単語記事: ランカ・リー

編集

ランカ・リー

ランカ・リーとは、テレビアニメーションマクロスフロンティア」に登場するメインヒロインのひとりであり、歌姫である。

概要

16歳漢字表記は「 」。

マクロスフロンティア船団で暮らす普通女子高生であり、中華飯店・「娘娘にゃんにゃん)」(リン・ミンメイ看板娘として働いていた店が、続いているようであり、されて50年。オリジナルCMソングフロンティアにて流れている)、でバイトをする普通女の子銀河の妖精シェリル・ノームに憧れつつも、引っ込み思案な性格から歌手になる夢を抱きつつも一歩を踏み出せずにいた。が、シェリルとの邂逅・そして早乙女アルトとの出会いにより心が動かされ、Formoにてストリートライブをし(行ったのではなく、結果的にストリートライブのようになった)、その歌に惹かれたエルモにより小さな事務所であるがスカウトされ、見事歌手デビューへの一歩を踏み出す事となる。

ゼントラーディとのクォーターであり、大等を軽々と持ち上げたりする。
独特の「イヌミミ」ヘアーを持ち、ランカの心情変化と共にが動きを見せる(これはゼントラーディの血が入っている事が関係している)。後ろの方にリボンがあるが、キャラクターデザインの江端里沙く「これは逆カチューシャのようなもの。」

幼い頃にの前で親を失った結果、解離性健忘症となり、幼い頃の記憶を一切持たない。
だが記憶の断片に残る歌・アイモを時々グリフィスパークの丘で歌っていた。この歌は後々ランカの運命を二転も三転も動かす事となる。テレビアニメ版では、同じくこの歌を知るブレラ・スターンとの交流も物語キーになっていく。

アイモ~鳥のひと~

ある日、ランカ映画出演の仕事が舞い込んで来る。論駆け出しのランカは端役であったが、その日のメインの役であるマオノーム役(これはマクロスゼロの伝承を映画監督が再現しようとしたものであり、実際にランカ達はマクロスゼロの伝承や、マオノームについても何も知らない、映画上のストーリーの役として考えていると見受けられる)である女優が負傷、そして役であるシン役の俳優シーン契約に入っていないとそのシーンを蹴り、嫌気が差した監督辺で釣りをしているところを、「アイモ」を歌うランカを偶然見かけ、その歌が映画にピタリとくると感じ、またマオ役の女優の負傷も重なり、ランカマオ役の代役・そして歌う「アイモ」を映画にそのまま起用すると言うとてつもなく大きな話を持たれる。
そこでマオノームの代役・そしてエンディング曲に自らの歌を抜されると言う突然の出来事を得、ランカは一躍フロンティアの有名歌手に。まさしく「ガラスの靴を拾ったシンデレラ」のようである事からランカは「超時空シンデレラ」と呼ばれる歌姫となる。

「星間飛行」と「キラッ☆」

TV版12話にて、ガリア4にてシェリルが訪問を行うはずだったが、病床をおしてまで来たシェリルが倒れ、元々訪問をよく思っていなかったテムジン率いるゼントラーディ軍の不を買ってしまい、場は戦場と化してしまう。
シェリルと共にいるアルト、そして病床に伏すシェリル危機しているところを知ったランカは、ミシェルルカに懇願し、ルカの極秘技術によりミシェル機に乗って駆け付ける。

この時に有名となった台詞が、ランカファーストシングルである星間飛行歌詞に入る「キラッ☆」である。
(「キラッ☆」と歌うと共に、手話で「愛してる」を示すポーズを取る。)
そして「皆、抱きしめて!銀河の、果てまで!」のと共に歌い上げたのが彼女の代名詞とも言える「星間飛行」である。

ゼントラーディに歌を聴かせ戦場を収めるそのはまさにシリーズ第一作である「超時空要塞マクロス」の歌姫リン・ミンメイが歌により戦争を治めたオマージュ的なシーンであり、河監督く「12話はこの曲の為に作った。」

曲リスト

テレビ 劇場版

関連動画

  

関連商品

関連静画

関連記事


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC
ページ番号: 153927 リビジョン番号: 2092980
読み:ランカリー
初版作成日: 08/05/26 01:41 ◆ 最終更新日: 14/09/28 11:44
編集内容についての説明/コメント: 内容を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


絵描けない…

ランカ・リー

 

ランカ・リー

ランカ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ランカ・リーについて語るスレ

260 : ななしのよっしん :2015/10/19(月) 09:45:05 ID: n5AcrvTEK/
ランカ大好き!
261 : ななしのよっしん :2016/01/20(水) 23:13:41 ID: n5AcrvTEK/
劇場版では失恋しても皆のために歌えたり精的に大人なんだよな
劇場版では過去トラウマの影が少ないみたいだな。
262 : ななしのよっしん :2016/01/28(木) 14:04:53 ID: tNeGlF8fyL
中島愛がね、良い
棒読みから、星間飛行でのインパクトまで
まさに監督の言う成長するヒロインを見せてくれた
のでランカ
263 : ななしのよっしん :2016/04/12(火) 01:03:37 ID: Hq9EHFE38n
マクロスΔの時代で24歳か・・・
264 : ななしのよっしん :2016/04/13(水) 18:51:52 ID: INzkVJLYi2
Δで出番あるかな
今までは振られた側は後のシリーズに名前だけだったりでも出演してるけど
個人的に期待して待ってる
265 : ななしのよっしん :2016/05/10(火) 10:11:01 ID: XpBQw5ZssO
ラスボス
266 : ななしのよっしん :2016/05/18(水) 07:36:29 ID: 1YTMk17aIe
261
そりゃ劇場版とは全然違うもん
劇場版だとシェリルグレイスに捨てられないしランカ気扱いされない
そもそもみんなを応援する歌手戦争敵を殺す手伝いをさせられたらそりゃ精も参るわ、歌手戦士ではないし
そういや同じような話でヴァルキリープロファイル帆ってキャラがいたけどやっぱり途中で歌えなくなってたなあ
267 : ななしのよっしん :2016/05/31(火) 02:19:03 ID: 7ZoUro9QpY
成人したランカ・・・
とても想像できんぞw
でも軽く名前が出てくるとか
そういう感じの登場くらいなら
大いに可性はありそう
268 : ななしのよっしん :2016/05/31(火) 02:56:36 ID: INzkVJLYi2
ワンカットだけチラリと出てきたね

ヴァール化の治療にはフォールド波が効くみたいだし、ランカワルキューレみたいにどこかで治療ツアーしてるのかな
269 : ななしのよっしん :2016/07/30(土) 22:10:19 ID: MI+BjaBrTJ
(∪^ω^)アルトくぅ~ん!」
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015