単語記事: ランバ・ラル

編集

ランバ・ラルとは、アニメ機動戦士ガンダム』、 『ガンダムビルドファイターズ』 に登場する違いの分かる男である。
声優広瀬正志

ガンダムビルドファイターズ』 → ラルさん

 

概要

ジオン公国軍において“い巨”の異名を取ったエースパイロット。階級は大尉
パイロットとしてのもさることながら、MSを用いない兵戦、とりわけゲリラ戦を得意とした生職業軍人であり、本編においても歴戦の戦士としての格を漂わせている。また、自らの出世が部下の生活の向上に繋がると発言するなど、指揮官として部下を慮る一面も見られる。

このようにMSパイロットとしても指揮官としても優秀な人物ではあったが、軍内での立場は不安定であり、出世コースからは外れていた。
これは彼のジンバ・ラルがジオン・ズム・ダイクンと繋がりが深かった事に起因しており、ダイクンを排斥して権握したザビとの関係がそのまま軍内部での立場に繋がっている。特にキシリアからは冷遇されており、戦馬鹿とも酷評されている。
ただし、ザビの中でも政治面には関与しない軍人であったドズル・ザビは例外的に彼を評価しており、ガルマ・ザビ討部隊としてラル隊が抜されたのもそれ故である。

作中での活躍

第12話『ジオンの脅威』にて、ドズル・ザビよりガルマ・ザビ討ちという任務を帯び、ホワイトベース隊の追撃のためザンジバル地球へ降下する。この際部下がコロニー内では発生しない現である)に怯える中、彼は然としていた。また、この降下の際にホワイトベース隊に攻撃を仕掛けている。
この時座乗していたザンジバルマ・クベに渡った模様であり、降下了後はギャロップ母艦としてホワイトベース隊を追撃、新MSであるグフを駆り、アムロ・レイの操縦するガンダムを追い詰めるも、一歩及ばず機体を失うこととなる。

その後僅かばかりの補給を受けるもMSでの正面切っての戦闘は困難であったため、兵戦によるホワイトベースの制圧を画策。ゲリラ屋の本領発揮とばかりにホワイトベースの第2ブリッジの制圧にまで至る。
しかし、その際の戦闘でジオンの遺児であるアルテイシアセイラ・マス)と遭遇したことにショックを受け、その隙を突かれ負傷。ホワイトベース全占拠には至らず、部下に撤退を命じた上で自決した(第20話『死闘! ホワイトベース』)。
ちなみに、この際に十分な補給が受けられていれば、ラル隊は当初の作戦遂できたとも言われている。この背景にはジオン内部のキシリアギレン、ドズルの対立関係があり、ラルがドズル配下であったことからキシリア配下のマ・クベが十分な補給をしなかったとも言われる(これを反映してか、『ギレンの野望』ではラル隊にドムを補給するとホワイトベース隊に勝利し、鹵獲できる)。

このように、登場したエピソード自体は12話~20話と決して長いものではない。しかし、先述のようにガンダムホワイトベースを追い詰めた強敵ぶり、また、その最期やアムロとのやり取りから垣間見える“らしさ”とも評しうる人間的魅から、他のキャラクターに劣らぬ人気を持つ。
また、アムロ・レイに与えた影は少なくなく、当時ホワイトベースから脱走するなど精的に荒んでいた彼をして「あの人に勝ちたい」と言わしめ、成長するきっかけを与えている(ちなみに、ラルを演じた広瀬正志は、『機動新世紀ガンダムX』においても、役柄こそ違うものの主人公の精的成長に一役買うキャラクターを演じている)。

ゲームでの扱い

ギレンの野望』では、本編にて乗機であるグフを「ザクとは違うのだよ!ザクとは!」と評していたことを受け、ドムゲルググギャンに登場している際にも同様の台詞を言う。

スーパーロボット大戦シリーズでは一年戦争が描写されることが少ないため登場回数が少ない。ただしステータス的に優遇されている場合もあり、『スーパーロボット大戦α』に登場した際には、アムロ・レイよりも技量値が高く設定されている。

名言

  • 「この、この肌触りこそ戦争よ」
  • ザクとは違うのだよ!ザクとは!」
    ランバ・ラルと言えばこれ、といっても過言ではない台詞ギレンの野望ではグフドムとの違いをアピールするようになるのは御嬌。
  • ランバ・ラル、戦いの中で戦いを忘れた……」
    ホワイトベース内部でセイラと遭遇した際。彼女が乗艦していなくとも、鉢合わせなければ制圧は出来ていたのかもしれない。
  • 「君たちは立に戦ってきた!だが、兵士の定めがどういうものか、良く見ておくのだな」
    TV版における末期台詞
  • 「見ておくがいい、戦いに敗れるとは、こういうことだ!」
    劇場版はこちら。世間的にはこちらが有名か。

関連動画

関連商品

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%AB
ページ番号: 5052242 リビジョン番号: 1925347
読み:ランバラル
初版作成日: 13/03/05 18:53 ◆ 最終更新日: 13/11/15 12:34
編集内容についての説明/コメント: ラルさんを追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


らる

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ランバ・ラルについて語るスレ

48 : ななしのよっしん :2016/05/08(日) 04:51:38 ID: i9MNue+7RF
>>29
ハモンは女の筋を通し抜くタイプだし、クランプもラルの器に魅了されてたんだろう。
ラルが名出身だから、累代の郎党かも知れないけど、
どうもそんな感じじゃなく、個人として魅了された印

タチ中尉も、ラルは敵のはずなのに、一切恨みがましいことはいわない。
「ラル大尉捨て駒にするようではジオン明日も知れています」
は、本心であり、同時にラルに対する最大限の敬意表現だと思う。
惚れたハモンや尊敬するラルのために何の得にもならないのに
奔走、尽する忠義心、侠気は、ラルの感化が大きいと思う。

まさにい巨
49 : ななしのよっしん :2016/07/01(金) 00:02:48 ID: Upj3sHVsQa
何故ジンバ・ラルをあんな憎悪の塊みたいなトラブルメーカーとして描写したのか
50 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 13:39:05 ID: Upj3sHVsQa
>>46
そもそもランバ・ラル自体が原作では2.3話登場して退場するっていう
「ちょっと強い雑魚キャラ」程度の扱いだし。
アムロの精面に影も与えてはいるけど)
51 : ななしのよっしん :2016/11/08(火) 01:00:42 ID: 1rP9drrrFF
よく考えたら敵MSとの実戦経験はアムロ以下という事実
模擬戦ぐらいはやってたかもしれんが
52 : ななしのよっしん :2016/12/19(月) 14:45:28 ID: 61FmcEmBJg
オリジンジンバ・ラル々以前にランバ・ラル劣化してるから論外
>>46
TV版は知らんが劇場版はラルもしっかり印に残ってるなぁ
グフに乗ってのガンダムとの最後の決闘BGM効果もあって割と好きだし
53 : ななしのよっしん :2016/12/29(木) 05:01:44 ID: y+A7KkREqE
>>49
トミノが小説版でそーいう人として設定したからさ

しかしオリジンだと、ラル大尉シャアのこと気付いているよな
幼少期にも青年期にも接点が多すぎる
シャアと手を組んでザビを倒そうとか・・・興味ないか、この方は
シャア小説版設定だとすると、将来的な政権構想に大尉を加えていそう
54 : ななしのよっしん :2017/03/21(火) 08:07:58 ID: uCgrgF08li
昔から大尉やってたけど、ゾンバとってダイクン一族をかばいたてしたから出世できないんだっけ?
55 : ななしのよっしん :2017/03/21(火) 08:09:33 ID: uCgrgF08li
ジンバだった
56 : ななしのよっしん :2017/04/09(日) 00:35:01 ID: rLKJgv/08R
ラルさんを剃った画像見たけど
ギリギリ35歳とわからなくもない顔だった

50
ある意味劇場版で出世した気もする、いろいろカットされた中アムロと絡みが大きいので割と丸々に近い形で出られてるから、全に重要キャラ
57 : ななしのよっしん :2017/04/21(金) 03:28:50 ID: c2OBTgfdWZ
>>54
兵隊からの叩き上げで士官学校出てないからじゃないのかな。
大尉が出世の限界。(アムロも士官学校出てないので大尉止まり)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015