単語記事: ルーク・フォン・ファブレ

編集

ルーク・フォン・ファブレとは、テイルズオブジアビスに登場するキャラクターである。
声優鈴木千尋

概要

この作品の主人公。年齢は17歳

ムラスカ・ランバルディアファブレの嫡男。国王インゴベルト六世の甥(国王)にあたり、王位継承権第三位を持つため、事実上の次期キムラスカ国王である。

婚約者にムラスカ王女ナタリア・ルツ・キムラスカ・ランバルディアが、使用人兼友人にはガイ・セシルが存在し、それぞれ幼馴染として身分の差を越えた親しい関係となっている。

本編7年前、敵国マルク帝国による誘拐事件以降、記憶をくし、赤ん坊同様の状態で発見された。
これ以降、時折原因不明の幻聴を伴う頭痛に苛まれるようになった。

誘拐事件以降は、王命により身の安全を図る名で自宅軟禁状態に加え、内外の情勢や交流もほぼ断絶され退屈な日々を過ごしているが、時折訪れるヴァン・グランツによるの稽古が一の趣味であり、彼のことを「師匠せんせい)」と呼び全幅の信頼を寄せている。

そんなある日、ヴァンの命を狙いティア・グランツファブレ邸を襲撃。混乱の中、ルークティアと共に見知らぬ土地へ飛ばされてしまう。

ちなみに某シンフォニア攻略王には既に攻略されている。

性格

儘で極端に世間を知らず、一般常識にも疎いが、根は素直で、に対しても良くも悪くも自然体で接する。
他者に対しては不器用な優しさを見せるが、他者から向けられる好意や賞賛には不慣れで、その際にツンデレめいた反応を示す事も。
ふとした間、な子供のような一面を覗かせる時があるが……?

長髪と短髪

ストーリーの途中に断髪するイベントがあり、の長さで彼を長ルーク、短ルークと区別して呼ぶ場合がある。そのまんまじゃねーか

見たも性格もがらりと変化するため、初見では戸惑うプレイヤーも多いはず。
ファンの間ではどちらのルークも人気が高い。ファンの間では。

性格(断髪以降)

言動や態度に落ち着きが見られ、他者には優しさや気遣いを素直に表に向けられるようになった。
一方で「卑屈」とも取られるほどの自信のなさや劣等感や罪悪感にも苦しむようにもなった。
ここに至るまでの経緯は「俺は悪くねぇっ!」の記事を参照されたし。

関連商品

関連項目

 


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%96%E3%83%AC
ページ番号: 744694 リビジョン番号: 2474204
読み:ルークフォンファブレ
初版作成日: 08/11/28 16:48 ◆ 最終更新日: 17/03/30 18:59
編集内容についての説明/コメント: 購入できない商品と可能な商品を入れ替え
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


親善大使さま

ルーク

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルーク・フォン・ファブレについて語るスレ

2014 : ななしのよっしん :2016/10/05(水) 15:10:54 ID: iB1vvCJTDc
TODで殺劇舞荒登場
TOPリメイクでもファンサービスとして登場
TOEで殺劇舞荒拳登場
→以降様々なキャラに使われる

とかやってたんだし、今更じゃない?
2015 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 16:24:38 ID: jto5fGPpkK
そもそも全然別の世界に同じ技があること自体不自然なので全部別物です
日本語翻訳した際、似た技に同じ技名を当てているだけなのです
2016 : ななしのよっしん :2016/11/01(火) 16:35:18 ID: uE0WdV53m7
>>2015

 そういうのは過去リスペクトというか、シリーズの血統書みたいなもんじゃない。ドラクエメラ系とかFFファイア系とかみたいな。

 でも、シリーズとはいえ、作品ごとに繋がりはないし、それぞれに個性がある訳で、ロストフォンドライブは、そのアビス固有の個性の部分だと感じる訳よ。
 たとえば、次元、極、ソーディアンみたいな存在。作品のキーワードである、振動が関わってる技だし。

 それを、「名前だけ寄越せ」

 って言われると、微妙
 
 まぁ、そんなに感じる自分が、少数だって事は、よく分かった。
2017 : ななしのよっしん :2016/11/07(月) 21:55:22 ID: IWp4jOU66A
まずアビスロストフォンドライブ自体、2周以降じゃないと使えないオマケ技だし
それがストーリーの根幹に関わってるソーディアン等と同じだと思う理由も分からないし
そもそも次元もディムロスも他のテイルズに出てるし
もうどこから突っ込めばいいのか
2018 : ななしのよっしん :2017/01/05(木) 09:54:48 ID: JrnflOKlng
ルドガーやベルベットみたいな悲惨な遇の主人公が新たに生まれてるけど、それでもルークが(自慢にならんが)頭一つ抜きん出てると思う
プレイヤー物語の展開に介入できない上、出自・過程・パーティメンバー・結末どれを取ってもあんまり過ぎる
2019 : ななしのよっしん :2017/01/21(土) 18:00:58 ID: eW5IBKGwQh
最初にを聞いた時、ウインチスター持ってる人じゃねぇかと思ったのはいい思い出
2020 : ななしのよっしん :2017/03/30(木) 18:16:57 ID: fmQANW55ap
クゼリュス崩壊の際のルークを擁護するのに、実質七歳児だからってのは言わないほうがいいと思う
だって七歳児とか関係なく、元々限りなく罪に近い過失だし

騙されるほうが悪いもクソも、あの時点のルークじゃパッセージリング振動を使った結果を自分の頭で予測するなんて不可能だし、まして不信感を募らせるようなことはしても、信用できる態度なんて欠片もとらなかったあのパーティーじゃ報連相なんてできるはずもない(そもそも口止めされてたし)

ついでに言うなら王族で親善大使の立場だが、実質的な権限はほぼないルークよりも、国家を左右させるローレライ教団トップで地位も責任もあるイオンが軽々しくセフィロトの封咒を解いたことのほうがよっぽど問題
2021 : ななしのよっしん :2017/04/01(土) 04:36:22 ID: uQJ4yHMU7l
>>2020
あの時点のルークじゃ、というか外大地の人間はみんな、だな
パッセージリングがなにかを外大地の人間は知らないからもが予想不可能
その点については、ルークでも常識的な大人でも博識な学者でも、外大地の人間なら同じ
例外はイオンなど教団の上の人間と、ティアなど魔界の人間だけ

だからルークの責任について考えると、『本人はもちろん大多数の人間に予想ができない、予想するための知識がない』って前提になるんだよな

仮にそれでも責任がある、としても、ならルーク外の人間に対してもそれが適用されないと性がなくなる
2022 : ななしのよっしん :2017/04/06(木) 06:00:01 ID: PNf8jBxEos
>>2020
ガイなんか心身ともに成人してるけどヴァン同志だったしな
ヴァンが何のためにルークを騙しているのか知らずに、復讐のためだと思って協していた、ってヴァンの本当の的を知らなかったルークと似てるんだよな
ゲーム中では似ていることを摘されることもなければ、ガイ自身そう思ってないようだけど
2023 : ななしのよっしん :2017/04/12(水) 21:50:21 ID: fmQANW55ap
親善大使の時の態度が悪かったっていうけど、あれもぶっちゃけよくよく考えると別におかしなことはないんだけどな

イオンについて「寄り」発言した時も実際寄りだし、その原因も自らの地位をわきまえず出歩いたイオンと、護衛不行届きのアニスのせいだし
体の弱いイオンがアクゼリュスまで着いていきたいなんてぬかした時も、年長者で止めなければならないはずのジェイドがむしろ賛成してるし(あそこで拒まなかったルーク闊といえば闊だが、あのパーティーだとどのみち半強制的に同行させそうだからな)
情報の共有についても、確信のないことは話したくないだの、機密事項だので隠し事するばっか、それで事前に相談してほしかったって頭おかC

よくもまああんなどうしようもない連中に囲まれたもんだわ
パーティー運のなさは歴代テイルズでもトップじゃね?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015