単語記事: モーニング娘。

編集

モーニング娘。もーにんぐむすめ。)とは女性ヴォーカルアイドルグループハロー!プロジェクトの一員。2016年6月時点では11人で活動している。

2014年1月1日から、グループ名の後ろに西暦の下二桁を入れて活動するようになった。2016年モーニング娘。'16(-わんしっくす)という名義で活動する。

概要。

アップフロントプロモーション所属。

もともとはテレビ東京系で放送されていたオーディションバラエティ番組「ASAYAN」で1997年4月から行われた「シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディション」の落選者から選ばれた5人に、「キャンペーン5日間で5万枚を手売り。達成できれば合格者の平家みちよと共にこの5人もメジャーデビューさせる。達成できなかった場合、即解散。」という条件で敗者復活のチャンスを与える、という形で誕生したグループだった。9月14日の放送で、この5人組が「モーニング娘。」と名付けられたことが発表され、この日が正式な結成日とされている。

グループ名の由来は、たこ焼きバイキングなどといった食べ物で、盛り沢山、お得、手にとりやすい感覚などを表現したいと考えられていた中で、喫茶店のモーニングセットにたどり着いたもの。当初は「。」をつけるつもりはなかったが、「ASAYANスタッフテロップで多用しており、スタジオグループ名発表の際も、字幕を見せられた番組会のナインティナインから「」も名前に含まれているのか疑問が挙がった。
協議の結果、「。」も表記の一部として加えられることとなり、のちに姓名診断でグループの成功を左右する大事な字だと言われたこともある。

その動向と舞台裏は「ASAYAN」番組内で毎週伝えられて注を集め、同年11月に始まったインディーズシングルの種」手売りキャンペーンは4日でノルマを事達成、1998年1月28日に「モーニングコーヒー」でONE UP MUSICレーベル(zetimaレーベルの前身)からメジャーデビュー
当初はあくまでテレビ番組の企画ものユニットだったが、テレビ番組とのメディアミックスにより、アイドルグループが作り上げられていく過程の舞台裏を見せるという革新的な手法が当たってその人気は加熱していき、20世紀末21世紀初頭には文字通りの民的アイドルグループとして大活躍した。モーニング娘。が用いた、アイドルグループとしての数々の革新的要素は、20世紀末当時衰退しきっていた女性アイドルという存在自体の方向性・価値を全に変えることに成功し、今や日本に存在している女性アイドルグループモーニング娘。の影を全く受けていないグループは存在しないと言っても過言ではない[1]

福田明日香卒業をきっかけに「脱退と増員を繰り返して成長していくグループ」というコンセプトが成立し[2]メンバー卒業および (オーディションによる) メンバーの増員が繰り返し行われ続けてグループ進化・変化し続けている。
2005年1月飯田圭織卒業と共に結成時メンバー全員卒業となり、そして2014年11月26日道重さゆみが最長在籍記録を残して(在籍4329日・約11年10カ)卒業したことにより、結成時メンバーと共にモーニング娘。として活動した経験があるメンバーもいなくなった。

2011年に9期メンバー4人と10期メンバー4人が加入して以降、世代交代が急速に進み、現在では現役メンバー12人中9人がモーニング娘。結成後生まれの世代である。それどころか初代リーダー中澤裕子卒業した後に生まれたメンバーも在籍している。

プロデューサー(2014年後半ごろからはサウンドプロデューサー)はメジャーデビュー時から一貫してつんく♂で、カバー曲を除くほぼ全楽曲の作詞作曲を行っていた(ただし必ず編曲者が別についている)が、つんくが喉頭がんの治療と帯摘出後のリハビリの為に仕事量を減らしている事もあり、2014年10月発売の57シングルからはトリプルA面の3曲の内1曲はつんく以外の作曲作詞が担当している(60は3曲ともつんく作詞作曲)。

メジャーデビューした1998年日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。同年NHK紅白歌合戦に初出場し、以来10回連続出場。2008年以降は選出されていない。

また、1999年に発売された「LOVEマシーン」はミリオンセラーを記録し、代表曲となった。

グループユニットもいくつか結成されており、タンポポプッチモニミニモニ。の他、15人体制になった2003年にはモーニング娘。さくら組モーニング娘。おとめ組が結成され、2組に分かれて活動していた時期もある。
2007年に結成10周年を迎え、歴代メンバー5人によるモーニング娘。誕生10年記念隊の結成や、記念イベント等が行われた。また、同年3月ジュンジュンリンリンが加入して以降、2009年12月久住小春卒業するまで2年9ヶ間体制の変動が起きず、現在モーニング娘。最長記録となっている[3]。結成15周年を一年後に控えた2011年には大半のOGメンバーが参加したドリームモーニング娘。が結成された。(翌2012年3月より実質活動休止)

2013年8月、約6年ぶりに現役モーニング娘。単独でミュージックステーションに出演、しかも「ハッピーサマーウェディング」と当時の新曲「わがまま 気のまま 愛のジョーク」の二曲を披露し、それ以降は新曲リリースの度に同番組に出演している。これは今まであった何らかの圧くなったのを意味しメンバーにもファンにも希望を与える事になった。

2014年ソチ五輪日本代表選手団公式応援ソング(55thシングル、君の代わりは居やしない)を担当。五輪関係の歌はソルトレイクシティ以来12年ぶりとなる。

結成172013年52シングルCDHelp me!!」(13年1月発売)と53の「ブレインストーミング/君さえ居れば何も要らない」(13年4月発売)、54の「わがまま気のまま愛のジョーク/の軍団」(13年8月発売)がオリコン週間ランキングで全て1位となり、11年ぶりかつグループ結成以来二度の3作連続1位になるなど活動は好調である。

そして55笑顔の君は太陽さ/君の代わりは居やしない/What is LOVE?」(14年1月発売)と56作の「時宇宙え/Password is 0」でも1位になり遂にグループ史上初の5作連続1位を獲得した(ただし、57の「TIKI BUN/シャバダバ ドゥ~/見返り美人」は関ジャニ∞に阻まれて連続1位記録は途絶えてしまった)。
また、メジャーデビュー以来シングルCDは全てがオリコントップ10入り(最低でも6位)しており49シングル恋愛ハンター」で浜崎あゆみの記録を追い越し邦楽の歴代1位記録を更新し続けている。(2015年8月リリースの「Oh my wish!/スカッとMy Heart/今すぐ飛び込む勇気」の時点で59作、2位SMAP(55作)、3位浜崎あゆみ(50作)これは同時にシングルトップ10獲得年数記録(17年・女性グループ1位)にもなっている。
他にも女性グループ史上初の1990年代2000年代2010年代の三つの年代で1位獲得など様々な記録を持っている。

海外での人気も高くYouTube公式chで開されている動画コメントの大半が英語その他の外国語で占められている事もしくない。
2008年に台北・ソウル上海2009年ロサンゼルス2010年パリ2014年ニューヨーク2016年にヒューストンコンサートを行っている。また2012年には当時高校生以上のメンバーだけで台北・バンコクパリソウル世界握手会を実施した。
2011年よりNHK海外向け英語放送であるNHKワールドTV日本音楽番組「J-MELO」にレギュラー出演しており(日本では公式サイト及びBSプレミアムで視聴可)2013年には55シングル曲「What is LOVE?」がエンディングテーマ曲として採用された。
2015年には60シングル曲で、全英語歌詞の「One and Only」がオープニングテーマ曲として採用された。

2014年1月1日よりグループ名が「モーニング娘。'14」(もーにんぐむすめ わんふぉー)に変更された。尚1年ごとに'15、'16と変わる予定であるが、つんく♂く「いざ、進めてみてかえってややこしくなるようでしたら、返上させて頂くかもしれませんが、(笑)」と新呼称発表時点で既に止の可性に触れていたが、2015年からも予定通りに「モーニング娘。'15」→「モーニング娘。'16」となっている。

グループの活動としては他に「LOVEセンチュリー~夢は見なけりゃ始まらない~」「リボン騎士 ザ・ミュージカル」等のミュージカル演、「モーニング刑事。抱いてHOLD ON ME!」「ピンチランナー」等の映画演、テレビ番組「モー。たいへんでした」「ハロー!モーニング。」→「ハロモニ@」「よろセン!」→「美女放談」→「美女学」→「ハロプロ!TIME」→「ハロー!SATOYAMAライフ」→「The Girls Live」および「J-MELO」のレギュラー出演(※美女放談以降のテレビ東京レギュラー番組は全てがハロプロメンバー共同出演)、シルク・ドゥ・ソレイユの「サルティンバンコ」、シドニーオリンピックバレーボール中継の応援キャラクター参加等がある。JT飲茶楼」やグリコポッキー読売新聞など多くのCM広告キャラクターとしても活躍した。2014年には久しぶりにKDDIau)、カゴメ野菜生活)のCMキャラクターとして起用された。

メンバー。

現在メンバー譜久村聖リーダー)、生田衣梨奈(サブリーダー)、飯窪春菜(サブリーダー)、石田亜佑美佐藤優樹工藤遥小田さくら尾形春水野中美希牧野真莉愛羽賀朱音の11名である。リーダー期(田中れいな卒業以降)と譜久村リーダー期はサブリーダー二人体制。

以下歴代メンバー、および各メンバーモーニング娘。と並行して活動、もしく卒業後に加入しているユニットについて記す (シャッフルユニットは除く)。

メンバーカラー2005年以前は明確に定まっていなかった。そのためそれ以前にハロプロ卒業したメンバーには明確なメンバーカラーい。
卒業後にハロプロに残留したメンバーについては、個人グッズなどに使用された代表的と思われるカラーを取り上げている。

------ ここ↑までが「ASAYAN」で募集されたメンバー -------

------ ここ↑までが「ハロモニ」に出演していたメンバー -------

関連タグ。

関連動画。

 メンバー個人、およびユニットを扱った動画については各メンバーユニットの項を参照。

歌ってみた。

男性ソロ歌ってみた作品が多い。日本人の他にノルウェー女性による物も存在する。

踊ってみた。

選曲、人数 (単独または複数) 共にバリエーションに富んでおり、籍も日本だけでなくアメリカ韓国タイブラジル等、様々である。スペイン人による「色っぽい じれったい」、チリ人による「浪漫 ~MY DEAR BOY~」「リゾナントブルー」は衣装も再現している。

演奏してみた。

エレキベースソロ演奏、およびセッション演奏による作品がある。

リミックス・VOCALOID

リミックス作品ではヘビメタテクノリミックス、および他アーティストの楽曲とマッシュアップした物がある。VOCALOIDでは「I WISH」「笑顔YESヌード」等の作品がある。

MAD

アイドルマスターMADでは、菊地真をフィーチャーした「Mr.Moonlightビッグバンド~」、登場人物がモーニング娘。8人のメンバーを演じる「LOVEマシーン」等の作品が存在する (ハロプロM@STERの項も参照)。その他、他アニメと組み合わせたMADも存在する。

ディスコグラフィー。

タイトル赤字オリコン週間ランキング1位獲得曲、背景ミリオンセラー曲

シングル
No. 楽曲 発売日 メンバー
01 の種 1997年11月3日 中澤裕子 石黒彩 飯田圭織 安倍なつみ 福田明日香
1 モーニングコーヒー 1998年1月28日
2 サマーナイトタウン 1998年5月27日 中澤裕子 石黒彩 飯田圭織 安倍なつみ 福田明日香 保田圭 矢口真里 市井紗耶香
3 抱いてHOLD ON ME! 1998年9月9日
4 Memory 青春 1999年2月10日
5 1999年5月12日 中澤裕子 石黒彩 飯田圭織 安倍なつみ 保田圭 矢口真里 市井紗耶香
6 ふるさと 1999年7月14日
7 LOVEマシーン 1999年9月9日 中澤裕子 石黒彩 飯田圭織 安倍なつみ 保田圭 矢口真里 市井紗耶香 後藤真希
8 恋のダンスサイト 2000年1月26日 中澤裕子 飯田圭織 安倍なつみ 保田圭 矢口真里 市井紗耶香 後藤真希
9 ハッピーサマーウェディング 2000年5月17日 中澤裕子 飯田圭織 安倍なつみ 保田圭 矢口真里 市井紗耶香 後藤真希 石川梨華 吉澤ひとみ 辻希美 加護亜依
10 I WISH 2000年9月6日 中澤裕子 飯田圭織 安倍なつみ 保田圭 矢口真里 後藤真希 石川梨華 吉澤ひとみ 辻希美 加護亜依
11 恋愛レボリューション21 2000年12月13日
12 ピ~ス! 2001年7月25日 飯田圭織 安倍なつみ 保田圭 矢口真里 後藤真希 石川梨華 吉澤ひとみ 辻希美 加護亜依
13 Mr.Moonlightビッグバンド 2001年10月31日 飯田圭織 安倍なつみ 保田圭 矢口真里 後藤真希 石川梨華 吉澤ひとみ 辻希美 加護亜依 高橋愛 紺野あさ美 小川麻琴 新垣里沙
14 そうだ!We're ALIVE 2002年2月20日
15 Do it! Now 2002年7月24日
16 ここにいるぜぇ! 2002年10月30日 飯田圭織 安倍なつみ 保田圭 矢口真里 石川梨華 吉澤ひとみ 辻希美 加護亜依 高橋愛 紺野あさ美 小川麻琴 新垣里沙
17 モーニング娘。ひょっこりひょうたん島 2003年2月19日
18 AS FOR ONE DAY 2003年4月23日
19 シャボン玉 2003年7月30日 飯田圭織 安倍なつみ 矢口真里 石川梨華 吉澤ひとみ 辻希美 加護亜依 高橋愛 紺野あさ美 小川麻琴 新垣里沙 藤本美貴 亀井絵里 道重さゆみ 田中れいな
20 Go Girl~のヴィクトリー~ 2003年11月6日
21 あらば IT'S ALL RIGHT 2004年1月21日
22 浪漫 ~MY DEAR BOY~ 2004年5月12日 飯田圭織 矢口真里 石川梨華 吉澤ひとみ 辻希美 加護亜依 高橋愛 紺野あさ美 小川麻琴 新垣里沙 藤本美貴 亀井絵里 道重さゆみ 田中れいな
23 女子かしまし物語 2004年7月22日
24 涙が止まらない放課後 2004年11月3日 飯田圭織 矢口真里 石川梨華 吉澤ひとみ 高橋愛 紺野あさ美 小川麻琴 新垣里沙 藤本美貴 亀井絵里 道重さゆみ 田中れいな
25 THE マンパワー!!! 2005年1月19日
26 大阪 の歌 2005年4月27日 矢口真里 石川梨華 吉澤ひとみ 高橋愛 紺野あさ美 小川麻琴 新垣里沙 藤本美貴 亀井絵里 道重さゆみ 田中れいな
27 っぽい じれったい 2005年7月27日 吉澤ひとみ 高橋愛 紺野あさ美 小川麻琴 新垣里沙 藤本美貴 亀井絵里 道重さゆみ 田中れいな 久住小春
28 直感2~逃したは大きいぞ!~ 2005年11月9日
29 SEXY BOY~そよに寄り添って~ 2006年3月15日
30 Ambitious! 野心的でいいじゃん 2006年6月21日
31 歩いてる 2006年11月8日 吉澤ひとみ 高橋愛 新垣里沙 藤本美貴 亀井絵里 道重さゆみ 田中れいな 久住小春
32 笑顔YESヌード 2007年2月14日 吉澤ひとみ 高橋愛 新垣里沙 藤本美貴 亀井絵里 道重さゆみ 田中れいな 久住小春 光井愛佳
33 悲しみトワイライト 2007年4月25日
34 女に 幸あれ 2007年7月25日 高橋愛 新垣里沙 亀井絵里 道重さゆみ 田中れいな 久住小春 光井愛佳 ジュンジュン リンリン
35 みかん 2007年11月21日
36 リゾナント ブルー 2008年4月16日
37 ペッパー警部 2008年9月24日
38 泣いちゃうかも 2009年2月18日
39 しょうがない 夢追い人 2009年5月13日
40 なんちゃって恋愛 2009年8月12日
41 気まぐれプリンセス 2009年10月28日
42 女が立って なぜイケナイ 2010年2月10日 高橋愛 新垣里沙 亀井絵里 道重さゆみ 田中れいな 光井愛佳 ジュンジュン リンリン
43 青春コレクション 2010年6月9日
44 女と男のララバイゲーム 2010年11月17日
45 まじですかスカ! 2011年4月6日 高橋愛 新垣里沙 道重さゆみ 田中れいな 光井愛佳 譜久村聖 生田衣梨奈 鞘師里保 鈴木香音
46 Only you 2011年6月15日
47 この地球平和を本気で願ってるんだよ! 2011年9月14日
48 ピョコピョコ ウルトラ 2012年1月25日 新垣里沙 道重さゆみ 田中れいな 光井愛佳 譜久村聖 生田衣梨奈 鞘師里保 鈴木香音 飯窪春菜 石田亜佑美 佐藤優樹 工藤遥
49 恋愛ハンター 2012年4月11日
50 One・Two・Three/The 摩天楼ショー 2012年7月4日 道重さゆみ 田中れいな 譜久村聖 生田衣梨奈 鞘師里保 鈴木香音 飯窪春菜 石田亜佑美 佐藤優樹 工藤遥
51 ワクテカ Take a chance 2012年10月10日
52 Help me!! 2013年1月23日 道重さゆみ 田中れいな 譜久村聖 生田衣梨奈 鞘師里保 鈴木香音 飯窪春菜 石田亜佑美 佐藤優樹 工藤遥 小田さくら
53 レインストーミング/君さえ居れば何も要らない 2013年4月17日
54 わがまま 気のまま 愛のジョーク/の軍団 2013年8月28日 道重さゆみ 譜久村聖 生田衣梨奈 鞘師里保 鈴木香音 飯窪春菜 石田亜佑美 佐藤優樹 工藤遥 小田さくら
55 笑顔の君は太陽さ/君の代わりは居やしない/What is LOVE? 2014年1月29日
56 宇宙え/Password is 0 2014年4月16日
57 TIKI BUN/シャバダバ ドゥ~/見返り美人 2014年10月15日
58 青春小僧が泣いている/夕暮れ雨上がり/イマココカラ 2015年4月15日 譜久村聖 生田衣梨奈 鞘師里保 鈴木香音 飯窪春菜 石田亜佑美 佐藤優樹 工藤遥 小田さくら 尾形春水 野中美希 牧野真莉愛 羽賀朱音
59 Oh my wish!/スカッとMy Heart/今すぐ飛び込む勇気 2015年8月19日
60 冷たいと片思い/ENDLESS SKY/One and Only 2015年12月29日
61 サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅 2016年5月11日 譜久村聖 生田衣梨奈 鈴木香音 飯窪春菜 石田亜佑美 佐藤優樹 工藤遥 小田さくら 尾形春水 野中美希 牧野真莉愛 羽賀朱音

関連商品。

モーニング娘。

コンサート映像。

オリジナルアルバム。

シングル12選。

最新シングル。

関連コミュニティ。

関連項目。

外部リンク。

脚注

  1. *かのAKB48すら、立ち上げ時のメンバー募集の売り文句として秋元康プロデュースであることに続いて大きく書かれていたのは「モーニング娘。を手がけたスタッフ導します」というものだった。
  2. *結成当初はメンバー増員は一度限り・メンバーの途中離脱の予定もなく、解散まで8人で活動する予定だった。
  3. *この時期の。はテレビの歌番組から遠ざかり、長年続いたテレビの冠番組「ハロモニ@」も終了、紅白出場も途絶え・・・と当時のファンからは暗黒時代としてとらえられていた。メンバーの新加入がなくなった理由も「もう解散までこのメンバーのままで行くと決まったからだろう」と考えていたファンも多かった。しかしこの時期の高橋リーダーの下で磨き抜かれたパフォーマンスは、アイドルの域をえて本格ダンス&ヴォーカルグループと呼んで差し支えないまでに進化しており、後のファンからは「プラチナ期」という呼び名が付くようになった。だがこの時期はAKB48が台頭してきた時期でもあり、2010年パリJapan Expoでのライブも多くの観客を集め現地では大評判だったのだが、それが日本国内のマスコミで報じられることはほぼかった。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%A8%98%E3%80%82
ページ番号: 180899 リビジョン番号: 2369829
読み:モーニングムスメ
初版作成日: 08/05/31 09:54 ◆ 最終更新日: 16/06/06 15:49
編集内容についての説明/コメント: 最新情報に更新。メンバー表の8期と8期留学生を分けて表記。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

モーニング娘。について語るスレ

192 : ななしのよっしん :2016/04/29(金) 23:53:39 ID: cDpqR6vX34
他のアイドルダンスについてよく知らないけど、モーハロプロアイドルダンスは見てて面いなって思う。
193 : ななしのよっしん :2016/05/02(月) 11:58:30 ID: Sz3tsuRbrj
>>189
自分は成功だったと思う
モーニング娘。」として好きなんじゃなくて「○○のいるモーニング娘。」が好きだから、区別できるのはありがたい

ただ、それなら年じゃなくてメンバー変わるごとに名称変えてほしいし、なんならメンバーの脱退・加入は毎年大晦日と新年のタイミングでやってほしいなーとは思う(なのは分かってるけど)
いきなり卒業発表されて、2カそこらでいなくなってしまうと、コンサート行けなかった時の喪失感が半端ない…
194 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 06:18:35 ID: 8HwSaNcWjy
卒業して譜久村の歌割が多くなってるけど
物足りなさが半端ないな・・・。
というか今のメンバーパンチの効いた歌出せるのって
小田ちゃんだけってのがなぁ。。。
195 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 02:11:15 ID: ygKSrA5CUz
つんく作曲 ダンス☆マン編曲パンチの聞いた歌 みたいなの今のメンバーで聞いてみたい感
196 : ななしのよっしん :2016/06/06(月) 01:41:42 ID: F51z7VnDTW
最近動画コメント見ててほんと酷いなーって思う。
何をやっても文句ばっかで普通に見れないもんかなーって。。。

メンバーユニットが好きなのにファンがこんなんだから辛い
逆に頑てる子たちが可哀想だわ。
197 : ななしのよっしん :2016/06/11(土) 14:58:42 ID: KTtXu2nhVl
フィーバーとは言うけども、売り上げ枚数は過去よりそんな伸びてるんかな?
ファンの自分勝手な心理なんだろうけど、やっぱりノリの良い音楽でもつんく曲を聴きたい
198 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 05:36:26 ID: kLPW1AFaq1
ふく 歌4、踊4、話3、ヴィジュアル4、表現3、個性3、安定感5
生田 歌3、踊3、話3、ヴィジュアル5、表現2、個性3、安定感3

 歌2、踊2、話4、ヴィジュアル4、表現4、個性4、安定感3
石田 歌2、踊5、話3、ヴィジュアル3、表現4、個性4、安定感3
佐藤 歌4、踊5、話3、ヴィジュアル3、表現4、個性5、安定感1
工藤 歌3、踊3、話5、ヴィジュアル5、表現4、個性5、安定感4

小田 歌5、踊4、話3、ヴィジュアル2、表現5、個性4、安定感5
199 : ななしのよっしん :2016/07/03(日) 13:53:38 ID: Sz3tsuRbrj
>>196
グループが好き。その中でも○○が好き」って人と「○○が好き。グループ自体はどうでもいい。むしろ○○立たせてくれない事務所や他メンは敵」って人がいるからコメント荒れやすくなるなーと思った。元々某J事務所オタだったもんで、コメント荒れてる動画多くてびっくりしたよ。

あとやたら不仲?イジメ説推してる人多いのも気になった。
ちょっとコメント滑って微妙空気になっただけで「これはイジメだ。○○は他メンから虐められてる」とか、単にイジっただけのメンバーに「○○は××に嫉妬してるから恥かかせるような事言った」とか何じゃそれーって感じ。でも別にハロプロに限らず、女性アイドル全般そうなのかな?
200 : ななしのよっしん :2016/07/17(日) 11:17:40 ID: F51z7VnDTW
何か急に石田コメントかれてるのを見かけるのが多くなった気がする
なんでだ?
201 : ななしのよっしん :2016/07/30(土) 14:00:19 ID: KTtXu2nhVl
そんなに歌が上手くないのに、歌割り増えたりソロパート貰ったりしてるからでしょ
まぁそこは本人じゃなく歌割り考えてる人をけと思うが

そもそも今の。は握手会だのメディア露出に入れてボイトレとかスキル向上は二の次だからプラチナ期とは全く逆になってしまっている
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015