単語記事: リーフ(ファイアーエムブレム)

編集

リーフ(ファイアーエムブレム)とは、ゲームファイアーエムブレムシリーズに登場するキャラクターである。

概要

ユグドラル大陸を舞台にした作品に登場するキャラクター。初登場は『聖戦の系譜』第2部第7章。『聖戦の系譜』のスピンオフである『トラキア776』では役に抜される。

クラスは『聖戦の系譜』がプリンスマスターナイト、『トラキア776』がロードプリンス戦士の末裔ではあるが傍系であり、このゲームキーアイテムでもある器が使えないというがっかりなキャラクターである。それ故に、プレイヤーからは揶揄の意味も込めて「葉っぱ」と呼ばれることも多い。

聖戦の系譜のリーフ

キャラクターとして

ゲーム登場前

レンスターの第一王子

前半の主人公シグルドの親友にして義のキュアンシグルドエスリンの第二子として生まれる。

生まれた時点で戦士直系のであるアルテナの方に出ており、器を持つものが王位を継承する世界観では傍系のリーフが王位を継ぐ可性は低かったと思われるが、両親の戦死とともに従軍していた行方不明になったのをきっかけにレンスターの最後の希望の役割を担わされることになる。

しかし、レンスタートラキアによって滅ぼされ、さらにその後トラキアグランベル帝国が駆逐し、レンスターがあった土地にはグランベルの諸侯であるフリーによる北トラキアが建されてしまう。亡王子となったリーフは最初トラキアに、のちにはフリージから追われ、長期間の潜伏を余儀なくされていた。

そして満を持して起しレンスターを奪い返したものの、フリージ軍の逆襲によって戦の大半を失ってしまう。ここまでの苦労話がゲーム登場以前の話であり、戦が大幅に弱体化した状態がゲームに登場した7章開始直後の状態である。

フィンナンナ(orジャンヌ)とともに味方から大きく離れて孤立した状態で登場し、祖国レンスターを背に大軍を相手にしなければならない。フィンが成長していれば籠もできるが、それが不可能な場合リーフは2度祖国陥落を見なければならなくなる。

セリス軍と合流後

セリス軍と合流したのちもフィンナンナジャンヌ)とともにレンスター軍として行動することがある。

解放軍の戦いはリーフの宿敵であるフリージ、トラキアを相手に進んでいき、リーフは悲願である北トラキアの解放を達成、さらにの敵であるトラキアトラバントの下で育てられたアルテナと再会し、トラバントとも決着をつけた。

その後はグランベル帝国に侵攻するセリス軍につき従い、最後のバーハラの戦いまで戦い抜くことになる。

エンディングでは北トラキアと南トラキアを合わせた新トラキアの王となり、復を尽くしたといわれている。

葉っぱ王子

上にも書いてあるがリーフ称は「葉っぱ」である。その理由として親友ポジションであるセリスアレス器を振り回す中、一人だけ器を使えないということがあげられる。

そして葉っぱと呼ばれることになる最大の理由は最終章にて放たれた衝撃のセリフである。

「この戦いは戦士の血を持つ者でないと戦えない。きみでは理だ」

この動画の8:52付近。民の人を心配して言った言葉ではあるが、実際には戦士の血をひいていなくともセリス軍に参加しているものも多く、そもそもリーフの一番の忠臣であるフィンもその一人である。生涯のほとんどをリーフの養育に費やしてきた彼の立場というものを考えると悲しくなるセリフである。さらに、リーフ自身も直系でなく器を使えないため、「お前が言うな」とツッコまれることが非常に多い。

ユニットとして

スキルに『連続』と『必殺』、クラスチェンジすると兵種スキルとして『追撃』が加わる。

初期ステータスに関しては両親の数値に影されるため若干の変動があるが、成長率は二つの戦士傍系の血があるので魔魔法防御以外は良好である。

プリンス

初期のクラスであるプリンス若干使いにくいクラスである。分類的にはゲーム中でも最強クラスのひとつであるマスターナイトにクラスチェンジする特殊クラスなのであるが、最初の運用法は歩兵と変わらない。広大マップを誇る『聖戦の系譜』では歩兵リーフが前線に到達するのは難しく、また、同じく歩兵というカテゴリにはセリス死神兄弟など競合する相手がいるため、『追撃』を持たずダメージ量が定しないリーフは相対的に使いにくいということになってしまう。

これが前半に登場したリーフと同じくクラスチェンジしてマスターナイトになるラケシスならば、プリンセスというクラスだったための使用が可だった。が使えるキャラクターの場合、軍資の問題さえ解決できれば育成は非常に簡単なのである。

一方リーフの場合、を振らせて成長させなければならない。そのため成長させるのが一苦労となってしまうのである。

マスターナイト

プリンスリーフを振らせてついに到達できるのがマスターナイトである。このクラスになると闇魔法を除くほとんどの武器・が使えるようになり、ステータスも上限の27に到達することも多い。

マスターナイトになれば、武器を選択できることにより三すくみの有利な側に立つことができるほか、緊急時の回復も任せることもできる。魔若干低めのままで回復量に不はあるが、リカバーHPを全回復)を渡しておけば特に問題はない。また、レスキュー(味方を自分の隣に引き寄せる)を持たせると足の遅い歩兵ユニットのけん引役にもなる。

トラキア776のリーフ

キャラクターとして

聖戦の系譜』のスピンオフとして作られた本作では、『聖戦の系譜』で登場した際のレンスター全滅までに至るまでのリーフの行動を追っている。また、セリス軍との合流後もレンスター軍は独自の動きをしているほか、『聖戦の系譜』と矛盾する箇所も多い。

リーフの基本的な立場は『聖戦の系譜』と変わらず亡王子であるが、彼の周りにはフィンナンナだけでなく数多くのメンバーがそろっており、リーフの様々な面を見せてくれる。

最初のリーフフィン護されて育ったため世間知らずな面があり、トラキアの庶民階級の情勢に疎いなどの未熟な若者として描かれている。その最たるものが『聖戦の系譜』でも描かれたレンスター全滅シーンであり、彼はここで心といえる部下を失ってしまう。物語後半はそのどん底からセリス軍の援護を受けて再び立ち上がり、北トラキア解放を達成するまでの成長物語といえる。エンディング後には「賢王」と呼ばれ、『聖戦の系譜』と同じく新トラキアの王になったと述べられている。

また、『聖戦の系譜』では人は自由恋愛ができるため特に決まっていなかったが、今作ではナンナ固定となっている。そのため、ナンナ以外の恋愛フラグは折られる定めにある。エンディングでの舌の根のかないうちの前言撤回は一見の価値があり。

(隣王女ミランダに対して)

今はまだ、誰かが好きとかきらいとか そんなことを考えるよゆうはないんだ

その1分後、

幼馴染ナンナに対して)

大好きな ナンナを… にくださいって…

ミラン涙目は1:49付近から

山賊団の王子様

トラキア776』での武器調達は敵を捕縛して持ち物を奪うことがメインとなる。武器屋もあるにはあるが、そこで買い物をするための軍資はやはり敵からの強奪品を売って稼ぐのがな収入のため、どうしても敵の捕縛と強奪は必須となる。

このことからリーフとその軍はプレイヤーから山賊団・盗賊団・強盗団と呼ばれることがある。一王子戦士の書の成長率補正を受けて、王宮まで襲撃できるガチムチの体格の山賊に成長していくのがこのゲームである。もちろん部下である騎士たちも山賊・強盗行為は日常と化しており、亡の悲哀を感じさせる。お前らそれでいいのか?

ユニットとして

スキルは『連続』。追撃時の必殺係数は2。専用武器として「ひかり」と「ブラギの」を持つ。

クラスチェンジはそのほかのユニットのようにナイトプルフを使うのではなく特定の章をクリアすることで行う。残念ながら前作で猛威を振るったマスターナイトにはなれない。

クラスチェンジ後のプリンスも下級職として扱われるため、獲得できる経験値が多いのが特徴。後半になって敵が強くなるにつれてレベルアップの速さも上がっていく。ただし成長率はさほど良いとは言えないので戦士の書での補正を忘れずにしておきたい。

剣に振り回される王子様

初期ステータスリーフはとにかく弱い。、技、素さ、体格など、ほとんどすべてが初期ユニットの中でも最低ランクである。

特に問題になるのが「雑的相手にほとんど追撃できない」という事実である。どの程度かといえば、を装備して装備の雑敵に追撃が発動しない程度である。特に専用武器の「ひかり」は重さが10もあるため初期値の素さ5体格5のリーフでは攻速0という状態になってしまう。まわりがを装備していてもガンガン追撃するアクスファイターやウォーリアのためこのリーフの遅さはについてしまうだろう。

ファイアーエムブレム主人公ユニットはみな最初は弱いのが伝統であるが、前作『聖戦の系譜』の主人公シグルドが印に残っている人にとっては驚きかもしれない。後半になって十分成長したリーフならば弱いことはまずないと思われるが、最初の非イメージはどこまでもついて回ることにある。

24時間戦える王子様

トラキア776』には疲労度というステータスが設定されている。疲労度は戦闘を行ったり、を使うことでたまっていき、自分の最大HP以上の数値になると次のマップに出撃できないというペナルティがある。

しかし、リーフだけには疲労度のステータスが設定されていない。つまり、彼は不眠不休で戦える、否、戦わなければならないということである。リーフは全マップに強制出撃が義務であり、彼の休息はトラキア解放の日まで絶対に来ない。そんな君シフト制で休息を取る部下たち。お前らそれでいいのか?

実際のところ拠点の制圧ができるのはリーフだけのため、彼が出撃していないとマップクリア不可能である。リーフの本当の敵はフリージでもトラキアでもなくインテリジェントシステムズゲームシステムである。

殿役の王子様

トラキア776』にはそれまでのシリーズにはなかった離脱マップというステージが追加されている。このステージでは敵の追撃をかわしつつ離脱ポイントまで到達することが的となる。離脱ポイントに到達したユニットマップから「離脱」し、そのステージからいなくなる。もちろんリーフも例外ではなく、離脱マップではリーフが離脱することによってステージクリアとなる。

しかし、注意しなければいけないのは「リーフが離脱した時点でステージクリア」「その時に離脱していなかったユニットは敵に捕らえられてしまう」という仕様である。つまり、リーフが離脱した時点で取り残されてしまった味方ユニットステージを離脱できない代わりにリーフ軍から離脱してしまう。そうなってしまっては(一応の救済措置はあるものの)大幅な戦ダウンは確実であり、必然的にリーフは最後に離脱しなければならなくなる。

殿(しんがり)役にして退却していくレンスター兵士たち。お前らそれでいいのか?

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%95%28%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%A0%29
ページ番号: 4739672 リビジョン番号: 1315598
読み:ハッパ
初版作成日: 11/10/10 01:27 ◆ 最終更新日: 11/10/10 01:27
編集内容についての説明/コメント: 初版。ナンナ、フィンとでレンスター組そろった。ジャンヌ?この大百科は聖戦士の血を持つ者でないと載せられない。きみでは無理だ。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

リーフ(ファイアーエムブレム)について語るスレ

12 : ななしのよっしん :2012/05/06(日) 01:31:10 ID: J0zW08Qx+I
>>10
なんだかんだで器持ちで無双するのが一番手っ取りゲームだからな、戦は。死神姉弟カリスマ兄妹も手間を最大限に省こうとすれば邪魔なだけ。
13 : ななしのよっしん :2012/05/07(月) 19:13:16 ID: X80EF/kvhO
なんだかんだでついにようやくやっとティルフィング(器)が振れるようになったリーフ君なのであった
14 : ななしのよっしん :2012/06/22(金) 19:59:59 ID: OTabZh+giD
配信の方のリーフユニット構成を見て一言

いつからレンスターは蛮族国家になったんですか?
隣にいるフィンが泣いてますよ?
15 : ななしのよっしん :2012/07/25(水) 22:52:46 ID: J0zW08Qx+I
トラ7の頃からマウンテンシーさんたちと仲ようやっとったやで
16 : ななしのよっしん :2012/11/16(金) 16:39:35 ID: hVcVNIfDRr
殺した相手の品は奪わずあくまで生け捕りにした相手からしアイテムを奪わないリーフ軍団のゆかしさは今こそ見直されるべき(シーフのからをそらしながら)
17 : ななしのよっしん :2012/11/20(火) 19:47:33 ID: oDEM89CA5s
>>16
眠って動けない相手を捕らえて身包みを剥いで投げ出すのはどうなんですかね・・・?
18 : ななしのよっしん :2013/02/22(金) 15:15:27 ID: 7hcwRilDOE
わたしはおうじリーフ
じんぎはつかえませんが ひかりつるぎがつかえます
よろしければ ごいっしょさせてください
19 : ななしのよっしん :2013/06/26(水) 21:51:14 ID: EQc48npuNW
戦だと魔の伸びは悪いけど追撃・連続・必殺だから威高い魔法持たせれば十分ごまかせる。
とはいえやっぱリーフ価はレスキューか。あれ駆使すると進軍スピードが格別に上がる。
20 : ななしのよっしん :2013/08/25(日) 23:01:00 ID: MMsUhFZ+MK
>>sm17846443


関連動画に追加、しよう!(他力本願
21 : ななしのよっしん :2013/09/14(土) 14:15:19 ID: DbTByVaJWK
スマブラマルス元ネタこの人だったんだな。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015