単語記事: ヤマタノオロチ

編集

ヤマタノオロチとは、

  1. 日本神話に登場する八つ首の大蛇八岐大蛇と書く。八を飲んで酔ったところをスサノオ斬首された。
  2. PS2専用ゲーム大神」に登場する大妖怪。1に由来する。記事下部で記述する。

概要

おろち一般的な漢字表記は八岐大蛇であるが、「古事記」では八俣遠呂智となっている。
頭が8つある大きなで、尻尾も8つある。

名前の由来は諸説あるが、オロチの「オ」は峰、「ロ」は接尾語、「チ」は霊の意とされている。

そのままくっ付けて「オロチ」で「大蛇」と漢字を当て大きなを意味する。

逸話(古事記より)

原を追放され、出雲の肥河(現島根県)の上流(現出雲上)に降り立った須佐之男命スサノオミコト)。
彼が人を探してを上ってみると、そこには美しい泣いた夫婦がいた。
その夫婦大山津見神オオヤマツミ)の子足名椎命(アシナヅチノミコト)と手名椎命(テナヅチノミコト)で、の名は櫛名田(クシナダヒメ)といった。

夫婦には元々8人のがいたのだが、1年ごとにやってくるヤマタノオロチという怪物により順番に食べられてしまったのだという。
今年もそのオロチがやってくる時期が近づいており、このままでは最後のオロチの餌食となってしまうとのこと。

そこで櫛名田を妻としてもらうことを条件に、須佐之男命オロチ退治を請け負うことにする。
彼はを櫛に変えることで隠すと、夫婦に7回絞った強い、八折之(やしおりのさけ)を醸し、垣を作って8つの門を作り、そこに醸したを満たした桶を置くよう命令。
現れたヤマタノオロチを飲ませ、これを眠らせることに成功する。

須佐之男命はその隙に十拳(とつかのつるぎ)でオロチの体を切り刻むが、尻尾を切り裂こうとした時にが欠けてしまう。
何事かと思い尾を割いてみると、そこから出てきたのは一振りの大だった。
不思議に思った須佐之男命はこの大天照大御神に献上。
その叢雲(あまのむらくもつるぎ)――後に那芸之大(くさなぎのたち)と呼ばれるようになるのだった。

こうしてオロチを退治した須佐之男命を元に戻し、約束通り妻として彼女を迎える。
そして共に暮す地をめ、出雲の根之堅にある須賀の地(現島根県安来須賀神社)へ向かうのだった。

ヤマタノオロチに関する解釈

フィクションにおけるヤマタノオロチ

日本神話でもメジャーな怪物だけあって、度々フィクションの題材として取り上げられる。

ほか多数。

2の概要

日本神話同様に首が八つある大妖怪。首ごとに異なった属性を有しており、それぞれ火・・土・闇・属性を持つ。リーダー格は火の首で、の首が少し抜けている。

ヤマタノオロチか昔の、神話の時代にがある方から飛来してタカマガハラを襲撃した。
この襲撃に対しタカマガハラの守護であるアマテラスウシワカが迎え撃ち、矛を交えたがアマテラスともつれる形でヤマタノオロチは下界へと落した。

その後、ハラミにある十六夜の祠を本拠地とし木村から毎年一人ずつ若いを選んで召し取っていき、100人を生け贄を喰う事で常世のにならんとした。
その100イザナミを選ぶが十六夜の祠に来たのはヤマタノオロチを退治するべくイザナミの身代わりとなったイザナであった。

両者は交戦し、その途中で生け贄を品定めするオロチ使い魔として忌み嫌われてた野威(しらぬい。全盛期のアマテラス)もイザナギに加勢。
ヤマタノオロチイザナギを攻撃するが、不可思議なが邪魔をして倒す事が出来なかった。
やがて八を飲まされて酔ったところをイザナギに首を落とされ、オロチはついに倒される。
そしてイザナギは得物だった宝呼(つくよみ)を十六夜の祠に立て、オロチを封印するのだった。
以上の話をイザナギ神話という。

しかし払った犠牲も大きく、戦傷で野威が息絶えてしまった。
イザナギ野威の活躍を忘れぬために木村の人々は村内に像を立てて一人と一匹をった。

しかし封じられた後もヤマタノオロチは復活に向けて妖気を溜め続け、イザナギの子孫にあたるスサノオの夢の中に現れては宝呼を抜くよう誘惑し続けた。呼はイザナギの血筋の者にしか抜けなかったからである。
更にスサノオの血と交わる契約の血盟」を結ぶ事でオロチ越なるを得られた。イザナギの子孫という重圧を背負わされていたスサノオイザナギ神話などの出来事だと思い、言われるがままに呼を抜いたがこれによりヤマタノオロチは復活。まさか本当に封じられた妖怪が復活するとは思わなかったスサノオは怖気づいて木村へと逃げてしまったため契約は成らなかった。

ヤマタノオロチが復活したためナカツクニ中に呪いが広がり、タタリ場が広まった。
オロチは強大な存在で、心の弱い者はその名を口にしただけで呪われた。木々は吹き飛ばされ、大地は妖気に汚染され、は禍々しく荒らぶっていた。
この惨状を見て、木村精霊であるサクヤ野威の魂を野威像に宿してアマテラスとして生き返らせた。
大神物語はここから始まる。

その後もスサノオを夢の中で誘惑し続けたがスサノオはその誘惑を断ち切った。アマテラスの助けを借りたスサノオによって次々とオロチの首を切り落とされ、ついにはトドメを刺された。しかしオロチの屍からは四つの妖気(、弐悪、参悪)が立ち上り、四方へ散っていった。この飛び散った妖気がアマテラスを苦難なものにするのだった。

オロチは常に身体中に結界を施しており、アマテラスと言えどダメージを与える事が出来なかった。結界を効化に出来るのはイザナギの血筋を持つ者のみ。全盛期のアマテラスをして刺し違えるのが関の山だったのはこのためである。

ゲーム中、ヤマタノオロチとは計三回戦う事になる。回を重ねても攻撃技に変化はく、体と見たのみ変わっている。また100年前のヤマタノオロチは「ヤマタノオロチ」と説明されており通常のヤマタノオロチと区別されている。なお、ヤマタノオロチには女郎蜘蛛という配下の大妖怪がいて、こちらはツタ巻き遺跡に取っていた。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%83%8E%E3%82%AA%E3%83%AD%E3%83%81
ページ番号: 4852349 リビジョン番号: 2391020
読み:ヤマタノオロチ
初版作成日: 12/03/24 22:51 ◆ 最終更新日: 16/08/05 14:01
編集内容についての説明/コメント: 消えている動画除去し、「2.の概要」の位置を移動し、節を統廃合。関連項目4つ追加。記事冒頭太字化。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヤマタノオロチについて語るスレ

64 : ななしのよっしん :2015/10/02(金) 23:06:39 ID: 9R4wimrsVS
アフリカのコンゴにはヤマタノオロチ伝説によく似た伝説が伝わっているらしい。
65 : ななしのよっしん :2016/01/05(火) 04:58:23 ID: DwS+P61Rk2
(または)と生贄の英雄の話は、それこそ世界各地にある。
洪水伝説世界各地にあるのと同じ様なモン。
きっと人間ならでも思いつきやすいネタだったんだろう。
66 : ななしのよっしん :2016/01/06(水) 04:13:43 ID: 9R4wimrsVS
人食いの多頭キリムを追放されし王子ムウィンドが退治する物語

どれだけ有り触れてるかは知らない。
どれだけ似ているのかも詳しくは知らない。
67 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 09:43:31 ID: 3hv0OD53Mr
櫛名田って櫛のように穂が生えそろった田んぼって事で良いのだろうか。
68 : その辺にいた変人 :2016/05/21(土) 17:42:58 ID: DbweiRNiEn
ヤマタノオロチだが首は8本で股は7つだ

形ののところに首が生えてる感じなら8股あるが
69 : ななしのよっしん :2016/07/21(木) 19:56:24 ID: BIJrqYrkgh
>>68
八「岐」大蛇だ。
頭が8つに岐れてるという意味なので、股が8つあるという意味じゃない。(説は色々あるが)
70 : ななしのよっしん :2016/08/06(土) 10:08:24 ID: pSfITLBde2
そもそも昔の「八」は沢山という意味なので
首が沢山あるという意味と考えるのが最も妥当かと
恐ろしい化物の頭や首の数を冷静にカウントしてる暇があるとも思えないし
八百万だって8000000じゃなく
数えきれないほど沢山の神って意味だしな
71 : ななしのよっしん :2016/08/09(火) 03:04:18 ID: 6jDEZ+SlBA
二股のって言ったら普通ふたつに別れたすし、
八岐なら八つの首と考えるのが自然じゃあないか
72 : ななしのよっしん :2016/08/09(火) 03:08:25 ID: AleRLahr8f
これがヤシオリ作戦元ネタ
73 : ななしのよっしん :2016/08/11(木) 03:21:37 ID: HUDgojhOfq
若い女(巫女)が生贄になりなどの供物をささげて異形の神様を鎮めるというのは原始的な祭の形態そのもの
それをスサノオが代わりに鎮めることで古い体制を終わらせ支配権の正当性を得るという構図らしい
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015