単語記事: ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

編集  

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, J.S.バッハ, 1685年 - 1750年)は、ドイツ作曲17世紀から18世紀にかけて活躍したドイツ音楽一族、バッハの一員である。バッハの他の作曲など、この他の「バッハ」については下記の記事を参照。

 → バッハ

概要

J.S.バッハは、バロック音楽末期において、多音楽を基本としつつ、イタリアコンチェルト形式、フランスの舞曲組曲など各地の音楽を消化し、対位法的な音楽を極限まで高めた「近代音楽の父」と称される偉大な作曲である。楽から器楽までオペラを除いた要なジャンル1000以上の曲を残している。また、敬虔なプロスタントでもあり、教会カンタータなどの宗教曲を多く書いた。

用いられる呼び名に「大バッハ、「音楽の父、「ライプツィヒカントル」など。

現在においてはバッハの中でも抜きん出た知名度を誇り、「バッハ」と言えばふつうはこの人物をす。ニコニコ動画においてもタグとして「バッハ」が多く使われている。

 → タグ検索「バッハ or J.S.バッハ or ヨハン・ゼバスティアン・バッハ」

略歴

出生~

1685年3月21日アイゼナハの町楽師ヨハンアンロジウス・バッハの末子として生まれる。10歳のときに両親を亡くし長ヨハンクリストフのもとで養育される。

1703年にアルンシュタットの教会オルガン奏者となり、1707年にはミュールハウゼンのブラジウス教会のオルガン奏者に就く。同年マリアバルバラ結婚

ヴァイマル

1708年ザクセンヴァイマルの宮廷オルガン奏者となる。ヴァイマルは大きい国家ではなかったが音楽が盛んであった。このとき宮廷から離れて各地で演奏することも許されており、バッハオルガンの名手として広く世に知られるようになる。

1714年には1曲カンタータを作曲する条件で楽師長も任されるようになった。

バッハヴァイマル時代に多くのオルガン曲とカンタータを書いている。

ケーテン

ケーテン=アンハルトレオポルトから宮廷楽団長の誘いを受け、1717年に就任。オーケストラ揮を務めた。このころにはブランデンブルク協奏曲無伴奏チェロ組曲など器楽曲が多く作られている。

1720年に妻マリアバルバラが死去。1721年にソプラノ歌手であったアンナ・マグダレーナと結婚する。

ライプツィヒ

1723ライプツィヒトマス教会のカントル(音楽教師だがライプツィヒ音楽監督的役割もある)となる。バッハ教師として生徒たちに音楽を教え、音楽監督としてほぼ1週間に1曲カンタータを作曲した。

また学生による演奏団体コレギウム・ムジクの一つの揮者にもなりコーヒーカンタータを始めとする世俗カンタータを作曲演奏した。

ライプツィヒ時代には多くのカンタータが書かれたほか、バッハの最高傑作の一つであるマタイ受難曲作曲された。

晩年

1747年、音楽学術協会に入会音楽の教科書などで有名な肖像画は1746年に書かれた物であるが、手に持っているのは3重カノン楽譜で、バッハはこれを音楽学術協会入会時に提出している。

同じ年フリードリッヒ大王に招かれ、演奏会で王が示した題をもとに即で3フーガ演奏してみせた。このときの題をもとにフーガカノン作曲し『音楽捧げ物』として献呈している。

1749年ころから視が大いに弱ったバッハ1750年にの手術を2度受けるが手術は2度とも失敗。手術と副作用で身体が弱まり、1750年7月28日に亡くなった。

性格・エピソード

世渡り下手

頑固一徹なところがあり、世渡り下手である。

  • ミュールハウゼン時代に自分の務め先と別の教会が言い争いになったときに(自分の信条に基づき)別の教会を支持、結局ミュールハウゼンにいづらくなって退職
  • 18歳で教会の楽団の導を任されたときファゴット奏者に殴りかかられたのでで応戦した。
  • ヴァイマル公爵とその甥の仲が悪くなったときに甥にカンタータを演奏公爵の気を損ねた。
  • 強引に退職しようとしてに入れられた。

子沢山

子沢山で教育熱心である。

最初の妻マリアバルバラとの間に8人、二人の妻アンナ・マグダレーナとの間に12人の子を設けている。このうち長男ヴィルヘルム・フリーデマン、次男カルルフィリップエマヌエル、5男ヨハンクリストフ・フリードリッヒ、6男ヨハンクリスティアンは名高い作曲となった。

また長男ヴィルヘルム・フリーデマンやアンナ・マグダレーナの教育のためにいくつかの楽曲集を作っている。

数字への愛着

数に徴的な意味をこめるのが好きである。3は、4は人、…。とくに自身の名前BACHを数値に置き換えた14、J.S.BACHを置き換えた41を好んだ。また楽曲の構成も対称的なものを好んだとされる。

  • 音楽学術協会に14番入会者になるまで待った
  • 印章に14粒の珠を用いた
  • バッハ最後の曲は41の音符からなる

後世の評価

存命中は作曲としてよりオルガン奏者として知られた。晩年には世間で分かりやすい音楽が好まれるようになってきたこともあり、シャイベによって批判されている。

没後、モーツァルトベートーヴェンらに影を与えているものの、世間的にはほとんど知られない作曲となる。

ロマンの時代、メンデルスゾーンによるマタイ受難曲の復活演奏ロベルト・シューマンによる賛辞により偉大な作曲として認知されるようになった。

奏者として

バッハは、優れたオルガン奏者でありアルンシュタット、ミュールハウゼン、ヴァイマルではオルガン奏者を職としている。各地で新しくオルガンが作られるとたびたび試奏に招かれた。鍵盤奏法として親を積極的に使うようになったのはバッハといわれている。

また、ヴァイオリンヴィオラ演奏にも通じていたほか、いくつかの新しい楽器製作も行っている。

作品群とタグ

J.S.バッハの作品は、W.シュミーダーにより整理された録に基づき、バッハ作品番号(BWV, Bach-Werke-Verzeichnis)と呼ばれる通し番号が振られている。ニコニコ動画でもバッハの作品を扱った動画に、この通し番号(BWVnnn)がタグとして付いていることが多い。

以下にタグが登録されている曲を上げる。タグ検索タグ検索から。

カンタータ

その他の声楽曲

オルガン曲


コラール作品

鍵盤楽曲

2声および3声の作品

組曲

前奏曲とフーガ

ソナタ、協奏曲、変奏曲

室内楽曲

リュート曲

独奏楽器のための作品

チェンバロまたは通奏低音つきソナタ

管弦楽曲


組曲

対位法的作品

最近の追補

ピコカキコ

BWV プレイヤー 楽曲名 スレ
BWV147
1364
コラール「主よ、人の望みの喜びよ」(カンタータ第147番より) kichiについて語るスレ#132
BWV572
7459
幻想曲 ト長調 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ#28
BWV578
496
フーガ短調小フーガト短調 BWV578#3
BWV578
1869
フーガ短調小フーガト短調 BWV578#8
BWV578
5980
フーガ短調小フーガト短調 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ#23
BWV639
13814
イエス・キリストよ、われに呼ばわる ソラリスについて語るスレ#3
BWV772
1416
インヴェンション第1番 DENNISについて語るスレ#50
BWV846
3035
平均律クラヴィーア曲集 第1曲 ハ長調 平均律クラヴィーア曲集について語るスレ#6
BWV847
392
平均律クラヴィーア曲集 第2曲 ハ短調 平均律クラヴィーア曲集について語るスレ#3
BWV869
2843
平均律クラヴィーア曲集 第24曲 ロ短調 平均律クラヴィーア曲集について語るスレ#5
BWV1007
2002
無伴奏チェロ組曲第1番ト長調よりプレリュード ヨハン・ゼバスティアン・バッハ#14
BWV1068
92
管弦楽組曲第3番 第2曲 Air(G線上のアリア) G線上のアリアについて語るスレ#2
BWV1068
113
管弦楽組曲第3番 第2曲 Air(G線上のアリア) ちもについて語るスレ#18

バッハに関係する作品

BWV プレイヤー 楽曲名 スレ
BWV Anh.114
1767
メヌエット長調(ペツォールト作曲 / アンナ・マクダレーナ・バッハの音楽帳より) 黒点について語るスレ#146

関連動画

関連商品

関連項目

演奏家

バッハ音楽のアレンジ

ニコニコ関連


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BC%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%8F
ページ番号: 234195 リビジョン番号: 2354583
読み:ヨハンゼバスティアンバッハ
初版作成日: 08/06/13 00:42 ◆ 最終更新日: 16/04/26 23:36
編集内容についての説明/コメント: 「ピコカキコ」にBWV639(/mml_id/13814、ソラリスについて語るスレ#3)を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


バッハ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

小フーガト短調
BWV1006 P...
小フーガト短調
BWV773
BWV772

ヨハン・ゼバスティアン・バッハについて語るスレ

36 : ななしのよっしん :2014/11/30(日) 16:44:11 ID: Y8+w4RUJs/
学校の放送とかで流れてて曲は知ってるのにタイトル作曲者が分からない曲がど全部バッハだった件について
その一件以来ファンになりました
37 : ななしのよっしん :2014/12/11(木) 22:34:40 ID: CugGoiLi+j
小フーガ短調 の妖しげな雰囲気が好き
聞いていると何故か胸が疼いてしまう・・・
テレビでもよく流れてるしされてるよね
38 : ななしのよっしん :2015/05/02(土) 17:28:33 ID: xXSMqQ5brR
>>28の採譜ミスをあれこれ書き直してみました。
あと、可読性を上げる為に"b+"を"<c>"に直してあります。
(↑出される音は変わりませんがw)

タイトル:小フーガト短調
Twitterで紹介する


39 : ななしのよっしん :2015/07/15(水) 18:22:44 ID: 43sbl/iMWK
Eテレのららら♪クラシックバッハの紹介は丁寧だね
でもなんでペツォールトのメヌエットを取り上げないんだろう
ケーレルのチャールダーシュ(旧・ブラームスハンガリー舞曲第5番)は取り上げたのに
40 : ななしのよっしん :2015/09/20(日) 02:23:36 ID: 4/uca9K5sv
ヨハンセバスチャン小川さん
41 : ななしのよっしん :2016/09/08(木) 17:35:28 ID: 73Ng5uBfmE
平均律第一番聴いてれた
宇宙的というか母親の胎内みたいというか
42 : ななしのよっしん :2016/10/06(木) 00:04:32 ID: B1+s1e74Uo


タイトル:BWV1006 Preludio
Twitterで紹介する


43 : ななしのよっしん :2017/07/27(木) 05:05:16 ID: MtpOpwZYGu
世 界 よ こ れ が 日 本 だ

>>im6905707
44 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 07:13:54 ID: jX2JU5KlCP
一般に小フーガト短調と呼ばれる(BWV578)。
楽曲の規模から「大フーガ」と呼ぶこともある同じト短調である《幻想曲とフーガ BWV 542》との混同を避けるため、「小フーガ」の称で親しまれている。この「小フーガ」「大フーガ」という呼称は、BWV番号が存在しなかった時代の名残りである。
4小節半の長めの右手で奏される美しい題は独特のきで、続く左手による応答部とに短調で対位を成しその後の3部のト短調題に対する形で足ペダルがニ短調で応答し4フーガとして荘厳に構成されている。
パートの紹介が終ると2部へと転じ足ペダルの荘厳な重低音から変ロ長調へと転じ曲調は一変するがその後さらにハ短調へと転じ足ペダルの躍動により曲はしさと物悲しさを増す。
3部は終局に向けて足ペダルはしばらく休止しト短調へと美しい転調を成し高音部での盛り上がりを見せた後最後の足ペダルによる演奏にて曲は一気に終焉へと向かう。まさに対位法を集めた1曲といえよう。
バッハもこの曲はお気に入りで自らもよく演奏したらしい。また中学校では音楽の授業で必ず聴く曲であ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

タイトル:小フーガト短調
Twitterで紹介する


45 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 22:02:08 ID: IktFreuSHT
ピコカキコってここまで再現できるものなのか・・・

ピコカキコなめてたわゴメン
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829