単語記事: ラージャン

編集

ラージャンとは、「モンスターハンター」に登場するモンスターである。漢字表記は金獅子
MH2より登場した。通称「サイヤ人」。 

名前の由来はサンスクリットの「Rajah(王)」から。中華料理調味料「辣醤」とは関係ない。

概要

獅子というよりミノタウロスをより獣よりにした外見である。

普段は全身黒色の毛並を持つが、怒ると体毛が逆立ち色に変化する。顔がくなるとか血管の模様が浮き出るとかいうレベルではなく、まさにスーパーサイヤ人状態で体毛の半分以上が色に変化して大きく逆立つ。

長らく生態の多くがに包まれていた生物だったが、これは個体数が非常に少ないから等と言う理由ではなく、非常に暴な性格であるために、このモンスターを見て生きて帰ったものがどいないという理由による。

上述の、色に体毛を変化させる生態もあって、「かった」「色の亜種がいる」「色のを飛んでいた」などなど情報が錯綜し、ハンター大全2では古龍種として扱われていた。古の項にある威風堂々としたラージャンイラストは必見。

学者の研究の結果、現在では「攻撃的生物」とも呼ばれる牙獣種、という分類になったようだ。まぁ、ビームぶっぱして怒ると体色が変化して奇と共にエリア移動してこいつがいるだけで古同様小動物が逃げ出す…まさに「お前のような牙獣種がいるか」状態である。MHFだと牙獣種に限らずいたりするが

「怒ると体毛が色になる」という設定もさることながら、元気玉かめはめ波に似た攻撃を繰り出すため、もっぱら「サイヤ人」と呼ばれることのほうが多い。2段階変身すること、その変身後の姿が「スーパーサイヤ人2」に似ていることからサイヤ人っぽさが増した。

毛皮は高級品。士の防具はの毛皮、ガンナーの防具はの毛皮を使用して作られ、発動スキルも「挑発」と「隠密」でそれぞれ正反対というしい特徴がある。

登場作品

MHP2G

MHP2Gにて最初から体毛が色で、怒ると体に電気をまとう「ラージャン」が登場した。亜種ではないが勲章「生態研究報告書」を手に入れるには通常のラージャンラージャンどちらも捕獲しなければならない。

通常は尻尾を切断すると怒り状態を封じることが出来るが、稀に尻尾が切断された状態で怒り状態に変化した個体が出現する。このラージャンの攻撃は凄まじいが、体への負担も相当で寿命は短いらしい。

MH4

MH4にて通常、昂個体ともに復活。イビルジョー夢の共演を果たした。ハンターを握り締めるような拘束攻撃や掘り出した岩を投げつける投擲攻撃といった新技の他、振り向き殴りつけや直前まで軸合わせをするビームなど新モーションを獲得した。さらに怒り状態に加えて両腕にを貯めた「闘気硬化」形態というのも追加されており、こうなると腕の質がいかなる切れ味の武器も弾くほど硬化し、攻撃もより強化されるが、代償として下半身の防御が下がる。

また昂個体には固有のアイコンが設定された。ただし古生物というためか狂化個体は存在しない。
やりこみ要素であるギルドクエストにも参戦、非常に強な個体と戦うことになるが、他の高難易度ギルクエべると慣れれば狩りやすく見返りも大きいため、「右ラー」と呼ばれるギルクエ(後述)などが人気となりよく狩られた。

MH4G

MH4Gでも続投し、さらにG級で極限状態が登場。G1アルセルタス亜種クエスト乱入し、多くのG級ハンター驚愕させた。極限状態は質とスピードが強化され、ハンターに高速で接近し高速攻撃を仕掛ける、グラビモス並の巨大な岩を投げつけるモーションが加わる。

MHF

MH2続投組。
他のシリーズで1.5倍である怒り時攻撃MHFでは2.2倍なので携帯機で倒せたからと挑むと、上位でも剛種に匹敵する火力の前に沈むことになる。
変種は古参プレイヤーからは古龍種素材の救済クエスト暴君のなわばり」のイメージが強い。
このクエストラージャン変種が4頭登場し狩猟数に応じて古龍種汎用素材が手に入ると言うもの。
ガチでやるのは余りにも面倒なため崖上から散弾を撒かれたり崖下から速射での巣にされたりした。

MHF-G2(2013/8/14)にG級対応。難易度6。
ビームがチャージ気レスになっている。
金獅子
の元気球とは違い、っ直ぐ飛んで爆破範囲は狭いのだが判定時間が長いのでフレーム回避不可能。範囲外移動しなくてはいけない。

特異個体

シーズン10(2011/1/26)実装。最初から色の毛であり怒り時には既存の個体よりもさらに体毛が伸びることから、「スーパーサイヤ人3」と呼ばれている。
従来の振り向きではなくサイドステップしながらの軸合わせからしい攻撃を繰り出す攻撃的生物に相応しい化け物になっており、繰り出される攻撃も物理攻撃にがついてがパワーアップしていたりブレス系の範囲が増大している他、回転しながら飛びかかり着地で地面を割る、パンチで地割れを起こして強震動と共に広範囲を攻撃、圧を伴うバックジャプからラリアット、デンプシーバックジャンプ→デンプシーなど悪極まりない。
相変わらずを始めとしたガンナーが好相性だが飛びかかり系の攻撃の速度は尋常ではなく、気を抜いたり反応が遅れたりすればあっという間にキャンプ送りになる。近接では確実に回避していかないと攻撃チャンスがほとんどなくなってしまう。

普通特異個体の時点で他シリーズ戦闘力を持っているのだが、
さらにその特異個体ラージャンの変種クエストには低確率オーラった「金獅子」という個体が登場する(通称:ラージャンスーパーサイヤ人4)。こちらのレア個体は攻撃が上がっているのは当然として、一切怯まず状態異常などもすべて効で討伐する以外では止まらない。炸裂することでエリア内広範囲を攻撃する全な元気玉(当然喰らったら即死)を習得している。一見の価値あり。討伐に成功すると「金獅子の王牙」という素材が手に入るが、金獅子は腕試し用のモンスターなのでこれは倒したであり用途は存在しない。しかしながら素材設定ミスアノルパティスランスであるゼーゲロンホーンの強化素材に要されたことがある(当然別の素材に修正された)。
一時期MHFではこのラージャンを討伐するイベントとして「金獅子」というクエストHRSR999ハンター限定で配信されており、このクエストラージャンを討伐したハンター公式サイトに使用武器、討伐タイム、名前が載せられた。

最終結果発表ではクエストクリア成功率が発表されたが、クエストに成功したのはたったの5.80%であった。ちなみに期間中でのクエスト受注回数は27万回ほど。その内の5%ほどなので、たった9000体程度しか討伐されていない計算となる。(そのためにハンターたちは80万回以上っている)なお、この結果に対し運営は「思ったよりも高かった」とのこと。装備に一切絡まない腕試し用モンスターなので倒させる気自体かったのかもしれない。

G級ではイベント金獅子から怯み効と状態異常効をオミットして軽く弱体化させた個体が低確率仲間の幻のドラギュロス(こちらも弱体化)との2頭クエストの饗宴」に登場した。
また、後に「憤怒と憤赤鬼」と「」というクエストに怯み効が復活したG級金獅子が登場している。
前者のクエストは1頭は小さく2頭は大き、1頭の討伐か5分経過で2頭が出現という分仲間P2の「最後の招待状」のようになっていた。
後者クエストは最初から2頭でありこれまた分仲間P2Gにある「双獅」を彷彿とさせる。
が、こちらはそれだけではなく2頭いる時には連携技を使用してくることに加えて、片方を討伐すると残った方がオーラい煙漂う憤状態になり、などが効かなくなった上一部の既存の技がさらに強化される。

生態

に匹敵するを持つ古生物との触れ込みであるが、基本的にモンハン世界の「古」とは変地異を具現化したような生物の概念を逸脱するほどの存在も多く、これに肩を並べるとは並大抵のことではない。ことラージャンにおいては、肩を並べるどころかの一種であるキリン捕食しているという説が(ユーザーの間で)囁かれていた。

この説の根拠としては、属性の攻撃を行うのに発生と思わしき器官が剥ぎ取りなどで採れる事が[1]と言った点や、MF2およびMHFにあるモンスターペットにして闘技場で戦わせる事ができるシステム「大闘技場」にてラージャンを飼育する際、各種普通のエサの他にキリンを与えても喜んで食べる[2]という事実などによる。

加えてMH4にてキリンラージャンがそれぞれ再登場し、両者の「危険度レベル」が開された時、古であるキリン5の危険度であったのに対し、ラージャンはそれを上回る6。危険度とは「人間から見てどれだけ脅威か」なので直接の関係を示すものではないが、一つの参考にはなる事実である。

また、モンハンフェスタ2013大阪にて、「ラージャンは生まれつき電気を精製する器官を体内に持っているが、キリンを折って食べる事で電気が使えるようになる」という設定が開された。これまではユーザーの推察の範疇に過ぎないものだったが、キリンが自分からを折ってラージャンに差し出すわけがないので、「キリン捕食説」がほぼ確定した。

右ラー

MH4にて新しく登場したシステムギルドクエスト」にて、ラージャンを利用して発掘装備などを効率よく稼ぐための手法。
ギルクエは「探索」を行うと一定条件とある程度のランダム性の下、いずれかのモンスター1~2頭の狩猟・討伐クエストが手に入る。どのモンスタークエストになるか、そのクエストからはどんな武器防具が出土するか、どんなマップで戦う事になるかと言うのはクエストが発生した時にランダムで決まるもので、すれ違い通信で他プレイヤーに配る事もできるというもの。

最高性のものを引き当てる事ができれば最終装備となり得る発掘装備ではあるが、モンスターによってはギルクエレベル限界まで上げても一歩手前の性までしか出ないカテゴリが混じる事がある。なので効率良く発掘装備の発掘を行うには「どのモンスターを倒して稼ぐか」が非常に重要になる訳だが、ラージャン報酬の質が最高レベルでありレベル上限状態なら最高クラスの武器防具しか出なくなる上に一度に出る量もトップクラスに多いので稼ぎ相手として最適なのだ。

なおギルクエは1頭のみの狩猟クエストである場合と、最初から狩猟対が2頭提示されている2頭クエストである場合があるが、2頭クエストの場合は「報酬の武器防具の見たは1頭モンスター依存」「報酬の質・量は2頭の合算」と言う法則がある。
なので単体クエストをやるよりは2頭クエストをやった方が良い(2頭だと体に低下補正がかかるので倒すスピードはそこまで落ちない)のだが、最高の報酬の質を持つ古クラスは(キリンを除いて)絶対に2頭クエにならない。しかしラージャンは最高の質を持ちながら、古生物ではあるが古ではないので普通に2頭クエストになる。 

そんな訳で、2頭クエストの1頭的の発掘装備の見たカテゴリを持つモンスターで、2頭(右側)がラージャンであるクエストが発掘装備稼ぎにおいて最も適したギルクエとされるようになった。これが「ラー」である。
ラージャンモンハンの大モンスターの中でもトップクラスに強モンスターなのだが、ことMH4ギルクエ(の上限付近のレベル)に限っては他のモンスターラージャン以上に悪になりすぎており、ラージャンの方がマシという有様の地獄絵図となっているため、ラージャン狩りまくるのが最も効率が良いとされる。

特に発掘装備の見たを問わない人の場合、ラージャン以外を狩る必要性がいので、そういう人にとってはモンスターハンター4ではなく「ラージャンハンター4」と言うゲームに成り果てるとかなんとか[3]

攻略法

属性が弱点。氷属性以外はほぼ効かないが、質が軟らかいので切れ味と攻撃を重視するのも手。

普通に倒すだけなら当たるところに攻撃しまくれば較的楽である。
しかし頭の部位破壊を狙う場合、全体の体に対して部位ごとの耐久が高めなのでかなり苦労する。
2頭同時や大連続狩猟となれば破壊了前に倒してしまうケースもザラである。

繰り出す攻撃すべてが高い攻撃を持つため2、3回攻撃を食らうと即昇天してしまう。
動きもすばやいため何もできずにあっさりやられることも。
しかしながらラージャンを中心に時計回りに回るとほぼすべての攻撃が回避できることや、
怒り時のみだが行ステップ(通称ケルビステップ)の後は高確率バックステップにつながることから
慣れてしまえばワンパターン作業ゲーとなる。もちろん触れたら瀕死になるが…。

MHP2Gではさらに振り向きボディプレスバックジャンプ元気玉かめはめ波の確定行動が追加された。
つまり最初に振り向きボディプレスを見たらあとの2つの行動は予見できるのである。
2段階変身することによって結果的にはかえって弱くなってしまったしいモンスターである。

これらの特徴はMH4である程度善され、以前より複雑な行動パターンをするようになった。

関連動画


サイヤ人ネタ。                           2体同時分断なし。 


MHF特異個体ラージャンがついに元気玉を習得した。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *他の電撃を扱うモンスターフルフルしかりジンオウガしかりキリンしかり、電気の発生元となり得る何かが素材として採れる。
  2. *野生動物普通、普段から食べなれているものでなければ警して口にしない = キリンは食べなれているという可性が高い。
  3. *1回の報酬の質・量よりもクエストを回すスピードを重視する場合、ラージャン2頭ではなくドスランポスラージャン(+の二重床があるマップ)が必要になるので、ラージャン以外も狩る必要がでてくるのだが。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3
ページ番号: 1463901 リビジョン番号: 2340625
読み:ラージャン
初版作成日: 09/02/17 17:55 ◆ 最終更新日: 16/03/23 08:55
編集内容についての説明/コメント: 最新に対応
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ラージャンさん落ち着いてください

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラージャンについて語るスレ

777 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 23:58:00 ID: QdV3SKHfFV
なんだろうな、ちょっと見たゴリラっぽいラージャンが「狩り」をするっていうイメージあんまり湧かないんだよな
古代の木の上でバナナとか木の実食ってるイメージのほうがシックリ来るというか・・・
勝手なイメージだけどもw
778 : ななしのよっしん :2016/10/29(土) 18:29:27 ID: qrkz3t4Ky6
ダブルクロスでは是非とも3連飛鳥文化アタックを復活させてほしい
被弾すると痛いけどコロリンでも余裕で避けられるし攻撃後に威嚇までしてくれるというG級モーションのお手本のような攻撃であり4Gの追加行動の数少ない良心
それにフレーム回避が上手く出来た時の爽快感が半端ない

避けられないとか文句ほざいてる輩は練習が足りないか死したいだけのヘタクソだから視すればいい
779 : ななしのよっしん :2016/11/02(水) 18:53:17 ID: oJItdY+vBj
3連飛鳥文化は自分も好きだな
初見時は良い意味で本気で「は!?」ってなったわw
物理法則視してるとかどうでもよくなるくらいなんかG級らしいぶっとび方だし、4系の容赦なくした印ラージャンならなんか納得できるモーション
あれ知ると単発飛鳥が物足りなくてな
780 : ななしのよっしん :2016/11/06(日) 05:32:00 ID: OEn0d5H2Wy
自分は3連アタックあんまり好きじゃなかったな
取って付けたような人工的なモーションがどうしても..

ダブルクロスで復活したらブシドー殺しになりそう

781 : ななしのよっしん :2016/11/06(日) 06:04:50 ID: 0o0hrDPVCf
岩二つ持って大跳躍、その後岩投げx2の後本体アタック、とかならまだモーションも不自然じゃない……気がする
782 : ななしのよっしん :2016/11/08(火) 22:07:14 ID: H6SBDXT8he
三連なんかいらんよ、いちいちホーミングするのが小賢しいわ
せいぜいホーミングするなら単発だな

まあ、三連(二連)が苦手な人は多分G級ラージャンの初期位置が遺跡平原の4のせいな気がする
地形最悪なうえにこやし玉効という仕様のせいで必要以上に苦戦したり、苦手意識持った人が多いんでは?
783 : ななしのよっしん :2016/11/10(木) 00:32:57 ID: ub1wtNfH9O
二連までは普通に避けれるしブシドー殺しにもならんのでは?

まぁ新モーション用意してくれるならそれはそれでいいんだけど
クロス見る限り十中八九4Gの流用になるんじゃないかな
784 : ななしのよっしん :2016/11/14(月) 16:34:29 ID: lT5va/g6I4
むしろそのままなら狂や極限でもない限り4GG級ラーは確定行動が2つある(バクステぐるぐる、サイドステップぐるぐるビーム)からより一層狩りやすくなってしまうんだよなぁ・・。サイドステップぐるぐるビームは狂や極限でも確定だったと思うけど。そこは流石に変えるかな。
785 : ななしのよっしん :2016/11/20(日) 19:07:53 ID: oJItdY+vBj
G級ならブシドー殺しの1つや2つ持ってないとなんだかなあ…て感じ
まあ、ゆうたですらブシドー使えばノーダメで突破できるG級ってのも新でいいけどw
それかリスク背負って自己強化するブレイヴ前提の体調整・怯み値調整になるか(これが一番怖い)
786 : ななしのよっしん :2016/11/25(金) 19:05:54 ID: 0/nwBpUy3B
4Gラーが苦手だったとしては、クロスラージャンくらいが丁度良くて助かってる。
G級も程よい強化を望みます。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015