単語記事: ラブライブ!

編集
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしば激しい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読み、ほんわかレスに努めてください。

公式動画でのコメントに関する批判や議論は各種厨記事等然るべき場所でお願いします。
この記事はあくまで原作及びアニメその他関連作品についての記事です。
関係があるとは言え不適切な会話はお控え下さい。
掲示板情報の一元化にご協力をお願い申し上げます。

登場するアイドルグループおよび声優ユニットについては『μ's』で、
ラブライブ! サンシャイン!!』については当該記事で、
テレビアニメ版2期6話に関する騒動については「こちら」で、
ラブライバー関連については『ラブライバー』でお願いします。
なお、誘導先の記事でも「ほんわかレス」でお願いします。

ラブライブ!ラブライブ!School idol project とは、
サンライズ×ランティス×電撃G'sマガジン(KADOKAWA アスキー・メディアワークス)の三社合同&ユーザー参加型で展開する、スクールアイドルプロジェクトである。

以下の2つのプロジェクトを総括する。

  • 『ラブライブ!』 - μ's(音ノ木坂学院)
  • 『ラブライブ! サンシャイン!!』 - Aqours(浦の星女学院)

本稿ではμ'sが登場する作品『ラブライブ!』について述べる。

概要

2010年6月30日より電撃G'sマガジン上でスタートしたユーザー参加企画。自身が通う高校が廃校の危機にあることを知った9人の少女が廃校を阻止するためにスクールアイドルを結成した、と言うストーリー(詳細はプロローグ参照)。
実際のアイドルと同じようにCDが発売されており、そのCDに収録されている手描きとCGを融合させたアニメPVが特徴である。

原案として「シスタープリンセス」や「Strawberry Panic」を手がけた公野櫻子が関わっており、キャラクター設定や電撃G'sマガジンでの文の執筆などを担当している。

サンライズが電撃側に「美少女系の企画をやりたい」と提案し、サンライズと電撃が互いにアイドルものを考えていたことが企画の始まりである。その後、音楽が欲しいということで公野櫻子の要望によりランティスが企画に参入することになる。

キャラクターデザインについてはサンライズ第8スタジオを中心に原画を描いていた室田雄平が起用された。室田雄平は起用当時は原画を描きはじめてから間もない頃であり、まだ経験が浅い人物がキャラクターデザインに起用されると言う特殊な例となっている。

舞台設定は東京都千代田区の秋葉原・神田・神保町に挟まれた地域としており、秋葉原周辺の実在の場所が数多く登場する。有名な聖地としては、実名で登場する神社「神田明神」(神田明神に関してはコラボ企画が何度か実施されている)、主人公・高坂穂乃果の家のモデルである「竹むら」、シングル「Snow halation」のPVのモデルである「行幸通り」などが挙げられる。

企画開始当初は担当声優は公表されておらず、他に詳しい情報もないため、
声とキャラクターイラスト・僅かなキャラ設定で投票するキャラクターを選ばなければならなかった。
(G's系の企画ではよくある話。声があるだけまだ良い方)
また、当初は結成したスクールアイドルには名前がなく、暫定的に企画名である「ラブライブ!」がユニット名として用いられていたが、2010年9月でグループ名が募集され、同年11月29日に「μ's」と言う名前がつけられた。

2010年8月25日にデビューシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」が発売。その後もCDが発売され、2014年7月時点でナンバリングタイトルCD6枚、テレビアニメのCD10枚などが発売されている(詳細はディスコグラフィ参照)。

ナンバリングのシングルには、9人のアイドルによるダンス映像を収録したアニメーションショートフィルムDVDが同梱。
トップになったキャラクターに次回シングルのセンターポジションが与えられる人気投票のほか、グループ・ユニット名の募集や、展開に関わる様々な決定にユーザー投票が利用されている。
投票権はCD/DVDおよび電撃G'sマガジン購入者に与えられ、さらにモバイルサイトの各アイドルの待ち受けを購入すればその分追加の一票として加算される。

2012年2月19日開催の、「μ's First LoveLive!」にてシリーズアニメ化が発表され、2013年1月~3月にテレビアニメ第1期が放送された。
また、2013年6月16日に開催された「ラブライブ!μ's 3rd Anniversary LoveLive!」にて第2期の製作決定が発表され、2014年4月~6月に第2期が放送された。
さらに、2014年6月30日には完全新作の映画が製作されることが発表され、2015年6月13日に公開されることが決定した。

このほか、小説として「ラブライブ! School idol diary(略称:SID)」が刊行されているほか、電撃G'sコミック上で漫画版とSIDのコミカライズが連載されている。

なお、G'sでの連載企画およびPV、ドラマパートでは登場人物は年をとっておらず、サザエさん時空として進行している。一方、漫画版、テレビアニメ版は明確に時の流れが描かれている。

2016年3月・4月にファイナルライブが開催されたため、PVやテレビアニメによるアニメーションおよび声優によるイベントと言ったメインのコンテンツは事実上終了しており、今後はサブコンテンツのみとなる。

2015年2月に新たに『ラブライブ! サンシャイン!!』と言う企画がスタートした。

プロローグ

舞台となるのは東京都千代田区にある国立高校「音ノ木坂学院」(おとのきざかがくいん)。
古くからあるこの学校は、少子化やドーナツ化現象により学生数が減少したため、統廃合の対象となってしまう。

この学院存続の危機に、9人の女子生徒が立ちあがった。

「自分たちがアイドルとして活動して学院を宣伝すれば、入学希望者が集まるんじゃないか」
淡い期待と不安が交錯する中、こうして彼女たちはアイドルとしての一歩を踏み出すことになった。

彼女たちの想いは届くのだろうか・・・。

「ラブライブ!」の意味

「ラブライブ!」はプロジェクト名であるのだが、企画当初はユニット名が未定であったことから、「ラブライブ!」がユニット名として用いられた時期もあった。しかし、「μ's」と言うユニット名が決定すると、「ラブライブ!」は単なるプロジェクト名になり、「ラブライブ!」と言う単語そのものに意味が無くなった。
後述の漫画版やテレビアニメ版では「ラブライブ!」はスクールアイドルによる大会との設定が追加されている。

登場人物

スクールアイドル「μ's」の9人を紹介。詳しくはデビューシングルに自己紹介メッセージが収録されているのでそちらを参照。

※ただし、後述の漫画・テレビアニメおよび小説・ゲームでは、キャラクター設定が自己紹介の内容から一部変更されているので注意。これらの媒体はパラレルワールドであり、キャラクターが共通なこと以外は全く別物である。
また、キャラクターデザインも自己紹介の動画から大きく変化している。詳細は各キャラクターの記事を参照のこと。

高坂穂乃果 (こうさか ほのか)

生年月日:8月3日(獅子座) 年齢:16歳(2年)
血液型:O型 身長:157cm スリーサイズ:B78-W58-H82
CV:新田恵海

元気な笑顔がチャームポイント。アイドル活動の発起人。
センターポジションを多く務める。
一人称は「ほのか」「私」。

絢瀬絵里 (あやせ えり)

生年月日:10月21日(天秤座) 年齢:17歳(3年)
血液型:B型 身長:162cm スリーサイズ:B88-W60-H84
CV:南條愛乃

自称、明るい性格でロシア生まれのおばあちゃん譲りのグッドスタイルで何でも出来る器用タイプ。絵里でなくエリー。
「賢い・可愛い・エリーチカ(?)」とよく呼ばれていたようだ。
一人称は「私」。

南ことり (みなみ ことり)

生年月日:9月12日(乙女座) 年齢:16歳(2年)
血液型:O型 身長:159cm スリーサイズ:B80-W58-H80
CV:内田彩

天然とよく言われるらしい。初のビデオ撮影で苺のパンツが見えてしまったらしい。
一人称は「ことり」。

園田海未 (そのだ うみ)

生年月日:3月15日(魚座) 年齢:16歳(2年)
血液型:A型 身長:159cm スリーサイズ:B76-W58-H80
CV:三森すずこ

特技はお琴と長唄。武道では剣道。しっかりとした真面目な性格。
一人称は「私」。

星空凛 (ほしぞら りん)

生年月日:11月1日(蠍座) 年齢:15歳(1年)
血液型:A型 身長:155cm スリーサイズ:B75-W59-H80
CV:飯田里穂

チャームポイントは「とにかく元気なこの笑顔」と足上げがパンツが見えるくらい上がること。ちょっぴりドジで泣き虫らしいにゃん☆
一人称は「凛」。

西木野真姫 (にしきの まき)

生年月日:4月19日(おひつじ座) 年齢:15歳(1年)
血液型:AB型 身長:161cm スリーサイズ:B78-W56-H83
CV:Pile

両親が医者で、自身の夢も医者らしい。志望は脳外科。
親の方針で勉強や習い事ばかりしてきたらしい。せめて高校では楽しみたいがためにこの学校に入るも、その学校は廃校寸前。
一人称「マキ」と思いきや、CDでは初っ端から「私」と喋っている。

東條希 (とうじょう のぞみ)

生年月日:6月9日(双子座) 年齢:17歳(3年)
血液型:O型 身長:159cm スリーサイズ:B90-W60-H82
CV:楠田亜衣奈

自称あまり悩まないタイプ。自慢なことはラッキーガールなこと。いままで抽選で一度もハズレを引いたことがないらしい。スピリチュアルなど、人間にもその手のパワーがあることを信じている。
一人称「ウチ」。

小泉花陽 (こいずみ はなよ)

生年月日:1月17日(山羊座) 年齢:15歳(1年)
血液型:B型 身長:156cm スリーサイズ:B82-W60-H83
CV:久保ユリカ

すごく上がり症。「かよちん」というあだ名があり、幼馴染みの凛からはそう呼ばれている。
小さな子供と仲良くなれる事が特技。
一人称「わたし」と思いきや、これまた「はなよ」と喋り出す。

矢澤にこ (やざわ にこ)

生年月日:7月22日(蟹座) 年齢:17歳(3年)
血液型:A型 身長:154cm スリーサイズ:B74-W57-H79
CV:徳井青空

「にっこにっこにー」と初っ端から痛烈な自己紹介をかましてくる。
ニコニコ動画にはぴったりなラスボス。一人称は「にこ」。

その他の登場人物

μ's以外に登場する人物を記載する。

  • A-RISE
    • 綺羅ツバサ(きら ツバサ) CV:桜川めぐ
    • 統堂英玲奈(とうどう えれな) CV:松永真穂
    • 優木あんじゅ(ゆうき あんじゅ) CV:大橋歩夕
  • 高坂雪穂(こうさか ゆきほ) CV:東山奈央
  • 絢瀬亜里沙(あやせ ありさ) CV:佐倉綾音
  • 矢澤こころ(やざわ こころ) CV:徳井青空
  • 矢澤ここあ(やざわ ここあ) CV:徳井青空
  • 矢澤虎太郎(やざわ こたろう) CV:徳井青空
  • 穂乃果の母 CV:浅野真澄
  • ことりの母(理事長) CV:日高のり子
  • 真姫の母 CV:井上喜久子
  • にこの母 CV:三石琴乃
  • 神モブ
    • ヒデコ CV:三宅麻理恵
    • フミコ CV:山本希望
    • ミカ CV:原紗友里
  • アルパカ CV:麦穂あんな

ディスコグラフィ

「ラブライブ!のディスコグラフィ」を参照。

漫画

電撃G'sマガジン誌上にて、2011年12月号のプレ連載、2012年1月号より本格的に掲載開始。2014年6月号より電撃G'sコミックに移籍した。2014年8月現在、既刊3巻。
幼馴染設定や所属する(していた)部活など、多くの独自設定が付加されている。

原作は公野櫻子、作画は鴇田アルミ。

あらすじ

音ノ木坂学院に入学した穂乃果は音ノ木坂学院が廃校の危機にあることを知る。入学希望者を増やすため、剣道の全国大会で優勝するが、2年生に進級しても事態は変わらなかった。
改めて廃校を阻止する方法を考える穂乃果は偶然にもA-RISEのライブを見る。そのライブを見た穂乃果は廃校を阻止するためにスクールアイドルになることを思いつき、剣道部を退部しようとするが・・・

小説

「ラブライブ! School idol diary」を参照

ライブイベント

μ's#ライブイベント」を参照

ゲーム

  • ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル
    • iOS、Android用アプリ。いわゆる音ゲー。詳細は「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」参照。
  • ラブライブ! School idol paradise
    • PS Vita用ゲーム。2014年8月28日発売。Printemps、BiBi、lily whiteの3本が同時発売した。詳細は「ラブライブ! School idol paradise」参照。
  • ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル〜after school ACTIVITY〜
    • アーケードゲーム。前述の「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」のアーケード版。稼働時期未定。

テレビアニメ

2013年1月から3月(4月)まで第1期が放送。全13話。バンダイビジュアルとブシロードも製作に関わっている。
音ノ木坂学院の廃校が宣告された後、穂乃果、ことり、海未の2年生3人が廃校を阻止するために、スクールアイドルを始め、様々な経緯を経て集まったμ'sの9人が、第1回「ラブライブ!」に向けてアイドル活動をしていくストーリー。期間設定は4月~9月頃。

2014年4月から6月(7月)までアニメ第2期が放送。全13話。
廃校が取りやめとなり、生徒会も交代。そんな中でμ'sの9人が前回のリベンジとして、第2回「ラブライブ!」に参加し、優勝を目指していくために活動していくストーリー。第1期の続編であるため、期間設定は10月~3月。

放送局・配信局に関しては第1期、第2期通して、TOKYO MX、テレビ愛知、読売テレビ、BS11、バンダイチャンネル、ニコニコ生放送、ニコニコ動画のみであったが(第1期はAT-Xで遅れ放送)、人気が高まったことやファンミーティングツアーを実施する関係から、2015年1月~6月(7月)にかけて、ファンミーティングツアーを開催する地域のテレビ局+静岡放送において第1期・第2期を放送した。なお、基本的には深夜枠の放送であるが、TOKYO MXについては第1期からプライムタイムに放送されていたほか、夕方での再放送も行われたり、2014年の大晦日にはゴールデンタイムの1時間枠で特番が放送されていた。

2016年1月~3月には、UHFアニメとしては異例となるNHK Eテレで第1期の放送が行われている(前例は『日常』がある)。NHKでは本編での減光処理(いわゆるポリゴンチェック)、EDクレジットの「協力」の削除・改変(NHKでは「宣伝」ができないため)を除いてそのままとなっており、再編集版でセリフも改変された『日常』とは異なる。
2016年4月より、引き続き第2期の放送も決定している。

なお、ラブライブ!の媒体の中では唯一μ'sが誕生した理由である「廃校」と言う前提が消滅し、かつμ'sにとって解散になる可能性もある「卒業」と言う終着点が描かれている。あくまでも、現実のμ'sとテレビアニメのμ'sはパラレルワールドであるため、テレビアニメで3年生が卒業しても、ラブライブ!と言う企画が終了するわけでないことに留意されたい。

あらすじ

音ノ木坂学院2年生の穂乃果、ことり、海未は、音ノ木坂学院が廃校の危機にあることを知る。3人で廃校を阻止するための手段を考えるが、なかなか思いつかない。そんな中で穂乃果はスクールアイドルの存在を知り、廃校を阻止するためにはスクールアイドルになるしかないと決意。これにことりが賛同。海未も一度は反対したが、最終的に穂乃果に賛同した。こうして3人は廃校を阻止するためにスクールアイドル活動を始めたのだが・・・

スタッフ

  • 原作 - 矢立肇
  • 原案 - 公野櫻子
  • 監督 - 京極尚彦
  • シリーズ構成 - 花田十輝
  • キャラクターデザイン・メインアニメーター - 室田雄平
  • キャラクターデザイン・アニメーションディレクター - 西田亜沙子
  • デザインワークス - 愛敬由紀子、新村杏子(第1期)→愛敬由紀子、尾崎智美、鈴木理彩(第2期)
  • 美術監督 - 渡辺幸浩(第1期)→守安靖尚(第2期)
  • 色彩設計 - 横山さよ子
  • 音楽 - 藤澤慶昌
  • 音響監督 - 長崎行男
  • 撮影監督 - 野上大地
  • 音楽制作 - ランティス、サンライズ音楽出版
  • アニメーション制作 - サンライズ
  • 製作 - 2013 プロジェクトラブライブ!(サンライズ、バンダイビジュアル、ランティス、ブシロード、アスキー・メディアワークス)

第1期主題歌・挿入歌

主題歌

オープニングテーマ『僕らは今のなかで』
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:森慎太郎
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
エンディングテーマ『きっと青春が聞こえる』(第2話~)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:高田暁
歌(第2話):μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ))※本放送ではEDクレジットには9人の名前が書かれていたがBD・DVDで修正された
歌(第3・8・10・11・13話):μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
歌(第4話):星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、小泉花陽(久保ユリカ)
歌(第5話):矢澤にこ(徳井青空)
歌(第6話):高坂穂乃果(新田恵海)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空)
歌(第7話):綾瀬絵里(南條愛乃)、東條希(楠田亜衣奈)
歌(第9話):南ことり(内田彩)
歌(第12話):高坂穂乃果(新田恵海

挿入歌

『ススメ→トゥモロウ』(第1話、第13話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:森慎太郎
歌:高坂穂乃果(新田恵海)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)
※第1話の実質エンディングテーマとして使用。
『Private Wars』(第1~3話、第11話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:板垣祐介
歌:A-RISE(綺羅ツバサ(桜川めぐ)、統堂英玲奈(松永真穂)、優木あんじゅ(大橋歩夕))
『愛してるばんざーい!』(第1話)
作詞:畑亜貴、作曲:山田高弘、編曲:酒井陽一
歌:西木野真姫(Pile) ※『Prepro Piano Mix』
※本放送ではノンクレジット。BD・DVDではクレジット。
『START:DASH!!』(第2~4話、第7話、第13話)
作詞:畑亜貴 作曲:佐々木裕、編曲:酒井陽一(第2話のみ)、佐々木裕(第2話以外)
歌(第2話):西木野真姫(Pile) ※『Prepro Piano Mix』
歌(第3・4・7話):高坂穂乃果(新田恵海)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)
歌(第13話):μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
『これからのSomeday』(第6話、第8話)
作詞:畑亜貴 作曲:yozuca* 編曲:lotta
歌:高坂穂乃果(新田恵海)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空)
『僕らのLIVE 君とのLIFE』(第8話)
作詞:畑亜貴 作曲:山田高弘 編曲:高田暁
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
『Wonder zone』(第9話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:佐々倉有吾
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
『No brand girls』(第11話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:河田貴央
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))

(補足)アニメに使用された中でEDクレジットに載っていない既存楽曲

  • 『ラブノベルス (Off Vocal) (第6話) …カラオケのシーンBGM。(『ダイヤモンドプリンセスの憂鬱c/w』)

第2期主題歌・挿入歌

主題歌

オープニングテーマ『それは僕たちの奇跡』(第1~12話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:黒須克彦
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
※第1話ではエンディングテーマとして使用。
エンディングテーマ『どんなときもずっと』(第2~8話、第10・11話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:佐々木裕 ストリングスアレンジ:長谷泰宏
歌(第2話):絢瀬絵里(南條愛乃)、東條希(楠田亜衣奈)、矢澤にこ(徳井青空)
歌(第3・11話):μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
歌(第4話):矢澤にこ(徳井青空)
歌(第5話):星空凛(飯田里穂)
歌(第6話):星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、小泉花陽(久保ユリカ)
歌(第7話):高坂穂乃果(新田恵海)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)
歌(第8話):絢瀬絵里(南條愛乃)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)
歌(第10話):高坂穂乃果(新田恵海
※各回ごとにラストシーンの登場人物が異なっている。登場する人物は以下に記載する。
  • 第2話:高坂穂乃果
  • 第3話:園田海未
  • 第4話:矢澤にこ
  • 第5話:星空凛
  • 第6話:西木野真姫
  • 第7話:小泉花陽
  • 第8話:東條希
  • 第10話:南ことり
  • 第11話:絢瀬絵里

挿入歌

『これまでのラブライブ! 〜ミュージカルver.〜』(第1話)
作詞:京極尚彦 作曲・編曲:藤澤慶昌
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))、ヒデコ(三宅麻理恵)、フミコ(山本希望)、ミカ(原紗友里)
※第1話の実質オープニングテーマとして使用。
『ススメ→トゥモロウ』(第1話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:森慎太郎
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
『Private Wars』(第1話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:板垣祐介
歌:A-RISE(綺羅ツバサ(桜川めぐ)、統堂英玲奈(松永真穂)、優木あんじゅ(大橋歩夕))
『ユメノトビラ』(第3話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:佐伯高志
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
『Shocking Party』(第3話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:板垣祐介
歌:A-RISE(綺羅ツバサ(桜川めぐ)、統堂英玲奈(松永真穂)、優木あんじゅ(大橋歩夕))
『Love wing bell』(第5話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:森慎太郎
歌:μ's(星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、小泉花陽(久保ユリカ)、絢瀬絵里(南條愛乃)、東條希(楠田亜衣奈)、矢澤にこ(徳井青空))
『Dancing stars on me!』(第6話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:佐伯高志
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
『Snow halation』(第9話、第11話)
作詞:畑亜貴 作曲:山田高弘 編曲:中西亮輔
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
※第9話の実質エンディングテーマとして使用。
『KiRa-KiRa Sensation!』(第12話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:本田光史郎
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
『僕らは今のなかで』(第12話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:森慎太郎
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
※第12話の実質エンディングテーマとして使用。
『Happy maker!』(第13話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:前口渉
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
※第13話の実質エンディングテーマとして使用。
『愛してるばんざーい!(Piano Mix)』(第13話)
作詞:畑亜貴 作曲:山田高弘 編曲:酒井陽一
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
『Oh,Love&Peace!』(第13話)
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:黒須克彦
歌:μ's(高坂穂乃果(新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空))
※第13話の実質エンディングテーマとして使用。

(補足)アニメに使用された中でEDクレジットに載っていない既存楽曲

  • 「ぷわぷわーお!(Off Vocal)」(第5話) …ファッションショーのシーンBGM。
  • 「友情ノーチェンジ(Off Vocal)」(第11話) …みんなで遊ぶシーンのBGM(『僕らのLIVE 君とのLIFEc/w』)
  • 「ススメ→トゥモロウ(Off Vocal)」(第13話) …実質オープニングテーマとして使用。

放送局

第2期
放送局 放送開始日 放送時間 備考
NHK Eテレ 2016年4月24日 日曜 16:30~16:55(#1・9)
土曜 16:30~16:55(#2・4~8・10・11)
日曜 16:00~16:25(#3)
土曜 16:00~16:55(#12・13)
初放送

過去の放送局

第1期
放送局 放送開始日 放送時間 備考
TOKYO MX 2013年1月6日 日曜 22:00~22:27
テレビ愛知 2013年1月7日 月曜 25:35~26:05
読売テレビ 月曜 25:58~26:28
BS11 2013年1月8日 火曜 24:00~24:30
AT-X 2013年3月4日 月曜 21:30~22:00
水曜 09:30~10:00
曜 27:30~28:00
日曜 13:30~14:00
週1話ずつ4回放送
ディズニー・チャンネル 2015年4月20日 月曜 21:30~22:00
火曜 21:30~22:00
水曜 21:30~22:00
木曜 21:30~22:00
字幕放送対応
NHK Eテレ 2016年1月2日 土曜 16:00~16:25(#1)
土曜 15:40~16:30(#2・3)
土曜 16:30~16:55(#4~7・10~12)
日曜 16:30~16:55(#8・9)
日曜 15:30~15:55(#13)
初放送
#2・3は連続放送
3/19・20
#1〜12振り返り放送
配信局 配信開始日 配信時間 備考
バンダイチャンネル 2013年1月8日 火曜 24:00~24:30 ライブ配信後、1週間無料配信
ニコニコ生放送 2013年1月20日 日曜 23:00~23:30
ニコニコ動画 日曜 23:30 更新 最新1話を1週間無料配信
第1期再放送
放送局 放送開始日 放送時間 備考
サンテレビ 2013年10月5日 土曜 22:00~22:30 初放送
TOKYO MX 2013年10月6日 日曜 22:30~23:00
BS11 2013年10月7日 月曜 24:00~24:30
第2期
放送局 放送開始日 放送時間 備考
TOKYO MX 2014年4月6日 日曜 22:30~23:00
テレビ愛知 2014年4月7日 月曜 25:35~26:05
読売テレビ 月曜 26:29~26:59
BS11 2014年4月8日 火曜 24:00~24:30
ディズニー・チャンネル 2015年5月13日 月曜 21:30~22:00
火曜 21:30~22:00
水曜 21:30~22:00
木曜 21:30~22:00
字幕放送対応
配信局 配信開始日 配信時間 備考
バンダイチャンネル 2014年4月8日 火曜 24:00~24:30 ライブ配信後、1週間無料配信
ニコニコ生放送 2014年4月11日 曜 23:30~24:00
ニコニコ動画 曜 24:00 更新 最新1話を1週間無料配信
第1期・第2期連続放送
放送局 放送開始日 放送時間 備考
TOKYO MX 2015年1月4日 日曜 23:00~23:30
月曜 18:30~19:00
週1話ずつ2回放送
東北放送 日曜 25:55~26:25 初放送
テレビ愛知 2015年1月5日 月曜 25:35~26:05
中国放送 月曜 25:58~26:28 初放送
読売テレビ 月曜 26:29~26:59
TVQ九州放送 月曜 27:30~28:00 初放送
3/30まで月曜 27:00~
信越放送 2015年1月6日 火曜 25:50~26:20 初放送
静岡放送 火曜 26:16~26:46 初放送
新潟放送 火曜 26:43~27:03 初放送
BS11 2015年1月7日 水曜 24:30~25:00
テレビ北海道 水曜 26:05~26:35 初放送
とちぎテレビ 2015年4月24日 曜 17:30~18:00 初放送

なお、第2期第13話(最終回)についてはTOKYO MX放送日と同日に新宿ピカデリーで開催されるイベントおよびライブビューイング会場にて上映された。

各話リスト

絵コンテ・演出・作画監督のカッコ書きの人物はライブパート担当。

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
第1期
第1話 叶え!私たちの夢―― 花田十輝 京極尚彦 大杉尚広
山下英美
山根まさひろ
西田亜沙子
第2話 アイドルをはじめよう! 京極尚彦 臼井文明
綿田慎也
川島尚
しんぼたくろう
第3話 ファーストライブ 宅野誠起
山下英美
(京極尚彦)
江上夏樹
木村智
西田亜沙子
吉田南
第4話 まきりんぱな 渡邊哲哉 綿田慎也 星野玲香
第5話 にこ襲来 京極尚彦 中村里美 小林明美
尾崎正幸
第6話 センターは誰だ? 吉田丈司 吉田丈司
(京極尚彦)
(河野亜矢子)
新村杏子
斉藤
第7話 エリーチカ 酒井和男 森本由布希
第8話 やりたいことは 京極尚彦 京極尚彦
臼井文明
(河野亜矢子)
愛敬由紀子
豊田暁子
第9話 ワンダーゾーン

宅野誠起
山下美

山根まさひろ
川島尚
しんぼたくろう
西田亜沙子
吉田南
藤井智之
第10話 先輩禁止! 子安秀明
花田十輝
吉田丈司

三宅和男

吉田雄一
寺尾憲治
星野玲香
西田亜沙子
吉田南
藤井智之
愛敬由紀子
室田雄平
第11話 最高のライブ 花田十輝 京極尚彦

綿田慎也
(京極尚彦)

大杉尚広
永富浩司
木村智
第12話 ともだち 渡邊哲哉

酒井和男

江上夏樹
尾崎正幸
斉藤
牛尾優衣
第13話 μ'sミュージックスタート! 京極尚彦

京極尚彦
河野亜矢子

飯田恵理子
川島尚
木村智
小林明美
新村杏子
しんぼたくろう
寺尾憲治
豊田暁子
山根まさひろ
吉田雄一
西田亜沙子
吉田南
愛敬由紀子
室田雄平
第2期
第1話 もう一度ラブライブ! 花田十輝
京極尚彦
京極尚彦 綿田慎也
(京極尚彦)
アミサキリョウコ
鎌田祐輔
輿石暁
(寺尾憲治)
西田亜沙子
平山円
第2話 優勝をめざして 花田十輝 京極尚彦
佐々木忍
本城恵一朗
第3話 ユメノトビラ 京極尚彦
(京極尚彦)
(臼井文明)
川島尚
しんぼたくろう
水野辰哉
(重国勇二)
(寺尾憲治)
(永富浩司)
西田亜沙子
平山円
室田雄平
第4話 宇宙No.1アイドル 誌村宏明 齋藤徳明 山崎淳 西田亜沙子
平山円
室田雄平
村山公輔
第5話 新しいわたし 藤田陽一 河野亜矢子 森本由布希
第6話 ハッピーハロウィーン 京極尚彦 松澤建一
(京極尚彦)
(臼井文明)
小林明美
中島渚
(重国勇二)
(寺尾憲治)
第7話 なんとかしなきゃ! 南川達馬 尾崎正幸
鎌田祐輔
輿石暁
永田正美
第8話 私の望み 綿田慎也 飯飼一幸
上野卓志
菊田史子
清水博明
第9話 心のメロディ 京極尚彦 川島尚
小林明美
藤井智之
(田村里美)
(戸井田珠里)
第10話 μ's 山本裕介 河野亜矢子
安藤良
中山初絵
鶴見楽
福島勇
第11話 私たちが決めたこと 酒井和男 鈴木勘太
中島渚
永田正美
第12話 ラストライブ 菱田正和
(京極尚彦)
三宅和男
南川達馬
(京極尚彦)
(安藤良)
江上直樹
尾崎正幸
鎌田祐輔
輿石暁
小林明美
後藤望
斎田博之
鈴木勘太
永田正美
ふくだのりゆき
山根まさひろ
吉田南
(重国勇二)
(寺尾憲治)
第13話 叶え!みんなの夢―― 京極尚彦 今岡大
江上夏樹
納武史
川島尚
小林明美
鈴木勘太
豊田暁子
永田正美
ふくだのりゆき
堀井久美
山崎淳
山根まさひろ
(藤井智之)
(永富浩司)
(斎田博之)

劇場版

『5th Anniversary Project』の第1弾として製作が発表された。公開時期は2015年6月13日。内容は完全新作となっている。

詳細は「ラブライブ!The School Idol Movie」を参照のこと。

関連動画

公式動画


アニメ第1期第1話無料配信中
アニメ第2期第1話無料配信中

MAD

ファン製作MAD

関連静画

関連生放送

レギュラー番組

「ラブライ部 ニコ生課外活動 ~ことほのうみ~」(全8回)
2011年5月23日~2012年4月23日
毎月1回、約1時間の公式番組。
おっとり癒し系の南ことり役の内田彩さん、いつもまっすぐなみんなのリーダー格・高坂穂乃果役の新田恵海さん、凛としたやまとなでしこ・園田海未役の三森すずこさんの3人、通称『ことほのうみ』が、全力体当たりで頑張る部活系アイドル生番組。
「ラブライ部 ニコ生課外活動 ~ことほのまき~」(全19回)
2012年6月10日~2013年12月20日
毎月1回、約1時間の公式番組。
おっとり癒し系の南ことり役の内田彩さん、いつもまっすぐなみんなのリーダー格・高坂穂乃果役の新田恵海さん、頭脳明晰ちょっぴり高飛車なお嬢様・西木野真姫役のPileさんの3人、通称『ことほのまき』が、全力体当たりで頑張る部活系アイドル生番組。
「ニコ生ラブライブ!アワー えみつんファイトクラブ」(全9回)
2014年4月18日~2014年12月26日
毎月1回、約1時間の公式番組。
いつもまっすぐなみんなのリーダー格・高坂穂乃果役の新田恵海さんが、μ'sのメンバーをゲストに送る生番組。詳細は該当記事参照。
「ニコ生ラブライブ!アワー のぞほの☆バラエティボックス」(全7回)
2015年2月27日~2015年8月22日
毎月1回、約1時間の公式番組。
スピリチュアルなラッキーガール・東條希役の楠田亜衣奈さん、いつもまっすぐなみんなのリーダー格・高坂穂乃果役の新田恵海さんの2人、通称『のぞほの』コンビが送る生番組。詳細は該当記事参照。

ことほのうみ

放送回 放送日時 ゲスト URL
第01回 2011年5月23日
21:00 ~ 22:11
第02回 2011年6月27日
21:00 ~ 22:12
Pile
第03回 2011年7月25日
21:00 ~ 22:15
楠田亜衣奈
第04回 2011年8月29日
21:00 ~ 22:16
徳井青空
第05回 2011年10月5日
21:00 ~ 22:11
第06回 2011年11月30日
21:00 ~ 22:12
久保ユリカ
第07回 2012年1月20日
21:00 ~ 22:14
第08回 2012年4月23日
20:00 ~ 21:43
/

ことほのまき

放送回 放送日時 ゲスト URL
第01回 2012年6月10日
20:00 ~ 21:15
第02回 2012年6月22日
21:00 ~ 22:17
南條愛乃
第03回 2012年7月23日
20:00 ~ 21:08
第04回 2012年8月24日
20:00 ~ 21:11
第05回 2012年9月29日
20:00 ~ 21:07
第06回 2012年11月24日
22:00 ~ 23:15
飯田里穂
楠田亜衣奈
第07回 2012年12月26日
21:00 ~ 22:12
第08回 2013年1月20日
20:30 ~ 21:57
楠田亜衣奈
第09回 2013年2月24日
20:30 ~ 21:55
徳井青空
飯田里穂
久保ユリカ
第10回 2013年3月17日
18:30 ~19:28
三森すずこ
第11回 2013年4月26日
22:00 ~23:15
第12回 2013年5月18日
22:00 ~23:10
久保ユリカ
第13回 2013年6月30日
22:00 ~23:09
第14回 2013年7月25日
22:00 ~23:12
第15回 2013年8月30日
22:00 ~23:08
第16回 2013年9月24日
22:00 ~23:02
第17回 2013年10月31日
22:00 ~23:08
第18回 2013年11月30日
22:00 ~23:18
飯田里穂
第19回 2013年12月20日
22:00 ~23:14

SP番組・ゲスト出演

放送日 番組タイトル URL
2010年9月30日 とりあえず生中(三杯目)~アニメ・ゲームの木曜日~
2011年8月11日 電波研究社~アニメ・ゲーム・アニソン~
2011年9月3日 μ's3rdシングル発売記念!「ラブライブ公開打ち上げパーティー&ラブライブ組曲」
2012年9月15日 ラブライブ!ニコ生課外活動特番!~ことにこまきぱなうみほののぞりんえり~
μ's勢揃い大発表もあるよSP
2013年3月8日 ニコニコアニメスペシャル「ラブライブ!」第1話~第7話 振り返り一挙放送
2013年3月10日 ラブライブ! μ's全員集合ニコ生特番!(仮)
2013年4月21日 ニコニコアニメスペシャル「ラブライブ!」一挙放送
2013年7月20日 2期放送決定記念!ニコニコアニメスペシャル「ラブライブ!」一挙放送
2014年3月21日 ニコニコアニメスペシャル「ラブライブ!」TVアニメ1期 一挙放送
2014年3月22日 「ラブライブ!」TVアニメ2期直前!μ'sのニコ生SP
2014年4月04日 ラブライブ!2期直前特番「春もえがおで1,2,Jump!」
2014年5月30日 ニコニコアニメスペシャル「ラブライブ!2期」1話~7話振り返り上映会
2014年8月16日 RADIOアニメロミックス ラブライブ!~のぞえりRadio外伝~
2014年8月17日 ニコニコアニメスペシャル「ラブライブ!」全13話一挙放送
2014年8月18日 ニコニコアニメスペシャル「ラブライブ!2期」全13話一挙放送
2015年5月2日 ニコニコアニメスペシャル「ラブライブ!」全13話一挙放送
2015年5月3日 ニコニコアニメスペシャル「ラブライブ!2期」全13話一挙放送
2015年9月19日 ラブライブ!μ’s →NEXT LoveLive! 2014~ENDLESS PARADE~Day1&Day2一挙放送SP!
2015年11月27日 ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル特番 ~シャンシャンPARTY☆NIGHT~
2015年12月5日 【TV同時放送】「ラブライブ!」特別番組
2016年1月16日 ラブライブ!μ’sニコ生課外活動~ことほのうみまき~一夜限りの復活!ありがとうSP

ラジオ

「ラブライ部 ラジオ課外活動 ~にこりんぱな~」
第2回総選挙で見事1位に輝いた、矢澤にこ役・徳井青空さん、元気いっぱい星空凛役・飯田里穂さん、
ほんわか守ってあげたい小泉花陽役・久保ユリカさんの3人、通称「にこりんぱな」が送る、
全力体当たりで頑張る部活系アイドルウェブラジオ。
「ランティスネットラジオ」にて2011年5月31日の第1回から2012年12月15日の第18回まで配信されていた。
2013年より出演者そのままに「ラブライ部 μ's広報部 ~にこりんぱな~」へとリニューアルし、
「響 - HiBiKi Radio Station -」にて隔週水曜日に配信されている。
2016年3月23日放送終了。全98回。
RADIOアニメロミックス ラブライブ!~のぞえりRadio Garden~
絢瀬絵里役の南條愛乃と東條希役の楠田亜衣奈が、ラブライバーと絆を深めるスクールアイドルプログラム「みんなで楽しむラジオ番組」をモットーにリスナーの方々とラブでライブな時間をお届けするラジオ番組。
2014年1月4日より文化放送で毎週土曜日24:30~25:00に放送。 放送終了後にアニメロチャンネル(ch312)内で動画配信もされる。
2015年9月26日放送終了。全91回+特番1回。

関連商品

「ラブライブ!の楽曲一覧」および「ラブライブ!の関連商品一覧」の項目参照。

関連コミュニティ

関連チャンネル

関連項目

  • μ's
  • 音ノ木坂学院
  • 神田明神
  • 神様と運命革命のパラドクス - コラボ企画により、出演する女性キャラクターはすべて、ラブライブ!のキャラクターが声優を担当したことになっている。
  • ラブライブ!の関連項目一覧
  • ラブライブ!の関連商品一覧
  • ラブライブ!の楽曲一覧
  • 畑亜貴(ラブライブ!全楽曲の作詞を担当)
  • 2013年冬アニメ
  • 2014年春アニメ
  • 2015年のアニメ作品一覧
  • ラブライブ! サンシャイン!!
  • アスキー・メディアワークス
  • サンライズ
  • ランティス

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%21
ページ番号: 4440197 リビジョン番号: 2388499
読み:ラブライブ
初版作成日: 10/08/18 15:24 ◆ 最終更新日: 16/07/29 12:27
編集内容についての説明/コメント: Eテレの放送時間一応更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


らくがき(当然正位置ィッ!!!

ちゅんちゅん

わかったこの話は

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラブライブ!について語るスレ

6170 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 17:22:35 ID: 3MN7vzID1t
外野じゃ組織票だのなんだの騒ぎ立てる人いるけど、少なくともそれはないだろうな
ラブライブ掲示板なんかバンドリとサンシャインを嫌う原理に荒らされまくってそんなことやってる余裕はないだろうし
6171 : iwatakao :2017/02/19(日) 20:23:35 ID: LjWBvgJeZr
>>6169
>>6170
まあ、実際ネット投票オンリーの結果だから作品ごとの曲数の偏りが考慮されているとは言えないし、信憑性に欠ける部分があるのは否めないだろう
実際、TOP10は近年の作品が占める割合が多くなっている
俺も残酷な天使のテーゼが1位なんだろうなとばかり思っていた
でも、アイドルアニメ以外にも曲数が多い作品群はあるし(ガンダムSEEDシリーズ、シンフォギア等)挿入歌やキャラソンまで含めるとOPEDしかない作品群とのランキング差がついてしまうのは致し方ない部分もあると思う
特に昭和のアニメ作品の曲は今回みたいな何でもありの形式だと厳しい勝負になるだろう
でも曲数が多いからランキングに入るのか、といえばそう言うわけでもない
ベスト100の発表番組でも言われていたんだが、水木一郎さんの持ち歌は曲数のあまりの多さから票が見事に分かれてしまい、ベスト100には入らなかったんだそうだ(代表曲のマジンガーZは231位になっている)
そう考えると、曲数が膨大なのにサンシャイ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
6172 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 21:44:43 ID: 4dKM1/8M22
凄さは充分分かるんだけど、熱心なラブライバーじゃない自分からすると「この曲ってそんなに流行ったっけ?」「この曲聞いたことないな」っていうのが数曲含まれてて
1,2位の曲は確かに人気だし、21位は紅白にも出たから納得行くんだけど、それ以外の曲がよくニコニコでMADになってたり、再生数の多い耐久シリーズの曲、歌ってみたで多かった曲、世間的に見ても鉄板曲よりランクが上っていうのが実感持てなくて…
コレジャナイ感が残るんだよね
6173 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 23:19:02 ID: kKeyJx0GhK
ランキングに入っている曲を数曲聴いた事ない、ですか。
曲数が多い事に言い掛かりをつけ、それが否定されたら、
今度は自分は聴いた事無い!ニコニコで流行ってない!ですか。

ファンが喜ぶのを良しとせず、否定や水を差す事に注力しそれを繰り返している陰湿な人間は当然ファンではないのでしょうね。
ID: 4dKM1/8M22 のコメントはもういりません。二度と書き込まないで下さい。
6174 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 00:56:44 ID: rHllyuENTu
1、2位おめでとう

しかしコレジャナイ感で言うなら10位の方が圧倒的に場違い感あるんだけど・・・
6175 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 02:14:55 ID: /xYBDRYi3e
>>6173
追い出すとか酷すぎるな、こういうのが信者と呼ばれる
6176 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 12:13:10 ID: BGoul3lehH
ANIKIファン「16位を除き違和感しか感じない」特撮マニア「そんな人は昭和特撮ソングの岩や鋼みたいに砕かれてばいい」…
私も含めて、畑亜貴先生のセンスに学んでほんわかレスを心掛けるべきだろう。
片や、NHKは得票数を公表する事で優劣がより具体化し、違和感派や反違和感派?などを煽る事のない為にマスクしたのかも知れない。
アンチ組織票派に関しては、「じゃあファンサイトを立ち上げて同志を糾合し、組織的に投票すれば良いじゃないか」と言いたくなるが。

>>6172
「OPとEDの差し替えなし・作中歌1曲のみ」の場合、1日3票制で作品を顕示しつつ曲単位での票割れも起こらない。
しかし、ANIKiのご指摘通り「国民的アニソン歌手」という観点ではそうなる訳だ。
逆に、リメイクやシリーズ作品でのカバー曲向け票は曲名で合算されたが、カバーに拘る国民的アニメが少ないせいか曲単位での優位性は乏しかっただろう。
曲名以外に、「作品名・リメイクやシリーズ名・アーティスト名・年代」の各々でランク分けすれば、閲覧
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
6177 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 21:48:27 ID: 4dKM1/8M22
>>6173
曲数による格差に関しては今も納得してないよ
せめて曲が多いアニメと曲が2,3曲しかないアニメで分けるか、そもそも各アニメ(アーティスト)1曲のみ投票にすれば、平等だったと思うよ
それに最初に言ってるじゃないか、「熱心なラブライバーではない」とね
アンチ的な意味合いではなく、感じた違和感を書いただけだよ

>>6175
ありがとう

>>6176
ごもっとも。昔からの大御所曲と最近の流行り曲を一緒にすること自体、ちょっと違うと思ったんだよね
大御所は有名ではあるけど、こういう企画に飛びつくて流行り曲に投票するのは若いオタクたちだろうし
マシンガーZとスノハレのどっちが音楽として素晴らしいか、って聞かれて即答できる人は少ないだろうし、比べられないと思うんだよね
6178 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 23:22:10 ID: kKeyJx0GhK
>>6177
ランキングに入っている曲は1曲を除いて全てアニメで流れていますからね。
ID: 4dKM1/8M22 はファンではないのでしょうし、アニメの方もまともに観てはいないのでしょう。
そういうご自分の不勉強を棚に上げ「企画したNHKに言うべきなのはわかってる」と言っておきながら
1位を取ったアニソンの作品の記事に乗り込んで尚もしつこく自分は聴いた事無い!ニコニコで流行ってない!コレジャナイ!違和感!と、難癖をつけているID: 4dKM1/8M22。

比べられないとランキングそのものまで否定するのはあなたのご自由ですが、
そういうのは周りに押し付けずご自分の内にとどめておくのが美徳でしょう。
これ以上は企画したNHKに直接どうぞ。
6179 : ななしのよっしん :2017/02/21(火) 00:00:54 ID: o7OyrfQY0G
人によって見え方も感じ方も変わってくるんだから万人が納得できるランキングなんて存在しないよ
恐らくこれ以上お互いに話し合っても平行線だろうしこの変にしといた方が良いと思うよ

まあ何にせよ1、2位おめでとう
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015