編集  

リンク召喚単語

リンクショウカン

リンク召喚とは、遊戯王OCGの召喚法である。

概要

2017年3月25日の新マスタールール施行に伴って登場した、ペンデュラム召喚に次ぐ新たな召喚法。定されたモンスターリンク素材として、エクストラデッキからリンクモンスターを出すという点はシンクロ召喚エクシーズ召喚といったこれまでの召喚法に類似するが、エクストラモンスターゾーンの新設、リンクマーカーの概念など、単なる追加にとどまらない大規模なルール変更が行われている。

5D's以来恒例の、アニメシリーズに合わせた新召喚法であり、2017年5月より放送のアニメ遊☆戯☆王ヴレインズ」にもこの召喚法が登場している。

リンク召喚してみる

難しいルールは後回しにして、とりあえずリンク召喚してみる。

リンクモンスターを見てみる

リンクモンスターの例として、「デコード・トーカー」を見てみよう(リンク先は公式データベース)

リンク召喚する際に参照するのは、テキスト欄の右下(普通は守備が書いてあるところ)にある"LINK-○"と、カードテキストの一番上(実物では【サイバース族リンク/効果】の下の行)にある素材の条件を記した記述。

"LINK-○"とは、「○体のモンスターリンク素材にしなさい」という意味である。「デコード・トーカー」の場合、"LINK-3"と書いてあるので、3体のモンスター素材にする必要がある。

カードテキストの一番上にある素材の記述は、リンク素材にするモンスター定である。「デコード・トーカー」の場合、"効果モンスター2体以上"とあるので、効果モンスター2体以上を使ってリンク召喚しなければならない。通常モンスターは使えないということだ。

まとめると、「効果モンスター3体をリンク素材としてリンク召喚できる」ということになる。
実はほかの出し方もあるのだが、それは順を追って説明する。

リンク召喚!

必要な素材がわかったので、「デコード・トーカー」のリンク召喚をやってみる。

まず、リンクモンスター融合シンクロエクシーズモンスターと同様、デュエル開始時点ではエクストラデッキに投入する。

デュエルが始まったら、頑ってフィールドに3体の効果モンスターえよう。ここでは「クリボー」(効果モンスター)を3体出したということにしておく。これでリンク召喚の準備は了だ。

自分ターンメインフェイズに、リンク召喚することを相手に宣言し、「クリボー」3体を墓地へ送る。これが"リンク素材にする"ということである。そして、エクストラデッキから「デコード・トーカー」を取り出してフィールドエクストラモンスターゾーンに置く。これでリンク召喚成功である。

エクストラモンスターゾーンって何だよと思われる方が多いだろうが、とりあえずフィールドにそういう場所があるのだと思っておけばよい。詳しい説明は後ほど。

素材の記述が2つある意味とは(LINK-○の意味)

先ほどは、「LINK-○とは○体のモンスターリンク素材にしなさい」という意味であると書いてしまったが、すると気になることがある。「効果モンスター2体以上」の"以上"とは何なのか。実は、リンク素材LINK-○の数より少なくする方法もあるのである。

リンクモンスターの特徴として、別のリンクモンスターリンク素材にする場合、LINK-○の数分の素材にすることもできるというものがある。

これだけでは分かりにくいので、実例を出してみる。まず、「デコード・トーカー」とは別のリンクモンスターである「ハニーボット」を見てみよう(リンク先は公式データベース)。"LINK-2"、"サイバース族モンスター2体"と書いてある。先ほどの例と同じように考えれば、フィールドサイバース族モンスター2体をえ、それを墓地へ送る(リンク素材にする)ことでリンク召喚するわけである。

さて、「ハニーボット」を出したところで、さらに「デコード・トーカー」をリンク召喚したいとする。この場合、先ほどのように「クリボー」を3体えて出す手もあるのだが(本当は問題があるけど、それは後で考える)、「クリボー」1体に「ハニーボット」1体で出す方法もあるのである。

つまり、「デコード・トーカー」の"LINK-3"を満たすために、「クリボー」1体に「ハニーボット」1体だとあと1体分足りないが、"LINK-2"の「ハニーボット」を2体分とすることで合計3体分となるわけである。「ハニーボット」も効果モンスターなので、"効果モンスター2体以上"という条件もクリアしている。

こうなると、"LINK-3"の「デコード・トーカー」1体をリンク素材に別の「デコード・トーカー」をリンク召喚できるのかということが気になるが、これはできない。もう一つの素材定である"効果モンスター2体以上"が満たせないからである。LINK-○の数分の素材にできるというのは、新たに出したいリンクモンスターLINK-を満たすために使えるだけで、カードテキストの一番上に書いてある素材定には適用できない。リンクモンスターであろうがなかろうが、1体は1体である。

それならばと、"LINK-3"の「デコード・トーカー」1体に「クリボー」1体をリンク素材として、"効果モンスター2体以上"の条件を満たせばいいのかというと、そうでもない。これではLINKの数が4になってしまう。LINK-○の数はぴったり合わせなければいけない。

では、「デコード・トーカー」をリンク素材にして別の「デコード・トーカー」をリンク召喚する方法はないのか。実は、リンクモンスターリンク素材にする際、LINK-○の数を視してただの1体分としてしまうこともできる。そのため、「デコード・トーカー」1体と「クリボー」2体をリンク素材として別の「デコード・トーカー」をリンク召喚することは可なのである。

ここまでのまとめ

例題

自分フィールドに"LINK-2"の「ハニーボット」が2体、リンクモンスターではない「クリボー」が3体いる(どちらも効果モンスター)。この状況で"LINK-3"、"効果モンスター2体以上"の素材定を持つ「デコード・トーカー」をリンク召喚したい場合、どのような素材の組み合わせが考えられるだろうか。
リンクマーカーはまだ考えなくてよい)

答え

  1. クリボー」3体
    最も基本的なリンク召喚法。2つの条件を満たしている。
  2. ハニーボット」1体と「クリボー」1体
    "LINK-2"の「ハニーボット」を2体分とすることで"LINK-3"の条件を満たし、"効果モンスター2体以上"の条件も満たしている。
  3. ハニーボット」2体と「クリボー」1体
    2体の「ハニーボット」の"LINK-2"の数を視すれば、これでも条件を満たせる。問題の条件にはないが、「ハニーボット」3体で出すことも可
  4. ハニーボット」1体と「クリボー」2体
    3と同じく、"LINK-2"の数を視すればこれでもよい。
  5. ハニーボット」2体
    1体の「ハニーボット」は"LINK-2"で2体分として扱い、もう1体の「ハニーボット」は"LINK-2"を視するとこんな組み合わせもできる。

以上がリンク召喚概要である。しかし、リンクモンスターにはまだ特別な要素があり、以降はその説明をしていく。

エクストラモンスターゾーンとは

リンクモンスターを説明する前に、先ほど後回しにしてしまったエクストラモンスターゾーンEXモンスターゾーン)について取り上げる。リンクモンスターと同時に導入された概念であり、深い関係がある。

新マスタールールにおけるデュエルフィールド

まず、今(新マスタールール)のデュエルフィールドは以下のようになっている。

デッキ 魔法
(兼ペンデュラム
魔法 魔法 魔法 魔法
(兼ペンデュラム
EXデッキ
墓地 メイン メイン メイン メイン メイン フィールド
EX EX
フィールド メイン メイン メイン メイン メイン 墓地
EXデッキ 魔法
(兼ペンデュラム
魔法 魔法 魔法 魔法
(兼ペンデュラム
デッキ

※名前が長いので上では省略したが、メインとは「メインモンスターゾーン」のこと、EXとは「エクストラモンスターゾーン」のことである。

背景い下側2行を自分フィールドとして、背景灰色の上側2行は相手フィールドである。この場所はそれぞれ自分・相手が扱うカードを置く場所である。

エクストラモンスターゾーンはそれらと違い、カードが置かれる前はどちらが使うかを決められていない。モンスターを置くことで初めて置いたプレイヤーフィールドとして扱われる。

背景くしてあるのはどちらも使用しない場所である。

メインモンスターゾーンとエクストラモンスターゾーン

そしてここで注するのがメインモンスターゾーンエクストラモンスターゾーンである。

大雑把に言えば、エクストラモンスターゾーンエクストラデッキから出すモンスターを置くための場所、メインモンスターゾーンはそれ以外の場所から出すモンスターを置くための場所である。

エクストラデッキに入るモンスター融合モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターリンクモンスター、そしてペンデュラムモンスターである(ペンデュラムモンスターはちょっと特殊)。

どこにモンスターを置けばよいか

実際のカードを例に出して考えてみる(リンクマーカーはまだ考えない)。

手札にある「ビットロン」(レベル2の通常モンスター)を召喚したい。この場合、フィールドゾーン墓地の間に挟まれた5か所のメインモンスターゾーンのいずれかに置かなければならない。エクストラモンスターゾーンに置いてはいけない。

墓地にある「ビットロン」を通常魔法カード死者蘇生」を使って特殊召喚したい。この場合も置く場所はメインモンスターゾーンである。除外されていたり、デッキにあったりする「ビットロン」を特殊召喚する場合もやはりメインモンスターゾーンに置かなければならない。

カオス・ソルジャー」を手札から儀式召喚したい場合も置くのはメインモンスターゾーンであり、「デーモンの召喚」をアドバンス召喚したい場合も置くのはメインモンスターゾーンである。

次に、「スターダスト・ドラゴン」(レベル8のシンクロモンスター)をエクストラデッキからシンクロ召喚したい。チューナーチューナー以外のモンスターレベルの合計が8になるようにシンクロ素材として墓地へ送り、シンクロ召喚するわけだが、このとき「スターダスト・ドラゴン」は自分と相手のフィールドに挟まれた2か所のエクストラモンスターゾーンのどちらかに置かなければならない。

No.39 希望皇ホープ」(ランク4のエクシーズモンスター)をエクストラデッキからエクシーズ召喚する場合、レベル4モンスター2体を重ねてエクシーズ素材とし、その上に「No.39 希望皇ホープ」を重ねてエクシーズ召喚するわけだが、この時の素材にしたいモンスターがたとえメインモンスターゾーンに置いてあったとしても、素材にするモンスターエクストラモンスターゾーンに置き、その上から「No.39 希望皇ホープ」を重ねてエクシーズ召喚する。

CNo.39 希望皇ホープレイ」をメインモンスターゾーンにある「No.39 希望皇ホープ」の上に重ねてエクシーズ召喚したい場合も、まずメインモンスターゾーンの「No.39 希望皇ホープ」をエクストラモンスターゾーンに置き、そこに「CNo.39 希望皇ホープレイ」を重ねなければならない。

融合モンスターの「青眼の究極竜」をエクストラデッキから融合召喚する場合もやはりエクストラモンスターゾーンに置かなければならない。

ちょっと特殊な例その1(ペンデュラム召喚)

ペンデュラム召喚の場合はちょっとややこしい。

手札にある「ビットロン」をペンデュラム召喚したい。この場合は迷うことなくメインモンスターゾーンに置けばよい。

次に、手札にある「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」(レベル7ペンデュラムモンスター)をペンデュラム召喚したい。この場合もやはりメインモンスターゾーンに置く。

ペンデュラムモンスターには、フィールドから墓地へ送られる場合、エクストラデッキに表側表示で送られ、以後エクストラデッキからペンデュラム召喚できるようになるというルールがある。そして、エクストラデッキにある「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」をペンデュラム召喚したい。この場合は、エクストラモンスターゾーンに置く。

ペンデュラムモンスターの場合、どこからペンデュラム召喚するかによって置く場所が変わってしまう。基本は「エクストラデッキからの特殊召喚はエクストラモンスターゾーン」である。

ちょっと特殊な例その2(リンクモンスター等の墓地からの特殊召喚)

せっかくエクストラモンスターゾーンリンク召喚した「デコード・トーカー」だが、相手に破壊されてしまった。さて、これを「死者蘇生」で墓地から特殊召喚したい。この場合、この「デコード・トーカー」はメインモンスターゾーンに置く。エクストラモンスターゾーンに置いてはいけない。

融合モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターでも同じである。もちろんペンデュラムモンスターも。

ちょっと特殊な例その3(エクストラデッキからの正規の方法以外による特殊召喚)

融合モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターペンデュラムモンスターリンクモンスターはそれぞれエクストラデッキから特殊召喚する正式な方法というものが存在する(それぞれ融合召喚シンクロ召喚エクシーズ召喚ペンデュラム召喚リンク召喚)。しかし、中にはこれを視してエクストラデッキからモンスターを特殊召喚してしまうカードも存在する。

エクストラデッキから「スターダスト・ドラゴン」を特殊召喚できる通常カードスターライト・ロード」を使って「スターダスト・ドラゴン」を特殊召喚したい。この場合、この「スターダスト・ドラゴン」はエクストラモンスターゾーンに置く。

繰り返しだが、基本はエクストラデッキからの特殊召喚はエクストラモンスターゾーン」である。

ちょっと特殊な例その4(コントロールを奪われたり、一時除外された場合)

エクストラモンスターゾーンの「デコード・トーカー」が、相手の使った通常魔法カード「精操作」によってコントロールを奪われてしまった(相手フィールドカードとして扱われるようになってしまった)。コントロールを奪われたカードは自分フィールドから相手フィールドに移動させなければならないのだが、この時、「デコード・トーカー」は相手のメインモンスターゾーンに置く。決してその場でくるっと180°回転させるわけではない。

さて、「精操作」で奪われたモンスターエンドフェイズになると自分の下に帰ってくるが、この時、「デコード・トーカー」は元々置いてあったエクストラモンスターゾーンではなく、いている自分のメインモンスターゾーンに置かなければならない。

また、通常カード亜空間物質転送装置」は、自分モンスター1体をエンドフェイズまで除外するという効果を持つ。これで「デコード・トーカー」を除外した場合、エンドフェイズに自分フィールドに戻さなければならないが、この時戻す場所はメインモンスターゾーンである。

まとめると、一度でもエクストラモンスターゾーンから移動してしまったカードは、もうエクストラモンスターゾーンには戻れないということである。

エクストラモンスターゾーンの使い方

ここまでメインモンスターゾーンエクストラモンスターゾーンの違いを確認したが、今度はエクストラモンスターゾーンの性質について確認していこう。

エクストラモンスターゾーンは自分・相手フィールドの間に2つ存在する。エクストラデッキからの特殊召喚の際はここにモンスターを置くが、右と左のどちらに置くかは出す側が自由に決めてよい。

しかし、一人のプレイヤーが置けるのは原則としてどちらか一つだけである。たとえば、自分が右側のエクストラモンスターゾーンに「デコード・トーカー」をリンク召喚したとすると、さらに左側のエクストラモンスターゾーンに「スターダスト・ドラゴン」をシンクロ召喚することはできない。いた左側は相手しか使えない。

では片方のエクストラモンスターゾーンを使ってしまうとそれ以上エクストラデッキからの特殊召喚ができなくなるのか。そうではない。ここでリンクモンスターが重要になってくる。


ちなみに、「デコード・トーカー」がメインモンスターゾーンにいるならば、エクストラモンスターゾーンに「スターダスト・ドラゴン」を問題なくシンクロ召喚できる。問題となるのは今現在エクストラモンスターゾーンを使っているか否かである。

また、エクストラモンスターゾーンに出したモンスター素材にして新たなモンスターエクストラデッキから特殊召喚するならば、エクストラモンスターゾーンくため、問題なく出すことができる。

ここまでのまとめ

リンクマーカーとリンク状態、エクストラリンク

リンクマーカーとエクストラモンスターゾーン

めてリンクモンスターである「デコード・トーカー」を見てみよう(公式データベース)カードイラストの周囲に三角形マークがあることが確認できる。特に赤色で示されているものが上、左下、右下の3つあり、これを"リンクマーカー"という。

ここでLINK-○のもう一つの意味が分かる。○の数はリンクマーカーの数を表わしているのである。"LINK-2"の「ハニーボット」を見てみる(公式データベース)と、左と右の2つあることがわかる。

そしてリンクマーカーには重要な意味がある。リンクマーカーし示す先(これを"リンク先"という)であれば、メインモンスターゾーンであってもエクストラデッキから出すモンスターを置けるのである。

以下の図ではモンスターゾーン以外の場所と相手フィールド省略する。

デコード・トーカー」を右側のエクストラモンスターゾーンに出したとする。この場合、左側のエクストラモンスターゾーンは使えなくってしまう。しかし、以下のように、左下、右下のメインモンスターゾーンにはエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できるのである(デは「デコード・トーカー」)。

×
左下 右下
                       
  ×     ×       ×    
                       

さらに、リンク先のメインモンスターゾーンに「ハニーボット」をリンク召喚してみる(ハは「ハニーボット」)。

×
左下 右下
                       
  ×          
                       

すると、今度は「ハニーボット」のリンク先にあるモンスターゾーンにもエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できるようになった。このように、リンクマーカーを利用することで、本来1体しか出せないエクストラデッキからのモンスターを複数体並べられるようになる。

こうなると、「ハニーボット」の左側にもう1体「デコード・トーカー」を出し、その上にあるエクストラモンスターゾーンにさらにモンスターを出したいところだが、さすがにそれはできない。たとえリンクマーカーエクストラモンスターゾーンに向いていても一度に使えるエクストラモンスターゾーンは1つである。

実は、1人でエクストラモンスターゾーンを両方とも使う方法もあるのだが、それは後述する。

ちなみに、上の状態で「デコード・トーカー」が破壊されてしまい、フィールドに「ハニーボット」しか残っていなくても、「ハニーボット」の左右のリンク先にエクストラデッキからモンスターを特殊召喚することは可である。

もう一つ、「デコード・トーカー」のリンク先は上にも向いている。上に向いた先に自分がエクストラデッキからモンスターを特殊召喚するというのは不可能だが、相手はこの場所にエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できてしまう。


ここで、「ハニーボット」を出した後に「クリボー」3体で「デコード・トーカー」を出す話を考えてみる。「ハニーボット」のリンクマーカーは左と右なので、エクストラモンスターゾーンに出すとどこにもリンク先がない。そのため、この状態で「クリボー」3体からリンク召喚することはできないのである。この状態で「デコード・トーカー」のリンク召喚を行いたい場合、「ハニーボット」をリンク素材に含めることでエクストラモンスターゾーンけなければならない。
もちろん、ほかにリンクモンスターが存在してリンク先のモンスターゾーンいている、あるいは「ハニーボット」がメインモンスターゾーンにあってエクストラモンスターゾーンいているならば話は別である。

リンク状態

あるモンスターについて、リンクマーカーの先にモンスターがいる、または1つ以上のリンクマーカーモンスターに向いている状態ならば、そのモンスターリンク状態である。

言葉ではわかりにくいので、図にしてみる。「デコード・トーカー」(デ)と「ハニーボット」(ハ1)を先ほどのように出した状態で、2体の「ハニーボット」(ハ2)、「ビットロン」(ビ)を出したとする(先述したように、墓地からの特殊召喚を使えばこの位置にハ2を出すことは可)。

左下 右下
                       
ハ2     ハ1    
                       

さて、この時、リンク状態にあるモンスターは「デコード・トーカー」と1体の「ハニーボット」と「ビットロン」である。

デコード・トーカー」は自らのリンクマーカーの先に1体の「ハニーボット」と「ビットロン」がいるため、1体の「ハニーボット」は「デコード・トーカー」のリンクマーカーが向いているため、「ビットロン」も同じく「デコード・トーカー」のリンクマーカーが向いているためである。2体の「ハニーボット」はどこからもリンクマーカーが向いておらず、リンクマーカーの先にモンスターもいないため、リンク状態ではない。

リンク状態になること自体に特別の意味はないが、カードによってはリンク状態にあるモンスターが効果に関わってくることもある。

相互リンク

リンク状態の中でも、リンクマーカーがお互いに向き合っている状態を相互リンクと呼ぶ。

先ほどの2体の「ハニーボット」がいる状態で、さらに3体の「ハニーボット」(ハ3)を2体の間に出してみよう。2体がリンクマーカーを向けているので、素材さえそろえば問題なく出せる。

左下 右下
                       
ハ2 ハ3 ハ1      
                       

さて、この時ハ1とハ3、ハ2とハ3が互いにリンクマーカーを向けあっている。この状態が相互リンクである。ハ2はハ3と相互リンクしており、ハ1はハ3と相互リンクしている。ハ3はハ2、ハ1と相互リンクしている。「デコード・トーカー」は一方的リンクマーカーを向けているだけなので、どことも相互リンクしていない。

相互リンクは性質上、リンクモンスター同士でしか成立しない。相互リンクしていること自体に特別な意味はないが、カードによっては相互リンクが効果に関わることもあるほか、次に説明するエクストラリンクを成立させる要因となる。

エクストラリンク

2つのエクストラモンスターゾーンにあるリンクモンスターが、メインモンスターゾーンリンクモンスターを通じてすべて相互リンクでつながっている状態をエクストラリンクと呼ぶ。

デコード・トーカー」と「ハニーボット」ではこの状態を説明できないので、ここでは1~5までの番号を振った架リンクモンスターを使う(これ以上例示するカードを増やしたくない)。

     
5 1
   
                     
4 3 2      
                       

この時、1と2は相互リンクにある。2と3は相互リンクにある。3と4は相互リンクにある。4と5は相互リンクにある。このようにして、一方のエクストラモンスターゾーンにあるリンクモンスターから相互リンクをたどっていくことで、もう一方のエクストラモンスターゾーンにたどり着ける状態がエクストラリンクである。

そして、エクストラリンクで重要なのは、エクストラリンクが成立する場合に限り、一人で2つのエクストラモンスターゾーンリンクモンスターを出せることである。上記の例では、1~4までのモンスターを出した状態ならば、5の位置に下方向のリンクマーカーを持ったリンクモンスターが出せるのである。

ただし、出せるのはエクストラリンクが成立するような出し方の場合のみであり、上記の例ならば、5の位置に下方向のリンクマーカーを持たない「デコード・トーカー」を出すことはできない。当然、リンクモンスター以外のモンスターを出すこともできない。

この状態を成立させると、相手フィールドリンクマーカーが向いていない限り、相手はエクストラデッキからの特殊召喚が基本的に不可能になる。

ちなみに、1~4まで並べた状態でも、5の位置のエクストラモンスターゾーンいているならば、相手はそこにモンスターを出せる。

上の例では上下左右のみを使ってエクストラリンクを示したが、1に左下、3に右上および左上、5に右下のリンクマーカーを持つリンクモンスターを置けば、3体でエクストラリンクを成立させられる。

ここまでのまとめ


以上がリンクマーカーの性質である。これがリンクモンスターの一番の特徴である。

リンクモンスターのその他の性質

三度「デコード・トーカー」を見てみる(公式データベース)。今までのモンスター(たとえば「ブラック・マジシャン」(公式データベース))と見べると、レベル表示と守備がないことがわかる。

リンクモンスターレベルが存在せず、当然ランクも持っていない。そのため、レベルランクに関する効果は受けず、レベルを参照する儀式召喚リリースシンクロ召喚素材エクシーズ召喚素材にすることもできない。

さらに、守備も存在しないため、リンクモンスターは守備表示にできず、表示形式を変更する効果や守備のみを変動させる効果の対にできない。

リンク素材にできるモンスター

リンク素材となったモンスター墓地へ送られるが、ルールフィールドから墓地へ送れないトークンペンデュラムモンスター素材としてリンク召喚することも可である(シンクロ素材と同じ扱い)。


ここまで、リンク召喚リンクモンスターの様々な性質について触れてきたが、特殊な性質を多く持っており、少々とっつきにくい(過去の召喚法も少なからず特殊な要素は持っていたが)。さらに、基本的に追加という形で導入され、ほかのカードに直接的な影を及ぼさなかった過去の召喚法と違い、エクストラモンスターゾーンリンクマーカーという形で既存の召喚法に強く影しており、リンク召喚の登場以前から存在したデッキのほぼすべてが何らかの形で影を受けることになる。

現在に続くルール確立した新エキスパートルール以来と言えるほどの大規模なルール定であり(マスタールール4ではなく新マスタールールとしたのもそのためか)、OCGプレイヤーへの衝撃は大きい。

遊☆戯☆王ヴレインズにおいて

アニメではVRAINSより新たに登場した召喚法。基本的なルールOCGと同様。

作中ではある程度普及した召喚法であるらしく、第2話のハノイの騎士は遊作がリンクモンスターを使ったことに驚いていたが、リンクモンスターの存在自体には驚いていなかった。また、第4話ではGo鬼塚が特に入手経路の説明もなくリンクモンスターを使用している。

召喚の際の共通した口上は「現れろ、(キャラ固有の言葉)サーキット!アローヘッド確認。召喚条件は(素材定)。(一人称)は(素材にするモンスター名)をリンクマーカーセット。サーキットコンバインリンク召喚!現れろ、(リンクモンスター名)!」。

スピードデュエルでのリンク召喚の際は、「現れろ、…サーキット!」という口上とともに上リンクモンスターイラストリンクマーカーを示す三角形が描かれている部分)のようなゲートが現れ、その中にデュエリスト素材モンスターが飛び込む。ゲート内の間で素材モンスターが出したいリンクモンスターリンクマーカーとなる部分に吸い込まれ、リンクモンスターが出現。その後、元の間のコース上にゲートが現れ、デュエリストリンクモンスターが戻ってくる。
何度も連続でリンク召喚される際などは、演出や口上が一部省略されることもある。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E5%8F%AC%E5%96%9A
ページ番号: 5477888 リビジョン番号: 2497583
読み:リンクショウカン
初版作成日: 17/03/26 10:37 ◆ 最終更新日: 17/06/08 00:42
編集内容についての説明/コメント: アニメVRAINSについて追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リンク召喚について語るスレ

204 : ななしのよっしん :2018/07/30(月) 05:03:39 ID: xNFxKZmC3w
環境に対する問題点あげたら「そんなデッキと戦わなかったらいい」っておかしいだろ
論点ズレすぎてる
205 : ななしのよっしん :2018/07/30(月) 07:10:40 ID: Fq3wDsDS9p
今更だけど、LANフォがストレージに事実にびっくりした
効果モンスターノーマル収録もされなきゃ、中古じゃショーケースに大事に大事に蔵われているカードゲーム

大幅にルール変更しておいて
こういう「出しやすさ全振り。アドし」のカードを、ルール発表と同時にばら撒けなかった落ち度はと地程デカい

リンクモンスタールールの根底に関わっているんだから、訳わかんない縛りゴミにしかならないカード出す位なら、「軽い、弱い」の種族が違うLANフォを粗悪乱造するべきだった。

ストレージに激流葬は有って、LANフォリンクスいって現状が、リンク始まって一年経つけど、初歩的な入り口も作らないKONEMIさんの事業部は何してんの?

>>201 遅レスで煽るマウント取らなきゃ死ぬ男
206 : ななしのよっしん :2018/07/30(月) 17:00:08 ID: RD/bvgJwmd
>>205
LANフォリンクスはストラクのカードで需要があって再録がいからこそストレージにいないんですがそれは
一年前ならまだしも今は属性リンクトロメアなどがいるんだからそれは甘え
207 : ななしのよっしん :2018/07/31(火) 09:05:03 ID: Fq3wDsDS9p
>>206
LANフォがストラクにしかいのは知ってる。それ自体がおかしいやろって話してた。

何故なら
LANフォの高くはいけど、でも値が付くのって、『固まってないテーマが、取り敢えずEXの為に欲しがるから』で

その需要は、リンクって複雑化した世界初心者ゲームを始める権利、MTGで言えば≪灰色≫的需要であって、供給側が出し惜しみして徳のあるものじゃない。≪灰色≫をショーケースに置いてあるのは流石に滑稽でしょ。

最初期でLANフォ程度ばら撒いていたら、リンク召喚はもう少し評価上がってただろう。KONMAIは初歩的なユーザーフレンドリーを忘れてしまっているけど、内部どうなってんの?
って自論があるから。って話。

トロメア……EX出来ないんですがそれは
208 : ななしのよっしん :2018/07/31(火) 19:07:41 ID: Tme8DbHUoX
テキスト多い遊戯王でなんでこんな読解低いんや...
209 : ななしのよっしん :2018/08/01(水) 03:42:06 ID: pMyjWCyn7k
P召喚の時もそうだけれど、単体だと貧弱なのに、
サポートを増やし過ぎると既存のカードの必要性や立場を
なくしてしまう程強になってしまうのは、一召喚要素としては
どうなんだろう。

まあ、既存の要素がんでしまうのは新召喚が出る度の事でもあるし、
マスタールール4の前後それぞれの召喚法を
そのままべてしまうのはあまり好ましくないかもしれないけれど。
210 : ななしのよっしん :2018/08/01(水) 21:13:29 ID: HNiBSyM/vS
リンクは他の召還が使いにくくなったのもそうだけど素材がすぐ墓地いってトークンも使えるソリティア仕様もヤバい
ファイヤーウォールとかさっさと禁止にするかターン1にエラッタしてくれ
211 : ななしのよっしん :2018/08/01(水) 21:52:06 ID: hKio9cmVyj
EXからの特殊召喚系統ではシステム自体はこれ以上強く出来ないだろってレベルで強いからな
モンスターを場に出すデッキなら帝王領域を使わない限り入る可性があるってヤバい
まぁ縛りが強いと他の召喚方法が死ぬからしゃあないけど
212 : ななしのよっしん :2018/08/06(月) 22:30:49 ID: jEqXhcZt5y
リンクシステムそのものは嫌いではない。
出たばっかの頃の素材の緩さを活かしてミセスで小技挟んでいく感じや、重めのヴァレルロードエース感は好きだった。
リンクレインズパック前後でほぼ崩壊してただソリティアするだけの召喚法に成り果てたが、1年も経たずにエクストラリンク当たり前になるとは思わなかった。

というかリンクモンスター素材を呼ぶが2~4まで全部そろってしまってる現状が非常にマズい。
段階踏んで全部出すせいで初動の条件クソゆるゆるで最終盤面単純にモンスター10体以上必要なはずの盤面が成立してしまってるし。
どっか2か所抜けば成立しなくなる気がするけどリンク2は増えすぎてもう手遅れか。
213 : ななしのよっしん :2018/08/09(木) 16:46:50 ID: JNscd2vUxB
wktkさんの動画見ろゴミ
見たらさっさと辞めて二度と遊戯王に関わるな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829