単語記事: リンク(ゼルダの伝説)

編集

リンクとは、任天堂が開発・発売するゲームゼルダの伝説シリーズ」の主人公およびデフォルトネーム

海外版は「Link」(英語で「連結、つながり」、ドイツ語で「左」を意味する)。

スマブラシリーズでは、異なる姿のリンクがいる場合「こどもリンク」、「トゥーンリンク」という専用名で識別される。

概要

シリーズ主人公(名前は変更可)。ハイラルの地に「勇者」として度々登場する者の名である。

ゲームの題名が「ゼルダの伝説」のため彼の名を「ゼルダ」と間違える人もいるが、ゼルダとは同シリーズに登場する女性キャラクターの名前である。ほとんどの作品ではゼルダ姫と呼ばれる。

シリーズで一貫してリンクという名前とおおよそ共通の特徴を持つが、同一人物とは限らない。『時のオカリナ』を例にすると、『ムジュラの仮面』は『時オカリンクのその後を描いた作品のため同一人物だが、『風のタクト』はか昔の伝説に「時の勇者」(恐らく『時オカリンク)が存在した世界であり、リンクと言う名前のある若者(『風タク』のリンク)がその伝説あやかった習で時の勇者そっくりな姿に着替える所からスタートする。

3D作品のリンクは「あるところにいたリンクと言う男が立ち勇者となっていた」という話が多いためキャラの生い立ちが細かく設定されているが、2D作品のリンクは大半が他の任天堂キャラのように「たまたま通りかかった若者」程度の設定が多い。ただしどちらも裏話程度の設定なので、気にせずともゲームプレイに支障はない。

名前の由来は「2つの世界を繋ぐ」だとか「プレイヤーリンクを繋ぐ」だとか言われていたが、ゼルダシリーズプロデューサーとして知られる青沼英二が『ゼルダ』の生みの親である宮本茂に聞いたらしい話によると、実際は「トライフォースの3つのを繋いで正常な世界を作る」といった意味だとの事。

特徴

のとんがり帽子とチュニックワンピース状の一見スカートに見える装)姿で、金髪茶髪)とハイリア人特有の長いエルフ)を持つ。顔つきや体格、装、生い立ちや性格は作品によって異なる。右イラストは通称「ネコリンク」こと『風タク』版リンク

シリーズかなり眉毛が太い。

2D時代(『時オカ』以前)は団子っ鼻に長いもみあげという、いかにも昔の任天堂らしい顔デザインだったが、「社長が訊く」によると『時オカ』開発時にキャラクターデザイン担当の小泉歓晃が妻から「(任天堂キャラには)男前のキャラはいないの?」と言われてしまい、さん好みのイケメンに変更したのだという。

ただ、イケメンリンクも表情を大きく変化させていいよう、わざと少しイケメンから外した顔立ちにしている。

ネコリンクデフォルメが効いているため表情が解りやすく、様々なシーンでかなり大きくコミカルに変化する。特にその大きなは、落ちてる物や仕掛けへリンク視線を送ることでに気づきやすい利点がある。

利き腕

トワプリWii版・WiiUの辛口モード)』と『スカイウォードソード』以外は左利きである。これは1作の開発スタッフミスによるもので、宮本茂と一緒なのは単なる偶然。なお本来左利きが右側)というのは心臓きやすい大変危険な戦闘スタイルである。

右利きである2作品はWiiリモコンを操作するため、右利きが多いユーザーに合わせている。トワプリWii版とGC版、トワプリHDの通常モードと辛口モードは、お互い左右反転したミラーモードになっている。

特技・道具

得意な技は周囲全方位を攻撃する回転斬り。発動には溜めが必要だが、3D作品からはスティックリモコンタッチネルクイック発動させることもできる。一部作品では、これ以外の技(義)を覚えられるものもある。

また、あらゆる具を使いこなすことができる任天堂キャラ随一の器用さを誇る。乗の腕前に優れ、魔法マジックアイテムもある程度使用でき、さらにブーメランパチンコなどの遊具、ハンマーのような鈍器、バクダンフックショットなどの暗器も自在に使いこなす。

作品によってはオカリナタクト、ハープ、ベルといった各種楽器も扱え、解きに用いる。

作品解説

シリーズ作品

ゼルダの伝説(初代)、(ゼルダの伝説1
ハイラル地方をしていたリンク魔物に襲われていたゼルダ姫インパを助ける。インパの話によると魔王ガノンが王侵略し、トライフォースを奪ったという。ゼルダは、ガノンに捕まる直前に知恵のトライフォースを8つの地方に隠した。リンクは8つのトライフォースの探索とガノンの打倒をすことになる。
ハードによりタイトル仕様微妙に異なるが、ゲーム内容自体は同じ。
リンクの冒険
前作でガノンを見事倒したリンクだったが、ガノンの負の影ハイラルは荒れる一方だった。
16歳になったリンク左手に突如「勇気トライフォース」の紋章が現れた。それを見たインパがリンクゼルダ姫の元に連れて行き、ある王の悲劇を話し出す。
勇気トライフォース」があればゼルダ姫を覚ますことが出来ると聞いたリンクは、魔物たちがガノンを復活させる儀式に必要な「リンクの血」を手に入れようとする中「勇気トライフォース」を探すに出る。
生作『リンクのボウガントレーニング』を除くと題名にリンクの名が使われた一の作品。正当な続編ながら横スクロールアクションに変更されたが、結局三作以降は元のシステムや題名に戻されてしまった。
神々のトライフォース
おじさんと2人で暮らしていたリンクはある、夢の中で助けをめるを聞きを覚ます。に導かれるようにハイラル城に行くとそこには捕らえられたゼルダがいた。ゼルダを助け教会に逃げ込むと、ゼルダからアグニムによりハイラル危機していることを聞く。リンクアグニムを倒すため立ち上がる。
マスターソードが初登場。本作以降ラスボス撃破に必要な退魔のとして、たびたびリンクが手にする。
夢をみる島夢をみる島DX
神トラ』の後日談で同一人物。異での武者修行帰りに船でハイラルしていたリンク。ところが船は大嵐で遭難し沈没してしまう。見知らぬ覚めたリンクは自分を介抱してくれた少女マリンから、「コホリント」と呼ばれるに漂着した事を知る。くしてしまったを探しにへ向かうとそこに不思議なフクロウが。「全ては『さかな』が答えてくれる」を出るためには『かぜのさかな』の覚めが必要らしい。フクロウの言葉を信じたリンクはコホリンの探索を始める。
名前にカタカナが使えないため、正確なゲーム内表記は「りんく」である。盗みを働くと「どろぼー」に強制
BSゼルダの伝説BSゼルダの伝説 古代の石版
2作品ともサテラビュー配信専用だったため知名度が致命的に低い。配信終了した今となってはプレイ不可能であり情報に乏しいが、ゼルダシリーズリンク主人公ではなかったらしい。
時のオカリナ時のオカリナGC時のオカリナ3D
コキリ族で妖精を持っていなかった少年リンクの元にある日、デクの樹の命令を受けた妖精ナビィがやって来た。デクの樹の中に寄生する怪物ゴーマを倒したリンクは、デクの樹からハイラルに起こっている危機を聞きハイラルを救うに出る。少年時代青年時代の7年を行き来する壮大なストーリー
シリーズ初の3D作品ポリゴン表現による複雑化問題を解決するため、本作以降、時々ナビィのような相棒がつく作品が出てくる。広大フィールドを移動する乗り物としてエポナが初登場したほか、敵役として後の作品のリンクも対峙するガノンドロフという名の男も登場
ムジュラの仮面ムジュラの仮面3D
前作『時オカ』で魔王ガノンドロフを倒し元の時代へ戻ったリンクは、の終わりに別れた“友”を探すに出かけた。旅の途中、突如現れたスタルキッドエポナを奪われたリンクは、スタルキッドを追いかけていくうちに不思議な世界へと迷い込む。迷い込んだ異世界タルミナ」は3日後に滅びる世界だった…
リンク仮面変身ダンジョン攻略したり、お面でサブストーリーを解決していく。
ナビ役の相棒妖精チャットに変わる。ナビィほど頻繁におせっかいしてこないが、代わりに態度がでかい。またリンクに似た色の格好をしたおっさんチンクルを生み出した作品でもある。
ふしぎの木の実
大地の章
ホロドラム地方を訪れたリンクは、大地の巫女である踊り子ディンと出会う。
ディンに引っられるように踊りに参加し楽しいひと時を過ごしていた所に、闇の将軍ゴルゴンが現れディンを連れ去り、そのを封じて四季と大地の恵みを奪ってしまった。ゴルゴン的は荒れ果てた大地から「滅びの」を集め、闇の世界を作ることであるという。ディン救出のため、ホロドラム四季を取り戻すためリンクの冒険が始まる。
の章
ラブレンヌ地方を訪れたリンクは、ゼルダであるインパに出会う。
インパに頼まれるがまま、時巫女ネールに会うために聖域へのを塞ぐ結界の岩をどけてしまう。
その時、インパに憑りついていた闇の魔道士べランが現れ、今度はネールに憑りついてどこかへ消え、ネールの悪用して過去とそしてそれに連なる現在変し始めた。べラン的は時を渡りながら人々の「嘆きの」を集め、闇の世界を作ることであるという。ネール救出のため、過去を取り戻すためリンクの冒険が始まる。
なお本作(大地・時)のリンクは『神トラ』、『夢をみる島』と同一人物である。
風のタクト風のタクトHD
古の伝説によれば、ある王魔王が現れた時、どこからか勇者が現れ世界を救った。
その勇者物語伝説になったころ、再び魔王が復活したが、今度は勇者が現れる事はなかった…
窮地に立たされた人々は王の運命をに委ねることにしたが、その王がどうなったかは誰も知らない
プロおばあちゃんとアリルと共に暮らす少年リンクは、伝説勇者と同じ年になったお祝いに、村の習に従って勇者とそっくりのをもらう。から借りた望遠を見ると、大きな海賊船が戦っている!リンクは、そのからに下に落ちた海賊テトラを助けた。ところが、今度はにさらわれてしまう。
かくして、リンクテトラ海賊船に乗り込み、の救出に向かう事を決意する。
をさらった黒幕に迫るうちに、かつての伝説真実が判明していくことに…
相棒はしゃべる船・赤獅子の王。今回はマップの大半がのため、彼に乗らないとフィールド移動できない。
リンクの実の家族が登場するのは、シリーズでもしいポイントだろう。
神々のトライフォース&4つの剣
神トラ』側の物語に変更はない。『4つの剣』では魔神グフーにさらわれたゼルダ姫を助けるため、触れると体が最大4つに分身するフォーソード」を手に大妖精(とルピー)を探す冒険に出る。
4つの剣+
ハイラルアドベンチャー
4つの剣』からはるか後の時代、再び復活した魔神グフーからゼルダ姫を助けるため、フォーソードを手に冒険に出る。今回もやはりで最大4体の色違いリンクに分身する。
ナビトラカーズ
風タク』の後日談。リンクは一人前の海賊し、テトラの試験を受ける。操作の関係上サポートキャラフルボイスでナビするというシリーズでも異例の仕様だが、さすがにリンクは例外。
ふしぎのぼうし
ハイラル鍛冶スミスおじさんに住んでいる。年に一度のピッコル祭りの日、武術大会の品の幼馴染ゼルダ姫と共にに届けに行くが、優勝者グフーによりゼルダ姫が石にされてしまう。呪いを解くため、リンクは子供にしか見えない妖精ピッコル族が持つという聖剣を探すに出る。
タイトルの通り、今回の相棒はしゃべるぼうしエゼロ
トワイライトプリンセストワイライトプリンセスHD
アル村でエポナ(名前は変更可)を駆る飼いとして働いており、ハイラル城に貢ぎ物を届けるため初めて村を出ようとした日にトワイライトを巡る争いに巻き込まれる。ハイラル城ミドナゼルダ姫に出会い、ミドナに使われる形でに出ることになる。人間との姿を切り替えて攻略する作品。
おそらくゼルダ史上(というか任天堂ゲーム史上?)初めてであろう、上半身裸のサービスシーンがあったりする。相棒黄昏トワイライトプリンセス)ことミドナで、序盤からエンディングまで終始連れ添う。
夢幻の砂時計
風タク』の後日談にあたる。テトラ海賊達と共に航を続けるリンク幽霊船に遭遇。テトラを石にされてしまい、自らも仲間はぐれ、とあるに流れ着く。リンクテトラを助けるため、記憶喪失妖精エラ、船乗りラインバックと共に航に出かける。
大地の汽笛
夢幻の砂時計』から100年後の世界が舞台。見習い機関士の少年だが、ひょんなことからゼルダ姫とともにハイラル王国を救うに出かける。初めて最初から最後までパートナーとしてゼルダと共に冒険するリンクであり、やたら暴走する相方にやや押され気味。
スカイウォードソード
現時点でゼルダ史最古のリンクに浮かぶスカイロフトで騎士学校に通うリンクは、敵の策謀により大地へとさらわれた幼馴染みゼルダを救うために冒険の旅に出かけ、その中で勇者の使命に覚めていく。
今作は大ロフバードという巨大なに乗って移動する世界で、リンクは他と違ってい。今回のリンク選択肢次第でしく「」という一人称を使って返答することがある。
相棒女神に宿る精霊ファイで、リンクマスターと呼ぶ。性格は機械的だがナビゲーターとしては非常に有能で、攻略に使える情報から駄知識まで、従来作のナビ役たちをはるかにしのぐ情報量を誇る。
神々のトライフォース2
ハイラル鍛冶屋見習いの少年で、寝坊癖がある。親方の手伝いでハイラル城兵士長に忘れ物のを届けに行くが、中で謎の男ユガの陰謀に巻き込まれ、ゼルダ姫を救うためハイラルともう一つの世界ロウラルを巡る冒険に出ることに。題名通り『神トラ』の後世が舞台の続編だが、前作のリンクとの関係は不明。
トライフォース3銃士
神トラ2』の数年後の世界が舞台。「がとんがり、モミアゲが太く、九一分け」な勇者補の「あなた」がフリルのために魔へ向かう。一応『神トラ2』の「リンク」と同一人物であると示唆されてはいるが、本作はマルチプレイという性質上デフォルトネームリンク)が設定されておらず、つけた名前もいつでも名可。また、過去作の4人のリンクからCVが流用されており、他のプレイヤーかぶらないよう4種類のからランダムで選ばれる。

派生作品

リンクのボウガントレーニング
ハイラル各地を回ってボウガンによる魔物退治に挑む。ゲーム全般に『トワプリ』のグラフィックが流用されているため、明言されているわけではないが『トワプリ』のリンクと同一人物と思われる。
ゼルダ無双ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ
ハイラル親衛隊の見習い兵士ハイラル城への敵襲に対し、ゼルダ姫を護るため立ち向かったことで伝説勇者として見いだされ、魔女軍団との戦いに臨んでいく。
いつものに「マフラー」という、過去作に類を見ない衣装が特徴的。外伝作品ではあるが、史上初となる「軍属」のリンクで、ゼルダと上部下の関係にあるのも初めてである。
3DS版またはWiiUDLCでは『風タクリンクや『ムジュラリンクも参戦する。表記は3人とも「リンク」。
相棒妖精プロクシィ(ムジュラリンク妖精も同様)。妖精のナビゲーターは『砂時計』以来久々
チンクルシリーズ
チンクル役のスピンオフシリーズもぎたてチンクルのばら色ルッピーランド』、『チンクルバルーンファイトDS』、『できすぎチンクルパック』、『いろづきチンクルの恋のバルーントリップ』には登場しない。

シリーズ以外の出演作品

スーパーマリオRPG
チョイ役で登場。ユミンパを倒した後ローズタウンの宿屋へ行くと、2階の部屋でリンクが寝ている。話しかけると返事ではく「仕掛けが解けたときのあの音楽」が鳴る。
ゲームが進行するとへ出発したのかいなくなってしまう期間限定キャラ。 
スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー
DKコインの収集率を示す人気ランキングがあり、第3位(GBA版は第2位)に名前だけ登場。
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ』、『大乱闘スマッシュブラザーズDX』、『大乱闘スマッシュブラザーズX』、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』の全てに出演。
「初代、DX」では「リンク」として時オカ青年時代に近い姿で、「X、3DSWiiU」ではトワプリに近い姿で参戦。また、DXでは時オカ少年が「こどもリンク」、「X、3DSWiiU」では風タクリンクが「トゥーンリンク」という名でそれぞれ隠しキャラとして参戦(このように呼ぶのは上記の「リンク」と区別するためと考えられる)。開発者によると、トゥーンリンクトゥーントゥーンレンダリングではなくカートゥーンを意味する。
「こども」や「トゥーン」と対・分類してるとき、「リンク」を大人リンクと呼ぶ人も多い。 
マリオカート8
追加DLCを購入すると操作キャラとして使用できるようになる。姿は「スカウォ」に近い。
ジャンプアクションをする度にカメラ線になり、マスターソードを振り回す。危ない。

他社作品

ソウルキャリバーII
GC任天堂) / PS2ソニー) / Xboxマイクロソフト) 向けにマルチ展開された作品で、各々のハードメーカーに縁のあるキャラクターハード別にゲスト出場する。GC版にはリンク(『時オカ』の青年姿)が出演した。当時3機種で世界普及率が最下位だったGC版が最も売れていて、北でのリンク人気がうかがい知れる。
ここでも技だけでなく、バクダン矢なども使用するキャラクターになっている。
モンスターハンターシリーズMH4MH4GMHX
リンク本人は登場しないが、『スカウォ』のリンクの装備が登場。
片手剣としてマスターソード(+ハイリアの盾)、として勇者の弓が使用できる。防具は男女共に用意されているため、女性ハンターでも防具は使用可
なお、モンスターハンターシリーズ片手剣右手左手を持つというスタイルのため、偶然ながらリンク左利き設定まで再現されることになった。
CD-i専用ソフト(3作品)
ナニソレ海外企業フィリップス」が任天堂許可を得て作った問題作で全て日本未発売任天堂は開発に関与しておらず、海外でも酷評・ネタ扱い。詳しくは「々のトライフォース」で各自調べてほしい。
ゼルダ大全にも記載されない正正銘非公式ゼルダ(少なくとも日本では)。

映像作品(?)

ニャニャニャ!ネコマリオタイム
時々一部のコーナーなどでゼルダの伝説シリーズを解説していく。一人称
解説役として登場するため結構喋るが、何故か尾が「デヤァ」であるため、ウザかわいいに足を突っ込んでしまっている。
海外テレビアニメ
日本未放送&未発売の北アニメ完成度はCD-i作品の出来からお察しください。アメリカジョーク自体は寒いがゲームを知ってるとツッコミどころが多く、英語がわからなくても悪い意味で笑える…かもしれない。

声の担当

リンクプレイヤーの分身で、返答以外は基本的に台詞自体ないが、『時オカ』以降は(容量が非常に厳しいGBの『ふしぎの木の実』を除き)全作品で掛けや笑いなどのショートボイスが入るようになった。ただし「全てのリンクは基本的に別人」のため、役者も作品ごとにバラバラである。一応少年リンク女性、成長したリンク男性が演じる傾向がある。

海外版もおそらく同じ音世界販売を想定してか、役者が全て日本人なのに具体的な日本語が挿入されることはない。ナビィなど他キャラが話す具体的な単も全て英単である(Hello! Hey! Listen! Watch out!)。

スマブラシリーズはすべて原作の流用で、生作品も基本的には同じ。ここでは移植リメイク、リマスタータイトル(~GC3DHDなど)の記載は省略するが、すべて元作品のと同じ。

緑川光
神トラ』のドラマCD担当。あまり知られていないが、ゲームを除くと初のリンク声優緑川なのである。余談だが緑川1996年ファイアーエムブレムOVAマルスを演じたことでスマブラマルス役に抜されたが、神トラCD1994年であり、実はリンクのほうを先に演じていた。緑川リンク緑川マルス以上に熱い性格。
瀧本富士子
時オカ』の少年時代ゲームリンクとして初めてを発した人。『ムジュラ』、『神々のトライフォース4つの剣』、『ふしぎのぼうし』『トライフォース3銃士ランダムに選択されるの一つ)』にも使われていて、『神トラ』のリンクは都合1キャラに対し2人の声優がいることになる。『スマブラDX』の「こどもリンク」も彼女の
ゼルダ無双』のムジュラリンク生作としてはしく新録。勇ましい少年声だった原作べると、こちらは少々幼くかわいらしいに変わっている。
檜山修之
時オカ』の青年リンクとして瀧本同様ゲームの初代声優を務めた。『ムジュラ』と『ゼルダ無双』のリンク、『スマブラ(初代~DXまで)』の「リンク」や『ソウルキャリバーIIGC版)』のリンクにも使われている。
松本さち
風タク』、『4つの剣+』、『夢幻の砂時計』を担当。いわゆるネコリンクトゥーンリンクと言えばほぼこの人で、『スマブラ(X、3DSWiiU)』の「トゥーンリンク」、『ゼルダ無双』の風タクリンクも彼女の。『4つの剣+』は『風タク』や『砂時計』のリンクとは別人であり、異なる2人のリンクを演じた数少ない声優でもある。『トライフォース3銃士』ではランダムに選択されるの一つ。
ちなみにリンク以外では風タクリンクアリルを、リンクをやる前は『ムジュラ』のスタルキッドボンバーズ、海賊などのをそれぞれ演じていた。
笹沼晃(現:笹沼尭羅
トワプリ』や『リンクのボウガントレーニング』を担当。『スマブラ(X、3DS/WiiU)』の「リンク」も兼ねる。
小平有希
大地の汽笛』を担当。『風タクリンクの子孫であり、松本以外でネコリンクを演じた一の人。『トライフォース3銃士』ではランダムに選択されるのうちの一つ。
大原崇
スカウォ』を担当。このリンクの姿でゲスト出演した『マリカー8』も同様。
斎賀みつき
神トラ2』を担当。『トライフォース3銃士』ではランダムに選択されるのうちの一つ。
梶裕貴
ゼルダ無双』でメインリンクを担当。他社発売のゼルダ作品では初のリンク
???
ネコマリオタイム』ではしく普通に?しゃべるが、担当名は開されていない。

ニコニコ動画でのリンク



その時々で流行した動画ウマウマ男女など)にリンクを出演させた動画

MMDによる3Dモデル

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%28%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%83%80%E3%81%AE%E4%BC%9D%E8%AA%AC%29
ページ番号: 246767 リビジョン番号: 2405408
読み:リンク
初版作成日: 08/06/16 03:29 ◆ 最終更新日: 16/09/13 15:51
編集内容についての説明/コメント: amiibo追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リンク(ゼルダの伝説)について語るスレ

403 : ななしのよっしん :2016/07/13(水) 13:15:39 ID: YkjLTSqia4
>>394
記事にも書かれているけど、デザイナーの妻の発言でイケメンになったのがリンク
マルスは元々イケメンで時代に合わせて絵柄が変化していったって感じじゃないか?
ピットスマブラ久々に登場させる際に今の絵柄に合わせて可愛いショタになった
404 : ななしのよっしん :2016/07/13(水) 21:24:54 ID: bSHhhxclcW
>>397
トワプリ自体、時の勇者がやったことの後始末的な話が裏にあるので
その血統がその役を担うのは別に不自然を感じないかなー
勇者」自体が「選ばれる存在」なので
血に選ばれるか、ようわからんプラズマ的なものに選ばれるかの違いしかないような希ガス
405 : ななしのよっしん :2016/07/14(木) 21:10:35 ID: 9wz+2tzBeq
逆に風タクリンクは「(的存在に)選ばれる存在でない」ことが徹底してたな
徹底して「時の勇者ではない」と言われて運命なんて話はど出ないし、勇者と言えるものを集めるのも自だし、最後は前世代の遺産であるそれらも手放して新たな勇者になるし。
406 : ななしのよっしん :2016/07/22(金) 20:56:15 ID: XXO4yBv7Ka
神トラリンクはナイトの一族って設定だったけどあまり使われてないなこの設定
時系列直結の神トラ2リンク神トラリンクとの関係不明だし
407 : ななしのよっしん :2016/07/30(土) 22:38:38 ID: l6++CU0q36
風タクハイラル王があのリンク勇者の魂を受け継いだ
人間じゃないと強調してたしね。風タクリンクだけは冒険を積み重ねた結果としてトライフォースに認められた感じはある。ガノンの対応が他の作品と違って最初〜中盤はもくれずさっさと殺そうとしたのが終盤では試すような感じだったのも新しい可性を最初は認めなかったけど最後には認めていた、そんな気がする。
408 : ななしのよっしん :2016/08/07(日) 19:26:15 ID: bpCt+l0d/d
スカウォ→時オカ々→々2→初代
ぼうし→4つの剣4つの剣+
風タク→汽

もし全リンク(一部除く)が生まれ変わってるとしたらこんな感じか?風タク系列は微妙なところだけど
409 : ななしのよっしん :2016/08/28(日) 11:04:16 ID: QnyGQ1Y7nk
凄い今更だが、を右で持っているからといって「心臓」はがらきにならないぞ。
心臓があるのは胸のほぼん中辺りなんだから。
も、大動脈ががらきになるから同じくらいやばいのは確かだが。
410 : ななしのよっしん :2016/09/04(日) 12:00:45 ID: mqtI51WAjH
ちなみにを構えやすくする為に右にを装備って方法もあった気がする。
411 : ななしのよっしん :2016/09/04(日) 12:38:06 ID: qNOq5kLExP
何故リンク伝説じゃないのか(今更)
412 : ななしのよっしん :2016/09/17(土) 20:54:46 ID: bpCt+l0d/d
いつかリンクの魂に軸を置いた話とか出ないかな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015