単語記事: ヤプール人

編集

ヤプール人とは、ウルトラシリーズに登場する異次元人である。

概要

ウルトラマンA」で初登場した、ウルトラシリーズでは初めての、番組を通じての悪の存在である。その命名は「家畜人ヤプー」に由来している。一人称は「私」が多いが「わし」や「」を使う場合がある。

超獣製造機で地球生物宇宙怪獣を組み合わせ(あるいは知的生命体を改造し)て従来の怪獣より強い生物超獣を作り上げ、地球の征を狙っている。複数人の存在があるかのような説明がされており、通常はんだような映像(セットTAC作戦室を利用)にトンガリ帽子の人生命が何人か動いている様子が見られるが個の概念はく、意識は一つである。劇中では一角超獣バキシムが姿を借りた少年や、吉村隊員が知り合った青年超獣カウラに変えた僧侶宇宙仮面、Q歯科の女医が自らをヤプールと名乗っている。その性格は冷酷かつ陰湿極まりない。的の為ならば手段を選ばない残さを備える。また非常に高慢な所があり、地球人を見下す発言をたびたびしている。基本的に物事を冷静に見るが、形勢が有利な時は高笑いをし、作戦に不都合があると気を荒げるなど、感情の起伏がしい部分を時折見せる。また、ギロン人やアンチ人など数々のエージェント=「ヤプールの使者」を擁しており、数ある侵略者の中でも一大勢を築いていると思われる。

ヤプール本質は実体ではなく、観念上の存在である。そのエネルギーに人間の利己心や念といったマイナスエネルギーである為、その存在を全に消すことは不可能である。それゆえに粘着質」かつ「しつこい」といわれるが、現にメビウスの時代まで登場し、ウルトラ兄弟を苦しめてきた。人間の心にマイナスエネルギーが存在する以上、今後も何らかの形で登場する可性がある。きたい。

ウルトラマンA本編では23話で全ヤプール人合体、戦闘形態である巨大ヤプールの姿で直接攻撃に打って出たが、破れて爆散する。その破片は以後も様々な超獣の元となり、時にはヤプール人自体の残滓も登場して最後までAを苦しめることとなった。最終回ではサイモン人の子供に変身して登場、地球の子供たちを唆し、その心をせんとした。結果的にはヤプール論見は失敗したが、地球上からA=北斗の居場所をくす事に成功した(詳細は後述)。

その後、「ウルトラマンタロウ」に再生怪獣軍団を率いて出現。戦闘には参加せず、移動要塞から示を出すにとどまった。時代は経過し、平成に入ってから久々の登場となった「ウルトラマンメビウス」ではUキラーウルスを生み出したり、悪徳ジャーナリストヒルカワを利用するなど、その狡猾さは健在である。ヤプール人の変わらぬその様をウルトラマンA北斗星は「本物の悪魔」と吐き捨てた。

そんな彼らだが、エンペラ星人相手には幹部待遇とはいえあっさり手下になったり、「大怪獣バトル」ではレイブラッド人に取って代わろうと戦いを挑むも逆に絶滅寸前までフルボッコにされた事がトラウマになったり、ウルトラマンベリアルを利用しようとするもやはりフルボッコにされて命乞い甲斐なく叩きめされるなど、格上には微妙に情けない姿をしていたりもする。

人間を滅ぼすのは人間だ・・・

ヤプール人の戦法においては、前述のとおり人間の抱える弱さやあさましさ、すなわち心の闇に付け入るものが代表的である。また動物や死者のみ・呪いの念を利用する事もある。

上記の例として印深いものとしては、怪魚超獣ガラン戦が挙げられる。漫画家である久里太郎の、TACの美隊員に対する倒錯した欲望を利用、久里の描いた超獣自由自在に登場させたり消したりする作戦TACを苦しめた。久里の精ガランリンクしていたため、Aの勝利と共に久里はガランと運命を共にすることとなったが、ヤプール自体はこの人間を余程気にいったようで、「ウルトラマンメビウス」における人間体は久里太郎イメージしたものと断言されている(メビウスHPより)。ヤプール「そうだ、この男の姿と魂をモデルにしよう」 

そのエピソードラスト隊長はこう言った。

の心の中にも住みついている超獣異次元人は引っり出してきただけなんだ。

ヤプール人超獣製造機で作り出す超獣よりも恐ろしいのは、利用される人間自身の心である。その闇が深ければ深いほど、生み出される結果は悲惨なものとなる。隊長以下、TACの面々は異次元人、そしてそれ以上に人間の内包する恐ろしさに言葉を失ったのであった。

また、大超獣ホタルンガ戦ではミサイル輸送防止の為に交通事故で母親を奪われた少女の恨みとへの思慕を利用し、鬼女に仕立て上げたうえで行くを襲わせて運転手を事故死させたり、これ以外にも人間ではないのだがおとめ座の精であるアプラサをおとめ座の爆破から救った事をに取り、地球への攻撃を強要させるという卑劣な策に出た事もある。いずれにせよヤプールの人間の心の隙間を突く作戦の多さには定評がある

お前はお前を信じなさい、ホレ信じなさい

巨大ヤプールとの戦いを描いた23話「逆転!ゾフィ今参上」で出てきた歌である。日本各地に出没したの老人が歌ったものであり、中においては末法思想に似た演説をした後、子供たちを異次元世界へ誘拐した。歌はクレイジーキャッツの「学生節」のパロディである。

論、これもヤプール作戦の一つであるが、北斗のあまりの信頼度0っぷりをおちょくるかのごとく歌っているのではと思うのは…考え過ぎですね、ハイ

そしてヤプールはのたもうた

勝った者は負けた者の恨みと念を背負って生きていくのだ!

ヤプールは「Q歯科」の看を掲げて歯医者を装い、になった北斗に幻覚を見せる機械を埋め込み、彼の精を徹底的に追い込んだ。計略発覚後のラストに発したのが、地球侵略の頓挫よりも自分たちを敗北させたA個人への呪詛とも取れるこの発言。ヤプール北斗=Aに念を吹き込む事で、未来永劫の苦しみという十字架を背負わせようとしたのである。

地方の福山市で一介のパン屋をしていた北斗星。彼はその勇気に認められ、ウルトラマンAと一体化して復活したが為に、望むと望まざるに関わらず山中隊員という受難と向き合い続ける宿命を負ってしまった。ウルトラの命を与えられた代償であり、の勇士として戦う者が避けられないだとしても、元々地球の片隅で井の人として暮らしていた北斗(あるいは夕子も)にその十字架を背負わせる切っ掛けをもたらしたことはある意味ヤプール鬼畜さを徴していると言えよう。北斗「いいよな、ハヤタ兄さんカグラカイトは…最後に分離出来たんだから」

遊牧星人 サイモン星人

最終回に登場した宇宙人で実はヤプール(の生き残り)がその姿を模している。Aへの恨みをらすべく、子供たちから人間性を奪う事を的としている。幼年体で登場し、ヤプールに追われたと騙りTAC隊員や地球の子供たちに取り入った。地球の言葉は話さないが(北斗に対してのみ)テレパシーを使い、そしてそれこそが最大の武器である。最強超獣ジャンボキングを暴れさせる一方で自分の正体を北斗に明かしたうえ、子供たちのの前で自らを殺すように仕向ける。子供たちにテレパシーは聞こえないので北斗の行為は虐殺と映り、そして人間不信に陥って怒り悲しむ子供たちに対して北斗が出来た、ただ一つのことは…。

ちなみにサイモン地球とは何らかのつながりがあると劇中でられている。

命名の由来は新約聖書の人物である熱心党のシモンと言われている。ただ、個人的には理やり十字架を背負わされた―ここではヤプールに利用されたと言うであるが―キレネシモンの方がしっくりくる。

声・人間体

ヤプールは「ウルトラマンメビウス」ではシュワちゃんコンボイ令官でおなじみの玄田哲章が担当しているが、「ウルトラマンA本編や「ウルトラマンタロウ」における声優ウルトラマン80スカイライダー仮面ライダースーパー1の脚本を担当した脚本家の土筆勉(高田拓土)である。ちなみに一時はキャシャーン役で知られる西川幾雄ではないかと言われていた。

人間体の俳優は女ヤプールを高毬子が、「ウルトラマンメビウス」においては前述のとおり、かつて久里太郎を演じた様、もしくはリー・ケフレン清水紘治が担当している。

ヤプールの台詞

  • 子供の心が純と思うのは人間だけだ。
  • 人間を滅ぼすのは人間だ。
  • 人間の子供から優しさを奪い、ウルトラマンAを地上から殺することが私の的だったのだ!

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A4%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BA%BA
ページ番号: 4898102 リビジョン番号: 2204818
読み:ヤプールジン
初版作成日: 12/05/31 02:25 ◆ 最終更新日: 15/05/13 12:58
編集内容についての説明/コメント: 概要を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヤプール人について語るスレ

50 : ななしのよっしん :2015/05/10(日) 14:34:47 ID: hrG/8QeKC6
というか大きさ関係なく、ヤプールといえばもう巨大ヤプールの姿で
出るのがデフォみたいなもんだし。トンガリ頭姿で出ることはもうないだろう
エースの翌年のタロウ改造ヤプールとして出たときもやはり巨大ヤプールのそれだし
51 : ななしのよっしん :2015/07/27(月) 10:19:07 ID: zAt5jNbIto
>>46
人間と人間自身の悪との戦いなんて、
人間が生きている限り未来永劫続いていくものだし、
最終決戦すれば解決する、ってのは単純すぎてなんだかなあ

色んな悪意合体した最悪怪獣を倒して終わり、って
を一本化して安心するような感覚
52 : ななしのよっしん :2015/08/21(金) 01:44:07 ID: 5K0yWAgd9T
あのゆらゆらしてる人影を出そうと思ったら、昔は映像加工の手間が増えるし
今だとCGで割と簡単に作れるけど逆に鮮明に作れすぎてあの不気味感が出ないのではと言う気がする
まあぶっちゃけ巨大ヤプールの姿がデフォになったのって結局お金の都合なんだろうなぁ
53 :   :2016/03/08(火) 03:36:28 ID: B9nRNaIfgO
集合意識体みたいな存在だからこそ、サイモン人の時みたいな自分の命を惜しげもなく投げ捨てられる作戦ができるんだろうな
54 : ななしのよっしん :2016/04/08(金) 02:58:51 ID: wa6vBCUtUi
倒す→倒された恨みをにして復活→また倒す→また倒された恨みをにして復活→また倒す→以下繰り返し
殺さずに封印してを発揮できないようにするとか有効かもしれないけど、そうしたら今度は「封印された恨みを糧に」自で封印突破してきそう。どんなストーカーでもこんなにしつこくねえよ
55 : ななしのよっしん :2016/04/13(水) 14:18:25 ID: KFq+7UpZXp
巨大ヤプールは出てきても「ヤプール人」は出てこないよな
ヤプール人はいろんな格好で出てるし、異次元にいるあれを出されても認識しづらいか
56 : ななしのよっしん :2016/06/01(水) 17:09:14 ID: HmtEJxHl0x
ヤプールとは、負の心が生み出す悪夢、終わることのない悪夢
ヤプールとは・・・
57 : ななしのよっしん :2016/11/06(日) 22:22:45 ID: B96/J1ARIG
玄田哲章さんがCVやっていたせいで破壊総司令官ヤプティマス・ヤプライムってでてしまった
58 : ななしのよっしん :2016/11/06(日) 22:25:11 ID: s4EeqsBxpD
>>57
???「もういい、もうたくさんだ!ウルトラ兄弟を破壊する!!」
59 : ななしのよっしん :2016/11/27(日) 11:10:52 ID: B96/J1ARIG
>>58ある意味吹いた
自分の中では中田譲治さんと池田秀一さんが合っていると思う
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015