単語記事: ユージン・セブンスターク

編集

ユージン・セブンスタークとは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。

梅原裕一郎

テメェはってろ、概要ってモンはでっかく構えとくもんだろ

かつてCGS参番組(後の鉄華団)の元リーダーだった少年だが、オルガ入隊と共にリーダーの座から追いやられてしまう。身体・頭の両面において優れているが、トド・ミルコネンの「身の保身のためにクーリア売ろう」という話にを傾けるほど思慮が浅く、どこか神経質な面もあるため仲間からの信頼がイマイチ薄い。
(同僚のノルバ・シノく「いつか禿げる」「中身はてんでおぼっちゃま」)

年少組が懐くオルガには反発心を抱くが、実を認めており、彼が揮者代わりに使っているモビルワーカーの操縦士を務めたり、彼の作戦に参加したり、特に危険な作戦である「資惑星を使ったスイングバイ(物理)による戦艦の回頭」のためにデブリに打ち込んだワイヤー切り離しを「オルガばっかりにってんじゃねぇ」と自ら進んで行ったりと男気ある行為に走ったりと意外と信頼しているようだ。(作戦後に悪態ついたりするのはご嬌)
その後も、オルガが突入部隊を率いて兵戦に臨む際、強襲艦にして鉄華団である「イサリビ」揮を任され、相手の艦に薄し突入の機会を作るなど、実質的なサブリーダーとしての地位を確立している。

火星での戦闘時は二人乗り用のモビルワーカーオルガを乗せ戦場を駆け回っていたが、宇宙での戦闘時はスケールアップし先述の強襲艦「イサリビ」の操担当となる。
イサリビが頼耶識システム対応故という、彼らにとって非常にアドバンテージとなる要素が大きいものの、普通なら危険であるデブリ帯を突っ切ってブルワーズの面々の裏をかく奇襲に成功、ブルワーズの艦の背後を取り組みつくなど、操としての量をこれでもかと見せつけた。
そして地球低軌上の戦闘では、本人に負のかかる頼耶識システムブルワーズから鹵獲した艦とイサリビを同時に操作するという離れ業を披露し、地球に降下するメンバーの突破口を開いた。負荷により鼻血を噴き出しながらも、なおも格好つけてみせるその姿は立な男であった。 ユ、ユージーン!!
ガンダムシリーズ歴代操からみてもその活躍の評価は高い方にあたる。

戦闘中に怖気付きながらモビルワーカーを操縦したりするためビビりな一面もあったり、三日月をつねられて「いてぇよ、ちぎれる」と涙目になったり、次回予告で「鉄華団」よりもゴージャスとかジャスティスのようなネーミングがいいとコメディリリーフも務まりそうなキャラクター性も持っている。

鉄華団の面々は例外なくそうだが、女性と触れる機会がどなかった。テイワズの組織タービンズと同行することになった際、構成員のどが女性で占められていることに喜んで突撃したものの、全員名瀬・タービンハーレムであるため見事に玉している。
なお、タービンズと共に向かった歳ではさえあれば娯楽はっているため、ちょっとオトナになった。

2期では正式に副団長に就任。オルガほどのカリスマ性こそないが、団をとりまとめる役割は変わらず果たしている。オルガが多忙と多くの選択に押しつぶされていく中、実質的に多くの団員の面倒を見る役割を果たしているのはユージンである。が、新入りはと血にまみれた戦を知らないためか、ユージン重い言葉もイマイチいていないのが実情である。

動の状況の中、最後まで仲間を信じ、め上げた。
鉄華団オルガに頼れなくなってしまった後は、オルガ用に用意されていた専用獅電を用いて、今まで鉄華団が行えなかった「モビルスーツを用いた揮戦闘」をこなし、最終的に多くの団員を生存へと導いた。
エピローグではクーデリア・藍那・バーンスタインのボディガード的な立場を務めている。

格好いいだろ…の関連動画

ニコニコ市場にはよぉ、金で買えないがあるかもしれねぇだろうが

ちなみにオルガユージンの二人乗りのモビルワーカーオプションセット1には付属していない。改造に自信のあるならばチャレンジしてみよう。

関連


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AF
ページ番号: 5379348 リビジョン番号: 2476054
読み:ユージンセブンスターク
初版作成日: 15/11/08 19:52 ◆ 最終更新日: 17/04/04 10:17
編集内容についての説明/コメント: 最後まで追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ユージン・セブンスターク

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ユージン・セブンスタークについて語るスレ

118 : ななしのよっしん :2017/04/04(火) 22:55:29 ID: bxQpcu4aKM
ユージンは作中で一番、子供から大人へと変わったなぁって実感できるキャラだった
思考を止めてオルガについてけばいいってキャラが多い中で、副長としてオルガを支える側に立とうと頭使って頑ろうとしてたり
あと何より、宿敵と言えるラスタルの前にいたのにクーリアに配慮して堪えてた
あの何気ないシーン最終話で一番ぐっときた

ライドは、自分のせいでオルガが死んだって後悔がどうしても抜けなかったんだろうな
119 : ななしのよっしん :2017/04/05(水) 13:31:27 ID: F/JhBq+knr
成長著しい、魅的なキャラクターになったと思う
ただ変わってないのは、たぶん鉄華団で一番情に厚いであることだろうな
もう泣きユージンとは呼べないだろうけど。引っ背中蹴飛ばすもいないし・・・
いや、何か思うたびに一人耳たぶ触ったり背中掻いたりして苦笑いしてんのかな

ところでさんおらんの?(ゲンドウポーズ
120 : ななしのよっしん :2017/04/05(水) 17:20:11 ID: qkDvaWYGhD
 ユージンには幸せになって欲しいけど結婚とかは理じゃないかな。条件が厳しすぎる。ずっと彼だけは他の元団員達を少し後ろから見守ってる感じだし、鉄華団から離れることは出来ないと思う。その辺りの事情を全て知って背負ってくれる人ならいいけどユージンは他の人には背負わせなそうだしなぁ。
121 : ななしのよっしん :2017/04/06(木) 12:35:25 ID: iNOHaQZcwN
アジさんぐらいなら事情に通じてるしいろいろ被る遇もあるけど、あっちはあっちで名瀬に操を立ててそうだしなぁ…
122 : ななしのよっしん :2017/04/06(木) 19:37:34 ID: zafbAgQMsh
成長したユージンの何が皮かって
敵をの前にしても感情を抑えて自分の役に徹するその姿が
当のラスタルからは高く評価されただろうなってこと

ラスタルぐらい抜けないなら
鉄華団の副団長だったユージンの顔は当然把握してるだろうし
死んだイオクもこのぐらい冷静だったらなーとか考えてたかもしれん
123 : ななしのよっしん :2017/04/07(金) 08:32:02 ID: F/JhBq+knr
>>122
あー・・・ラスタルの「あれでこそだ」って不敵な感想はお嬢だけじゃなくユージンまで見ての事か
そこまで考えてかった
124 : ななしのよっしん :2017/04/07(金) 10:53:53 ID: zafbAgQMsh
>>123
明確にそれらしい描写があったわけじゃないんでただの妄想なんだけどねw
でもそのぐらいの評価に値する男にはなった、というのが個人的な感想
125 : ななしのよっしん :2017/04/09(日) 17:49:25 ID: gZWBda0/rO
>>124
自分も似たような感想だったわ。ラスタルジュリエッタを前にしてユージンはあの場で殴り掛かってもおかしくないくらいの内心だったはずだからな…。
他のメンバーたちにもちゃんと社会復帰して大人になってるのが沢山いるし、ラスタルから「あれでこそだ」って言葉を引き出せたのは本当に良かった。
126 : ななしのよっしん :2017/05/25(木) 22:12:41 ID: 1ckZh2p7YG
『二番手には寿を全うする(あわよくば幸せ庭も築く)義務がある』みたいな感じかな
127 : ななしのよっしん :2017/06/15(木) 18:14:02 ID: UhJMTvzsrY
最終的に持ち上げられてる得なポジションだけどおやっさんと同じく中々ひどい描写だったな

団長なのに長々オルガ投げっぱなしでラフタの件でもテイワズ抜けで悩んだのはオルガ一人
ユージンは煽るばかりでその後ですら「悩むのはオルガ仕事ー」であっさり納得する始末
終盤でいきなり覚醒&でもエピローグではラスタル相手には何もしない
脚本の岡田全滅はいやだ救済したいって決めた通りに必要なノルマをこなす役という感じで
「操役」ではでも「副団長」としては滅びが決まるまでほとんど機しなかったのが残念だ
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829