単語記事: ルルーシュ・ランペルージ

編集
ネタバレ注意 この項の一部には、反転するとネタバレ要素が見えるようになっています。
反転する際は自己責任でお願いします。

ルルーシュ・ランペルージ(Lelouche Lamperouge)とは、サンライズ製作SFロボットアニメコードギアス 反逆のルルーシュ』の主人公である。

CV福山潤少年時代大原さやか

概要

ルルーシュ・ランペルージ

本名はルルーシュ・ヴィ・ブリタニア(Lelouch vi Britannia)。世界の3分の1を軍事支配する神聖ブリタニア帝国の第11皇子にして、皇位継承権17位であった。

8年前に皇居にいたマリアンヌが何者かの撃を受け死亡し、ナナリーは視と歩行を失った。その後、シャルル皇帝により不戦条約の人質としてナナリー日本に送られる。この時に枢木スザクという少年と知り合い、ナナリールルーシュの親友となる。しかし7年前に日本ブリタニアに攻め滅ぼされ、日本神聖ブリタニア帝国の属領となるり、「エリア11」となった。この戦争により、ルルーシュの心に、への憎悪と復讐心が芽生えることとなる。

戦後はアッシュフォード護の下で、とともに素性を隠して過ごすこととなる。「コードギアス 反逆のルルーシュ」は戦争の7年後から始まり、ルルーシュアッシュフォード学園に在学している。生徒会副会長を務め、日々はチェスなどの賭け事にじている。

美少女C.C.シーツー)により、ギアス(絶対遵守の)を与えられ、自らをゼロ名乗り日本解放を掲げ「黒の騎士団」を組織する。

R2最終回ではダモクレスを乗っ取りフレイヤによる恐慌独裁政治を実行し、ついには全世界を征するのに成功する。最期は魔王ルルーシュを演じ全世界の憎悪を自分に向けさせ、歴史最低最悪の皇帝スザクが変装したゼロが殺す事によって全世界の統一を果たすゼロレクイエムが成功し、最期には全てを演技だと言うことに気づいたナナリーに看取られながらその壮絶な人生に幕を閉じる。

性格

は一般女性にすら劣る程虚弱だが、冷静沈着で頭明晰。チェスなどのゲームにおいては天才的才を持つ。人当たりも良く、学園の生徒会では同級生先輩にも異性関係なく好かれている。神聖ブリタニア帝国の名誉ブリタニア人として軍人となった枢木スザクへの友情は変わらない。極度のシスコン(ナナリーへのは徹底しており彼の的と行動はどがナナリーの為でもあった)。

第二期である『コードギアス 反逆のルルーシュR2』で、記憶を書き換えられた時は監視役兼ナナリーの替え玉として送りこまれたロロを最として溺愛しブラコンになっていた。その後、記憶がりロロがナナリーの替え玉であると理解した際の「散々使い倒して、ボロ雑巾のように捨ててやる!」のセリフは大変有名である。しかし、ロロを信用させるために演じた優しいや、今までの優しいの姿を見ていたロロは、を最後まで信じ、ルルーシュも最後はロロを失ったことでその大きさに気付くこととなる。

予想外の事態に弱く、その度に冷静さを失うという欠点を持つ。悩みは一人で抱え込み、自分の考えでなんとかしようとする。

プライベートで親しくなった者には基本的に優しいが、ゼロとして行動するとき、一緒に行動する者に対しては信頼を寄せているといった面は見せない。しかし、仲間はできる限り助ける努は惜しまない。敵には厳しい。

自己犠牲の典

1期ではギアスの暴走で起こしてしまった行政特区日本での虐殺事件の時では、日本人ゼロとして助けをめられた時に心では「メシアなんかじゃないんだ・・・」と発言していたが、R2の最後には魔王ルルーシュを演じ全ての責任を取り自分の命を犠牲に全世界を統一化しているので、真実を知る者ならば彼は本物のメシアだったのかもしれない・・・

行動原理と目的

基本的には、戦争は戦術でなく戦略が鍵であると考えており、仲間には結果を重視する傾向が強い。また、ナナリーをすべての最優先事項に捉えている。第1期終盤の神聖ブリタニア帝国エリア11支配の徴である、総督府の存在するトウキョウ租界を黒の騎士団が襲撃した戦い「ブラックリベリオン」では、ナナリーがさらわれた為に、部下を見捨てるような命令や言動をとり、後に信頼の低下に繋がってしまう。

「撃っていいのは、撃たれる覚悟のあるだけだ」

という考えは、幼き頃に神聖ブリタニア帝国日本侵略した際に、罪なき人の虐殺を見てきたことにより培ったものであり。また、自分がブリタニアに対し、修羅を進む際の結果として、復讐される覚悟があると示している。

 

ナナリー平和に暮らす未来の為に戦い始めたルルーシュではあるが、第2期の第二次トウキョウ決戦において、ナナリーが大量破壊殺戮兵器フレイヤ」の爆発に巻き込まれ、生死不明となった。その後すべての元凶であるシャルル皇帝的、の死の相を知り、二人の悲願を知るが、ルルーシュはその考えを否定。シャルル皇帝を倒し、ナナリー違いのユーフェミアの願いである「みんなが他人に優しくなれる世界」を創るため、「ゼロレクイエム」計画を画策。1ヶ後に神聖ブリタニア帝国ペンドラゴンに現れ、その場にいたすべての者をギアスの従させ、神聖ブリタニア帝国第99代皇帝ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアとして即位。即位後、貴族制度の止、財閥解体、歴代皇帝陵の破壊、エリア11含む各エリアを開放し、合衆に参加を表明した為、正義皇帝として崇められる。しかし合衆の参加を決める世界会議において、世界の首、王を人質にとり世界を敵に回す。更には死んだと思われたナナリーを擁護し、シュナイゼルと黒の騎士団ルルーシュ率いる神聖ブリタニア帝国に反抗。結果ルルーシュは勝利し、ナナリー黒の騎士団幹部を捕縛。シュナイゼルは「ゼロに仕えよ」とギアスをかけられ、世界征服了する。戦後、ナナリー達反乱分子を処刑場に護送中、ゼロに扮した枢木スザクが姿を現し、ルルーシュを刺し殺した。世界憎しみは全てルルーシュという悪逆非皇帝がかぶり、世界平和に満ち、「ゼロレクイエム」計画は遂した。

 

 

搭乗KMF(ナイトメアフレーム)

序盤は、ギアスを使いヴィレッタから奪ったブリタニア軍制式量産型である第5世代KMFサザランドSutherland)を操縦していた。

もともとアッシュフォード学園の学園祭で、あらゆる後継機のベースとなった第3世代KMFガニメデGanymede)を操縦して直径2mのピザ生地を作っていたので、その操縦はそれほど難しいものではなかっただろう。また、母親が凄腕のナイトメアパイロットだったことも容易に操縦できた理由の一つであると考えられる。

黒の騎士団の結成後は、サザランドベースになった最初期量産型の第4世代KMFグラスゴー(Glasgow)を改造した日本量産型KMF頼にのような兜を付けて戦っていたが、所詮は旧式KMFコピー品であり、撃墜や破損は日常茶飯事だった。

一期の中盤から終盤では、ブリタニア帝国の試作機である第6世KMFウェイン(Gawain)を強奪し搭乗していた。基本操縦はC.Cでルルーシュは火器管制担当の二人乗りKMFであるが、一人でも操縦できる。試作機でありながらそのスペックは高く、フロートユニットやハドロン(まだ強奪時には未完成だった)や10基のスラッシュハーケンなどの強な武装を誇り多くの戦果をあげたが、突如暴走状態で復活したオレンジの最新鋭KGFジークフリートSiegfried)との交戦でC.Cが操縦し、仕方なく相打ちと言う形でオレンジと共に海底に沈んだ。

R2初期においては、記憶を取り戻した直後に見回りに来たパイロットサザランドを奪った。その後、すぐにゼロ専用機に乗り換えたが戦闘で片腕が破損した為にサザランドの腕を使用していた。その後のギルフォードとの決闘の際には、「武器は一つだけ」との条件の下、暴徒鎮圧用のKMF用ので挑み、得意の策略とギアスでその場の混乱を起こし、傾いた足場を利用しスノーボードのようにして滑り、そのまま脱出する離れ業を披露するなど一年近くもブランクがあるにも関わらず一期より操縦を向上させているのはある意味人的である。その後、ガウェインをベースにした新の第8世代KMF蜃気楼を専用機とし、再び反逆を開始する。

 

 

機体について

一期後半の機ガウェインの名は、アーサー王物語に登場する円卓の騎士ウェインに由来。

ウェインという人物はロット王の息子として生まれたが、アーサー王に反抗した王は討たれる。彼自身は円卓の騎士となり、高い実と篤い人望を兼ね備え、君に忠実な正義騎士である……という表向きの顔の一方、であるペリノア一族を次々と暗殺する強な復讐心も持つ。その為ならば実を手にかける事すら辞さない。終盤では王騎士団を裏切った親友ランスロットと一騎討ちを繰り広げる。
復讐心や二面性、かつての親友との関係など、まさにルルーシュの機体というべきか。(スザクランスロットにも類似の要素が見られる)

関連項目

関連人物

関連静画

関連コミュニティ


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B8
ページ番号: 48771 リビジョン番号: 2297569
読み:ルルーシュランペルージ
初版作成日: 08/05/17 09:12 ◆ 最終更新日: 15/12/06 23:08
編集内容についての説明/コメント: ガウェイン元ネタについて解説。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ルルーシュ

るる初がき

ルル

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルルーシュ・ランペルージについて語るスレ

351 : ななしのよっしん :2016/04/28(木) 18:20:35 ID: 9+wSvh5wYQ
ていうかあれはルルーシュの悪評を自ら広めるためにだいぶ誇が交えられていると考えるべきでしょ
アーサー礼を働いた屋を手討ちにしたってエピソードまであるんだから
352 : ななしのよっしん :2016/05/06(金) 19:39:54 ID: lkkw/RY/av
>>351
普通はそう考えると思うけど、「ゼロレクなんて自己満足のために関係な人々を虐殺した悪魔」って言い出すヤツは一定数存在しているんだよね。

畜生な性格しているけど、軍関係者ならともかく、民間人に手を出すほど落ちちゃいないってのは、それまでの描写からも分かると思うけどね。
353 : ななしのよっしん :2016/05/19(木) 13:38:36 ID: 6EkkNkw0YS
>>339
銀河英雄伝説オーベルシュタインラインハルト悪魔合体させて
年齢相応の甘さや情けを足すとルルーシュになる気がする
354 : ななしのよっしん :2016/06/03(金) 18:24:41 ID: NoybIpElRM
シュナイゼル、ナナリーペンドラゴンぶっ飛ばしの後だと、ナナリーたちがやったことを自分にすり替えるか存在しない悪行の偽造ならともかく、実際にナナリーたち以上の虐殺とかの悪行をするのは不可能本末転倒になるからなあ
反乱貴族の討滅を善良な貴族虐殺したように偽造してもとても追いつかないだろうし
アニメ内にも実際にそんなことをやっている場面も、やっていると解釈できそうな場面すら心当たりない
355 : ななしのよっしん :2016/10/18(火) 06:28:12 ID: w9UiUxni4k
スピンオフペンドラゴンルルーシュがやったことになってるらしいけど、あれ時系列情報の流れからいって不可能な話なのになんで今更そんなの採用したんだろう
356 : ななしのよっしん :2016/11/26(土) 04:20:56 ID: 18u2sK9Fsa
様々な公式作者に印付ける程、影を与えた作品なのだろう、それだけ。
実際、ルルーシュと言う人物はスザクと同様に生きづらい人種ではある。

支配者特権の階級を持っているのにも関わらず、皇帝の身勝手に振り回され
カレン原と言った日本人の感情を理解し、ナナリーも守らないといけない
相も突き止めたいし、ロスカラを見る限り支配者と奴隷と言う世界システムも壊したい。
これだけ見ればシャーリーユフィの事で思い止まれる柔軟性が救いであって
それがければ徹底的に世界を壊してたと思う。
良いで間違いないけど、生まれで損をしてるタイプだね。彼は。弱みは握られたくいけど友人としては心強い
357 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 01:10:10 ID: 2D+q2tcytW
ルルーシュ生存
358 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 01:13:21 ID: 1iTWx+xiB0
まあ当然だな
CCを置いて独りで勝手に死ぬとかクズ男すぎるからな
359 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 22:40:34 ID: LhEpt0EGuv
個人的には(死んでほしくはかったけど)死んで終わりが良かったかな・・・

世界を変えるためとはいえルルも結構な悪事やってきたし、ゼロレクイレムルルなりの
それに対するケジメだったと思うし
360 : ななしのよっしん :2016/12/08(木) 09:11:55 ID: SUkLn+BlFw
世界に対して責任を取ったって意味では死ぬのはいいんだがC.Cが全に忘れられてるのがな・・
そもそも「お前魔女なら魔王になればいい」とか「契約だ。今度はからお前への」とか言っておきながら自分ひとりだけとっとと死にますはどうなのよ・・と思うわ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015