単語記事: ラーテル

編集  

ラーテルとは、ネコイタチラーテル亜科ラーテル属に分類される小雑食性哺動物である。別名、ミツアナグマとも。かつては、ギネスブックに「世界一怖いもの知らずの動物」として紹介されていたが、現在では抹消されている。

曖昧さ回避

どちらも、この動物と関連がある。

概要

アジア及びアフリカの、熱帯や温帯に属する様々な気の場所に生息している。サバンナ、岩石砂漠や礫砂漠など、様々な場所に生息している。
全長は80110cmほどで、体重は7~14㎏スカンクなどのように、強な臭いを発生させることもできる。夜行性でもあるが、間にも行動する。

この動物の一番の特長は、頭から背中にかけての皮膚が、伸縮性がある上に硬さも備えていて、柔軟性もあるとためにとても丈夫なことで、ライオンの攻撃すらものともしないほどである。とはいえ、部は弱いので、ひっくり返されると普通に攻撃を受けてしまう。

食性は雑食で、昆虫木の実、小動物を食べる。また、ハチの巣を襲撃して、ハチミツを頂くこともある。とはいえ、ラーテルで探し当てるのは困難を極める。
その際、ノドグロミツオシエなどのミツオシエ科のを借りて、というよりもミツオシエの方がラーテルを利用するために、ミツオシエがハチの巣の在りかを教えてくれる。ミツオシエはハチの巣に襲撃できるほどのを持っていないため、その辺りは他の動物に任せ、自身は案内に特化し、ハチの巣を襲撃させた後でおこぼれにあずかるということをしている。ラーテルラーテルハチの巣を探し当てることが難しいため、ミツオシエの協があってこそうまハチの巣を襲撃できるのである。この関係はメディアミックス作品「けものフレンズ」でも取り上げられており、この2種が同時に登場することが多い。

気性は荒く、自身よりも大きな動物に対しても、捕食的以外でとびかかることがある。背中がとても丈夫なため、防御に徹していれば牙やの攻撃に対し、まず負けることはない(とはいえ、裏返されたり体重差で押し潰されたりしなければ、だが)。コブラの持つ神経に対しても強く、たとえ咬まれたとしても数時間動けなくなるだけでしばらくすれば気という、強な耐性を持つ。もちろん、ヘビを食べることもある。
そういったこともあり、上位の捕食者がいない環境では生態系のトップに立つことすらもある。

2017年現在日本国内の動物園では愛知県にある「東山動植物園」でしか飼育されていない。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB
ページ番号: 5495366 リビジョン番号: 2510109
読み:ラーテル
初版作成日: 17/07/24 23:00 ◆ 最終更新日: 17/07/25 00:36
編集内容についての説明/コメント: 「関連リンク」を新設しJAZAの検索結果ページを掲載。「関連動画」を5つと「関連商品」を1つ追加。記事冒頭太字化。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラーテルについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/07/25(火) 00:33:47 ID: Df74asLeb6
もしかして?→キリンバイ
        →ポコポッテイトおかあさんといっしょ(ムテ吉)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829