単語記事: リボルバー・オセロット

編集

リボルバー・オセロットとは、メタルギアシリーズに登場するキャラクターの一人である。
作品によっては、コードネームが「リボルバー~」でない場合もあるが、すべてこの記事で紹介する。
声優戸谷公次MGSMGS2)、山崎たくみMGS3MPO)、銀河万丈MGS4)、沢木郁也バンドデシネ)、三上哲(MGSV)。

概要

メタルギアソリッドPS)からメタルギアソリッド4PS3)にいたるMGSシリーズ全作に登場する、シリーズを通しての重要人物の一人。『オセロット』はコードネームであり、登場作品によっては若干コードネームが異なる。またシャラシャーシカと名乗ることもある。ちなみに、シャラシャーシカは旧ソ連実験設計局の名前。
本名は「アダムスカ」(ADAM)。
1944年生まれ。身長182cm

マカロニエスタンをこよなく愛しデモムービーの際には必ずと言ってもいい程クルクル回すガンスピンを披露している。特にMGS3では顕著。クセのような物かもしれない。

作品中でも特に行動にの多い人物であるが、メタルギアソリッドシリーズを通しでプレイすると彼の行動の根にあるものが理解出来るかもしれない。

ニコニコ動画でも広く知られた「いいセンスだ」と言う台詞元ネタの人物でもある(ただし、後述通り、元はネイキッド・スネークオセロットに対してかけた一言)。

リボルバー・オセロット(MGS)

FOXHOUND部隊に所属する元KGBの射撃の名手、拷問スペシャリストとして登場。「リボルバー・オセロット」のコードネームの通りシングルアクションアーミーを用する。シャドーモセス占拠事件の首謀者リキッド・スネークと旧ソ連軍のゴルルビッチ大佐を引き合わせたのも彼である。

プレイヤーが初めて対峙するFOXHOUND隊員であり、跳弾を利用して物陰に弾を撃ち込むトリッキーな戦い方を駆使して主人公ソリッド・スネークの前に立ちはだかる(「いいセンスだ」のシリーズとしての初出はこの時)が、乱入してきたサイボーグ忍者によって右腕を切断される。

囚われの身になったスネーク拷問した際には強いロシア復権への思いを吐露するが、エンディング後のデブリーフィングにおいてオセロットの正体はアメリカ政府のスパイであり、合衆大統領ソリダス・スネーク)の揮下で行動していたことが判明する。

MGSでの設定上では50代ということになっているが、MGS3で判明した生年によれば、シャドーモセス事件の2005年当時は60代となり矛盾が発生している。

リボルバー・オセロット(MGS2)

物語冒頭でメタルギアデータ(前作でオセロットが回収した)を流出させ、世界中にメタルギア亜種拡散させた本人であることがられる。前作で失った右腕はリキッド・スネークの死体から移植している。元々は右利きであったが、左利きに矯正している。ただし、たまにのしまい方を左右間違える事がある。

タンカー編ではゴルルビッチ大佐らとともにタンカーを襲撃するが、大佐を裏切り海兵隊令官とともに殺。このときオセロットは自分が「愛国者たち」のために動いており、ロシア復権には興味いことを言明している。タンカーを破壊したオセロットは新メタルギアを奪取して一人脱出。スネークと対峙した際には一時右腕のリキッドの意識が覚醒している。

プラント編では決起の首謀者ソリダス・スネークの側近として登場するが、この決起自体愛国者たちによる演習として計画されたものであり、オセロットの役はそのデータの回収であった。

物語終盤、リキッドに意識を乗っ取られたかのようなオセロットメタルギアRAYとともに中に姿を消す。

バンドデシネ版では事件中にリキッドの幻影が現れ、彼によって徐々に体を乗っ取られ、オセロットがそれに葛するという描写が存在する。
また、リキッドと共にザ・ソローも登場し、彼から非常に辛辣な評価を受けている。(こちらは亡霊とも取れる)
オセロットが腕の移植をした理由は「撃ちの名を失いたくなかった為」とリキッドに説明されている。
移植された腕にリキッドの意思が内在していた理由として「俺達体は普通の人間とは違う」とビッグ・ボスクローンであるが故の事だとリキッドが説明している。

オセロット(MGS3)

弱冠20歳(19歳とも)にしてGRUの特殊部隊スペツナズ)「山猫部隊」を率いる隊長オセロット少佐」として登場。ソ連の軍人である彼がアメリカに生息するネコ動物コードネームに用いていることも伏線の一つである。

この頃からすでにマカロニエスタンにハマっており、軍服カウボーイブーツを履いている。また、西部製ホルスターも着用している。軍規的にどうなのだろうか。

当初は自動拳銃(マカロフ)を使っていたが慢心により、弾詰まりを起こした隙をつかれネイキッド・スネーク(後のビッグボス)に敗北。以後ネイキッドの助言を受け入れリボルバー拳銃に持ち替えたり、持ち替えた装飾ギラギラ拳銃摘されて地味なものに持ち替えたり、ネイキッドの所持していた食料を食べてみたりなど、ネイキッドライバル心と心酔のない交ぜになった感情を抱いている。若干その気があるようにも見える。

いいセンスだ」の作品世界の時間軸における初出はネイキッドオセロットにかけた台詞である。その他、電撃による拷問、リボルバーの使用とリロードの緊感を意識するシーンなど、MGSへと繋がる伏線が多く見られる。

物語終盤、ザ・ボスとの決着を果たし、脱出しようとするネイキッドの前に現れ、最後の勝負を挑む。この際「アダムスカ」という本名を名乗っている。2つのSAAどちらを取るかで展開が少々変化する。

もはや恒例となったエンディングロール後の会話で、オセロットの正体はKGBGRUに潜入させたスパイであり、さらにその正体がCIAからKGBに送り込まれたスパイ、つまり「三重スパイ」(トリプル・クロス)であることが判明する。恐ろしくややこしい立ち位置にあるオセロットだが、出生からして大戦中、特殊部隊ザ・ボスコブラ部隊のザ・ソローの間に生まれた息子であることを考えると一つの成り行きとも言える。

ゲーム中、何度かオセロットを殺する機会があるが、殺すとタイムパラドックスとしてゲームオーバーになる。HD版ではオセロットを殺することによってトロフィー・実績を獲得できる。途中のボス戦ではライフを削って倒してもキル数にカウントされないが、スタミナキルすると次のマップアニマルというスペシャル迷彩が手に入る。

オセロット(MPO)

物語の舞台であるサンヒエロニモ半島には登場しないが、裏で暗躍しており、エンディングで核シェルターに避難しようとしたCIA長官を暗殺した。条件を満たすとプレイヤーキャラクターとして使用可

リキッド・オセロット(MGS4)

世界中のPMC民間軍事会社)を裏から操るマザーカンパニー「アウターヘブン」の代表者として登場。世界各地でオールド・スネークの前に立ちはだかる。

もはやその意識は全にリキッドのものに見えるが、これはナノマシンサイコセラピーを用いた人為的な洗脳(自己暗示)で、リキッドのドッペルゲンガーとなっていただけである。その的は愛国者たちのAIを破壊し、精閉され仮死状態に置かれていたビッグボスを解放することにあった。その際に不安定だったリキッド・スネークの腕はサイネティクスの義肢に交換して安定を取り戻している。

自身の私兵である強化兵士部隊(通称カエル兵)は全て女性下のPMCを代表するBB部隊は全員美女である。 

使用する武器は単発式カスタムメイドハンドガンに変わっており、この事からも彼が自分を「リボルバー・オセロット」ではなく「リキッド・スネーク」であると洗脳している事が伺える。
また、CQCの腕はオールド・スネーク駕する程である。

物語終盤、停止したアウターヘイブン艦上で満身創痍スネークに一対一の戦いを挑む。スネークとの決着を果たし、リキッドであることを止めた彼は「いいセンスだ」の一言を残し、スネークに看取られながらFOXDIEによって事切れた。70歳没。その複雑な出生、三重スパイを始めとした諜報戦の駆け引き、卓越した戦闘とは裏に最期までビッグ・ボスへの忠を貫いた。

リボルバー"シャラシャーシカ"オセロット(MGSV)

パニッシュド"ヴェノム"スネーク率いる「ダイヤモンド・ドッグズ」の参謀として登場。
過去作品にてられる話によると、この時代では敵味方の間で「シャラシャーシカ」の名で恐れられているという。
本人く、記事冒頭のソ連の施設「シャラシュカ」と、「シャシュカ」をかけた通名だというが…

余談

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88
ページ番号: 992917 リビジョン番号: 2275475
読み:リボルバーオセロット
初版作成日: 09/01/17 20:26 ◆ 最終更新日: 15/10/15 23:48
編集内容についての説明/コメント: MGSVについて追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


レボリューションの人。

レボリューションの人。

リボルバー・オセロット

MGS1と3より。

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リボルバー・オセロットについて語るスレ

174 : ななしのよっしん :2016/01/17(日) 11:54:08 ID: aX0ZsDAVSw
テープでこれで(達)は子孫を残せなくなった(かどうかはやってみなきゃわからないけれど)
みたいな発言してたけど、オセロットに子孫がいない理由が明らかになったわけだ
カズにはがいるけど、9年間の内にこさえたと捉えるべきか
175 : ななしのよっしん :2016/02/01(月) 00:30:59 ID: 3o5umcOWPd
オセロット「本人もその気です」
メディック「・・・・・・・」
オセロット「すでにカズも旧MSFスタッフボス影武者について了承しています」
ビックボス「そうか、なら急いでいかないと皆に悪いな。ちょっと一だけ」
オセロットお前が全部悪いんだ」
ヒューイ「まともなのはだけか!?
オセロット「これこそがビックボスの意思だ」
カズビックボスを討つ!」
176 : ななしのよっしん :2016/02/19(金) 14:33:17 ID: D/Oz+cvxzh
それにしても、どうしてMGSシリーズでPWだけ登場しなかったか不思議。
半外伝のMPOじゃ、ちゃんと登場してストーリーにも絡んだのに
PWじゃ役割がないorTPPと被るから省かれたのかな?
オセロットをどうしてもストーリーに絡ませるなら表向きはザドルノフの心or同志として中の共産化活動を暗躍してたが、実際はビッグボス支援してザドルノフの背後にいる組織(愛国者達)の的と正体を掴み阻止しようして登場するか、オプスと同じでユニークキャラとして操作できてもよかったんじゃないかな?そうすれば少しPWの評価も上がったろうに
それはさて置き、TPPラストカズとの会話や音テープとかでやたら未来を示唆する台詞があったのはザ・ソローのESP(未来予知)の遺伝だからかな?それとも生前のソローか何かしらの事情で接触したジーンエルサウルスラ)もしくはありえないけど、少年マンティスの残した言葉を聞いたからかな?
177 : ななしのよっしん :2016/02/28(日) 02:22:39 ID: B4a0ilJNV2
>>173
全くの別人を敬するボスと思い込む為に同じく別人になりきってたのかもよ?
ボスに付き従う同じ名前のオセロットという男としてさ。
178 : ななしのよっしん :2016/02/28(日) 23:08:40 ID: ZSHXMKpkYc
>>176
単にカズとの会話の流れでああなりました。
予知の要素なし。
179 : ななしのよっしん :2016/03/14(月) 22:14:59 ID: qVQ1I/uuYs
5でかなりビッグボスを慕っていたが、その割にはアウターヘブンやザンジバーランドの時は何していたんだろう。
180 : ななしのよっしん :2016/03/26(土) 22:03:58 ID: OPuJAUadtT
CIAクソ長官殺したのは任務+両親のソローとボスの弔いもあったのかな?
181 : ななしのよっしん :2016/04/04(月) 23:32:24 ID: mPf7WxCUrB
思えば3での、実はビッグボスファンクラブの隠れ会員でした、というちょっとした設定の追加が
後のシリーズにとんでもない影を残す結果になったなあ
褄合わせただけでも感心するよ
納得いかない部分はあるけど
182 : ななしのよっしん :2016/04/25(月) 22:40:13 ID: upHTFsCHQE
>>181
納得いかない部分はだいたい情報が操作されているかもしれない。
だが、今となってはどこまで情報が操作されてたかはわからないが・・・
183 : ななしのよっしん :2016/04/26(火) 07:26:36 ID: dpZ8PY5+Jy
それ言ったら、ザ・ボスキューバに居たってのもにされてたしな。
の欠損した部分を補うって話をPWのAIに当てはめるのに、そんな変しなくてよかったろうに。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015