単語記事: ルーントルーパーズ 〜自衛隊漂流戦記〜

編集  

ルーントルーパーズ ~自衛隊漂流戦記~とは、異世界危機を救うべく召喚された自衛隊の奮闘と苦悩を描いた、浜松春日による地球なめんなファンタジー小説である。

元々は筆者が高校時代にWeb連載していた作品「自衛隊漂流戦記」を基に、自作SS投稿サイト小説家になろう」にてリメイク開された作品である。その後、アルファリスにて単行本が出版(挿絵:飯沼俊規→7巻からmatch)され、小説家になろうへの投稿削除されている。

概要

魔法実在する異世界に引きずり込まれた陸海自衛隊統合部隊が、ある時は降りかかる火の粉を払い、ある時はジェノサイド危機した現地民達を救いながら、元の地球に帰る方法をめ、異世界覇権国家たるフィルボルグ継承帝国との戦いに赴く。

筆者が元航空自衛官であるだけに、自衛隊側の描写はかなり具体的かつだいたい正確である。また、海上自衛隊公式な協を受けており、艦内号令詞や搭載機材等の描写についてもそれなりに精度が高い。

自衛隊漂流モノの小説の中で、本作の自衛隊は恐らく最も先進的な装備を振るう。イージス艦ESSM飛竜騎士団を薙ぎ払い、ファンタジー最強兵器のひとつである”落し”すらBMDで撃ち砕く。また、10式戦車がストーンゴーレムを発射、一撃の下にを開けたり、対人狙撃銃M24が敵指揮官と戦旗を撃ち抜くなど、一度戦端を開けば、かなりやりたい放題である。

世界設定

かつて、古代有人と呼ばれる亜人種が高度な魔法文明によって支配していた異世界。古代有人の文明は潰え、世界中にその遺跡が残るものの、ほとんどの魔法技術は失われている。フィルボルグ継承帝国は、古代有人の首都であったとされる遺跡の上に都を構え、古代有人の遺失技術の発掘による技術的優位と、苛なまでの侵略と圧政により、7代皇帝サイアスの治世のうちに大陸覇権国家に君臨した。

ストーリー

フィルボルグ継承帝国によるプロミニ帝国への侵略により、千年帝国とも称されたプロミニ帝国は最後の刻を迎えた。陥落の直前、プロミニア宮廷魔術師団は最後の生き残りで召喚の儀式を行う。この儀式によるものか、北朝鮮から弾道ミサイルを購入したアフリカ小国をけん制すべく、国連軍に派遣された陸海自衛隊統合部隊が、太平洋西部から異世界に召喚される。自衛隊派遣部隊の兵は、イージス艦DDG-180 いぶき」を旗艦に、ヘリ搭載護衛艦1隻、輸送艦2隻、補給艦1隻、そして10式戦車を筆頭とする陸上自衛隊部隊。彼ら自衛隊派遣部隊が異世界マリースア南海連合王に辿り着いたとき、フィルボルグ継承帝国との戦争に巻き込まれる。

登場人物

自衛隊

久世 啓幸(くぜ ひろゆき)
市之瀬 竜治(いちのせ りゅうじ)
蕪木 紀夫(かぶらぎ のりお)
加藤 修二(かとう しゅうじ)

マリースア南海連合王国

カルダ
ハミエーア

フィルボルグ継承帝国

エサイアス・アスガルド・フィルボルグ

各種亜人族

ルー
クリスティア
ピクティ

自衛隊の装備

ルーントルーパーズに登場した装備は以下の通り。

個人用装備

車両

艦船

ヘリ航空機

以下、適宜更新予定。

関連動画

ルーントルーパーズに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

 

     

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BA%20%E3%80%9C%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E6%BC%82%E6%B5%81%E6%88%A6%E8%A8%98%E3%80%9C
ページ番号: 5274758 リビジョン番号: 2547197
読み:ルーントルーパーズジエイタイヒョウリュウセンキ
初版作成日: 14/10/05 02:50 ◆ 最終更新日: 17/12/16 19:51
編集内容についての説明/コメント: 商品10巻追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルーントルーパーズ 〜自衛隊漂流戦記〜について語るスレ

71 : ななしのよっしん :2017/06/26(月) 17:45:54 ID: mJZr8vt+8E
10巻マダー?
たぶん次かその次くらいで終わりそうだから難産なんだとは思ってるけどエタるのだけはカンベン
72 : 削除しました :削除しました ID: JYIgVjhHkH
削除しました
73 : 削除しました :削除しました ID: xZV/oeDVHA
削除しました
74 : ななしのよっしん :2017/09/27(水) 05:30:18 ID: rtRit72V9R
これだけレスが多くて一体どれだけボロクソに言われてるんだろうと思ったら意外と好評な様で
レスから察するに軍事オタにはアンチが多いけどちゃんと面いのか
75 : ななしのよっしん :2017/11/03(金) 13:42:23 ID: a49Zf8AOEV
>74

亀レスってやつだが、ミリタリー政治、外交があまり好きじゃない自分の感想としては、
科にも書いてあるように「まっすぐ王道ヒロイックファンタジー」として面い。

群雄劇じゃないから読みやすいし、
地球と切り離されてて日本や諸外の思惑が絡みにくいこと
・明確な敵である帝国教団が、不利な状況でも和やら条約やら
 受け入れないほどどっちかが滅ぶまで殲滅戦望むような連中かつわかりやすいほど極悪非なこと
・それでいてやつらにも自衛隊と互以上(殉職者だすほど)の魔法兵器や新などの戦はあること
自衛隊側には弾薬や燃料の制限もある)
などが理由かな。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
76 : sage :2017/12/07(木) 17:37:28 ID: 8G/ez3ZrfZ
最終巻19日に発売予定だそうな
77 : ななしのよっしん :2017/12/23(土) 09:36:43 ID: a49Zf8AOEV
最終巻、年末年始の楽しみにとっておこうかとも思ったけど、慢できなかったぜ!
9巻同様、若干駆け足気味に感じる部分もあったが、個人的には、この作品があくまで王道ヒロイックファンタジーだとするならば、正しい選択だとも思った。
露がらみの部分とかあんま長々描いてたら、地球側の外交戦争メインになりそーだし。)

個人的にはきれいにまとまってたと思うし、感動もしたが、若干も残るっつか、
ザンボットみたくうがった見方もできるEDかも。
これで終わりでも文句はないけど、続編なり外伝なりが出るならそっちも見たいとは思う。
ともあれ、特撮ヒーロー好き的には、自衛隊つー英雄視がタブーとされてた存在を通じて英雄つかヒーローてのについてすごく考えさせられた作品だった。
浜松センセに対して、この作品を描いてくれたこと、素直に感謝したい。
78 : ななしのよっしん :2017/12/23(土) 10:47:53 ID: xZV/oeDVHA
あまりラノベに詳しくいので聞きたいんだが
帯に書いてあった21万部ってラノベとしては売れた方なの?
79 : ななしのよっしん :2017/12/30(土) 21:57:11 ID: UdkGbgclI+
文庫本サイズでは出さないで大判のみでマイナーレーベルだから
十分売れた扱いでいいんじゃね?ゲートとかの場合、なんだかんだ
言っても文庫版カットとかコミックになったこともあって桁違いに
なったけど(アニメでも伸びは大きくは変わらなかった模様)、こっちは
コミカライズとかしでニューサーガ準にいるわけだしな。
アルファだとゲートレイン、リモンスがずば抜けて売れてるけど、
3作共通してコミカライズもされて取っ付き良くなって伸びてる分も
要素の一つとして後追いが入りやすいけど、これはそれがくて
この数字だから十分売れてる作品、ってのは間違いでもないな
80 : 78 :2018/01/03(水) 13:12:52 ID: xZV/oeDVHA
なるほど
その条件で考えれば結構売れた方なんだな
ありがとう
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829