単語記事: ラブテスター

編集  

ラブテスターとは、に以下のものをす。

  1. 任天堂が発売した玩具ラブテスター」のこと。本稿ではこちらについて記述する。
  2. ゲームかまいたちの夜2」の2人プレイ専用サブシナリオラブテスター篇」のこと。

ラブテスターとは、1969年任天堂から発売された「情測定器」である。当時の価格は1800円。

概要

ラブテスター(ピクミン2に登場したもの)電流を測る「検流計」を応用した玩具を基調にした本体からコードが延びており、コードの端には大きなボタンのような金属(テスター)が付いている。これを男女それぞれで握り、いている方の手を握り合うと、本体が人体に流れる微弱な電流を感知して針が振れる。これを「情度」として「ラブ」という単位で測るという寸法である。

親密な男女が手を握ればそのぶん汗をかくだろうから電流も流れやすくなるわけで、意外と理にかなった仕様であるとも言える。ちなみに説明書には「キスをしたほうが分が多くなって情度が高くなります」なんて、きわどい記述もある。当時は「キスしたけど情度が上がらなかったぞ!」というクレームが寄せられたなんていう話も残っているが。

当時(昭和44年)は「手をつなぐ」だけでも結構きわどい行為とされていた時代であり、「然と手をつなぐことが出来る」具であるラブテスターはなかなか挑戦的な商品だった。またラブテスター任天堂では初めての電子部品を使用したエレクトロニクス玩具でもあり、高度成長期の変革の中で発売された、商業的な意味でも挑戦的な商品でもある。

開発者は「枯れた技術の水平思考」の言葉で知られる横井軍平氏。ゲーム&ウォッチ電卓から発想したのと同じく、「検流計」という使い古されたもの(枯れた技術)から「手をつなぐ」という思考を経て着想した商品であると言える。ちなみにラブテスター発売の3年前、横井氏はマジックハンドの元祖「ウルトラハンド」を作り、120万個を売り上げる大ヒットとなっている。

現在も遊べるラブテスター

任天堂の商品の中でも一種独特の存在感があり、近年も小ネタとして任天堂ゲームなどに登場することがある。

また近年はプライズゲーム品としてタイトーからデザイン変更版が、テンヨーからは全な復刻版が発売された。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%86%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC
ページ番号: 5059514 リビジョン番号: 1773702
読み:ラブテスター
初版作成日: 13/03/21 12:00 ◆ 最終更新日: 13/03/21 12:00
編集内容についての説明/コメント: 初版作成。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラブテスターについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/09/23(火) 16:57:11 ID: Lv1eTiF+Yd
これについてトリビアの泉で初めて知った人は私だけじゃないはず
2 : ななしのよっしん :2016/03/04(金) 05:58:37 ID: IVaOdk0WJA
まさか復刻されてるとはw
これに続いてウルトラマシンとかも復刻してもらいたい
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829