編集  

リヴァプールFC単語

リヴァプゥルエフシィ

リヴァプールFC英:Liverpool Football Club)とは、イングランドプレミアリーグに所属するサッカークラブである。称はレッズReds)であり、リヴァプールファンのことをKopites(コパイツ)と呼ぶ。本拠地はリヴァプールであり、ホームスタジアムはアンフィールド

概要

1892年に創設された、リヴァプールを本拠地とするイングランドを代表するサッカークラブである。ユニホームは伝統的に赤色であり、クラブ応援歌としてはYou'll Never Walk Aloneが有名。

エヴァートンマンチェスター・ユナイテッドとはライバル関係にある。とくに同じリヴァプールを本拠地とするエヴァートンとはスタジアムの距離ど離れていなく、また現在リヴァプールホームスタジアムであるアンフィールド過去に使用していたこともあり試合は非常に盛り上がる。またライバル関係といっても、他のチームとは異なり、ファン同士の関係は良好である。更に余談ではあるがジェイミー・キャラガーの記念試合では、リヴァプール所属ではあるがもともとエヴァートンファンであったキャラガーが、エヴァートンのPKを自チームゴールに蹴り込む(オウンゴールする)という微笑ましい事件があった。

とくに1970年代から1980年代にはリーグ優勝11回、ヨーロッパカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)4度優勝するなどしている。一方1980年代には1985年にヘイゼルの悲劇、1989年ヒルボロの悲劇という二つの大きな事故がリヴァプールの試合で起きている。後者の悲劇ではレジェンドであるスティーブン・ジェラード従兄弟も巻き込まれている。

2004-2005年シーズンACミランとのUEFAチャンピオンズリーグ(以下CL)決勝で前半だけで3点差があったものの、ジェラードを皮切りに45分で同点に追いつき、PK戦に持ち込み、見事に5回欧州制覇を果たした。
これは俗に「イスタンブール奇跡」と呼ばれている(イタリアミラン関係者の間では「イスタンブールの悲劇」と呼称)。
ちなみに2006-2007年シーズンCL決勝でも同じカードになりこの時はACミランが2‐1で勝っている。

2009-10シーズンは7位という結果に終わり、ラファエル・ベニテス監督を解任されている。
その後2010-11シーズン途中までは現イングランド代表監督ロイ・ホジソン、2010-11シーズン途中から2011-12シーズンにはクラブレジェンドであるケニーダルグリッシュが監督についたがいずれも成績不振から監督を解任されている。

スウォンジー・シティAFCプレミアリーグに昇格させたブレンダンロジャースを監督として迎えた2012-13シーズンは、カップ冠、UEFAヨーロッパリーグ(以下EL)ベスト32リーグ7位と欧州カップ戦出場権を逃してしまう結果に終わってしまったがの移籍市場で獲得したダニエル・スタリッジとフィリペ・コウチーニョの活躍など来シーズン希望を残す形となった。

就任二年2013-14シーズンリーグカップこそ敗退してしまったがエースストライカールイス・スアレスを出場停止で5試合欠きながらそのスアレスとスタリッジ、通称SASの驚異的な得点により最終節まで優勝争いに身をおいたが、マンチェスター・シティに一歩及ばず2位シーズンを終え、CLストレートインを果たした。

2014-15シーズンスアレスFCバルセロナへ移籍し、スタリッジが度重なる負傷で離脱を繰り返したために得点減。の移籍期限間際に獲得したマリオ・バロテッリも不発に終わるなどし、カップ冠、CLグループリーグ敗退、ELベスト32リーグ6位と不本意なシーズンに終わる。またこのシーズンを以って長年リヴァプール徴だったスティーブン・ジェラードが退団した。

2015-16シーズンでは市場ラヒーム・スターリングマンチェスター・シティへ移籍、その売却資クリスティアン・ベンテケロベルトフィルミーノ、ジェイムズミルナーなどを獲得するが、第8節を終えた時点で10位と苦戦し、ブレンダンロジャーズを解任。昨シーズンいっぱいでボルシア・ドルトムントを退団していたユルゲン・クロップ監督として迎えた。新体制で挑んだ後半戦ではフィルミーノやディヴォック・オリジが調子を上げるも前半の失速がき、リーグこそEL圏外の8位に終わったが、キャピタルワンカップ(現在のEFLカップ)とELは決勝まで上り詰める。が、キャピタルワンカップマンチェスター・シティに、ELはセビージャに敗れどちらも準優勝に終わる。特にセビージャに勝てばCL権を獲得、負ければヨーロッパへの切符を失うというまさにデッド・オア・アライブの試合だっただけに痛い敗戦となった。

2016-17シーズンヨーロッパの舞台がないこともあり市場バロテッリベンテケなど一挙に14人を放出し、サディオ・マネやジョルジニオ・ワイナルドゥム、ジョエル・マティプ、ロリス・カリウスらを獲得。そのマネやコウチーニョ、フィルミーノが躍動し、第11節には首位に躍り出て、その後も好調を維持し前半戦を2位折り返したが、1月アフリカネイションズカップの影でマネが離脱してからは失速し、最終的にタイトルを手にすることはできなかったが4位でシーズンを終えCLの舞台に返り咲いた。

再びヨーロッパを相手に戦う2017-18シーズンでは長年在籍していたルーカスレイヴァを放出し、モハメド・サラーアンドリューロバートソン、アレックスオックスレイドチェンバレンを獲得。そのサラーが大爆発コウチーニョ、フィルミーノ、マネとともに驚異的な攻撃を演出するが、同時に守備の脆さも露見し前半戦を4位で折り返す。そしての移籍市場コウチーニョがFCバルセロナへ移籍するが、ディフェンスラインフィルジルファンダイクを獲得したことにより守備が善。合わせてチェンバレンなどが適応してきたのもありコウチーニョのを感じさせない攻撃を放っている。

ホームタウン横のスタンリーパークという公園内に新スタジアムを建設する予定となっていたが、資難等諸事情により中止。アンフィールド現在より拡し、約5万4000人収容できるスタジアムに増築する工事が行われ、2016-17シーズンの第4節に前年王者のレスター・シティを迎え入れお披露となった。

現在所属している選手

ニコニコテレビ君は選手の籍を表しています

レンタルで加入している選手

レンタルで放出している選手 

所属した主な選手

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%ABfc
ページ番号: 4214246 リビジョン番号: 2583170
読み:リヴァプゥルエフシィ
初版作成日: 09/11/23 22:51 ◆ 最終更新日: 18/04/27 02:29
編集内容についての説明/コメント: 2017-18 Update
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リヴァプールFCについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2010/11/01(月) 18:05:55 ID: AiptHEzS4A
だが記事作成乙
ベニーテスのときもそうだがリバポは戦プレミアの中では上位のほうなのに指揮官がいつも補強補強言ってる気がする・・・
好きなチームだけどここ数年間の補強体質が今の低迷のツケなんじゃないかと。下部組織の育成にもを入れてほしいな。
2 : ななしのよっしん :2012/03/30(金) 14:23:45 ID: s543jDFANK
>>1
まぁ確かに下部組織にを入れるのは良いかもしれないね。
生え抜きの選手が出てくる事は良いし、借りパクされても移籍で新しい選手が買えるからね。

でもリヴァポで期待の若手がそのまま残るかというとまた別の話になるわけで
今は周囲の当たりが半端ないし、あのまま来年以降も中位で安定してるとCLに出れるマンUに・・・
3 : 真冬 :2012/09/06(木) 18:10:40 ID: l6/CMJXnJD
下部組織にを入れること自体はベニテスの時代から行われていますよ。バルサの下部組織のコーチを引き抜いたり、青田買いをガンガンしてました。その結果がスターリングやスソですね。まぁスソはベニテスがリバプール監督を辞めた後に口説くという離れ業で獲得していますが。今、下部組織のコーチ達はこの前トップチームコーチに抜させたりしてたので多少メンツは入れ替わってるのかな。
4 : ななしのよっしんちゃう :2014/02/02(日) 09:13:52 ID: Jcmzb30GN2
メーカーサガン鳥栖と同じウォーリアw
5 : ななしのよっしん :2017/05/23(火) 09:44:42 ID: qeooo4pzXD
CLおめ
>>sm31258936
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829