単語記事: ヨメガ・ファイヤーボール

編集

ヨーヨーヨーヨーの機種一覧ヨメガヨメガ・ファイヤーボール
ヨーヨーヨーヨーの機種一覧バンダイハイパーヨーヨーファイヤーボール/スピンフェニックス

ファイヤーボール(Fireball)とは、ヨメガが販売するヨーヨーの名である。

ハイパーヨーヨーでの名前は、ファイヤーボール(1期・2期)、スピンフェニックス(3期)。

概要

1989年発売。

ヨメガ・ブレイン」から遠心クラッチシステムを取り除いた機種。
ブレインと同じく、ナイロン製のスプーを採用。ロングスリープを実現している。
1年後にトム・クーンからより高性ボールベアリング機種が発売され、ヨメガ自身も「レイダー」を発売する。
しかしボールベアリング機種は当時非常に高価だったため、ナイロンスプール機種にも廉価版としての需要があった。
現在ではボールベアリング機も安価になったが、引き続きヨメガラインナップに残っている。

ブレインと異なり、ヨーヨーが勝手に戻ってこない。そのため、ブレイン卒業した後のステップアップに向いている。
ただし、すべり軸受はボールベアリングよりもグリスの消耗がく、切れるとヨーヨーが戻ってこなくなってしまう。ヨーヨー専用のワセリンや、ホームセンターの万リスなどをこまめにつけるよう心がけたい。

ハイパーヨーヨーの「ハイパーレベル」までは、とりあえずこのヨーヨーが2個あればこなせるスペックを持つ。

手ごろな価格と汎用性から、発売以来30年近く、ヨメガスタンダードモデルとして君臨している。
当初は初心者中級者向け機種といった位置づけだったが、現在ではもっと使いやすいヨーヨーが他社より多数リリースされており、ファイヤーボールは相対的に中上級者向けとなってしまった。

レイダー用の軸とボールベアリングに換装した上でナイスペレイダーにすることが多く、今では改造技術を心得た上級者ばかりが買っている状態である。

キャップデザインは大きな火の玉があしらわれたもの。
90年代は、玉のほうが大きいデザインだったが、90年代末にファイヤーパターンを大きくした現行のデザイン(ビッグファイヤー)に変更された。

これ以外にもフルカラーの印刷がされたものや大会・ショップ限定版、キャラクターモデルや有名プレイヤーシグネイチャーモデルなど、多種多様なバリエーションがある。

また、まとまった数であれば、個人でオリジナルファイヤーボール発注することも可

本体のカラーパターンも極めて多く、コレクションモデルとしても機している。
そのため、ファイヤーボールだけのコレクターも多い。

日本での展開

第1期ハイパーヨーヨーでは、ヨメガヨーヨー第2弾ファイヤーボールとして発売。
初心者からある程度上達するまで幅広くカバーする汎用性と、2000円というリーズナブルな価格、何よりファイヤーパターンのかっこよさから、ハイパーヨーヨーの中でも抜群の人気を誇った。

超速スピナー』では、主人公堂本一の使用ヨーヨーとして登場。彼の使用するレッド/ブラックファイヤーボールは、売り切れ続出のハイパーヨーヨーの中でもダントツ人気になった。
アニメ版では、大人の事情途中でファイヤーボールが破損したため、「ハイパードラゴン」に乗り換えている。

第2期ハイパーヨーヨーではローンチ機種。
メンテナンスワセリンDVDセットになった特別バージョンも販売された。

第3期ハイパーヨーヨーではスピンフェニックスの名で発売。
『キメルYOYO!』では初期の主人公機として登場している。

現在、一般店舗ではトイザらスおよびヨドバシカメラビックカメラの一部で購入できる。

バリエーション

アレンジ

シグネイチャーモデル

キャラクター

プレゼント

派生機種

セイバーウイング / ステルスファイヤー

ヨメガ・セイバーウイング

ファイヤーボールのボディをV字にした、ストリングプレイモデル

パワースピン / ハイパーインパルス

ヨメガ・パワースピン

サイドキャップのないファイヤーボール
ファイヤーボールより軽く、重心が外側よりになるためスリープも高いとされる。

ヨメガトリックビデオや各種ノベルティグッズおまけでついてくることも多かった。
また、フェイス面がタンポ印刷ではなく、ホログラフシールになったバージョンもある。

ストロボヨー / ハイパーミラージュ

ヨメガ・ストロボヨー

LED内蔵で、暗闇でる。発色はのみ

光るヨーヨーは他にも発売されているが、類似のヨーヨーとは異なる特徴があり、現在ファンが多い。

LED点滅式であり、スリープさせると回転数に応じて美しいパターンが描かれるのが特徴。スイッチは静電式で、触れるだけでる。

スペクトラム

同じくLED内蔵機種。こちらは、他社製の光るヨーヨーに準じたり方をする。

色はの3色。スイッチは遠心スイッチで、回転している間のみる。

ファイヤーストーム(1999) / ファイヤーストームウイング

製造米国から中国にかわった頃に出された新ファイヤーストームウイングストリングプレイ機。

ベアリングの材質や形状が異なり、ボディ形状は少しV字形が意識されている。
販売されたのは、ごく僅かな期間である。ハイパーヨーヨーとしても販売店を限定して発売された。

2013年に、ヨーヨージャムとのコラボレーションモデルとして「ファイヤーストーム」というヨーヨーが出たが、名前が同じだけで全くの別物である。

他社競合機種

関連動画

デザインの「でか玉ファイヤー」が映っている。

関連商品

現行デザインビッグファイヤー」。

2010年代には、マーケティングを受けてカラー印刷版が登場した。

第1期ハイパーヨーヨー版。旧バージョン「でか玉ファイヤー」を下敷きにしたデザイン

第2期ハイパーヨーヨー版。

第3期ハイパーヨーヨー版。名称は「スピンフェニックス」に変更。

YO MEN版。

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A8%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 5462144 リビジョン番号: 2531926
読み:ヨメガファイヤーボール
初版作成日: 16/12/25 11:02 ◆ 最終更新日: 17/10/13 13:44
編集内容についての説明/コメント: 動画を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヨメガ・ファイヤーボールについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ヨメガ・ファイヤーボールについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829