単語記事: ラクダ

編集

ラクダとは、ウシラクダ科の哺乳類である。

概要

背中にコブのある、なんだかいつも眠そうな顔をした生き物砂漠と言えばサソリと並んで欠かせない生物であるといえる。人が乗れることでも有名であり、人との関わりあいも強い生き物であるが、人間に利用され尽くしたことで野生個体はほとんど残っていない。ヒトコブラクダに関しては野生種は絶滅に追いやられている有り様である。

砂漠の過酷な環境で生きるために進化してきた生き物であるため、乗用として昔から飼育され、活用されてきた生き物である。ただ、人を乗せるのに適しているわけではなく、左右に揺れながら動くため乗り物酔いする人は危ない。

顔が眠そうに見えるのは、その濃い眉毛まつ毛に起因すると思われるが、これは砂漠に舞い飛ぶ砂の粒子からを保護するため、濃くなるよう進化したのである。

背中のコブは、今となっては有名だが中に脂肪が詰まっている。脂肪を溜め込むことにより、砂漠で数日食べなくても生きていけるようになっているのである。間違っても人が乗りやすくするために進化したわけではない。さらに体温調節の役も担っており、本体に照りつける直射日光をこのコブの脂肪によって防護し、一定の体温を維持することが出来る。限界まで消費すると脂肪の塊であるコブは消滅する。

砂漠で暮らしているのだから、を飲まなくても暮らせる……なんてことはなく、ラクダは一度にを飲み溜める。一度にを飲む量は80リットル以上。飲んだは血液に吸収されて体内を循環し、数日間を飲まずに生きていられるようになる。つまりラクダは数日間飲まず食わずでも暮らせるように進化しているのである。

身の危険を感じると、非常に悪臭を放つツバを吐いてくる。不用意に人間が顔を近づけると思いっきり吐き捨てられるので注意すべし。

乗用の他、人はラクダ、食などにも利用する。ラクダは脂が少なく較的ヘルシーである。この辺りは荒野などを生息地とする鳥類であるダチョウに似ている。

日本では動物園で飼育されている個体がいる以外に、鳥取砂丘において観光用に飼育されている個体がいるのが有名である。鳥取砂丘にお越しの際はご利用してはいかがだろうか?

主な種類

  • ヒトコブラクダ
    名前から一つしかコブがないと思われているが、後方のコブが突き出るからそう見えるだけで、実はその前に小さな起が形成されている(つまりここにも脂肪の塊がある)。ラクダと言えばこっちのイメージのほうが強いか。前述のように純な野生個体は絶滅したが、二次的に野生化した個体は生息している。
  • タコブラクダ
    名前の通り、はっきりわかる二つのコブや、首下などが毛深いのが特徴であり、ヒトコブラクダより気持ち老けているように見える。こちらは野生個体がまだ生き残ってはいるが、1000頭程度しかいないと言われている。ヒトコブラクダ以上に身体が頑丈である。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%80
ページ番号: 5225343 リビジョン番号: 2516936
読み:ラクダ
初版作成日: 14/04/30 07:15 ◆ 最終更新日: 17/08/21 23:14
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「フタコブラクダ(けものフレンズ)」を追記しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラクダについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/08/17(日) 18:29:58 ID: 8qor5i7gq5
ラクダは楽だ
2 : ラクダ :2014/08/17(日) 18:38:49 ID: vQWbnSquY6
蹴り入れてやろうか
3 : ラクダ :2014/08/19(火) 12:36:19 ID: g2eyjhStH3
突進で押しつぶしましょう
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829