単語記事: ラマーズP

編集
ほんわかレス推奨

ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしば激しい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読み、過度な中傷や煽り・レッテル貼り等を控え、ほんわかレスに努めてください。 

ラマーズPとは、VOCALOIDシリーズおよびUTAUを用いて楽曲を発表しているP(プロデューサー)の通称である。

複数人説があると主張している。VOCALOID曲およびイラストはラマーズP名義で発表している。UTAU曲とMMDを投稿しているゴジマジPとは別人(ということになっている)

概要ラマーズP直筆のはちゅねミク

P名は略さずに呼んであげよう。
自称ドリ系の27歳。代表作は「ニコニコ☆おまじない」「初音奔放曲」「驫麤~とりぷるばか~」「☆ゲッダン☆」「ぽっぴっぽー」「誰も得しない伯方さんremix」「吹 っ 切 れ た(おちゃめ機能)」。

本人がマイリスしている動画群を見ればわかるが、もともとかなり広いジャンルの動画を見ているよう。ちなみに本人の三大萌え要素は「ツインテール」「八重歯」そして「巫女」。犬派でも猫派でもなくハムスター派。

動画やマイリストのコメントをまめに更新しており(日単位)、投稿者コメント機能を用いて告知などを行うこともある。その一方で、寄せられたコメントはこまめに読んでいるようである。

mp3配布は主にzipで行う。現在では(会員にならないと落とせないため)ピアプロにはあまり置かない方針。と油断させておいて、時々投下している。

最新作は2017年1月31日公開の"スパムジャック-初音ミク for LamazeP"。投稿作品はマイページの投稿動画で確認できる。

命名の由来

「初音奔放曲」が発表された際、「ぴっぴぴぷ~♪」と繰り返し入る声とリズムが、出産時に行う「ラマーズ法」の呼吸法に酷似しているため「ラマーズP」と命名された。

以前は「しゃいろn」と名乗っていた。ピアプロのIDがshine longerなので、そこから来ていると思われる。ただし、投稿し始めたころの投稿者名は「しゃいろn」ではない、とのこと。

2009年6月にDIVE杯DIVE自由形部門で優勝し、ゴジマジPを名乗る権利を取得。

2009年末ごろ「人生アヌスP」に改名しようか悩んでいたが、2010年1月1日のマイリストのコメントでは「本格的にゴジマジっと名乗っていこうと思います。」と発言している。

2010年8月28日の「夏休み6時間予想スレ生放送祭り」にゲスト出演した際には、「いまコメントのほうで「ラマーズPとゴジマジPなんで使い分けるの?」というコメントが来てますが」との質問に対して、

個人的にはVOCALOIDとUTAUの方向 性(の違い)を表してる感じで。ゴジマジPのほうはUTAU の方向へ発展させていきたいと思います。割り切りたいというか。そう、別人なんですよ!今ゴ ジマジPは隣の布団で寝てます。(そういうことです)

→ 夏休み6時間予想スレ生放送祭り

と回答している。(ただし、重音テト以外のUTAU曲については厳密なものではないらしく、春歌ナナやMac音家(UTAU使用)のコンピレーションアルバムに参加した際には、ラマーズP名義になっている。)

P名は略さずに呼んであげよう

「ラマーズP」というP名は、しばしば省略されて「ラP」「ラマP」と呼ばれることがある。これには親しみが込められているのかもしれないが、当の本人はこのような呼ばれ方を快く思っていない。時には投稿した動画に省略されたP名が表示されないようにコメントにフィルターがかけられている場合があるほど、本人にとってP名を省略されることは非常に苦痛であるらしい。

また過去に、P名が省略されることをぼやいて騒動が起きた例もある。
→ラマ●コP、または歴史の項目(2009年3月27日)参照

かなり昔の本人の発言によれば「ラマP」と略されると、本人の中で僧侶(Delay Lama)を連想して精神的に落ち込むとのこと。ラマーズPの成長を見守りたいと思う気持ちがあるならば、必ずP名は略さずに呼んであげよう。

[目次へ]

作風

音楽

かっこいいアニソン調の曲に始まり電波ソング、バラードまで幅広くこなす。初期からその才能に着目するコメントも見られたが、実際に評価が上がってくる過程でかなりの上達が認められたとするコメントも多い。

3DPVがつくようなすごい曲を作るのが目標だったが、念願かなって1次元から2次元、3次元さらには異次元までの様々なPVが制作された。→とりぷるばか、ぽっぴっぽー

ミク、リン、レンに喋らせてみた作品もいくつかある。(sm2475186sm3932478sm7039903など)

使用音声

  • 初音ミク
    初期の投稿から現在に至るまで、数々のラマーズ節を歌ってきたラマーズPの嫁。
    2010年4月からは初音ミクAppendも使用。2013年10月からは、ミクV3も登場。
  • 鏡音リン・レン
    JASRAC騒動のお詫びとして行なわれた初音ミク動画で 「鏡音リン・レン」 プレゼント!キャンペーンに当選したことで使用することになった。2011年1月からはAppendも使用。
  • 重音テト
    とりぷるばかのコーラスとして使い始めたのがきっかけ。
    UTAUのプロデューサーとしての知名度は1,2を争うほど。 しかしながら、連打ボタンを最後にラマーズP名義でのテトの使用は行わないと宣言。名義を変えての使用には含みを持たせている。
  • 巡音ルカ
    当時ぽっぴっぽーが好評だったこともあり、購入前から歌わせることが決まっていた。 本人曰く「クセがなく使いやすい」。
  • 春歌ナナ
    中の人(ななひら)つながり。テト封印宣言後も使用しているUTAU音源。
  • Mac音ナナ、Mac音プチ
    UTAUの世界におけるMac音家を支援するサークル「まくうた」のコンピレーションアルバム「with:」へのに参加がきっかけ。
  • AquesTone
    リラホルンアレンジや、FRENZ出品作(ニコニコ動画には未投稿)などに使用。
  • KAITO、MEIKO
    SEGAからの曲製作依頼もあって購入した模様。(→「えでぃっともーどのうた」) 
  • VY2
    発売日は、ラマーズPの22歳の誕生日でもある2011年4月25日。予約して購入。
  • あきこロイドちゃん
    「LAWSON×VOCALOID」コラボによる「ボーカローソン」に楽曲提供。
  • 正岡小豆、小林抹茶
    SEGAのproject575に参加。
  • 結月ゆかり
    azumaさんに勧められて購入 
  • メグッポイド、歌愛ユキ、氷山キヨテル、VY1、MAYU、東北ずん子も所有している。
  • リン・レンはプレゼントで、ユキ、キヨテルはテスターとし入手しているので、所有ボカロの半分は無料で手に入れていることになる。
  • さとうささら(CeVIO)
  • 2008年12月より、VOCALOIDやUTAU以外のジャンルのキャラクターのプロデュースも始めた。伯方の塩(伯方さん)とか社長とかキワミとか。音MADにも興味があるとのこと。
  • 2009年8月からは歌い手のプロデュースも手がけるようになった。
  • しかし本人はあくまでも「初音ミクは俺の嫁」との姿勢を崩さない。
  • 時に自ら歌うことがあったが、現在は動画がすべて非表示になっている。

使用音源

デビュー作はXG音源だったがMusic Creator4(MC4)を使用するようになり、2008年9月からは主にCUBASE4(キュ4)を使用。2009年5月末からはCUBASE5(キュ5)を使用。以降もCUBASEのバージョンアップを重ねているようだ。

[目次へ]

動画

アニメ専門学校卒(ただし動画を作る学科ではない)だけのことはあって動画内の自作絵は好評であり、他のPの動画でも使用されるほどである。その特徴的な画風には、多くの場合、サムネで特定余裕でした、というタグやコメントが付けられる。たまに画風を変えて投稿されると、識別の難易度に 応じて、サムネ困難、サムネ不可能、などのタグが付くことがある。

SAIのクレヨンツールで描かれたイラストを使用した動画には、しばしば「伝説のクレヨンマスター」タグが付けられる。

「パンツを見せました」とか歌わせているが、VOCALOIDのパンツは描かない主義らしく、実際にそういうイラストは描いていない。(VOCALOIDとUTAUのキャラクターのみのルールの模様。)

一方で、自作の曲よりも自作の絵の方が人気が高いと感じて悩むこともあり、2008年10月2日発表の「ストロベリー」ではあえて脱力したPVを制作して、「てゆーか誰かこれよりもっとマシなPVを作ってくれませんかorz」と自虐的なコメントをするなど、屈折した心境を覗かせている。しかも、そのPVが逆に大好評でさらに悩みを深めた模様。

静止画を切り替える手法のPV制作がメインであったが、2009年4月にNiVEを使用し始めてからはPVの作風の幅が広がりつつある。音に合わせて円が広がるエフェクトや、背景にBGMの音波波形を表示する演出が気に入っている模様。

なお、2008年10月16日投稿の「☆ゲッダン☆」は、シンプルなのに極度に熱情的な踊りの動画で魅せて、ゲッダンブームを引き起こしてしまった。これも動画制作力の高さの表れであり、シンプルなコメントに苦悩が見えて、やや涙を誘う。

2012年中頃からはシャープな線で描かれた本格的なPVを自作して投稿することも多くなってきている。

歌詞

しばしば、かなり難解意味不明なことがある。

通常の作詞者であれば、ひねった歌詞を入れる場合でも、それぞれの語の関係はPVなどから切り離されても推定が容易である場合が多いが、氏の作品では主語や述語などが大幅に省略されて次の内容へと続いていくという、文法からかなり自由になった表現手法が主流を占めている。

おそらく、想定した何らかのシチュエーションが存在して、そこから出てきたフレーズや単語を曲に合わせてつないで作られているのではないかと思われる(ある種の電波ソングの歌詞に近い技法なのかもしれない)。従って視聴者にはその言葉の欠片から逆算して、シチュエーションを想像することが求められる。

想定している(と推定される)シチュエーションとしては、VOCALOIDとの出会いから思いがけず有名ボカロPになってしまった氏の身上をテーマにしているのではないかと思われるものや、マスターに想いを寄せる初音ミクや鏡音リンの視点で描かれているのではないかと思われるものが多い。しかしながら、中にはインタントのように「カップラーメンと電車と朝の歌」と、どうしてこうなったというような組み合わせの曲も存在するので油断ならない。

もちろん、普通に異性への想いを歌った曲で、情景が容易に思い浮かぶものも多数ある。しかし、でんわにでんわのように、非日常的光景を描いた(と推定される)ものでは、真相が視聴者の間でも謎のまま終わってしまっているケースも散見される(もっとも、これについては曲の雰囲気作りの仕様であるとも考えられる)。

巡音ルカの発売時から英語の曲を作ることはあったが、VOCALOID V3で初音ミクの英語ライブラリが出たことをきっかけに、歌詞に積極的に英語を取り入れるようになった。英語の歌詞においても上記の傾向は変わっていないようである。

結局一言でまとめると次のようになるのではないかと思う。

考えるな。感じろ。——楽しんだ者勝ちである。

誤字

ときどき歌詞ときにはタイトルにまで誤植がみられる。もしかしたらゴジマジPとは生まれたときからのつきあいなのかもしれない。

投稿スタイル

初期はコメントのフィードバックを受けて曲を修正して、short, long, fullと3回発表されることが多かった。中には6回発表された曲もある。現在でも氏の動画には(大長編の)full制作を求めるコメントが絶えない。

好きな曜日は木曜日で嫌いな曜日は曜日と発言しており、新作の投稿は木曜日深夜0時から1時のことが多かった。新作の気配がするとこの時間帯に待ち伏せするのが一部のファンの間で流行っていたが、2008年11月10日月曜日未明に「とりぷるばか」が殿堂入りしてそのお礼として投稿した動画に「史上最高の月曜日タグ」がつけられてからは、月曜日も気に入ったようで時々月曜日の0時から朝にかけての投稿が増えるようになってきた。

2009年5月14日に0時まで起きていることが辛いことを理由に木曜日の早朝に投稿時間を切り替えると発表した。

Twitterでも毎週のように「金曜日爆発しろ」という発言があったが、曜日が嫌いな理由については明かされてこなかった。しかしついに、2010年7月31日投稿の鏡音リン「 金曜日爆発しろ!! 」 鏡音レン「 ちゅどーん 」でその一端が明かされた。「明日が休日なので気が緩むから、」「不幸が降り注ぐ」かららしい。あくまでも歌詞でありフィクションの可能性もあり、詳細もまったくイミフだが、想像できる範囲では過去に曜日にトラウマになるようなことがあったとも考えられる(本人の発言からすると実話らしいが、何があったかまでは明かされていない)。

[目次へ]

生放送

ラマーズPコミュニティには、長らく参加しておらず、sticamや、Ustreamで作曲放送をしていた。
コミュニティ参加以降は、作曲、描いてみた、ゲーム(実況はほぼなし)を配信している。毎週月曜日朝6時から定期生放送をしている。初期には生音声の有無によりタイムシフトあり・なしの放送区分があったが、現在は常時生声ありタイムシフトなしである。放送では、棒読みちゃんを用いて視聴者のコメントが読み上げられる。

[目次へ]

ディスコグラフィ

現在のところ、ラマーズPの楽曲は個人アルバム1枚の他、多数のコンピレーションアルバムが製作されている。これらは同人盤である「10 summers」「ハイテン★ガール」などを除いて、一般のCDショップで購入可能である。また、2009年11月18日にはEXIT TUNESより「THE COMPLETE BEST OF ラマーズP feat.初音ミク」が発売された。

また、砂吹旅人氏によるぽっぴっぽーPV(→)が、2010年2月10日発売の初音ミクDVD~impacts~に収録されている。

オリジナルアルバム

EXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF ラマーズP feat.初音ミク

ラマーズP初の単独アルバム。全15曲収録。2009年11月18日発売。

大ヒット曲「ぽっぴっぽー」「 1 」「~とりぷるばか~」他、新曲を含む初音ミク♥love♥なラマーズPのベストアルバムが遂に発売!! ジャケットイラストはラマーズPが担当&未公開イラストを敷き詰めたブックレット仕様!!
  1. 「 1 」
  2. 有言実行
  3. 驫麤~とりぷるばか~
  4. lost angel (オリジナル新曲)
  5. ストロベリー (Album ver.) / ラマーズP&azuma feat. 初音ミク
  6. でんわにでんわ
  7. ぽっぴっぽー
  8. 目が覚めたら
  9. ノスタルジア (オリジナル新曲)
  10. 小さな世界に恋をして (Album ver.)
  11. 笑顔にさせて
  12. つよがり (オワタP-piano arr.)
  13. ペケ印 (オリジナル新曲)
  14. 初音奔放曲(full)
  15. continued ~LamazeEdition~

「promise (☆ゲッダン☆)」は権利の問題により収録中止。

『I say love / LamazeP』(feat.初音ミク)

ラマーズPの2ndアルバム。全10曲収録。2014年9月26日発売。

初音ミクのVOCALOID3専用の音源が発売されてから発表した楽曲、描き下ろし曲、新たにリメイクした曲を収録しています。
  1. 愛の詩 (feat. 初音ミク)
  2. デレ化現象100% (feat. 初音ミク)
  3. I say love (feat. 初音ミク)
  4. Aquaculture (feat. 初音ミク)
  5. Nothing (feat. 初音ミク)
  6. 銀河系から徒歩5分以内で (feat. 初音ミク) (オリジナル新曲)
  7. Refugium (feat. 初音ミク)
  8. トキメキ (feat. 初音ミク) (オリジナル新曲)
  9. くるくるぱぁ (feat. 初音ミク)
  10. WAVEFILE_V3ver (feat. 初音ミク) (V2ver)

『恋のプログラム発動』(feat.初音ミク)

ラマーズPの3rdアルバム。今回もダウンロード配信のみ。2015年9月9日発売。

  1. 恋のプログラム発動 (feat. 初音ミク)
  2. 今日も怯えていますか? (feat. 初音ミク)
  3. 強行突破 (feat. 初音ミク)
  4. 空調不調 (feat. 初音ミク)
  5. 通過性マジックペン (feat. 初音ミク)
  6. この気持ちは雨宿り (feat. 初音ミク)
  7. ないないなな拍子 (feat. 初音ミク)
  8. 七日は今だけ (feat. 初音ミク)
  9. ミクちゃんの手作りシンフォニア (feat. 初音ミク)
  10. Outsider (feat. 初音ミク)
  11. 地平線 (feat. 初音ミク)
  12. Let get you (feat. 初音ミク)
  13. キミには! (feat. 初音ミク) (オリジナル新曲)
  14. 心はセレナーデ (feat. 初音ミク) (オリジナル新曲)
  15. Sleeping, Forest Night. (feat. 初音ミク)
  16. ニコニコヌクモリティ (feat. 初音ミク)

きがぬけそうなあるばむ。

ラマーズPの4thアルバム。今回もダウンロード配信のみ。2016年11月23日発売。

  1. やだ働かない (feat. 初音ミク)
  2. 情熱のSUMMER (feat. KAITO)
  3. 驚天動地 (feat. 初音ミク)
  4. 難聴系男子が倒せない (feat. 鏡音リン)
  5. Sentimentally Egg (feat. 鏡音レン)
  6. ニューロニズム (feat. 初音ミク)
  7. 束縛式アタッチメント (feat. 巡音ルカ)
  8. だらけたい (feat. 初音ミク)
  9. マイナス思考 (feat. 鏡音リン・鏡音レン)
  10. 楽しいPuddingの歩き方 (feat. MEIKO)
  11. don't want you to sing (feat. 鏡音リン)
  12. 発熱デイリー (feat. 初音ミク)

コンピレーションアルバム

EXIT TUNES PRESENTS Vocalostar feat.初音ミク
「ぽっぴっぽー」収録。本家よりも短い編集となっている。歌詞は本家と英語版を合せた構成。
EXIT TUNES PRESENTS STARDOM 2
「誰も得しない伯方さんremix」が「誰も得しない伯方さんソング」としてfeat.転少女で収録。
10 summers
「てるてる」がなないろ(ななひら・色葉)への提供楽曲として収録。同人盤。
初音ミク ベスト~impacts~
「ぽっぴっぽー」収録。Vocalostarとほぼ同様の編集。
VOC@LOID GENERATION ボカロに代わって歌ってみた
桃井はるこ歌唱の「 1 」が収録。とらのあな限定の取扱。
電波系コンピレーションアルバム ハイテン★ガール
「なまちょこざい」(feat.鏡音リン) 収録。the VOC@LOiD M@STER 10にて頒布。
EXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF azuma feat.初音ミク
ボクP(azuma)によるカバーアレンジ曲「ストロベリー BKA-MIX Full ver.」を収録。2009年12月2日発売。
EXIT TRANCE PRESENTS ウマウマできるトランスを作ってみた7
「ぽっぴっぽー (Ryu☆ Remix) 」を収録。2010年2月3日発売。
EXIT TUNES PRESENTS Supernova 2
「meteor36.0/歌愛ユキ」を収録。2010年3月3日発売。
EXIT TUNES PRESENTS SUPER PRODUCERS BEAT MIXED BY Ryu☆
「ぽっぴっぽー (Ryu☆ Remix) / ラマーズP 」を収録。2010年4月7日発売。
スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)
「スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)(ラマーズP REMIX) - Mark Oh feat, Scatman John」を収録。2010年4月21日発売。同曲はフジテレビ系「たけしのコマ大数学科」4月~6月エンディングテーマとなった。
なないろ
「あらーむサン (作詞:茶太 作編曲:ラマーズP)」を収録。2010年5月19日発売。
EXIT TRANCE PRESENTS ウマウマできるトランスを作ってみたCOMPLETE BEST 2
「ぽっぴっぽー (Ryu☆ Remix) / ラマーズP 」を収録。2010年7月21日発売。限定伯方さん(しおたん)フィギュアセット版もある。
初音ミク -Project DIVA- 2nd NONSTOP MIX COLLECTION
「ぽっぴっぽー」を収録。2010年7月28日発売
EXIT TUNES PRESENTS Vocaloanthems feat.初音ミク
More drive / azuma×ラマーズP」 および 「おちゃめ機能 -Full ver.- / ゴジマジP feat. 重音テト」(Bonus Track)を収録。
New Wave
マイナス思考 [ska-rock ver.] / ラマーズP feat.野犬」収録。2010年11月14日発売。同人盤。
ECHO~チャリティ・デイズ~
「please」を収録。2010年12月24日発売 
EXIT TUNES PRESENTS GUMism from Megpoid
新曲「さよなら。」収録。2011年3月16日発売
サオリリス 歌ってみた 初音ミク
「ぽっぴっぽー」歌ってみた収録。2011年4月27日発売。(参考→sm13498042)
EXIT TUNES PRESENTS ろん BEST -ひっしに歌ってみた編-
「からげんき」「白菜」「NEW(FULL ver.)」「ウコンエキス」歌ってみた収録。2011年11月2日発売。
MAYU LOVES -First-
「ぽっぴっぽー(MAYU_Arrange_ver) / LamazeP feat. MAYU」収録。

[目次へ]

関連動画

動画 関連タグ
  • ニコニコ☆おまじない (→ 検索)
  • 元気が出るミクうた
  • みんなのミクうた
  • (≧▽≦)ニーコ☆ニコ☆ニコ☆
  • ニコニコ動画テーマソング
  • 人生アヌスP
  • ぴっぴぴぷぅ~♪ (→ 検索) ← こちらが基幹タグ
  • 初音奔放曲 (→ 検索)
  • VOCALOID産婦人科入り
  • 出産用BGM
  • マタニティテクノ
  • フル希望(Full希望)
  • ゲッダン (→ 検索)
  • 全ての元凶
  • だいたいこいつのせい
  • ざまぁ / はっはっは、人がツンデレのようだ!
  • ラマーズP最大の誤算
  • 八頭身モナー 
  • 逃げ切れなかったミリオン / 100万再生
  • ぽっぴっぽー (← 他店舗はこちらから) (→ 検索)
  • J-POPIPO / ┗(^0^)┓))((┏(^0^)┛
  • 滅びのジュース
  • ごきげんミクさん
  • 強制おかわり / もう一杯!□ヽ(≧▽≦)ノ
  • VOCALOID食堂入り
  • FSS
  • SLT(Super Lamaze Time)
  • 伯方さん(しおたん / 伯方シオ)
  • 伯方の塩 / 6文字の奇跡
  • 伯方の塩殿堂入り / これは錆びる
  • 伯方ないね
  • ちょっとバンザイしてみようか / はしたねぇな
  • ぱんつはいてない / スッポンポンチョ
  • またお前か
  • 作曲: ゴジマジP
  • おちゃめ機能 / 重音テト / UTAU殿堂入り / フル希望
  • 吹 っ 切 れ た / 八頭身モナー
  • 吹切殿堂入り / 【MMD☆吹っ切れた選手権】 / 吹っ切れm@ster / 東方吹切腰 / 生主も吹っ切れたリンク
  • 全ての元凶 / 震源地 / だいたいこいつのせい
  • またお前だろうな
  • ラマーズPの誤算シリーズ
  • 産経新聞 (2010年5月27日付記事)

[目次へ]

上記以外の主な作品

アニソン風ラマーズP

電波系ラマーズP

PV風ラマーズP

静止画でもラマーズP

コラボでもラマーズP

 アレンジ、リミックスでもラマーズP

[目次へ]

お絵カキコ・関連静画

お絵カキコ

再生すると...。

ラマーズP直筆のはちゅねミク ほっぺをつねってみた 神秘を感じる 二日分遅れちまった あれ?しおたん描こうとしたらしおたんっぽくねえ イエス愛編む これが噂のすっぱーあいどるってやつでしょうか は!し!た!ない! まーるーかいてーまーるーかいてー ニコニコテレビ君 霧雨魔理沙

関連静画

一覧はこちら

[目次へ]

関連リンク

本人が管理しているもの

一覧・Wikiなど

その他

[目次へ]

関連用語

作品名 / 作品関連用語

その他の関連用語

  • ラマーズPの誤算シリーズ
  • SLT(Super Lamaze Time) / 驚異的な中毒性 / 無限ループ
  • 「ぱ」行に定評のあるラマーズP
  • ラマーズP誕生祭
  • P名は略さずに呼んであげよう
  • だいたいこいつのせい
  • フル希望(full希望)
  • サムネで特定
  • 伝説のクレヨンマスター
  • ほっぺをつねってみたい
  • 初音ミクは俺の嫁
  • 歌うPシリーズ / 踊るPシリーズ / 有名Pの暴走シリーズ / 有名Pの集団暴走
  • わりばしおんな。
  • 逃げ切れなかったミリオン
  • DIVE杯
  • こちらニコニコ放送局!
  • FRENZ
  • 夏休み6時間予想スレ生放送祭り
  • EXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF ラマーズP feat.初音ミク

人名

  • シャイロン: 「しゃいろn」だがタグではこう表記されている。本人も一度タグにあわせてHNを変えている。
  • サウザーP: ラマーズPの旧P名
  • ゴジマジP: DIVE杯「DIVE自由形部門」優勝により、名乗る権利を獲得。(→ DIVE杯)
  • ラマ●コP / ラマP
  • 産後P: 弟子。ラマーズPと合わせて、産婦人科P’s
  • azuma(ボクP): コラボ多数。CDやコラボのきっかけを作った恩人
  • ななひら: 歌い手。ラマーズPとコラボ作品多数
  • さつき が てんこもり: 氏主催のサークル「ぐうのねサウンズ」の同人CD複数に、ゲスト参加している
  • ER算数:(しおたん)伯方さんの生みの親
  • にわとりPVの人: 関連動画制作で知られる「ぽっぴっぽーの奇術師」
  • 半目ミクP: とりぷるばかやぽっぴっぽーのPVを製作している、ねんどろいど & figma改造職人
  • 中割りP
  • ろん(歌い手)

[目次へ]

関連コミュニティ

ラマーズP本人も参加。作曲生放送やお絵かき生放送をすることも。

関連商品

CD

ゲーム・DVD・その他

 

書籍

着メロ他

[目次へ]

歴史(2008年)

(以下、日刊は、日刊VOCALOIDランキングの略。週刊は、週刊VOCALOIDランキングの略)

2008年1月1日 「intention」shortver.が初投稿。氏はこの曲で鏡音リン・レンを当てたらしい。
2008年1月10日 「intention」Fullver.完成(マイリストに入っている最初の曲)発表。
2008年4月20日 「continued」fullver.を発表。日刊#71で8位にランクインし、約1週間で4000再生まで伸びる。
2008年5月7日 「ニコニコ☆おまじない」最終調整版を発表。日刊#88で4位、#89では1位、週刊#32で17位。
2008年5月29日 「初音奔放曲」を発表。日刊#109で8位にランクイン。そのインパクトの強さからマタニティテクノ、VOCALOID産婦人科入りなどの新しい単語を生 み出した。当時氏の作品で一番再生数が多かった「ニコニコ☆おまじない」をさしおいて氏の代表作となる。
2008年6月12日 「君がそばにいると信じたい」fullver.を発表。制作に半月かけたらしいが、1日で作った「初音奔放曲」に負けてしまったため、自らの歌声を披露する羽目になる。
2008年6月23日 「初音奔放曲」longver.を発表。日刊#135で5位。週刊#39で21位。25分を超える長さはおそらくVOCALOIDランキング入りしたオリ ジナル曲としては最長と思われる。しかし、Fullでなくlongと書いてしまったため、Fullの制作を求める声が後を絶たない(笑)。
2008年6月28日 「驫麤~とりぷるばか~」shortver.を発表。日刊#139で6位。週刊#39では33位だが、リニューアルした週刊のピックアップ第1号に選ばれた。
2008年7月13日 「驫麤~とりぷるばか~」fullver.を発表。日刊#154で7位。週刊では#41で22位、#42で25位。
2008年8月28日 「笑顔にさせて」を発表。同時にクレヨンPVの封印を宣言。
2008年10月2日 「ストロベリー」を発表。再びPVを披露した。日刊#235で6位。週刊では#53で21位。
2008年10月16日 「☆ゲッダン☆」を発表。
2008年11月10日 5時41分「驫麤~とりぷるばか~」fullver.が10万再生を突破。VOCALOID殿堂入りを果たした。
2008年11月17日 週刊ニコニコランキング#80においてPickupで「[手書き]アレルヤで☆ゲッダン☆」が取り上げられると元ネタの元ネタである「☆ゲッダン☆」も脚光を浴びる事に。翌日、毎時ランキングにランクイン。更に翌日以後デイリーランキングにランクインすると共に急速に再生数が跳ね上がり始める。
2008年11月20日 「☆ゲッダン☆」10万再生を突破。翌日「驫麤~とりぷるばか~」の再生数も抜き、遂にラマーズP全動画中最大の再生数に。
2008年11月22日 「☆ゲッダン☆」20万再生を突破。ボーカロイドうp主の全動画中非ボーカロイド動画がダブルスコアで最大再生数となる異常事態に対してラマーズPのコメントやマイリストでの嘆きが(ry
2008年11月24日 「☆ゲッダン☆」30万再生を突破。また、同日発表の週刊ニコニコランキング #81 で6位となる。
2008年11月26日 「でんわにでんわ【Fullなの。】」発表。日刊#291で4位。週刊では#61で14位。
2008年11月27日 「☆ゲッダン☆」40万再生を突破。
2008年11月30日 23時49分「☆ゲッダン☆」50万再生を突破。
2008年12月9日 「☆ゲッダン☆」60万再生を突破。
2008年12月11日 「ぽっぴっぽー」修正版を投稿。日刊#305で2位。週刊#63では11位。なお、同じ#63では「驫麤~とりぷるばか~」が14位、前の週の#62では「ニコニコ☆おまじない」が28位にそれぞれ再浮上している。
2008年12月15日 「月刊ニコニコランキング@カテゴリ 2008年11月」(別名 ゲッダンニコニコランキング)において、「☆ゲッダン☆」が踊ってみたカテゴリ一位を獲得。また、「ゲッダン」が注目タグとして取り上げられる。
2008年12月20日 同11日の「ぽっぴっぽー」修正版投稿から毎日動画を投稿。同21日に投稿が無かったため、連続投稿記録10日という記録を残した。
2008年12月31 「☆ゲッダン☆」70万再生を突破。本年最後の作品「feat」を投稿。2008年の投稿動画83作

[目次へ]

歴史(2009年1月-3月)

2009年1月1日 前日の投稿から4時間後に新曲「NEW」を投稿。週刊#66で25位に入る。なお「feat」は47位。投稿者名が「名無し」から「魔理沙」に。
2009年1月15日 0時44分「ぽっぴっぽー」修正版がVOCALOID殿堂入りを果たした。また、翌週の週間#68では「ぽっぴっぽー」が4位に再浮上して いる。同日、ニコ割ゲームのプレイ動画「俺の日常」を投稿。以降も様々なニコ割プレイ動画を投稿しており毎回広場でのコメント一番乗りを狙っている。
2009年1月31 「【巡音ルカ】ぽっぴっぽー【大型店だよ!】」を投稿。
2009年2月2日 16時19分頃「【巡音ルカ】ぽっぴっぽー【大型店だよ!】」がVOCALOID殿堂入りに。投稿から2日強での10万再生は、ラマーズPの動画中最速となる。また、週刊#70ではルカ祭りの中7位に入る。
2009年2月5日 「☆ゲッダン☆」80万再生を突破。
2009年2月10日 父親にP名がバレる
2009年2月19日 「誰も得しない伯方さんremix」を投稿。「月刊カテラン 2009年1月」において、「ぽっぴっぽー」が注目タグとして取り上げられ、本店、大型店、海外支店、ライバル店が紹介される。投稿者名が「魔理沙」から「ペロッ……これは塩化ナトリウム!」に。
2009年2月21日 「小さな世界に恋をして/初音ミク」を投稿。動画数が100件突破。
2009年2月22日 実家にボーカロイド曲を作っていることがバレる。 寝ている間にボーマスが終わる。
2009年3月11日 ニコニ広告が実装され「【初音ミク】みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」へ500ポイントを投入する。これに合わせて投稿者名が「ペロッ……これは塩化ナトリウム!」から「みくみく動画(ββ)」に。
2009年3月23日 「誰も得しない伯方さんremix」が10万再生を越え、伯方の塩殿堂入りした。
2009年3月26日 重音テト「連打ボタン」を投稿。マイリストにて「少なくとも、今のP名でテト曲を投稿するのはラスト」とコメントしている。【重音テト】 ぽっぴっぽーMk-Ⅱ【ライバル店だよ!】が10万再生を越え、UTAUのみの動画としては初めて、UTAU殿堂入りした。
2009年3月27日 「連打ボタン」のマイリストおよび配布zip中のコメントを誤読した人が新しいP名を提案したり、「ラマ●コPを名乗って」というお願いを聞き入れて一時改名したりといった騒動を巻き起した。志満秀×ピアプロ緊急コラボ初音ミクえびせんのテーマソングに「ぱりぱっぱ」が採用された。ちなみに名義は募集締め切り時のピアプロでのID「しゃいろn(ラマーズP)」になっている。

[目次へ]

歴史(2009年4月-6月)

2009年4月1日 投稿者名が「みくみく動画(ββ)」から「名無し」に戻る。
2009年4月2日 鏡音リン「反抗してやる!」を投稿。日刊#417で6位。週刊#79で29位。なお、ぽっぴっぽー本店が27位に再浮上。
2009年4月4日 「【初音ミク】ぽっぴっぽー 英語版」が10万再生を越え、VOCALOID殿堂入りした。ラマーズP自身の投稿したぽっぴっぽーとしては、本店、大型店、ライバル店に続く、4作目の殿堂入り。
2009年4月5日 「☆ゲッダン☆」90万再生を突破。もうミリオンは逃げてくれない(タグより引用)。
2009年4月6日 「ピー少女」を投稿。3日後の9日にPVを投稿。週刊#80で24位に入ったのはPV版の方であった。
2009年4月20日 「つよがり」を投稿。週刊#82で23位。
2009年4月25日 ラマーズP 20歳の誕生日。ラマーズP誕生祭。
2009年4月27日 ミクモバ クリエイターズピックアップ第四弾」で、"【初音ミク】ぽっぴっぽーPV【飲もう!】"を製作した砂吹氏とともにピックアップされた。
2009年4月28日 クリプトンの推薦でNetぼかりすα版のテスターに選ばれ、「愛してるって伝えたいけど」投稿。
2009年4月29日 インタビューが掲載された「ヤマハムックシリーズ VOCALOIDを楽しもう Vol.2」が発売された。
2009年5月18日 「 1 」を投稿。クレヨンPVを解禁。日刊#463で1位。
2009年5月23日 mixiのアカウントが停止。マイミク0人余裕でした(本人談)。
2009年5月24日 12時34分「 1 」がVOCALOID殿堂入り。
2009年5月25日 「 1 」が週刊#86で曲名通りにはならなかったものの自身最高の2位を獲得。「ぱりぱっぱ」がテーマ曲に採用された『みくせん』が出荷開始。購入者は「ぱりぱっぱ」の着うたがダウンロードできる。
2009年5月28日 「ピー少女」/巡音ルカ fullver.投稿。週刊#87で9位。
2009年6月1日 「☆ゲッダン☆」99万再生を突破。もはやミリオンは時間の問題となった。
2009年6月3日 ぽっぴっぽー本店が50万再生突破。七色のニコニコ動画にぽっぴっぽー(と ☆ゲッダン☆)が収録される。
2009年6月5日 00:44に「☆ゲッダン☆」ミリオン達成。逃げ切れなかったミリオンざまぁww
2009年6月17日 「ぽっぴっぽー / ラマーズP feat. 初音ミク」が収録された「EXIT TUNES PRESNTS Vocalostar (ボカロスタ) feat. 初音ミク発売
2009年6月18日 「ダイブっ!」を投稿。DIVE杯「DIVE自由形部門」エントリー作。
2009年6月22日 「ダイブっ!」で、見事、DIVE杯「DIVE自由形部門」優勝&DIVE杯総合優勝し、ゴジマジPを名乗る権利を獲得した。これに伴い、ピアプロのユーザー名が「誤字にマジレス」さんに。

[目次へ]

歴史(2009年7月-12月)

2009年7月下旬 髪を染めて別人になったらしい。
2009年8月15日 コミックマーケット76に「こちらニコニコ放送局!」から出展。
2009年8月19日 「誰も得しない伯方さんソング」 (ラマーズP feat. 転少女) が収録されたコンピレーションアルバム「EXIT TUNES PRESENTS STARDOM 2」発売。メインボーカルは「歌ってみた」で活動している歌い手の転少女さん。
2009年8月26日 「ぽっぴっぽー」が収録されたアルバム「初音ミク ベスト~impacts~」発売。
2009年9月12日 FRENZに「ゆっくりにお兄ちゃんと言わせたかった」を出展。
ぽっぴっぽーのメロ譜付の初音ミク 名曲GUIDEが発売。
2009年9月21日 公開マイリストのタイトルが「ラマーズP」になる。(投稿者名は「名無し」まま変わらず)
2009年9月28日 「VOCALOIDを楽しもう Vol.3 (ヤマハムックシリーズ)」の付録DVDに「恋のパラメーター」が収録。
2009年10月5日 「ひぐらし。弐」 《なごみ文庫032》の挿絵の絵師の一人として参加
2009年11月6日 「 1 」 (Vo: 桃井はるこ) が収録された「VOC@LOID GENERATION~ボカロに代わって歌ってみた~」発売。
2009年11月15日 ボーマス10に参加。「なまちょこざい」を収録した「ハイテン★ガール」頒布。
2009年11月17日 メグッポイド購入
2009年11月18日 初の単独アルバムとなる「EXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF ラマーズP feat.初音ミク」発売。
2009年11月19日 みくせんと「ぱりぱっぱ」の縁が元で、FM高松の「815 My Playlist」にて、「初音奔放曲」longver. が番組一杯を使って流された。(それでも時間が足りなかったらしく、最後のしゃべり部分は流れなかった。)
2009年12月31 本年最後の作品"「 1 」/ななひら"を投稿。2009年の投稿動画78作(確認分)

[目次へ]

歴史(2010年1月-6月)

2010年1月初頭 マイリストのタイトルが「ゴジマジP」になり、「本格的にゴジマジっと名乗っていこうと思います」と表明。
2010年1月3日 「初音ミク ペケ印 PV」を投稿。
2010年1月28日 「けんぜんなてとりすのおうた」でGUMI(+氷山キヨテル)参入。週刊#122で初の名誉のランキング除外。
2010年1月30日 鏡音リン版ぽっぴっぽーがVOCALOID殿堂入り。これでVOCALOID CVシリーズが一通り殿堂入りしたことに。
2010年2月3日 「ぽっぴっぽー (Ryu☆ Remix) / ラマーズP」を収録した「EXIT TRANCE PRESENTS ウマウマできるトランスを作ってみた7」が発売
2010年2月10日 2010年1月2日に100万再生を達成した砂吹旅人氏のぽっぴっぽーPVが収録された初音ミクDVD〜impacts〜が発売。
2010年3月3日 EXIT TUNES PRESENTS Supernova 2発売。「meteor36.0/歌愛ユキ」が収録される。ラマーズP名義。
2010年3月9日 ミクの日感謝祭 39's Giving Dayサイン会。
2010年3月28日 VOCALOID PARADISE 3にサークル「normal love」(ゴジマジP&ボークP)として参加。(→ 特設ページ)
2010年4月7日 「ぽっぴっぽー (Ryu☆ Remix) / ラマーズP」を収録した「EXIT TUNES PRESENTS SUPER PRODUCERS BEAT MIXED BY Ryu☆」が発売。
2010年4月21日 スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)」(マーク・オー feat.スキャットマン・ジョン)発売。ラマーズP remix ver.も収録。ラマーズP制作のプロモーションビデオDVDプレゼント有。
2010年4月24日 フジテレビ「ミューサタ」にて、スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー) のラマーズP制作PVをオンエアー予定。
2010年4月25日 21歳の誕生日。今年もラマーズP誕生祭が行われた。
2010年5月10日 「吹 っ 切 れ た」を投稿。
2010年5月13日 アニメ専門学校を卒業
2010年5月14日 10時23分「吹 っ 切 れ た」が10万再生突破。さらに同日 21時41分 自己派生動画「ラマーズP終了のお知らせ」が10万再生を超えてUTAU-PV殿堂入り。ニコニコラムも吹 っ 切 れ た
2010年5月19日 「あらーむサン (作詞:茶太 作編曲:ラマーズP)」を収録した「なないろ」が発売。
2010年6月13日 ニコ動運営も吹 っ 切 れ た
2010年6月28日 22時40分「☆ゲッダン☆」200万再生突破。さらに「吹 っ 切 れ た」がミリオン逃げて状態に。
2010年6月29日 21時15分「ぽっぴっぽー」が100万再生突破。ゲッダンダブルミリオンには1日及ばなかった。ざまぁw。

[目次へ]

歴史(2010年7月-12月)

2010年7月6日 22時52分「連打ボタン」がUTAU殿堂入り。
2010年7月19日 ボーカロイドマスター13で、「もう5時か......」「矢印の指す方へsolidcompver.」を収録したボーカロイドコンピ「バブルガムミミック!!」が頒布。
2010年7月21日 「ぽっぴっぽー (Ryu☆ Remix) / ラマーズP」を収録した「EXIT TRANCE PRESENTS ウマウマできるトランスを作ってみた COMPLETE BEST 2」が発売。限定伯方さん(しおたん)フィギュアセット版もある。
2010年7月26日 18時25分「吹 っ 切 れ た」が100万再生突破。3 作品ミリオン達成者の仲間入り。
2010年7月29日 「ぽっぴっぽー」を収録した「初音ミク -Project DIVA- 2nd」が発売。同作収録曲の公式コンピレーションアルバム「初音ミク -Project DIVA- 2nd NONSTOP MIX COLLECTION」はゲーム発売前日の7月28日発売。
2010年8月14日 コミックマーケット78でサークル「creazuma」で「はちゅねを数えて」を収録したボカロコンピアルバム『Try!』が、サークル 「ポヤッチオ」で「A杯」 「Existence」を収録したななひら 1st Album 『ゴキゲン77゚↑』が、サークル「善、スペース」で「バカプラス+」 (原曲:とりぷるばか 編曲:オワタP)を収録したオワタPアルバム『チェンジ \(^o^)/ 』が頒布。
2010年8月28日 夏休み6時間予想スレ生放送祭りに出演。
2010年9月6日 第5回MMD杯で審査員を務める。
2010年9月15日 More drive / azuma×ラマーズP および おちゃめ機能 -Full ver.- / ゴジマジP feat. 重音テト が収録された「EXIT TUNES PRESENTS Vocaloanthems feat.初音ミク」が発売。
2010年10月17日 「DIGITAL CONTENT EXPO 2010」でのヤマハのセミナー「VOCALOID-P養成講座 ~あなたもPになれる!~」にゲストPの一人として登壇。「なんて淫らなシーケンサーだ」のVY1調声を再現、解説。(→参考記事)
2010年11月18日 アルバム「EXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF ラマーズP feat.初音ミク」発売一周年を記念して、同CDに収録予定だった「promise/広瀬香美」カバーアレンジを含む新曲3作を投稿。
2010年12月12日 ニコニコランキング予想スレ民が選ぶこのうp主がすごい!2010に選ばれる。
2010年12月24日 コトブキヤより新曲「please」を収録した「ECHO~チャリティ・デイズ~」が発売。
2010年12月30日 本年最後の作品"宇/初音ミク(default・soft・sweet)"を投稿。2010年の投稿動画55作(確認分)
2010年12月31 コミックマーケット79で頒布された「大人の都合!」に人生アヌスP名義で参加。

[目次へ]

歴史(2011年1月-12月)

2011年1月1日 "初音ミク「うぼあー」"を投稿。
2011年1月16日 THE VOC@LOiD M@STER 15で、サークル「まくうた」のコンピレーションアルバム「with:」 に参加。
 情報弱者/Mac音ナナ・Mac音プチ (作詞・作曲 : ラマーズP)
2011年2月12日 VOCALOID FESTAで、サークル「なぎみそ。SYS」の春歌ナナコンピアルバム『SEVEN』に参加。
みつのは/春歌ナナ (作詞・作曲 : ラマーズP)
2011年2月19日 コミュニティに降臨。作曲生放送を開始した。
2011年3月16日 EXIT TUNES PRESENTS GUMism from Megpoid」に新曲「さよなら。」収録。
2011年4月16日 生放送中にオリジナルキャラクター「白菜(しろな)」誕生。
2011年4月25日 22歳の誕生日。今年もラマーズP誕生祭開催(4/25(月)~5/8(日))。同日発売のVY2も購入した。
2011年8月5日 小室哲哉、ラマーズP、きくお、ロリコム、さつき が てんこもりの対談および「ぽっぴっぽー」を収録した「ポップ・ザ・初音ミク☆」発売。
2011年9月13日 ローソン×伊藤園×VOCALOID 「VOCALAWSON 」キャンペーンにて、あきこロイドちゃんオリジナル楽曲「プレゼンティー」を製作。(※ キャンペーン対象商品に野菜ジュースは含まれていません。)同曲は2011年9月20日-26日までローソン店内で放送された。
2011年10月10日 ピアプロにコラボ「白菜たんでアニメを作らないか」設立。
2011年11月2日 「白菜」「からげんき」「NEW(FULL ver.)」「ウコンエキス」(+シークレットトラック)がろん氏のCD「EXIT TUNES PRESENTS ろん BEST -ひっしに歌ってみた編-」に収録。
2011年12月21日 砂吹Pによる「ぽっぴっぽー」「なんて淫らなシーケンサーだ」のPVが「VOCALO VISION FEAT.初音ミク」に収録予定。
2011年12月27日 ~2011年1月30日 アニメイト「鏡音リン・レン4th 巡音ルカ3rd★Anniversary フェア」開催。「期間中、VOCALOID関連商品を1,000円ご購入・ご予約毎に  特典ポストカード(全6種)をプレゼント!   さらに、VOCALOID関連商品をご購入・ご予約3,000円毎にフェアオリジナルCD(作:ラマーズPさん)を1枚お渡しいたします!」 ポストカードは、Yおじさん(2種)、たま、ラマーズP、へび、田村ヒロの中からランダム。
2011年12月31 本年最後の作品"continued~LamazeEdition~full-初音ミク"を投稿。2011年の投稿動画42作(確認分)

[目次へ]

歴史(2012年1月-12月)

2012年2月1日 "おなかすいた/犬"を投稿。
2012年3月8日 セガのニンテンドー3DS専用リズムアクションゲーム「初音ミク and Future Stars Project mirai」でROOM-MIRAI (WHITE)のBGMを担当
2012年3月8,9日 初音ミクライブパーティー2012(ミクパ♪) 」および「「初音ミクコンサート 最後のミクの日感謝祭」 " 」にゲストとして出演。ぽっぴっぽー演奏中に舞台に登場し、ダンスとハーモニカを披露。
2012年3月12日 KONAMIのアーケード用音楽シミュレーションゲーム 「SOUND VOLTEX BOOTH」でSecond Heaven Lamaze-REMIX」で参加。原曲はRyu☆氏の「Second Heaven」。
(ちなみに、現在ラマーズPは、EXIT TUNESに所属しており、Ryu☆氏はEXIT TUNESの取締役。その縁で過去にはRyu☆氏がぽっぴっぽー (Ryu☆ Remix)を制作したり、スキャットマンのアレンジCDに二人の作品が同時収録されたりしている)
2012年4月25日 23歳の誕生日。Minecraft内で誕生日パーティー開催。
2012年6月10日 アニメ「白菜」公式サイトがオープン。
2012年6月22日 昼ごろ「☆ゲッダン☆」が日本レコード協会の申し立てにより削除される。それに伴い投稿停止に
2012年6月25日 恥ずかs×××」を投稿。LOLI.COM氏の「芝浦工業大学高杖セミナーハウス紹介動画OP」との類似が指摘されラマーズPが自分で公開停止に。その後LOLI.COM氏に直接相談しわずか2時間ほどで解決再公開となった。ろん氏は犠牲になったのだ・・・
2012年7月9日 9ヶ月にわたるコラボの成果「白菜アニメ OP ノンクレジット」を投稿。
2012年7月18日 ぽっぴっぽー【大型店】を収録した「EXIT TUNES PRESENTS Megurhythm feat. 巡音ルカ」が発売。
2012年7月23日 ファミリーマートから「ぽっぴっぽー」野菜ジュースの発売が発表される。
2012年8月14日 ~2012年9月10日 ファミリーマートで「ぽっぴっぽー未来野菜」が販売される。価格は158円と105円。ちなみに2012年8月後半の円ドル相場は一時期1ドルが79円を超えたものの、1ドル78円台を推移した。"It costs just 2 dollars."
2012年12月12日 プレゼンティー」を収録した「あきこロイドちゃん LOVE」が発売。
2012年12月末 白菜アニメ企画が冬コミに参加。

[目次へ]

歴史(2013年1月-12月)

2013年1月1日 "I_say_love/初音ミク(light)"を投稿。
2013年3月12日 〜2013年4月1日 ファミリーマートで「ぽっぴっぽー未来野菜」が販売される。前回は158円だったが、今回は、増量+おまけのシール付きとなり、歌詞どおり、価格は200円に。
2013年3月14日 「みつのは」を収録した「なないろのうた feat.春歌ナナ」が発売。
2013年4月25日 24歳の誕生日。これで初音ミク(16)よりも重音テト(31)の方が歳が近くなった。
2013年7月8日 22時48分: 「初音奔放曲」longver.がVOCALOID殿堂入り。これはもう記念にfullを発表していただくしかない。
2013年7月15日 白菜アニメ 「睦梨白菜と言います!」公開。
2013年7月17日 TVアニメ「ゆゆ式」キャラクターソングアルバム いちげんめ!」に「ミラクルファンシー feat.ラマーズP 」「私はそう感じた feat.ラマーズP」で参加。
2013年8月27日 ~2013年9月23日 楽曲「ストロベリー」をイメージしたショートケーキ「すぅーとろべり~ショートケーキ」がファミリーマートの「ミク LOVES ファミマ♪キャンペーン 2nd」で発売。
2013年10月31 「愛の詩(V3)-初音ミク」投稿。初音ミクV3参戦。PC環境をWindows XPからWin7Proに変更。Win8移行の話も。
2013年11月8日 14時37分:「愛の詩(V3)-初音ミク」がVOCALOID殿堂入り。
2013年12月12日 「デレ化現象100%-初音ミク」を投稿
2013年12月22日 22時58分:「デレ化現象100%-初音ミク」がVOCALOID殿堂入り
2013年12月31 「I_say_love(V3差し替えただけ)-初音ミク」を投稿(1月1日に投稿した曲のV3版)
2013年の投稿動画8作(確認分)。他、 Project575に1曲、ゆゆ式キャラソンを2曲提供。

[目次へ]

歴史(2014年1月-12月)

2014年1月23日 「飛び出せ授業!」を収録したPSVita用ソフト「うた組み575」が発売。
2014年2月6日 結月ゆかり初使用の作品"I_wanna_fly_up(short)"投稿。
2014年2月24日 0時に白菜アニメ第2弾公開。月曜日です、どう転んでも。
2014年4月25日 25歳の誕生日。これで四捨五入すると重音テト(ry
2014年7月29日 7時52分 ぽっぴっぽー本店が200万再生突破。
2014年8月21日 情熱のSUMMER-KAITO for LamazeP」を投稿。KAITOソロ曲としては、自身初。(ソロ以外では、「えでぃっともーどのうた」(2011年)が初)
2014年8月31 ボーカロイドDJイベント「Prhythm(プリズム)」でメインビジュアルを担当。
2014年9月26日 アルバム『I say love / LamazeP』(feat.初音ミク)が、iTunes Storeで配信開始。
2014年9月29日 CeVIOのさとうささら初使用作品"Let'sStart-さとうささらでセルフカバーver"投稿。
2014年11月15日 書き下ろし曲「集まってミラクル☆ショータイム」を収録したCD付雑誌「MIKU-Pack 10」が発売。
 Ixyさんによるコラボイラスト(見開き)と歌詞、インタビュー(2ページ)も載っています。
2014年12月29日 白菜アニメ第三話「奈須さんちょろいな!」投稿。2014年の投稿動画は、13作でした。

[目次へ]

歴史(2015年1月-12月)

2015年3月9日 Sleeping, Forest Night.-初音ミク for LamazeP」投稿。
YouTubeに公式チャンネルを開設
2015年4月25日 26歳の誕生日。
2015年5月13日 MAYU LOVES -First-発売。
「ぽっぴっぽー(MAYU_Arrange_ver) / LamazeP feat. MAYU」収録
2015年9月9日 KARENTよりアルバム「恋のプログラム発動」を発売。iTunes Store他で配信。
2015年12月30日 コミックマーケット89にて、TRPGサークル『朔(サカツキ)』(あべべん、四季咲)(30日(水)西館"あ"68b)にて配布予定のクトゥルフ神話TRPGのシナリオ集(題名未定)にセッション用背景曲を複数提供。
2015年12月31 「作曲するならいまのうち!-ミクとゆかりとささらとずん子とGUMIとマキ!」を投稿。
2015年の投稿動画は、22作でした。

[目次へ]

歴史(2016年1月-12月)

2016年1月1日 "鏡音リン・レン「あいつはまだ敵じゃない」"を投稿。
2016年3月24日 愛の詩」が収録された「初音ミク -Project DIVA- X]のPlyaStation VITA版が発売。
2016年4月25日 27歳の誕生日。
2016年8月25日 愛の詩」が収録された「初音ミク -Project DIVA- X]のPlayStation 4版が発売。
2016年8月26日 オーケストラコンサート「初音ミクシンフォニー」で退場曲として「Call-初音ミク for LamazeP」が採用される。
2016年9月14日 XperiaのCMソング「どんだけ!? Xperia」にVocal Editとして参加(聴いた感じでは作曲と作詞の大部分も手がけていそうな気がするがクレジットにはVocal Editとのみ記載されている)。公式サイトからmp3がダウンロード可能。
2016年10月12日 ラマーズP feat.初音ミク「ぽっぴっぽー」がニンテンドー3DSテーマ ニコニコアレンジに。価格は200円(税込)。
2016年10月25日 「ぽっぴっぽー」が収録された「Just Dance 2017」が海外にて発売。
2016年11月9日 上記オーケストラコンサート「初音ミクシンフォニー」のライブCD発売。
2016年11月23日 KARENTよりアルバム「きがぬけそうなあるばむ。」を発売。iTunes Store他で配信。

[目次へ]

歴史(2017年1月-)

2017年1月 DropBox, Skype, Google, マインクラフトのアカウントが乗っ取り被害にあったらしい。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BAp
ページ番号: 289253 リビジョン番号: 2455558
読み:ラマーズピー
初版作成日: 08/06/27 19:25 ◆ 最終更新日: 17/02/03 22:51
編集内容についての説明/コメント: 歴史(2017年)
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ヒド絵 1分

ゴ○○○P,ラ○ーズ○のイメージ

まーるーかいてーまーるーかいてー

便器ラマーズP

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

驫麤

ラマーズPについて語るスレ

930 : ななしのよっしん :2017/01/01(日) 19:10:04 ID: ZCn8UyXDfY
頂点ボカロPの末路
931 : ななしのよっしん :2017/01/02(月) 10:15:48 ID: +5zWa7ysP8
>>sm30346143

一時代を築き上げたボカロPが淫夢堕ちするのすき
932 : ななしのよっしん :2017/01/02(月) 19:06:25 ID: 9fiWn4Uy47
アイドルのAV堕ちみたいで興奮する
933 : ななしのよっしん :2017/01/02(月) 22:34:12 ID: 4I1XTa4656
編集しといたゾ
934 : ななしのよっしん :2017/01/02(月) 23:57:31 ID: BDDwi57XSB
最近ボカロPの淫夢堕ち多くていいゾ~これ
114!514!
935 : ななしのよっしん :2017/01/03(火) 03:24:46 ID: Dk06MhcX+l
日頃ボカロをくっせえなお前と毛嫌ってはいても
ホモガキの頃には見てたからこういう末路見るとちょっと悲しくなるんだよなぁ
936 : ななしのよっしん :2017/01/04(水) 22:18:57 ID: 7Vzie7Pbre
概要にデカデカと載せるのはやめてくれよ…(絶望)
淫夢自体ニコニコ全体では大衆化したから多少の淫夢堕ちぐらい生暖かい目で見守って差し上げろ
937 : ななしのよっしん :2017/01/22(日) 21:36:03 ID: CnTv+3zlQS
サークルのホモ仲間と一緒に投身自殺するスタイルきらいじゃないしもっとやってほしい
ただノンケの頃を思い出して涙がちょちょ切れるのでほどほどにしてほしいけどもう後ろは振り返らないからもっとやって
938 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 06:58:00 ID: DwU+Z3ph5d
>>sm30538166

新曲すき
939 : ななしのよっしん :2017/02/03(金) 22:08:35 ID: DwU+Z3ph5d
ちゅちゅっちゅっちゅ
ちゅっちゅちゅっちゅー
ラブ&ピース
与えよう!
\ハイッ!/
本当ですかー?
恐ろしい……!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015