単語記事: ライナー・ブラウン

編集  

 

 

 

唐突にもらった"手打ち"

予想外の""

特に理由の無い暴力がライナーを襲う   !!

ライナー・ブラウンとは、漫画アニメ作品「進撃の巨人」の男性キャラクターである。CV:細谷佳正

人物

104期訓練兵団の卒業生で、主人公エレンたちの同期(ただし年齢は彼らより上)。訓練兵の中ではベルトルト・フーバーとは同郷であることからか仲がいいようである。

身長185cmと、成績上位10名の中では2番に高い(1番はベルトルトの192cm。でかい)。
体重は95kgで、見かけが太ってないところを見ると、筋肉の量が想像できる(ミカサ腹筋アレだし)。
このような恵まれた体格からか、訓練兵もミカサに次ぐ2位卒業している。

体格だけでなく、精・人格面においても完成されており、体で劣るアルミンを教官にバレないように手助けしようとしたり、トロスト区の戦いでは危険な作戦の前で「コイツケツブチ込む」と冗談を言って場を和ませようとしたりと、どんな時でも周りにを配り、困難に敢然と立ち向かうタフさを合わせ持つ。

このような理由から104期生たちのリーダー的存在であり、教官からも「屈強な体格と精を持ち、仲間からの信頼も厚い」と評される。頭の回転がやや鈍いや、積極性に欠けるなど、技術はすごいが性格に難があるらの中で、数少ないまともな評価である。

また彼は「兵士」という立場に誇りを持っているようであり、エレンに「兵士」とは何かを説教臭く説いたり、訓練をサボっているアニに兵士としての使命感から突っかかってゆくなど、責任感の高さも伺える。

兵士になったのは失われた故郷に帰るため。それ故、お互い強い決意を持つ者同士としてエレンに共感を持っている。

こんなよく出来た人間の彼であるが、それ故なのかギャグでは吹いて牛乳アルミンにかけてしまったり、体格で勝るアニに「兵士」とは何かをかっこよく吹いた後で返り討ちにあってぶっ飛ばされるなど、少々ヘタレっぽくなる。
 しかし実際にヘタレではないし、見ていて面いのでよくできた彼の嬌と考えるべきだろう。というか、この嬌も含めて読者からされている。可愛いやつ。

 

なお特筆することでもないが、女型の巨人を「いいケツ」と言ったり、クリスタに心の底で婚したりしているので、彼が異性者であることはにも明である。  

 

ケツブチ込む発言や、ユミルに「女の方に興味があるとは思えない」と聞かれて「ああ……」と答えことがあるからと言って、彼をホモ扱いしたりしないように。

ネタバレ

以下は重要なネタバレのため反転

巨人で、こいつが巨人ってやつだ」

その正体は五年前、ウォール・マリアを体当たりで突破・破壊した「巨人」である。よく見れば巨人ライナー格、ヘアスタイル、共によく似通っていることがわかる。

女型の巨人」であるアニが捉えられた際、彼とベルトルト・フーバー彼女と同郷であることも判明し、これにより彼女仲間ではないかと疑いがかかる。実際のところその通りで、女型の巨人との戦闘でも必死に立ち回るフリをしつつ、実はエレンを攫わせるために暗躍していた。

ウトガルドの戦いの後、その秘密をエレンに打ち明け、エレンに一緒に来るよう促すが、事の一部始終を伺っていたミカサりかかられて重症を負う。すべてが潮時だと悟った彼はベルトルトとともに巨人化し、戦の末にエレンを攫って外に消えた。

彼が言うには、エレンさえ一緒に来てくれれば、自分たちはを壊さないとのこと(人類を食べないとは言ってない)。

 

以下さらなるネタバレ

 

ユミルライナーさんよ・・・何を言ってんだあんた・・・?」

原作46話にて、が軽くぶっ壊れていることが判明。

戦士としてを破壊し内に潜入したライナーであったが、エレンたち104期の同期兵士たちと生活していくうちに、仮面であった兵士としての自分が「本当の自分」と呼べる程に根付いてしまっていた。もともと責任感の強い彼であった故、その一方でを破壊して人類を虐殺したことや、仲間たちを欺いていることへの罪の意識に耐え切れず、遂には「戦士」と「兵士」の人格が半ば分裂し、頻繁に切り替わるまでになってしまった。自身の裏切りを明らかにするまでエレンたちと気さくに接していたり、ウドガルドでコニーを体をって助けたりしたのはこのためである。

このため、同じく「戦士」であるベルトルトからは「ライナーはもう兵士ではない」と半ば呆れられている。

関連動画

関連静画

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3
ページ番号: 5080364 リビジョン番号: 1919762
読み:ライナーブラウン
初版作成日: 13/05/02 22:35 ◆ 最終更新日: 13/11/04 18:36
編集内容についての説明/コメント: ネタバレについてより詳しく編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ライナー・ブラウンについて語るスレ

548 : ななしのよっしん :2018/04/09(月) 04:47:34 ID: 8TY+ri2rmx
巨人の顔がライナーに…
549 : ななしのよっしん :2018/04/10(火) 23:18:35 ID: amrHyaFLad
皆の援を受けて地獄現実に舞い戻ってきたライナー
まだまだ彼へのイジメは終わらないんだ
ほんま作者されてるなあ(棒)
550 : ななしのよっしん :2018/04/13(金) 07:09:09 ID: RYDeObHLBn
ガビファルコライナー助けて!
551 : ななしのよっしん :2018/04/17(火) 00:12:44 ID: VNtdiyWfMD
ライナーはあの割り切れない性格がどうあがいても戦士に向いてなさ過ぎてなぁ・・・割り切る必要がい初期の戦士なら問題なかったんだろうが、利益の為に攻め入るマーレの戦士だったんが運の詰きというかなんというか・・・
552 : ななしのよっしん :2018/04/17(火) 13:19:02 ID: 0k6+2MYdEL
結論:マーレが過ぎる
553 : ななしのよっしん :2018/04/19(木) 03:29:15 ID: usexr9soxL
パラディ「何被害者面してんだよ、ただの人殺しが」
マーレ「てめえだけ帰って来ても意味ねぇんだよ、マジで使えねぇな」

ライナー「……」
エレン「もうええんやで……」
554 : ななしのよっしん :2018/04/26(木) 19:09:04 ID: smel8vsK1Y
>>551
作中の話を総合しても
「本来なら戦士になるはずじゃなかったけど、本人の英雄願望と
 情に走ってを競争から蹴り落としたマルセルのおかげで戦士になってしまった」
って感じになるよね

とても皮
姪っ子が外面だけを見て刺を受け、順調に戦士として成長してるところも含めて
555 : ななしのよっしん :2018/05/04(金) 02:11:33 ID: Z9LYFUkZDk
ライナーはもう正気を手放して全にぶっ壊れたほうが幸せな気がする
556 : ななしのよっしん :2018/05/12(土) 15:30:40 ID: usexr9soxL
ガビとファルコが捕虜になり、そしてサシャも死んだ
戦いたくなくなる理由と戦わなければならない理由がどんどん増えていく
557 : ななしのよっしん :2018/05/22(火) 14:14:25 ID: EM4QXcZeei
昂しやすくそのせいでエレンに利用されたポルコが
戦士に選ばれなかったのは、マルセル情報操作だけが原因ってわけじゃない気がするけどね
の死とか選ばれなかった屈でああなってしまったのかも知れないけど
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829