10
編集内容についての説明/コメント: 誤字を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

モンスターファーム2について語るスレ

250 : ななしのよっしん :2016/06/19(日) 10:10:09 ID: brzHPEVeMM
空データや入力ミスと思われるデータがあったり明らかなコピペミスが散見されるあたり急ピッチで作らされたんだなぁって思える。
251 : ななしのよっしん :2016/08/14(日) 18:48:05 ID: ickLUJlFO/
試合のアニメーションや演出には迫力があってそれでもテンポが悪くなることはない爽快さ
攻撃時にも時間は過ぎていくから体力判定狙いにするとか敵に行動させないとか作戦考えられて面白い
試合時間に合わせたBGMも緊張感とテンション上がってくるし何か芸術的なゲームだ
単純だけど面白くて2年間毎日遊び続けた時もあった
これ以降のシリーズもモンスターファーム2のことを考えなければ悪くないゲームだけど芸術とは感じないんだなあ
252 : ななしのよっしん :2016/09/11(日) 11:43:44 ID: R3K+tY7l5M
履歴見てて思ったけどヴぁージアハピの記載ってなんでダメなん?ここで議論された様子ないのに独断で削除されてるみたいだから気になった。今更過ぎるけど
253 : ななしのよっしん :2016/09/19(月) 08:20:46 ID: 7byZKdzHS3
ちゃんと記載されてるだろ。よく見ろよ
254 : ななしのよっしん :2016/10/10(月) 21:25:29 ID: 9xlvLd/sxg
当時すでにゲルがいるのに不定形のネンドロや、透き通ったウンディーネとか出すのかな?と思ったけど、液体系のグラフィックは技術の見せ所だから種族を増やしてでもテクモの底力を見せつけたかったのだろうか?
255 : ななしのよっしん :2016/11/12(土) 22:05:39 ID: J6FtlfMcOp
殿堂バグが最も悲しかった。やっとの思いでレジェンド杯に勝利して、
モンスター殿堂に登録した瞬間にフリーズorz・・・・・。
256 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 22:03:31 ID: 9xlvLd/sxg
アーカイブで久々にやってみたけど、思った以上に粗が目立つところがある。

・いわゆる油草育成をしないとB級前後で止まってしまう。
・CD再生で各種族出そうと思うとかなりの枚数が必要。
・疲労度や適性など確認出来ない点が多く、攻略サイトを利用しないと気が付けない部分が多い。
・工房の冬眠枠が少なく、イベントで手に入れたモンスターと同種のCDを持ってないと不安になる。
・トレーニング・修行のムービーをカット出来ない。
・冒険で新モンスターのために入手が必要なアイテムがランダム。
アイテムの効果が分からない物が多い…

今思うと1のヒットから緊急で制作した感じが強い。
257 : ななしのよっしん :2016/12/23(金) 03:40:50 ID: Ry3GBETw0x
油草等の小技知らなくても制覇出来たしCD再生はそれが売りだからまぁ
でもバグの多さや未実装データを見るに粗が目立つのは確かだなw

それでも2は今やっても面白いと感じる
258 : ななしのよっしん :2016/12/31(土) 17:42:12 ID: 5B2HhGbSw+
図鑑見てもロードランナー(ディノの派生が引き継がれてる)以降の続投モンスターには新派生追加されてないし、開発期間が足りなかったって言うのは容易に想像できる
259 : ななしのよっしん :2017/01/09(月) 19:12:34 ID: 0QRsz65JhJ
当時は楽しめたけど実際バランスは結構酷いからな

・寿命の長い種はそのぶん能力適性を下げる
・ガッツダウンが遅い種族は技の性能を上げる

こういう試みは一応してあるが明らかに調整不足だし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015