単語記事: リアリティ

編集  

リアリティ英:reality)とは、現実真実性、事実本質などを意味する英単

曖昧さ回避

語源

日本語リアリティは直接は英語realityに由来。そして、英語realityフランス語のréalitéに由来する。これは、さらに中世ラテン語realitasの対格realitatemに遡り、このは、後期ラテン語で、realであるrealisに、性質を現す接尾辞 '-tas' をつけることで出来た。このrealisラテン語で"もの、こと"の意味を表すresに形容詞の接尾辞'-alis'がついて出来た形容詞。

概要

日本語としてリアリティとは、リアルっぽい要素のこと。

よく「フィクションリアリティめるな」と言われるが、リアルリアリティめてもリアリスティックではないので、められるのは常にフィクションである。そしてどうフィクションリアリティを混ぜ込むか、視するか、という作業を怠っているアーティストは一人たりともいないだろう。

reality日本語にすると「現実」「現実性」などとなるが、また「迫真性」、あるいは「説得」とも言い換えられる。現実物理原則に沿っているか、というだけではなく、作品世界での理論が一貫しているか、事物・人物描写が自然に感じられるか、などということも含めるためである。ライトセーバーで切り合おうが美男美女しか出てこなかろうが、スター・ウォーズガンダムにもリアリティは存在できるのだ。

事実は小説より奇なりという言葉もあるように、また、リアリティの感じられないリアルが存在したりと、リアリティリアルは明確に異なるものである。

有名なシュールレアリズムは、現実とは意識で捉えきれないところにある、という前提によって成り立っている。その結果として部外者には、秩序で非現実的なものと映るのである。このように、各人の感じる「リアリティ」の相違は険しく、決着の見えない問題となっている。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3
ページ番号: 4522067 リビジョン番号: 2477388
読み:リアリティ
初版作成日: 10/12/12 00:45 ◆ 最終更新日: 17/04/08 11:10
編集内容についての説明/コメント: 冒頭に曖昧さ回避を追加。事実は小説より奇なりの一文追加。関連項目にバーチャルリアリティ追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リアリティについて語るスレ

160 : ななしのよっしん :2017/09/22(金) 23:01:06 ID: hbhpVP30+C
・敗戦不気からカリスマ導者のもとたちまち建て直し軍備を拡世界ケンカを売る(至言)
もしくは選民思想を是としジェノサイドオカルト研究や人体実験も繰り返す 経済も踏み倒し前提

・封建時代が続き遅れを取っていたものの追い付け追い越せと急成長、世界レベルの軍備をみるみる整え旧来勢に挑戦する
もしくは政治腐敗→軍部専横→軍部腐敗と人気取りに自ら作ったイケイケ空気に押されグダグダ世界にむけてケンカを売る(至言)

なんだこれは・・・たまげたなあ
有能さと無能さのどっちを参考にしても都合良すぎと言われますねクォレハ
161 : ななしのよっしん :2017/09/27(水) 02:33:55 ID: 3m6mOFA344
>>155
スレンダーを維持するのは下手なマッチョよりも繊細な管理が必要だが。
日本RPGみたく、皮でなくさりとてマッチョでもない、極めてバランスのとれたスタイルの人間ばかりが登場することにリアリティがないと感じるのも致し方あるまい。

それと、当時の食糧事情というのは、庶民レベルは貧しい限りだが、まともな甲冑えられるような貴族様ともなればそれなりのもんを食ってそれなりに鍛えて太ることができる。
ステロイドプロテインで膨れ上がったようなゴリマッチョまで行くとさすがに変だが、甲冑で戦う戦士がヒョロヒョロってのもありえんだろ。
162 : ななしのよっしん :2017/10/15(日) 17:36:07 ID: Pq7IZ6zR7x
>>161
イメージってるようだが均衡の取れたスタイルいい人間ばかり登場するファンタジー
日本だけに限った話じゃないけどな、マッチョ至上義ってもうとっくに海外でもれてる
なんやかんやどのでも美男美女が好まれる、まあそれでも日本べるとまだ筋肉が多いけど
163 : ななしのよっしん :2017/10/17(火) 03:07:42 ID: nqYZx2XSaI
過剰にゴリマッチョ持ち上げてるの大半は厨二・優男系への面当てが的で本心からそのキャラが好きって訳じゃないからな、せいぜいヒョロガリよりはマシって程度の
実際程よく筋肉のついたイケメンと化け物みたいな大男じゃイケメン選ぶが大半だし、前者が後者相手に無双してもリアリティを持ち出して批判するなんてまずいない
164 : ななしのよっしん :2017/11/05(日) 08:23:32 ID: Qm2MqtW5RZ
北斗の拳体脂肪率1ケタなマッチョモヒカンたち
毎日筋トレして大量のササミ食ってるんだろう
リアリティあるなあw
165 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 09:44:01 ID: yZHkOoX4oR
>>145
そこに顕れてるものって要するに「娯楽」が機不全に陥ってる状況そのもの、「娯楽」その本質的な意味性・虚無性を露にした状態なんですよ。
「娯楽」って何なのか突き詰めていくと、ハードコアに考えれば「時間の無駄」。これは人の口からも度々上る事なので殊更にう事でもないように見えるが、現代はこの意味性というのが疵口のようにモロに見えていて、それは結局それ自体が的ではいられなくなるというあらゆる活動の宿命とも言える流れ。
娯楽もその例に漏れなかったという事が時代を追うにつれよりはっきりしていったという事なんですね。



166 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 09:56:18 ID: yZHkOoX4oR
要するに「リアリティのない作品」を描いてそれを人々に見せてを集めるという行為は、作品が魅を欠いてしまえば後は扱いが待っている。
一方で作品を通してより忠実に「リアル」を伝えるということはそれ自体が「ルポタージュ」的価値を秘めているため、娯楽作品として芳しい評価を受けずとも存在価値を残すことになる。『ジャーヘッド』が「退屈」を描いていても「見応え」があるのはそれがれっきとしたルポタージュだから
この違いは人々が「娯楽」の洪水されそれらにより飽きと厭きを覚える程により明になっていき、「リアリティなき作品」は消費者を愉しませる事もそこに切実なメッセージ性を込める事も出来ず、少しずつ、しかし着実にクリシェと化して腐り落ちていく足場を舞台に踊りを続ける人形のような未来が待ち受けている、という訳
167 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 05:13:18 ID: nzfViuc9Rg
リアリティのある作品の未来ガチ映像(ノンフィクションだけど俳優演じてない)だな。
168 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 05:51:33 ID: v96QG+n1pe
>>167
演出一切加えないと、それはそれで「なんかリアリティ感じない」と言われるのだ……
169 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 23:22:06 ID: nzfViuc9Rg
>>168
戦車が打つ映像に、かめはめ波をためるみたいなのをとか加えたりとかか。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829