単語記事: ヨコハマ買い出し紀行

編集

ヨコハマ買い出し紀行とは、芦奈野ひとしによる漫画、及びそれを原作としたアニメ小説等の作品群である。1994年四季賞受賞(単行本1巻に収録)、後に2006年まで月刊アフタヌーンに連載されていた。
第38回星雲賞コミック部門受賞作品。

概要

お祭りのようだった世の中がゆっくりとおちついてきたあのころ。
のちに夕凪の時代と呼ばれるてろてろの時間、ご案内。
の前に、あったかいコンクリートにすわって。

年々面が上昇してが沈み、文明が滅びつつある時代を受け入れながら穏やかに生活する人々を描いたSF作品。ロボットや人工筋肉、巨大な果物等高度な技術が存在する描写はあるもののはっきりとした記述は存在しない。関東地方を舞台としているが国家としての日本は存在せず「かながわの」、「ムサシノの」といった小国(ただし「国会」の規模から見てもかなり小規模に見える)が存在する。

主な登場人物

OVA

2度OVA化されており、2期にはタイトルに「-Quiet Country Cafe-」が付く。音楽は1期がゴンチチ、2期はショークラブが担当している。特に2期は作品の雰囲気と相まって、同じくショークラブ音楽を担当する「ARIA」としばしば較される。

ドラマCD

椎名へきるラジオ番組内で放送されたラジオドラマなどを収録。内容は原作エピソードを抽出したものとなっている。

小説

香月照葉によるノベライズ。「人の」の時代、独りとなったロボット少年オメガ」がアルファの記憶に触れ「夕凪の時代」を追体験してゆく。マッキやココネが登場しない等漫画とは設定が異なる他、著者の解釈による設定の補間が行われている。漫画連載終了後にアフタヌーンに掲載された短編「」を収録。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A8%E3%82%B3%E3%83%8F%E3%83%9E%E8%B2%B7%E3%81%84%E5%87%BA%E3%81%97%E7%B4%80%E8%A1%8C
ページ番号: 2981154 リビジョン番号: 2009016
読み:ヨコハマカイダシキコウ
初版作成日: 09/04/30 00:05 ◆ 最終更新日: 14/04/19 21:38
編集内容についての説明/コメント: 関連動画追加、関連静画新設 html少しだけ編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


先生とおじさんに萌える

あ~つまんねえ!

ココネ

アルファさん

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヨコハマ買い出し紀行について語るスレ

37 : ななしのよっしん :2014/12/17(水) 09:34:43 ID: in/qCd17AO
田舎に戻って親ので生活しているが
のんびりて~ろてろ散歩しているよ
ちなみに近所の人達には親の介護のために実家に戻ったと言っている
38 : ななしのよっしん :2015/02/22(日) 21:19:09 ID: veeW0HQIKi
こういう世界でゆるゆるなサババルするゲームどっか作らないかなー

絶体絶命都市Fallout東京ジャングルFRAGILEあたりから
戦闘とシリアス空気取っ払う代わりにこのてろてろを突っ込んだようなの
39 : ななしのよっしん :2015/06/14(日) 08:51:54 ID: a/GZG6TVke
コーヒーは苦手
バイクは嫌い(スクーターくらいならいいけど)
写真興味ないしカメラもわからない
でもこの作品は大好きなの
40 : ななしのよっしん :2016/05/14(土) 20:06:59 ID: qUXJC4Azex
>>38
自分もこういうてろてろ雰囲気の作品もっと欲しい
ゲーム漫画問わず
ガチガチ考察するのももちろんアリだけど「これなんなんだろ。不思議だなあ」で済ませられるような
41 : ななしのよっしん :2016/07/14(木) 11:07:06 ID: 5reMED7zep
2016年夏アニメあまんちゅ!」と「planetarian」観たら
この作品のことを思い出した。
(前者はゴンチチ音楽主人公髪色後者女性ロボットやその他の設定で)
DVDコミック新装版は全部持っているので、また観たい読みたい気分です。
42 : ななしのよっしん :2016/12/09(金) 23:26:00 ID: gz0LhmeUBG
少女終末旅行に近い作品を探したらたどり着いた
終末旅行を初めて読んだときはBLAMEに近いなと思ったが、
買い出し紀行を読んでみたBLAMEよりよっぽどこっちのほうが近い。
あと、買い出し紀行を読んだら大石さるのおいでませりを連想した。
おいでませりは買い出し紀行と違って未来あふれる世界だけど、
田舎を舞台にしたほのぼのSF、明るい女性主人公の一人暮らし、
キノコ的な生物などいろいろ共通点が多い。
43 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 17:40:22 ID: oCi1rn3YMc
>>42
大石まさるさんの作品だと、あと惑星年代記も引き合いに出されるね。
ただ、ヨコハマ買い出し紀行1994年開始なので、それらすべての作品より前から連載されてる。

当時、本当に何も劇的なことが起こらない形で、ポストアポカリプス後の日常を描く作品は衝撃的だった。
44 : ななしのよっしん :2017/04/13(木) 22:30:12 ID: QhtGHpofA9
雰囲気を楽しむ作品だと思っているけど、
最近読みかえして1話の拳銃のくだりは何だったんだろう。
スタンドおっちゃん普通に応対してたしココネも持ってたことから法的に許されてるんだろうけど、そこまで武装する必要があるのかしら?
45 : ななしのよっしん :2017/06/25(日) 21:04:25 ID: aw0X9PycNn
あの世界にもマッドマックス並みに物騒な時期があったのかもしれない。
46 : ななしのよっしん :2017/07/16(日) 20:23:00 ID: B66MOlJtGU
衰退していく世界悲観的に描くのではなく
黄昏の雰囲気を味わおう・・
そんな感じの作品かな

ある意味、今の日本社会
こんな世の中をした方がいいのかと思う。

とりあえずサントラ再発してください(懇願)
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829