単語記事: ルパン三世 ルパンVS複製人間

編集

ルパン三世 ルパンVS複製人間』とは、1978年開の映画である。

映画の題名としては『ルパン三世』のみであったが、ソフト化の際に区別のため、サブタイトルがつけられた(厳密には、ポスターにも「ルパンクローン」の表記は存在している)。

相変わらず概要書いてんなぁとっつぁん

モンキーパンチ原作漫画ルパン三世』における最初の長編作品。

サブタイトルの「ルパンVS複製人間」はVHSビデオ化の際についたが、なかなか定着せず、90年代半ばに入っても放送時の新聞ラテ欄には「ルパン三世 (劇場版)」などと記されることもあった。
山田康雄追悼本でも「ルパン三世 (マモー編)」と表記されている。
現在サブタイトルがある程度定着したのはDVD化される21世紀に入ってからのことである。
また、サブタイトル読みも「ルパンたいクローン」か「ルパンたいふくせいにんげん」と読むかで分かれており、テレビ放送時には後者で読まれることもあるため、どちらの読みでも間違いではない。2016年10月14日金曜ロードSHOW!で放送された予告では「たいクローン」と読まれていた 

1978年当時、ルパンシリーズは人気の面でも絶頂を迎えており、テレビシリーズも2作に突入し、視聴率も好調なことから、待望の映画化となった。

映画のポスター原作者書き下ろしのものと後のDVDジャケットになったものの2種類が存在する。
特報などで、当時のファミリー路線の第二期シリーズではなく、初期ハードボイルド路線に近づけることを宣言し
ルパンメルセデス・ベンツSSKジャケットネクタイ黄色1st2ndを足して2で割ったような設定になった。
(実は、この山田康雄ジャケルパン映画はこの作品だけだったりする)

また、音楽はおなじみの大野雄二氏が担当し、配役は第二期、脚本などのスタッフは第一期のものとシリーズのいいとこどりとも言えるキャストで作られている作品である。

オープニングテーマはおなじみのルパン三世のテーマで、この作品ではテレビでも使われた'79バージョンが使われる。実は、山田康雄時代の映画ルパン三世のテーマオープニングとなっている作品は本作だけで、その後、「ルパン三世 くたばれノストラダムス」までルパン映画ルパン三世のテーマオープニングを飾ることは一度もかった。
エンディング三波春夫の歌うルパン音頭で、シリアステーマ映画内容に対してコミカルなEDだがそのギャップからか意外と好評である。

本作のヴィランとなるマモーには2代目水戸黄門でおなじみの西村を起用。その独特の怪演ぶりは彼の死後もなおなるほどで、アニメ出演が少ない西村氏の代表的な吹き替え役としても知られている。

ゲストキャラクターの配役もで、エジプト警察署長には歌手三波春夫アメリカ大統領漫画家赤塚不二夫ソ連書記長には小説漫画原作者として活躍した梶原一騎(あしたのジョー巨人の星の人)が起用された。三波春夫は言われなければ気付かないほどの演技だが漫画家コンビは正直棒読(ry

本作の内容は、「賢者の石」を巡るルパンマモーの壮絶な頭戦と肉弾戦が描かれるほか、中盤からは「ルパンの夢」がテーマとなり、最終的に両者は「自分自身であるため」に対決することとなる。

カリオストロの城と同じく、テレビで何度も放送されるが、テレビ放送時には重要な部分が大きくカットされる為、カリオストロべると不当に評価が低く扱われることも多いが、原作ファンコアルパンマニアは「本作こそルパン三世映画だ!」とするも少なくない。 

あらすじ

一人の男が処刑階段を登り、絞首刑にされるシーンでこの映画は始まる。

検死報告
解剖ハ精密カツ厳正ヲキワメ
当受刑者ガ ルパン 本人デアル
コトハ疑イナイ事実アル

だ が

それを信じようとしない男がいた・・・

当然銭形警部過去の経験からルパンが死ぬはずがないと
彼の埋葬された墓地へと向かい、遺体を確かめる。
おけに入ったルパンにとどめを刺したその時に死体は大爆発を起こし
何処からともくあの「んふふふ」という特徴的な笑いが聞こえるのだった。

ルパン三世であった。ルパンは生きていたのだ。

驚嘆する銭形だったが、ルパン自身も自分が死んだと聞き、それを確かめに来たのであった。
銭形を軽くあしらうとルパンはそのまま逃亡。しかし、ルパンが生きていたと知った銭形
貴様にこの手で名を刻む」とめてルパン逮捕を誓い、開戦のを放つのであった。

その後、ルパン一味はエジプトファラオの墓から伝説賢者の石を盗み出す。

不二子の依頼とあって、次元や五エ門は乗り気ではなかったが
これを機にを名乗る怪人マモーから付けねらわれることとなる。

アジトを壊滅させられ、どこまで逃げても駄だと警告するマモーの執拗な攻撃と
ルパン不二子に対するふざけた態度に想を尽かし
ついにはルパン一味離散となってしまう。
(シリーズ通して一味をこのような形で壊滅状態にしたのは実はマモーだけだったりする) 

不二子に騙されたルパンマモーの住むカリブのに連れ去られてしまうが
ここでルパンマモーの正体が自らをコピーし続けたクローンであることを突き止める。 

なんとかを脱出したのも束の間、再びルパン一味を襲ったマモー
不二子を連れ去り、 ルパンに「自分が本当にルパン三世かよく考えてみろ」と言い残すと
巨大な地震を起こして去っていった。

しかし、ルパンはこれまでのマモーのやってきたことは
全て科学で説明が付く、と次元を諭すと一人でマモーの本拠地へと乗り込むという。
で止める次元だったが、ルパンは「は夢を盗まれたから取り返しに行く」と言い残し
マモーの掘り起こした古代遺跡へと向かっていった。 

ついにマモー世界を滅ぼすことを画策する。

果たしてルパンはこの史上最強の敵に勝つことが出来るのか?
そしてマモーの本当の正体とは?

 

登場人物

ルパン三世
世界的な大泥棒。冒頭で死亡したはずだとられるが、本人ですらそのことは知らなかった。
かつてない強敵を前に夢を盗まれ、自分がルパン三世自身であることを確かめるためにマモーと戦う。
次元大介
ルパン相棒で射撃の名手。バトルシーンは少なめだが、ここぞというところで活躍し
マモーの最初のクローンを見事倒している。
この作品でマリリン・モンローとハンフリー・ボガードファンだったことが発覚。
石川五エ門
ルパンとはライバル的な関係にある寡黙な。「他人にルパンを殺させたくない」とは彼の弁。
近年の作品とは異なり、ルパンピンチに駆けつけ、斬鉄剣を振るう客として描かれている。
後のお約束的な台詞「またつまらんものをったか」はここで初登場(なお、その時ったのはヘリプロペラだった)。
マモーの部下フリンチとの死闘の果てに斬鉄剣を折られ、戦意を喪失し行方不明になっていたが
ラストシーンに登場、映画最後のセリフをかっさらっていった。
本作に限り一人称は「私」。
銭形警部
ルパンの宿敵。この映画では、元々冒頭部分で銭形ルパン逮捕死刑執行前のやり取りが描かれ寺男となった後に山寺シーンに繋がる予定だったが、そのくだりは全てカットされた(断片的映像予告編で残っている)。
ルパンが死んだことを確認するために墓地に向かうが、ルパン生存を確認するとめてルパン逮捕に命を懸けることを誓うのだった。
この作品ではが全編通して異常で、ルパン逮捕に相当執着している様子が伺える。
決して無能ではなく、ルパンが盗み回った品から、次の獲物をエジプトと予測したり僅かな情報からフランス、南ルパンを追跡、警察官を辞職し個人の資格で彼を追うことになり、手がかりすらほとんどいにもかかわらずマモー古代遺跡にまで現れた。ルパンも「見上げたしつこさ」と呆れていた。
この作品では名前が「次」になっている(現在公式設定では銭形幸一が本名)。
峰不二子
ルパンを惑わす魔性の女性
マモーに永遠の命を授けると誑かされ、ルパンマモーの欲するものを盗ませていた。
しかし、実際にはルパンを深く愛していることが伺えるシーンが随所に存在する。
ラストではB地区を披露し、男性諸君を喜ばせた(テレビでもカットされない)。
マモー
ルパン三世史上最との呼びも高い自称・
1万年生きたと称するその身体からは様々な超常現象を引き起こすを持っているとしていた。
名前の由来は1stシリーズに登場した魔毛狂介だが、性格はどちらかというとパイカルの方が近い。
これは、脚本を担当したのが「魔術師と呼ばれた男」と同じだからである。
また、パイカルが使ったのと同じ中浮遊トリックを使い、ルパンからは「こんな手には飽き飽きしてる」と言われている。

キャスト

また、つまらん関連動画を観たか

俺ぁ、関連商品盗まれたからな、取り返しにいかにゃ

長ぇこと関連項目のファンだったが、今日限りだいっ!


次作
ルパン三世 カリオストロの城

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%B3%E4%B8%89%E4%B8%96%20%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%B3vs%E8%A4%87%E8%A3%BD%E4%BA%BA%E9%96%93
ページ番号: 4993937 リビジョン番号: 2419510
読み:ルパンサンセイルパンタイクローン
初版作成日: 12/11/08 22:23 ◆ 最終更新日: 16/10/21 23:57
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に「ルパン音頭」「1978年のアニメ作品一覧」を追加しました。記事冒頭でタイトルを太字化しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ふーじこちゃん

ごえ

だいすけ

るぱ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルパン三世 ルパンVS複製人間について語るスレ

45 : ななしのよっしん :2016/10/21(金) 23:17:48 ID: 8n47NnNDLw
トラウマ大量生産機染みてるよな、この作品。
好きだけど、子供が見たら夢に出てくるゾ
46 : ななしのよっしん :2016/10/21(金) 23:19:15 ID: Uifw9x0Jyj
ああ、やっぱり不朽の名作はいつ見ても面いなぁ。

マモーの正体については色々あるけど、は一万年存在してきた本物の怪人だと思いたいなぁ。最後の最後で
ルパンに冗談抜きの「本物の化け物」とまで言われたんだし、ただの精を拗らせた程度の敵であって欲しくないっていうか。今日めて見てもやっぱ歴代のどの悪役よりも一線を画してるし
47 : ななしのよっしん :2016/10/21(金) 23:22:11 ID: dzrKR1/Nkk
一気になるのが、何故マモー不老不死に拘ってんのかな?(オリジナルの頃は単なる延命だったのが、コピーを繰り返すうちに可笑しくなったとか?)
48 : ななしのよっしん :2016/10/21(金) 23:32:21 ID: kXsYaIDmWP
も地位もぽいこともできるようになったのに、強制的にそれら全てを失うことになる上、逃れられない「死」が怖かったからじゃないかな
老いもまた然りで
どんなにコピー人間を作っても、結局オリジナルは老いていくし、死も免れないからね
49 : ななしのよっしん :2016/10/21(金) 23:52:12 ID: dEOmFx/2wS
いつみてもあの焦げになったマモー不二子に歩み寄るシーンは怖い
子供とか見たらトラウマもんじゃなかろうか。
原子力発電所とか核ミサイルとかそういうデリケートな発言も無修正だったし
不二子乳首ポチ無修正だし下手したらうるさい連中になにか言われそうな気がするが大丈夫だろうか、
今のご時世なににつけても文句言いういるし。
50 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 10:03:26 ID: riLzTdMbGA
>>45>>49
いくらなんでもこの程度でトラウマになるのは極少数だと思うよ
子供の頃見たけど友達含めも怖いと思わなかったし
親戚の子とDVD見たときは見終わった後「よくわかんない」って言ってた
51 : ななしのよっしん :2016/10/24(月) 20:05:20 ID: rA4YgqgKwj
マモー嘘つきマモー世界中を騙そうとした、の最大の根拠になるのが「だけになったって老化はするし寿命は来る」ことだからな
ボケてないってことはどんなに年食ってても90歳程度ってことになる
結局でかいになろうがクローンを何体作ろうがもうすぐ寿命が来て死ぬわけで、だから急いでたんだろう
52 : ななしのよっしん :2016/12/15(木) 17:29:43 ID: TClOK3KMs7
地上波放送の時に割とキュンキュンした!とかの反応が多くてワロタw
思えばこれキャラ同士のワイワイ感とかギャグとかも楽しい部分あるもんな
マモーストーカー喪男過ぎて泣けるとか同情されてたりキモ可愛いとかww
53 : ななしのよっしん :2017/03/28(火) 21:49:00 ID: KxE3E2xwXJ
かしこれ観て思ったが、役者でも棒読みゲスト声優起用って40年近く前から既にやってたんだな・・・
それを露に宣伝しまくるって事はやってないのだろうけど・・・
54 : ななしのよっしん :2017/04/18(火) 20:37:39 ID: wY4msrekSA
ギャグシリアスイイ感じに相まってて登場人物全員が妙なキャラ変もなく魅的でまさにルパン三世の全てを表現してると思う
ゲスト悪役キャラがほとんど1人でこんだけ面いんだからスゲーよな
あと演出が本当カッコイイ最初の銭形で題名が出るところとか本当れる
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829